FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2019.09.08
ロシア旅行記 モスクワ トレチャコフ美術館 イリヤ・レーピンによる歴史画2点他

2016年2月25日から3月2日までの7日間

JTBロシアツアー旅行にひとり参加しました


「美しい冬を愉しむ 芸術の国 ロシアハイライト」

サンクトペテルブルグとモスクワの二都巡りです


この年は今年の3月31日付で退職した職場から

勤続●●年祝の休暇&JTB旅行券を支給され

年度内消化をせねばとあたふたと行き先を決めて

出掛けたのでした


その時の旅行記を撮影した写真と

記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがお付き合い下さいね


観光最終日の6日目はトレチャコフ美術館の中へ

現在この旅の最後の見どころを連載中です・・・



20190908-5.jpg



20190908-4.jpg

「1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン」



20190908-2.jpg

「ノヴォデヴィチ女子修道院のソフィア」



20190908-3.jpg



20190908-1.jpg
2016.3.1 ロシアモスクワ トレチャコフ美術館にて撮影


本日はイリヤ・レーピン(1844〜1930年)が描いた肖像画2点です。最後の作品は別の画家のものですが作者名・作品ともわかりません。

1枚目の横たわった男性(息子)を抱き悲しみのあまり目を見開いているのは恐怖政治を敷いて反対派を弾圧したイワン雷帝(1530~1584)です。息子イワン皇子は父親の振り下ろした職杖によって殺されてしまいました。

喧嘩の原因はイワン皇子の妊娠中の妻が部屋着姿でツァーリの前を通ったことだった(肌着をツァーリに見せることは極めて侮辱的な行為だった)という説、そしてもう一つの説は2人の政治的な意見の食い違い・・・

イワン雷帝は興奮のあまり職杖を振り息子の頭を殴打、流れ出す血を必死に止めようとしたが無駄でした。27歳のイワン皇子は、この時唯一の健常な皇位継承者だったそうです。

この作品には、死の淵にあるイワン皇子が、錯乱状態にあるイワン雷帝の肩を右手で厳粛に握り、父の暴力を赦している様が描かれていますが、雷帝と恐れられた父親の人間的な弱い一面を垣間見ることが出来ます。

余談ですが、2018年5月25日、この絵に来場者の男が激しい損傷を与える事件が発生しました。

警察は25日、防護ガラスを金属棒で破壊し、作品の3か所に損傷を与えた建設作業員のイゴール・ポドポリン(Igor Podporin)容疑者(37)を逮捕しました。

現地メディアによると、ポドポリン容疑者は「歴史的理由」に基づき犯行に及び、後に警察に対し「犯行前にウオッカを1杯飲んでいた」と供述したそうです@@傷つけられる前の絵を観ることが出来たのだなあと。


「ノヴォデヴィチ女子修道院のソフィア」は正式名称は「ノヴォデヴィチ修道院に幽閉されて1年後の皇女ソフィア・アレクセーエヴナ、1698年に銃兵隊が処刑され、彼女の使用人が拷問されたとき」

ロマノフ朝2代目のツァーリであるアレクセイは、1657年に生まれたソフィア・アレクセーエヴナの他に、フョードル3世、イヴァン5世、ピョートル1世など多くの子女をなした。

まず、フョードルがツァーリとなるが、病弱だったため6年後に20歳の若さで死去する。イヴァンは、知的障害をもっていた。そこで、ピョートル1世が即位した。

しかし、ソフィアは25歳のとき、銃兵隊(ストレリツィ)の反乱を起こさせ、イヴァン5世をツァーリとし、ピョートルを名目上の共同統治者として、自ら摂政の座につき、実権を掌握した。

ソフィアは、ピョートルを田舎に追いやった。2度のクリミア遠征の失敗などの失政に苛立ったソフィヤは、ピョートルを取り除くために銃兵隊の反乱を起こしたが失敗する。

1689年、ソフィアはモスクワのノヴォデヴィチ女子修道院に幽閉され、ピョートルは改めてツァーリとなる。9年後の1698年、銃兵隊の反乱が起きると、ソフィアを支持した1500人近くの兵士が処刑された。

さらに、ソフィアが反乱を指揮したという証拠がなかったのにも関わらず、ピョートルは、ノヴォデヴィチ女子修道院のそばにも処刑台を設け、さらには反乱を首謀したと思われる3人の兵士の死体をソフィアのいる部屋の窓の外側に吊り下げた。

やがて、ソフィアを修道女にするようにとの命令を受けた兵士や修道僧たちは、部屋まで行って扉を開ける。そのときに目に飛び込んできた光景を描いたものが本作である。

この後、ソフィアは強引に剃髪させられ、大勢の兵士に監視され続け、1704年に他界した。
以上ウィキペディアより引用しました。

ソフィアは兄弟たちと共に高度な教育を受けた女性で、強烈な権力志向の持ち主だったそうです。

ソフィアが「太って醜く、ふしだら」と非難されたのは、当時の皇女としてはあるまじき行為、政治に携わったことに対する反発を反映している可能性もあるそうです。

実際私はこの絵をぱっと観て「太った尊大なこのお・じ・さ・んは誰?」と思いました(滝汗)

彼女の「治世」は、女性君主が権力を握る前例を開いたという意味では重要だったとか。ソフィアはその後18世紀の女帝の出現へと先駆者的な役割を果たしたのではないでしょうか。

エカテリーナ2世はソフィアの摂政政治を「ソフィアには正当な評価があたえられていないと思う。ソフィアは誰もがうらやむような英知をもって、長年にわたりわが帝国の国政を担ってきたというのに」と評しているとか。


ところで写真がない時代、各国の宮廷では肖像画を結婚相手を選ぶ手段としても利用してきたようですが、こうしてみると随分歪められていたのだなあと思います(通常は実物よりずっと美しく描かれていたそうです)

肖像画が実物をありのままに描いたものではないとはいえ、ソフィアの場合はあまりにも酷いと思いました。おそらく摂政時代のソフィアだと思いますがこんな肖像画がありました ↓

201909080.jpg



写真も肖像画同様、現在では修正や盛ることで実物とはかけ離れた姿になっていますけれどもね(苦笑)




ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg

ロシア旅行記は通常日曜日更新を予定しています。

だらだら続いてきました過去記事につきましては

記事下のRelated Articleよりご覧くださいませ。



夏風邪をひいてしまったようで、昨夜久し振りに●レコールを飲んだのですが眠い、眠い、ひたすら眠いです(zzz・・・)半分居眠りしながら記事を作成しましたので誤りがあるかもしれません、ごめんなさい・・・







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





「健康増進 天と地のエネルギースポット」とは知らなかった竜爪山 穂積神社 ー静岡市葵区ー | Home | イタリア便り 姪たちが手に入れた果樹園の小屋づくり2 & 着付教室はリハビリになるかも?





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
River Flows in You


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • Memory 想い出のアルバム 朝霧高原の牛さんたち ー静岡県富士宮市ー 2015年の写真より
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ 其の二
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 夜中ブッダガヤへ向かう
  • 静岡街ぶら散歩 西郷・山岡会見之史跡 ー静岡市葵区御幸町ー & ここを知った理由
  • 静岡街ぶら散歩 え?こんなところに・・・静岡御用邸跡 ー静岡市葵区追手町ー
  • 初めての工場夜景撮影 イハラニッケイ化学工業他 ー静岡市清水区蒲原ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7 ーアブルッツォ州ー
  • ポメラニアンと散歩 何とも不思議なというかシュールな光景 安倍川中流域の河川敷にて
  • ポメラニアンと散歩 サルノコシカケに腰かけてみました? by 木雪 & セイラ ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアンと散歩 秋光の名も知らぬ池 ー静岡市葵区足久保ー &  Hallelujah(ハレルヤ)
  • 秋の野を歩く 麻機遊水地の池とカワウさんたち&上空にヘリ ー静岡市葵区芝原ー

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming