FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・


↘ ↘


↘ Click for Shizuoka, Japan Forecast↘


Sponsored Link


↘
2018/05/17
イタリア土産と姪(イタリア・ローマ在住)の結婚式
夫からのイタリア土産です・・・


20180517-1.jpg


20180517-2.jpg


20180517-3.jpg


イタリア便りとして2015年5月末からの夫のイタリア滞在記を

こちらで更新していますが本日はその番外編を・・・


2015年7月にスマホで撮影した写真が見つかりました

夫からのイタリア土産スカーフマカロン(笑)でした


この当時は私は黒い洋服が多かったので

モノトーンのスカーフはなかなか使えました~♪


スカーフは首に巻くだけではなく

バッグの持ち手に巻いて大きなリボンにしたり

いろいろ楽しめますね


amaretto マカロンはとても危険!!

美味しくてついつい食べ過ぎてしまいました


以前は夫が海外出張する時には

CHANEL の COCOを頼んでいましたが

その後私自身が海外旅行をするようになり

その必要もなくなりました


ですからこの時のお土産は全く期待していなくて(笑)

とても嬉しかったです~♪



201805174a.jpg


そしてこちらが夫が撮影した姪の結婚式前の写真です

振袖を着ているのが姪です


姪はカトリックの洗礼を受けていますので

教会で結婚式を挙げましたが

振袖姿で神父さんの前に立っていました(笑)


この振袖は義姉の大学時代の友人が

日本から送ってくれたものだそうです

ブルー地に鶴が舞う鮮やかな振袖でした


結婚式の様子はまた後日



ここからは全く別の話ですが・・・

先ほどときめくニュースを見ました

「44年ぶりにレンブラント肖像画が見つかった」 そうです

オランダの画商が落札した絵を鑑定した結果

レンブラントの描いた肖像画だろうとのこと

レンブラント肖像画家として名を馳せていた頃に

描いた肖像画(男性)なのだそうです

ちらっとTVの画面を見ましたが確かにレンブラントだ!!(笑)

そして驚いたことにこの肖像画は対なのだとか

今回見つかったのはその半分に切られた部分なのだそうです

ということはもう1枚が何処かに存在するということですよね

さてこの絵は何故切り取られたのか?

もう1枚は何処にあるのか?

等々 すご~くロマンがあると思いませんか?

ナチ絡みかなあとか勝手に想像して楽しんでいます




Monochrome

こちらEtudeの過去画像をモノクロ加工して更新しています

別館のモノクロ写真館は ↓ 薔薇の画像をクリックしてご覧くださいね

写真をモノクロ加工しながら

過去帰りをする時間が増えました

年取ったのかなあと(笑)





拍手は ↓ からどうぞ




Related Article

Sponsored Link

2015 Italy | BBS | コメント(16) | Page top↑
ポメラニアンと散歩 フィトンチッドを胸いっぱい吸い込んで -高山市民の森ー | Home | イタリア便り ローマから100km程離れた国立公園へ
↘
コメント
 
おはようございます^^

振袖で教会で結婚式なんて、素晴らしいですね。
ご親戚の方もお着物に喜ばれたのではないでしょうか~(^^♪

ご主人様、ちゃんとお土産を買っていらっしゃるのですね~優しい^^
【2018/05/17】 URL | Yさま-[ 編集]
 
ベルリン滞在中に多くのレンブラントの絵を見ました。
対のレンブラント、気になります。
戦後、多くの絵画をソ連に持ち去られたそうです。
戦利品交換会などもソ連とドイツで行なわれましたが、
全ての絵画が戻ったわけではないと聞いてます。

スカーフ、凄く素敵です。
私は太陽アレルギーが胸元にでますので、
夏はスカーフが大活躍ですが、
気に入ったスカーフってなかなか見つかりません。
【2018/05/17】 URL | 太巻きおばばさま-[ 編集]
 
楽しませていただいてます
私も昔々の海外旅行を思い出させていただいてます
↓の記事で
車のスピードの事が出ていました
ミラノであまりのスピードで
レース場を走っているような気分になったことを思い出しました( ´艸`)

姪御さんの結婚式の写真
もっと見せて頂けるのですね
楽しみにしてます♪
【2018/05/17】 URL | babaさま-[ 編集]
 
こんにちは^^

振袖姿で結婚式!
素敵ですね。
海外での振袖姿はとっても晴れやかで、
改めて日本の着物っていいなぁ~と
見とれました^^

イタリアのマカロンは美味しいのですね(^^)ノ
【2018/05/17】 URL | harmonyさま-[ 編集]
 
こんにちわ、訪問&コメントありがとうございます。
ずいぶんアチコチ旅行もされているようで..羨ましい限りです。
私も40くらいまではそれなりに出掛けていましたが、当時はデジカメも無いし業務上の渡航が多かったので、記録も取ってません。
2-3年に一度くらいは出掛けていますが、来月はタヒチです。
イタリアは二度しか行ってませんが、食べ物はそれなりに口に合いましたね。
結婚式のことが掲載されていますが、私は2010年に娘の結婚式でパースに行ったくらいです。日本からは私達夫婦のみ、相手はイタリア系オーストラリア人だったので、親戚にイタリア人が何人も出てきて焦りましたよ。もう名前も顔を覚えていません。(笑) 一人娘と一人孫が1万キロ彼方なので、いつも二人の生活ですよ。 またお邪魔します。
【2018/05/17】 URL | 野付ウシさま-[ 編集]
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/05/17】 | さま[ 編集]
 
Yさま

コメントありがとうございます。

姪が結婚式に振袖を着たことは聞いていましたが、
今回写真を見ていて吃驚しました。
披露宴(イタリアでもそういうのかわかりませんが 笑)ではなく
式そのもの着物姿だったとは・・・

全員の集合写真もありましたが誰が誰やら
さっぱりわかりません(笑)

夫は1か月ほど留守にしていましたので、
少し気が咎めたのでしょうか、
この頃は私、せっせと仕事をしていましたので(苦笑)

お土産があるとは思わず驚きました。
【2018/05/17】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
太巻きおばばさま

コメントありがとうございます。

レンブラントは大好きな「ダナエ」のみではなく
他の絵も好きです。

おばばさま、ベルリンでレンブラントをご覧になったのですね♪
私はウィーンの美術史美術館でレンブラントを観たのですが、
あまりの素晴らしさに言葉を失ってしまいました(笑)

ナチスが強奪した絵画等の美術品も多いと聞きますが、
ほとんどは何処かに消えたのだそうですね。
隠されたまま見つからないのか
それともソ連にこっそり持っていかれたのか?
美術品が辿った歴史を当時の歴史と絡めて調べてみると
面白いのかもしれません。

今回の見つかったレンブラントもナチ絡みかなあなんて
あれこれ妄想して楽しんでいます・・・

スカーフは夫が選んだようです。
意外とセンスいいかも~と思いました(笑)
私も日本ではなかなか気に入るスカーフが見つかりません。
今使っているものはほとんど海外で買い求めたものです・・・
【2018/05/17】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
babaさま

コメントありがとうございます。

babaさま、ミラノでそんな経験をされたのですね♪
日本のように制限速度がそれほど煩くないのかもしれませんね。
イタリアは全てがアバウトというか大らかなでしょう。

狭い隙間に縦列駐車をしようとして
バンパーで前後の車を押しながら割り込むのは当たり前
みたいなことを以前義姉から聞いたことがあります。

同じイタリアでも北部と南部では気質が随分異なるそうです。
勤勉な北部に比べて人生を楽しみ怠惰な?南部の人たち
ローマはその中間でしょうか・・・

姪の結婚式の写真は個人情報ダダ漏れなので(笑)
(日本から義姉の友人たちが参加してくれていますので)
少し加工しながら更新しようかなと思っています。
まだ先になりますがまたご覧くださいね~♪
【2018/05/17】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
harmonyさま

コメントありがとうございます。

あまりにも鮮やかな色彩と華やかな柄でしたので
今の若い人たちは着ないかもというような?振袖でしたが、
イタリアの太陽の下での結婚式では案外映えたようです。

沢山の見物人?がスマホ撮影していました(笑)
着物姿そのものが珍しかったのかもしれませんね。

改めて着物を見ると確かに華があります。
日本の着物はドレスに引けを取らないと言われますが、
本当にそのとおりだと思いました。

アーモンド味がしっかりしていて
サクッと美味しいマカロンでしたよ~♪
【2018/05/17】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
野付ウシさま

いらっしゃいませ~♪

コメントありがとうございます。

あまりにもたらの芽が美味しそうで♪
思わずコメントさせていただきました・・・

海外旅行は私は決して多くはないと思います。
ただ私の場合は職場の勤続●●年記念の休暇と旅行券で
出掛けていますので、そのことは有難いなあと思っています。

仕事で海外に出掛けるのは私の理想でしたが、
勿論そういう職場ではありませんので夢のまま終わりました(笑)
ですから海外出張される方はいいなあと思っていました。
実際は仕事で出掛けるわけですから大変だとは思いますが・・・

私はイタリアへは行ったことがありませんが、
義姉が帰国すると本場仕込みの?
パスタを作ってくれましたのでこんなものかなあと。
日本のイタリアンとは異なり
素材を生かした薄味で美味しかったです。

お嬢さんとお孫さんは今も
オーストラリアのパースにいらっしゃるのですか?
遠く海外へ行ってしまうと親御さんは寂しいでしょうね・・・
夫の母(義母)もずっとローマ在住の義姉のことを
思っていたようです。
今は亡き義母は本当は義姉と暮らしたかったのだろうなあと
夫と時々話すことがあります。
【2018/05/17】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
こんばんは
結婚式前の写真、とても雰囲気の良い所ですねー
私もイタリアは好きです
食べ物も日本人の口に合いますね
私の初めての海外出張はイタリアでした
【2018/05/17】 URL | ぼびぱぱさま-[ 編集]
 
鍵コメントをくださった●●さま

コメントありがとうございます。

振袖は義姉が着せたかったのか?
それとも本人が着たかったのか?わかりませんが
こんな結婚式もいいなあと思いました。

周囲の皆さんも喜んでくれているようでした。

夫はお洒落~とは無縁のヒト(笑)ですので、
このスカーフはちょっと驚きでした。
義姉に選んでもらったのかと思いましたが
どうやら自分で選んだようです。
私の甘いもの好きもよくわかっているようで・・・

いえいえこちらこそいつもコメントありがとうございます。
行ったことのない国や景色は心が躍ります。
その国に住んでいる方の観光客目線ではない
自然な写真が好きなので毎回楽しませていただいています・・・
【2018/05/17】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
ぼびぱぱさま

コメントありがとうございます。

この写真は夫がローマの教会の前で撮影したようですが、
なかなかいい感じのところですよね。

ぼびぱぱさま、初めての海外出張がイタリアだったのですね。
実は私、イタリアへは行ったことがないのです~
義姉がローマ在住なので
いつでも行けるという思いがあるのかもしれませんが・・・
もう少し年齢を重ねてからでもいいかなあと(笑)

他にも歩いてみたい国が多くて
行き易いイタリアは最後でいいかななんて思っています。
【2018/05/17】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
こんばんは!
Amaretto、マカロンなんですね。
やはりアーモンドのような香りのするAmarettoという同名のリキュールもありますね。
杏などの果実の種を含侵して作ったもののようです。
ディサローノというアマレットが1本ありますが、さっぱり減りません(笑。
【2018/05/18】 URL | むくさまE0P7TXCk[ 編集]
 
むくさま

コメントありがとうございます。

私が持っている伊和中辞典によりますとamarettoは
「形容詞でやや苦めの、ほろ苦い
名詞でマカロン(軽いアーモンド・ケーキの一種)
マカロン酒」 と書いてありました。

リキュール酒のことは知りませんでした、
ありがとうございます。
むしろ日本ではこちらの方が知られているのでしょうか。

ディサローノ、美味しそうなリキュール酒ですね。
今度見かけたらちょっと試してみたいと思います(笑)

実はこのお菓子をいただきながら
形と味はマカロンだけどそうなのかな?と思い、
伊和辞典を調べてみたのでした。
【2018/05/19】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
&8600;
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する



BGM Seaside Memory

BGMが気になる方はお手数ですが

↑プレイヤーで止めてくださいませ

↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

Profileはこちらから・・・

掲示板はこちらから・・・


↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 03/03  Etude Recent Article
  • 08/14  ロシア旅行記 番外編 ガイドブックで巡るエカテリーナ宮殿「琥珀の間」 & 新幹線通勤
  • 08/12  ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL
  • 08/11  イタリア便り ローマ郊外にある国立公園をハイキング
  • 08/09  Nostalgia 北米・欧州放浪記-欧州編ーイタリア・ローマ 夜のテベレ川とコロッセウムの猫
  • 08/07  喫茶あいせるでいただく懐かしのナポリタン -静岡市葵区ー
  • 08/05  ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE CRIMSON AND GREEN PILASTER DRAWING ROOM

  • ↘
    Comment

  • yumiさま「ロシア旅行記 番外編 ガイドブックで巡るエカテリーナ宮殿「琥珀の間」 & 新幹線通勤」
  • x都人xさま「ロシア旅行記 番外編 ガイドブックで巡るエカテリーナ宮殿「琥珀の間」 & 新幹線通勤」
  • Akiyamaさま「ロシア旅行記 番外編 ガイドブックで巡るエカテリーナ宮殿「琥珀の間」 & 新幹線通勤」
  • ルシアンさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • ルシアンさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • ルシアンさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • ルシアンさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • yumiさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • Akiyamaさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • gifunotakaさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • EMICOさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」
  • ルシアンさま「ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 THE PORTRAIT HALL AND THE PICTURE HALL」

  • ↘
    Category

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ

    (注)MP3が重ねて鳴りますので
    お手数ですがどちらかを止めて下さい


    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院

    ↘
    Link (my HP and Blog)
    ↘lucienn HP and Blog
    ↘
    RSS

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Thank you for coming