FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘


↘
2018/05/27
ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ プーシキン像
週末のロシア旅行記です

2016年2月25日から3月2日のロシアツアー旅行にひとり参加しました

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


20180527-1.jpg


20180527-2.jpg
2016.2.26 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿に向かう途中で


サンクトペテルブルグ2日目は 午前中エカテリーナ宮殿
午後から血の上の教会 デカブリスト広場 青銅の騎士像 
宮殿広場 聖イサク寺院と見所満載のスケジュールでした

本日の写真はエカテリーナ宮殿に向かう途中撮影した
アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキンの像です

プーシキンロシア文学の生みの親 国民詩人として有名です
高校時代に読んだプーシキンの「エヴゲーニイ・オネーギン」
懐かしく思い出しました

チャイコフスキーが作曲した同名のオペラもありますね♪

この日は曇り空でしたが 時々雪が舞っていました・・・


「エヴゲーニイ・オネーギン」で思い出したことがもうひとつ

家にあった世界文学全集(陋屋の2階の書棚にまだあります)
は高校1年の時にほとんど読んでしまいました

「エヴゲーニイ・オネーギン」もこの全集で読んだ覚えが・・・

トルストイやドフトエフスキーはもとよりヘンリー・ミラーなども
この全集には含まれていました(「北回帰線」や「南回帰線」)

あの過激な性描写を高校生のねんねの私が何処まで理解
しながら読んでいたのか甚だ疑問ではありますが・・・

きっとわけもわからず文字を追っていただけなのでしょう
もしかしたら今読んでも理解不能なのかもしれません(笑)

この全集は今は亡き母が毎月購入してくれていた本でしたので
未だに捨てることが出来ません

そうそう書棚にはもうひとつ全集があります 三島由紀夫全集 
これは大学時代にアルバイトをしたお金で購入した宝物です

1階の書棚にも本が溢れているのですが捨てる事も売る事も
出来ず(単なる気持ちの問題なのでですが・・・)にいます

さすがに今は紙の本はなるべく控えてkindleのデジタル本を
購入するようにしていますが大量の本をなんとかせねばと
2階と1階にある書棚を見る度に思いながら出来ずにいます



※現在多忙につきコメント欄を閉じさせていただいております



Monochrome

こちらEtudeの過去画像をモノクロ加工して更新しています

別館のモノクロ写真館は ↓ 薔薇の画像をクリックしてご覧くださいね

ノルウェー・デンマークひとり旅 モノクロ連載中です








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪








Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article


2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
Memory 想い出のアルバム 菖蒲咲く夕刻の丸子川  | Home | 遊びの森で自然と戯れて・・・ー高山市民の森ー & ASTOR PIAZZOLLA  LIBERTANGO
↘
River Flows in You


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で13年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


ではではごゆっくりどうそ~

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂の前で

↘寄り道は ↓ からからどうぞ ♪


↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 03/03  Top Page Etude Recent Article June~January 2019
  • 03/02  Etude Recent Article December~September 2018
  • 06/25  龍爪山 穂積神社(りゅうそうざん ほづみじんじゃ) ー静岡市葵区平山ー
  • 06/24  茶畑と立葵・紫陽花 龍爪山の麓・須賀神社境内にて -静岡市葵区平山ー
  • 06/23  ロシア旅行記 モスクワ 赤の広場を歩きながら PART2 レーニン廟とスパスカヤ塔
  • 06/22  イタリア便り 天然記念物の大鷹(オオタカ)と山椒魚(サンショウウオ)を見にハイキング
  • 06/21  Nostalgia 北米・欧州放浪記 -北米編ー 旅の始まりはカナダ・バンクーバーから 再更新
  • 06/20  蒼い小さな星たちが煌めく山紫陽花 高山市民の森にて ー静岡市葵区水見色ー
  • 06/19  ポメラニアンと散歩 いつもの高山市民の森 ー静岡市葵区ー & 暗示にかかりやすい女?
  • 06/18  少々感傷的になった紫陽花とアガパンサスの咲く小さな公園にて ー静岡市駿河区ー
  • 06/17  水見色(みずみいろ)きらく市のおかあさんたちの手作り料理 ー静岡市葵区水見色ー
  • 06/16  ロシア旅行記 モスクワ 赤の広場(美しき広場)を歩きながら PART1
  • 06/15  Nostalgia 北米・欧州放浪記 -北米編ー 旅の始まりはカナダ・バンクーバーから
  • 06/14  泡沫(うたかた)短歌 亡き母の想ひ出語る隣人と・・・ & フラワーアレンジメント
  • 06/13  Memory 想い出のアルバム 「ジャカランダを愛でる会ー2011年ー」から

  • ↘
    Category

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    Thank you for coming
    ↘
    MoonAge

    fxwill.com
    ↘
    QR

    QR