FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2017.06.26
静岡県立美術館 ロダン館 地獄の門
静岡県立美術館 ロダン館地獄の門 を少し撮ってみました・・・


20170626-1.jpg


20170626-2.jpg


20170626-3.jpg


20170626-4.jpg


20170626-5.jpg


20170626-6.jpg


20170626-7.jpg


20170626-8.jpg


20170626-9.jpg


20170626-10.jpg
2017.6.24 静岡市駿河区谷田 静岡県立美術館 ロダン館にて撮影



1880年 ロダンはフランス政府からある依頼を受けました

それは 新たに建設される装飾美術館のための門を制作する仕事で
ダンテの 『i神曲』 を主題とすることが条件づけられました

『i神曲』 は キリスト教への信仰を根底とし 「地獄篇」 「煉獄編」 「天国編」 
の三部からなる長編抒情詩です

もともとダンテの讃美者だったロダンは 「地獄篇」 に焦点をあて 永遠の
罰に苦しむ200人以上の裸体の人物像を様々なポーズで表現しました

1900年 ロダンは生前に一度だけ 石膏の 地獄の門 を公開しました
しかし 発注者に納められず また亡くなるまでブロンズに鋳造されなかった
ことから 未完成のまま残されたと言えるでしょう

現在 世界には 石膏2点 ブロンズ7点 計9点の 地獄の門  があります
スケールの大きさ 長い構想期間 数多くの逸話を残す点で ロダン館中央に
そびえ立つこの作品は ロダンの人生と仕事に対する情熱の象徴です


以上 地獄の門の解説より引用しました



1枚目は全体像 2枚目は門の上 そして3枚目は門の上部中央の考える人
4枚目は門の足元 5枚目は子供でしょうか 6枚目7枚目は門の中央辺りです

人間たちの蠢く姿がなんとも悩ましく迫ってきます

そして今回初めて気がついたのですが・・・地獄の門 第三試作 (ブロンズ)
今迄何度となくロダン館を訪れていて全く気がつきませんでした
8枚目と9枚目の画像です 展示室反対側の奥にありました・・・





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(0) | Page top↑





↘
コメント
&8600;
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

静岡県立美術館 ロダン館 フギット・アモールと考える人 | Home | 静岡県立美術館 ロダン館





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Tears - X Japan


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


相互リンクはしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

リンクはご自由にどうぞ


ではではごゆっくり・・・♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 April~
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ中心街 アムンゼン像の前で(2020年7月13日再更新) 
  • ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂 ピエタ
  • 幻想的な美しさのステンドグラスフットライト Cafe Clémentine(カフェ・クレモンティーヌ)にて
  • ステンドグラス教室体験レッスン フォトフレーム作成 ー静岡市駿河区稲川ー
  • Cafe Clémentine カフェ・クレモンティーヌでランチ ー静岡市駿河区稲川ー
  • ステンドグラス工房 Le Serfeuil  ル セルフィーユ ギャラリー2 ー静岡市駿河区ー
  • ステンドグラス工房 Le Serfeuil  ル セルフィーユ ギャラリー ー静岡市駿河区ー
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ中心街 雪の中を散歩(2020年7月5日再更新) 
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ大聖堂(2020年7月4日再更新)
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ 中心街を歩く(2020年7月3日再更新)
  • 洋食レストラン「レストランMITA」でペアランチをいただきました ー静岡市駿河区ー
  • 中田緑地(グリーンベルト)残りの写真と畑や田んぼのある景色 ー静岡市駿河区ー
  • 「おおきくふらないで」 雨上がりの公園にて ー静岡市駿河区・中田緑地(グリーンベルト)ー
  • 日盛りの光のシャワーを浴びて咲く紫陽花 ミセスクミコ ー静岡市葵区・自宅庭にてー

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming