FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2018.09.14
イタリア便り イタリアの猫たち & Cavalleria Rusticana - Regina Coeli Laetare -
2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです・・・


20180913-1.jpg



20180913-2.jpg



20180913-3.jpg



20180913-4.jpg



20180913-5.jpg



20180913-6.jpg


ローマから60㎞ほど離れた国立公園の村で

出会った野良猫さんたちのようです・・・






Cavalleria Rusticana - Regina Coeli Laetare -

歌劇『カヴァレリア・ルスティカーノ』より復活祭の合唱


かつてオペラにはまり地元の交響楽団付合唱団に所属して歌っていた頃、初めてこの合唱曲を聴いてあまりの美しさに涙が出ました。

学生時代ミッションスクールで学んだ故か宗教曲とは馴染みが深く、心が落ち着き結構好きなのですがそれとはちょっと異なっ感覚でした。

『カヴァレリア・ルスティカーノ』は前奏曲があまりにも有名ですが、私はむしろこの合唱曲にこそその真髄があると勝手に思っています(なあんちゃって、ただ当時合唱団にいたから合唱曲に惹かれただけ~かも 笑)

Regina Coeli Laetareは復活祭を祝う「主を讃えよ」の賛歌ですが、途中からメゾソプラノが加わり天上の音楽を思わせるような麗しさと共に何とも言えない高揚感、そして高みに上りつめる盛り上がりをみせる合唱曲です。

高揚感に突き動かされて一緒に歌ってることも・・・


オペラって切った張ったというか男女の愛憎劇が多くて(実は私、男女のどろどろした愛憎劇的なものが苦手なのです)物語的にはこれってどうなの?というあらすじが多いのですがこれぞまさしくソレ(苦笑)

ただオペラの魅力は音楽 歌 演劇 舞台等の全てがひとつになる総合芸術の面白さにあるので、私は単純に音楽的美しさとか歌手の生声の臨場感とか(衣装も魅力的)劇中のバレーや演出の面白さ等々を楽しんでいます。

『カヴァレリア・ルスティカーノ』は、「ヴェリズモ・オペラ」(ヴェリズモ=現実主義)というドキュメンタリ風のオペラです。そして直訳すると「田舎の騎士道」(って何?ですよね)という意味なのだそうです。

内容はイタリア南部・シチリア島のある村で実際に起こった2組の男女の愛憎劇と殺人事件!!(浮気とか寝取られたとか復讐だとか決闘だとかの世界です)を元に脚色されたものです。

まあそんな内容でありながらどうしてこう作曲家マスカーニの音楽は美しいのだろうと思うのです。

私が聴いていた頃はそれこそまだDVDなんてなかった時代でしたので、ビデオやLD(大きくて重~いレーザーディスク)でオペラを観ていました。CDだけで聴くこともありましたがやはりオペラは観て楽しむものですから。

今はたま~にDVDで観ることもありますが、お気に入りの歌手のものはなかなか見つからないので結局CDで聴いていることが多いでしょうか。そうそうこの合唱曲は輸入廉価版の合唱曲ばかりを集めたCDで知りました。


因みに私、キンキンしたソプラノ声が苦手です。『カヴァレリア・ルスティカーノ』はメゾソプラノの歌手が歌っています(許容範囲内 笑)更に男性の声もテノールよりもバリトンが好きなのです~(低音声フェチ 爆)

その後、それまで「ミュージカルねえ・・・」と見向きもしなかった劇団四季の『オペラ座の怪人』にハマったのは、ひとえに怪人役の高井治さん(芸大出身のバリトン歌手)の声に惚れちゃったからなのです。

たまたま地元の百貨店のくじで静岡公演のチケットが当選して「勿体ないから行ってみるかー」的に出掛けて恋に堕ちてしまいました♪

きっと出逢うべくして出逢ったのだと(後から高井さんが地元静岡県出身と知り「もうこれは運命と言う以外何物でもないっ」と思っちゃったわけね 笑)

その後今度は東京公演のチケットも当選して(私はあれでくじ運を使い果たしたのかも~と思っています)ソワレ(昼の部)5回、マチネ(夜の部)2回の計7回公演に通いました。

当時はCDのロンドンキャスト版(マイケル・クロフォード&サラ・ブライトマン)か四季版(ファントムは高井さんではありませんが)のどちらかを毎日聴いていて頭の中では常に怪人の音楽が鳴っていました・・・

とまたまた『カヴァレリア・ルスティカーノ』から脱線してしまいましたが、そんな時代もありました。

一度ハマるととことんというかかなりしつこく追いかけるのですが、最近は哀しい哉、そういう対象がなくなってしまいました(涙)


毎度の如く前書きが長くなりましたが・・・

気を取り直して歌劇『カヴァレリア・ルスティカーノ』より復活祭の合唱をどうぞ♪

※お手数ですが右上のプレイヤーでBGMを止めてくださいませ





※体調が悪いというよりちょっとまた

気分が落ちてしまいました

皆さまのブログへお邪魔しながら

コメントが出来なくてごめんなさいです



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





ロシア旅行記 車窓からのサンクトペテルブルグの街並み | Home | 中勘助文学記念館・杓子庵 -静岡市葵区ー





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
River Flows in You


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • My precious 「愛しいモノたち」 ふわもこミンクバッグ 中までアニマル柄ですヨ
  • Memory 想い出のアルバム 黄葉の田貫湖畔と薄~く見えた富士山 2005年11月の写真より 
  • ポメラニアンとの日々 秋の夜長は「犬たんぽ」の中で・・・木雪サンとセイラさんのどアップです~ 
  • 秋麗(あきうらら)の蓮永寺 セイラさんも飛び入り参加 ー静岡市葵区沓谷(くつのや)ー 
  • ポメラニアンと散歩 静岡陸軍墓地広場にて ー静岡市葵区沓谷(くつのや)ー
  • Memory 想い出のアルバム 朝霧高原の牛さんたち ー静岡県富士宮市ー 2015年の写真より
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ 其の二
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 夜中ブッダガヤへ向かう
  • 静岡街ぶら散歩 西郷・山岡会見之史跡 ー静岡市葵区御幸町ー & ここを知った理由
  • 静岡街ぶら散歩 え?こんなところに・・・静岡御用邸跡 ー静岡市葵区追手町ー
  • 初めての工場夜景撮影 イハラニッケイ化学工業他 ー静岡市清水区蒲原ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8 ーアブルッツォ州ー

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming