FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2020.08.12
Memory 想い出のアルバム 「8月納涼大歌舞伎」 観劇ツアー  2007年8月の写真より 
20200812-1.jpg



20200812-2.jpg



20200812-3.jpg



20200812-4.jpg



20200812-5.jpg



20200812-6.jpg



20200812-7.jpg



20200812-8.jpg



20200812-9.jpg

2007.8.18 東京都中央区銀座 歌舞伎座前にて撮影

13年前の稚拙な写真をご覧くださりありがとうございます


2007年8月18日に「8月納涼大歌舞伎」を観劇した時の写真が、コンパクトハードディスクにリサイズしていないそのままの状態で残っていました。2007年当時更新した記事の写真を大きなサイズに差し替えて再更新します。

この時の記事は写真のみでしたが、駄文だらだらブログ(現在閉鎖中)に当時の日記が残っていましたので、こちらに転載します。「へえ、こんなことがあったのねー」と読みながら笑ってしまいました(ほとんど覚えていません 苦笑)


「8月納涼大歌舞伎」 観劇ツアーあれこれ  2007-08-19 Sun



昨日は 「築地のお寿司と歌舞伎座」 なるバスツアーで東京へ行ってまいりました。

朝7時半静岡駅集合、いつもならまだ出勤の支度をしている時間です。前日の※自転車自爆事故※の後遺症?でしょうか?頭痛が酷くて眠れずおまけに筋肉痛、遊びにゆくというのに体調がすこぶる悪いのです(涙)

お寿司は正直どーでもいいのですが(ワタクシ基本的にナマものが苦手なのです~)歌舞伎はやはり観たい!! ということで兎に角集合場所へ向かいました。なんといっても12,000円の観劇チケット代を含むツアー料金19,800円をドタキャンで捨ててしまうのはあまりにも勿体無いと思ったからです、這ってでもゆくぞと。

今回もワタクシの私設図書館であるUさん(読書家のUさんからはよく海外ミステリ―小説を借りて読んでいます)と一緒でしたが、彼女もあまり体調が良くないようでした。暑いから皆少々バテ気味なのでしょう。まあ昨日はそれでも涼しい一日でしたので助かりましたが・・・

バスに乗ってしまえばあとはすぴ~と眠ってゆくだけです。バスツアーは時間は掛かりますが、楽ちんで最近ちょっと見直しているところです(「東大寺のお水取り」や「諏訪の御柱祭」もUさんと一緒にバスツアーで出掛けています)

11時過ぎ頃東京に到着、築地のお寿司屋さんでランチをいただきました。正直お寿司はそれほど美味しいとは思えませんでした。多分地元静岡は東京より安くて美味しいお寿司を食べることができるから、さほど感動もなかったのかなと。

築地本願寺を観光して(少しばかり写真を撮ってきましたので後日)歌舞伎座開場時間2時15分まで銀座をうろうろしていました。元アホシャネラーのワタクシ(笑)としましてはシャネルブティックのウィンドゥディスプレイを是非撮影したいっ!!と思いまして、ブティックのエントランスにいた警備のおにーさんに

「あのう、ウィンドゥの写真を撮らせていただいて宜しいでしょうか?」と丁寧に訊いたのですが「写真撮影はご遠慮いただいております」という冷た~い返事が返ってきました。「なあんだ、ケチねえ、減るもんじゃないし。知らん顔して通りの向こう側からズームで撮っちゃえば良かったよ(心の声)」ということで写真撮影は出来ませんでした、残念。

気を取り直して、Uさんと再び銀座をぶらぶらしながら、裏通りに可愛い下着ショップを見つけました。「なにゆえワタクシは東京まで来て下着を買うのであるか」とも思いましたが、なかなかゴージャスかつ可愛らしい下着を見つけお買い上げ~したのでした。

ここでその下着を披露できないのが少々残念ではありますが(下着の画像を貼ったらまた●ロサイトの書き込みをされちゃいそうですからねえ 苦笑)しかしこの見せ否、魅せ下着を一体いつ身につけるんだろ?ワタクシ(爆)

さて、肝心の歌舞伎ですが、ワタクシ体調の悪いこともすっかり忘れ、ただただ夢中になってしまいました。映像で観る歌舞伎よりナマは当然のことながらもっともっと素晴らしくひたすら感動(何しろ歌舞伎のナマ舞台初体験なのよ~ 笑)これはオペラと共通していますよね、オペラも舞台を観たら絶対と・り・こになります(←経験者は熱く語ります)

昨日は第二部「ゆうれい貸家」と「新版 舌切雀」を観劇したのですが、舞台・衣装(う、美しすぎる~うるうる)・振付・美術もさることながら役者の演技・口上・息遣いそして間といったもの全てが観客の掛け声や歓声と一体化して、大きなひとつのうねりになるのです。この突き上げてくるような感動は劇場だからこその体感なのでしょう。

ワタクシは己が地味(どこが~という突っ込みはナシでお願い致します。いや、ワタクシは確かに派手好みというか個性的なモノ好きではありますが、己の風貌等はとても地味だと思っているのです、何といっても平たい顔の民族代表ですから~)なので相反するこういう華やかで粋な世界は憧れますし、麗し~と思うわけですよ。

夢のような時間はあっという間に過ぎ、歌舞伎座の前で待機してくれていたバスに乗り帰路に着いたのですが、実はそのバスの中でもう次回の観劇をUさんと計画していました。ワタクシ、すっかり歌舞伎にはまっちゃったみたいです。次回は是非あのお茶付きの桟敷席(出来れば花道側がいいよねえ 笑)にて観劇したい!!と思ったのでした。

そうそう観劇中に地震があり、結構長い間揺れていましたので観客席はちょっとどよめいたのですが、舞台の上では何事もなかったかのように演目が続いておりました(役者さんたち、さすがですよね)


※自転車自爆事故※朝の通勤途中の自転車走行中、前籠のバッグに財布を入れたかどうかが気になり両手放し状態でバッグを探っていたのですが、バランスを崩して路肩のゴミ収集所の生ゴミのど真ん中にそのまま突っ込んでゆきました。

そして派手な音と共に倒れたのでした。ゴミが衝撃を吸収してくれたのか怪我はなかったのですが、後ろを歩いていたサラリーマン風の若い男性が駆け寄り「大丈夫ですか?」と手を差し伸べてくれました、超恥ずかしかったです。



と当時のお馬鹿な日記を貼りました。最後から二枚目の写真は混みあう歌舞伎座前、バスの中より撮影していました。指が写っちゃっています。人々の顔がもろ~でしたのでモザイクを掛けさせていただきましたが7枚目の綺麗所も同じくです。

今は亡き中村勘三郎 (18代目)の素晴らしい舞台を堪能できたのがこの上ない喜びでした(実は勘九郎時代からのファンです)彼が舞台に出てきただけでぱっとそこに光が射し花が咲きます、さり気なく挟む英語の口上に観客がどっと笑います。

中村勘三郎 は平成24年(2012年)食道癌を発症して徐々に体調を崩していき、翌年の平成25年(2013年)4月の新生・歌舞伎座のこけら落としを待つことなく、同年(平成24年)12月5日、急性呼吸窮迫症候群のため早逝しました。

ところで現在の歌舞伎座(第五期)は平成25年2月に竣工されたとのこと、ということはこの写真(平成19年撮影)の歌舞伎座は第四期の最後の頃の写真になるのですね。もっとしっかり撮影しておけばよかったと思いましたが後の祭り・・・

因みに第四期の歌舞伎座は昭和25年12月に竣工、平成14年2月14日「登録有形文化財」に登録されましたが、建物の老朽化により、平成22年(2010年)4月の興行をもって惜しまれながら60年の歴史の幕を閉じたそうです。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 茜色の終焉」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





Memory 想い出のアルバム オリエンタルな雰囲気漂う築地本願寺  2007年8月の写真より  | Home | ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記  ヴァチカン市国 ヴァチカン宮殿そしてランチ





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
River Flows in You


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • Memory 想い出のアルバム 朝霧高原の牛さんたち ー静岡県富士宮市ー 2015年の写真より
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ 其の二
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 夜中ブッダガヤへ向かう
  • 静岡街ぶら散歩 西郷・山岡会見之史跡 ー静岡市葵区御幸町ー & ここを知った理由
  • 静岡街ぶら散歩 え?こんなところに・・・静岡御用邸跡 ー静岡市葵区追手町ー
  • 初めての工場夜景撮影 イハラニッケイ化学工業他 ー静岡市清水区蒲原ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7 ーアブルッツォ州ー
  • ポメラニアンと散歩 何とも不思議なというかシュールな光景 安倍川中流域の河川敷にて
  • ポメラニアンと散歩 サルノコシカケに腰かけてみました? by 木雪 & セイラ ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアンと散歩 秋光の名も知らぬ池 ー静岡市葵区足久保ー &  Hallelujah(ハレルヤ)
  • 秋の野を歩く 麻機遊水地の池とカワウさんたち&上空にヘリ ー静岡市葵区芝原ー

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming