FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2019.02.15
Nostalgia 北米・欧州放浪記 -欧州編ー オーストリアからドイツへ & ルシアンは誘拐犯?
「Nostalgia 北米・欧州放浪記」昔々の夫さんの放浪記です・・・

このシリーズは30年以上前のフィルム写真をスキャンした画像と

夫さんの文章でお送りします


実際に放浪した国々はイタリア・ローマの義姉の家を出発してから

ドイツオーストリア→デンマーク→ノルウェー→スウェーデン

ベルギー→イギリス→フランス→スペイン→ポルトガル→ギリシャ

こちらの更新は必ずしも放浪した順序どおりではありません


本日はオーストリアからドイツ


20190215-1.jpg

ドイツの小さな村にて

オーストリアからドイツへは

フュッセンへと山越えをした

地元のローカルバスに乗り

チロルに入ると

そこはムーミンの世界だった

バス道にまで牧草が迫り

脇にそれる道は谷間にのび

その先には豊かな牧草地が広がる

あの谷の奥にはきっと ムーミンや

スナフキンがいるだろうと思った

そんな可愛い谷間の村を

いくつも通り過ぎると

ドイツ国境フュッセンの村があった

霧の中フュッセンのユースに1泊し

翌日このディケルスビュールに着いた



20190215-2.jpg

ノイシュヴァンシュタイン城

ご存知ノイヴァンシュタイン城

まるで絵葉書

そうとしか撮れないお城

城主の「狂王ルートヴィヒ」は

19世紀の末に

耽美的なデカダンスに酔い狂い

死んでしまったのである



to be continued・・・


過去記事は ↓ 記事下のRelated Articleよりご覧くださいませ





HN(ハンドルネーム) Lucien ルシアンはこのドラマから


2007年当時ちょこっとハマったCS放送(AXN)の海外ドラマがありました。


kisnapped1.jpg


「KIDNAPPED(キッドナップ)」文字通り誘拐に絡む人間模様を描いたシリアスドラマですが、本国アメリカではイマイチ視聴率が取れなくて途中で放映打ち切りになってしまいました(確かシーズン1で打ち切り 涙)

1話が1日の状況を追ってゆくという「24」もどきのドラマでしたが「24」のようにスピード感がなく、ニューヨークの上流家庭、コンラッド家及び周囲の人々の秘密がまったり明かされてゆく不思議なドラマでした。

とにかくこのドラマ、謎が多くてねえ・・・ちょっとしたミステリー小説を読んでいるような気分にもなり面白かったし、またカメラワークの「あれ?彼が主犯?」と思わせぶりな捉え方も好きでした。

誘拐犯の尻尾が最初から登場します、しかしこの尻尾がかなり長いのです。ずるずると頭(主犯)に辿り着くまでに登場人物がごちゃごちゃになり「この人誰だった?」になりながらも毎回楽しんでいました。

全てを疑え!!(番組のキャッチコピー)そう全ての登場人物が疑わしかったのです(笑)

で、私のHNですが、実はこのドラマの主人公からいただいております~。Jeremy Sisto演じる人質救出のエキスパート(元FBI捜査官)の名前がLucien ルシアンだったのです~。

ルシアンの通称はKnapp このナップと言う名前もKIDNAPPEDから命名したのか謎でしたが、番組が始まった最初の頃、私はこのナップが主犯か?と疑いました。犯人が捜査の先をゆき何もかもお見通しだったから・・・

実はFBIの中にもぐらがいたというまあよくあるストーリーでした。そしてこのもぐらが誰か?がかなり前から私にもわかっちゃったというちょっとお粗末なドラマではありましたが、それもご愛嬌ということですね。

さてそのナップですがむさくるしいし汚らしい、無精髭を生やし、ニューヨークの上流階級の男たち(FBI捜査官も勿論スーツ姿)の間で常にTシャツにレザージャケットそれから走る場面も多いからか?スニーカー姿・・・

その汚らしい?スニーカー足をコンラッド家のソファにどかどか乗せて寝そべる、誘拐犯を騙る小悪党を殴る蹴るそして脅かすのヤクザかマフィア宜しくの無法者ぶり(手段を選ばずというところかな)etc・・・ 

小悪党の耳元にこちょこちょ何か囁くシーン(脅迫したんだよね、きっと)で私は堕ちました(爆)暴力的かつ危なっかしい男に惹かれるなんて、それまではあり得なかったのですが。

ナップにハマっちゃったんです~。演じるJeremy Sistoは金髪碧眼好みの私からは考えられないタイプの役者でしたが、見れば見るほどどんどん底なし沼に捉われてゆきました。


kisnapped2.jpg


そして当時の私のお約束~US版DVDも購入してしまったのでした。勿論Jeremy Sisto主演の映画作品全てね。ということでやっとLucien ルシアンの名前がどうして気に入ったかということですが・・・

US版DVDをCC (クローズドキャプション)にして英語字幕を読みながらふんふんと楽しんでいた時に、誘拐犯の尻尾(Devere)がFBIに逮捕され、ちょいとナップが尋問するシーンがありました。

Devere
Lucien・・・That's a very interesting name for a man of your profession.

Knapp
How do you know my name?

Devere
It means “bringer of lights”
Which is an odd name for someone so closely associated.
With darkness, don't you think?・・・

ディヴィエ
ルシアン・・・あんたみたいな職業のやつには似合わない

ナップ 
何で知ってる? (ファーストネームをというニュアンス?)

ディヴィエ
光を照らす者っていう意味だろ?
暗闇の世界で生きている奴の名前がルシアンとは全く妙だよ・・・

この「暗闇の世界で生きている奴」というのが妙に気に入ったのでした。このシーンまでルシアンはLucifer (ルシファー 堕天使)が名前の由来か?なんて勝手に思い妙に納得していたのですけれども。

Profileでも少し触れていますが、当時私は天上を夢見ながら?暗闇で生息していましたので(今もですが 笑)ピッタリだなあとこの名前をいただいたのでした。


ナップを演じる Jeremy Sisto ジェレミー・シスト 茶眼ながら(この際、碧眼でなくてもいいかな~なんて単純な私らしい 笑)キラキラと美しくてねえ、番組中よく目元がアップになるのも嬉しかったなあ・・・



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Nostalgia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





イタリア便り 夫さんのローマ市内観光 旧市街からゲットー(ユダヤ人居住区)を歩く | Home | Memory 想い出のアルバム 青葉シンボルロードの午後  & 着物とバッグ





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Andalusian Breeze


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)パントリーとキッチン ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ダイニングルームと骨董室 ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ホールと書斎 ー静岡市駿河区高松ー
  • スパニッシュスタイルの洋館 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ー静岡市駿河区高松ー
  • ポメラニアンと散歩 久し振りに走りまわりました 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • 静岡県護国神社・神池にいたカモさんとカワセミさん(は失敗でしたが)ー静岡市葵区ー
  • ほんのり焼けた富士山がシルエットになるまで 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5 ーアブルッツォ州ー
  • Memory 想い出のアルバム 七里ヶ浜に集う人たち 2006年9月の写真より ー鎌倉市ー
  • まかないから生まれた地元名物そば「磯おろし」 戸隠そば本店 ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアン日和 戦いすんで日が暮れて 木雪サンと絽依君の場合 2011年9月
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ橋を渡って (2008年4月16日記事の再更新)
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ湾 (2008年4月14日記事の再更新)

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming