FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2021.03.31
ポメラニアンと散歩 春深き麻機遊水地を歩く ー静岡市葵区ー 今回は写真が20枚!!
20210331-1.jpg



20210331-2.jpg



20210331-3.jpg



20210331-4.jpg



20210331-5.jpg



20210331-6.jpg



20210331-7.jpg



20210331-8.jpg



20210331-9.jpg



20210331-10.jpg



20210331-11.jpg



20210331-12.jpg



20210331-13.jpg



20210331-14.jpg



20210331-15.jpg



20210331-16.jpg



20210331-17.jpg



20210331-18.jpg



20210321-19.jpg



20210331-20.jpg

2021.3.27 静岡市葵区 麻機遊水地にて撮影


先日久し振りにワンコ達(木雪サン&セイラさん)と麻機遊水地を歩いてきました。巷ではソメイヨシノが満開を迎えていますが、今年はあまりを見にゆこうという気分になれず、ソメイヨシノの写真を撮ることもないかなと思っていました。

ところが遊水地にもの木があり、今年の初花見はこれで完了(笑)しました。今回もワンコ達の写真が少なめです。セイラさんは毎度の如く夫さんに抱かれての散歩になりました・・・写真がまだ残っていますので続きはまた次回。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.29
現在の谷津山・七面山観音堂跡 干支動物ハウスや周囲が少し変化しました ー静岡市葵区ー
2021年1月28日の記事にて紹介しました谷津山七面山観音堂跡 少し変化がありましたのでその後をどうぞ・・・


20210329-1.jpg

2021年3月26日現在の

七面山観音堂跡



20210329-2.jpg

写真がブレていますが・・・

初めて夫さんが訪れた時の

七面山観音堂跡

2020年12月23日撮影



20210329-3.jpg

同日撮影の干支動物たち



20210128-4.jpg

前回記事(2021年1月28日)の写真より

2021年1月22日の観音堂跡

この時は出来あがったという

干支動物ハウスを見に行きました

木雪サン飛び入り参加です~



20210329-5.jpg

2021年2月6日撮影

干支動物ハウスに雨があたり

セルロイド部分が汚れるからと

下台を作り石の上に設置しました



20210329-6.jpg

今回の夫さん自作ベンチは背負子で・・・

蓮永寺駐車場にて撮影



20210329-7.jpg

蓮永寺の桜撮影をしていた中年男性に

撮影していただいたそうです



20210329-8.jpg

こちらは山好きな中年女性に

撮影していただいたとか



20210329-9.jpg

一休み出来るスペースが出来ました・・・


ベンチ(横巾1m 奥行き40cm 高さ40cm 重量は約12㎏〜13kg位?)腰掛け部は2×4(ツーバイフォー)の余り材で木枠を作り、座面に割竹を敷いたもの。脚は家の縁の下に転がっていた大昔の梁材を使用、廃材利用。

塗料は防腐剤入り、色はアイビーグリーン。重さは大したことはないが背が高いので歩きながら少し振られた。泥跳ね防止のため砕石30kgを敷いた。葉擦れの音や木漏れ日など、ここには何もしない時間の豊かさがある。

ようやく一段落したので最初の出会いの写真を見てみました。12月21日から谷津山歩きを再開しました。2回目の23日にふと観音堂跡に足が向いてそこでこの干支動物たちと会いました。

その後は26日にペットボトルを持って泥を拭きに行き、翌年1月2日に小屋を作り現在に至るわけです。初めて手に取ったのは拭いたときです。23日の写真を見るとちゃんと並んでいるし転がっていないし彼らも汚れてはいませんでした。

誰が何のためにここに干支動物たちを置いたのか・・・改めて彼らをここに置いたひとの思いが偲ばれました。



以上が夫さんからのメールを抜粋したものです。1月28日撮影4枚目(木雪サン飛び入り参加写真)以外は全て夫さん撮影、又は撮影していただいた写真です。私は1月28日撮影(行ったのは22日)以外はこの観音堂跡へは行っていません。

ほとんど人が立ち寄ることがなかったであろう観音堂跡、谷津山を登ってきた皆さんがここで一休みしたり、風の音を聴いたり、木漏れ日を楽しんだりとほっとするひとときを過ごしてくださると夫さんも喜ぶと思います。


ポメラニアンと散歩 谷津山ハイキング 七面山観音堂跡の干支動物ハウスー静岡市葵区ーはこちらからどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


diary | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.27
国登録有形文化財 次郎長生家(旧高木家住宅) と 勝札 ー静岡市清水区美濃輪町ー
20210327-1.jpg



20210327-4.jpg



20210327-2a.jpg



20210327-3a.jpg



20210327-5.jpg



20210327-6.jpg



20210327-7.jpg



20210327-8.jpg



20210327-9.jpg

2021.3.26 静岡市清水区 国登録有形文化財 次郎長生家にて撮影


次郎長生家は、江戸期は渡世人、明治期は社会事業家として活躍した清水次郎長(しみずのじろちょう)【文政3年(1820)~明治26年(1893)】が生まれた家として知られています。

清水次郎長こと(本名:山本長五郎)は、商家である高木三右衛門の次男としてこの家に生まれましたが、母親の弟で200mほど離れた同じ通りの米屋・甲田屋を営んでいた山本次郎八(やまもとじろはち))の養子に出されました。

次郎八のところの長五郎ということで「次郎長」と呼ばれました。次郎長生家のある清水区美濃輪町は、清水港の発展を支えた廻船問屋が立ち並んでいた上一丁目、上二丁目、本町、そして仲町(清水町の妙慶寺付近)に続く位置にあり

幕府の清水御米蔵(おんこめぐら)に通じる街路を形成し、町屋が連続していました。次郎長生家は、美濃輪町の通り(現在の次郎長通り)に面し、通りと巴川に挟まれた場所にあり、清水港の歴史を物語る位置に存在します。
 
次郎長の生まれた家として有名ですが、清水港の発展を根本から支えた一般の商人の家としてこの建物が残されたことは貴重であり、国登録有形文化財の登録基準の「国土の歴史的景観に寄与している」として、平成30年3月27日、国の登録有形文化財に登録されました。
(以上静岡市HPより引用しました)


昨日は所用があり清水区まで出掛けました。たまたまこの次郎長通り付近にいましたので、次郎長生家に立ち寄りました。が、立ち寄った時刻は午後3時55分、平日ここは午後4時閉館なのだそうです@@

ゆっくり屋内を見たかったのですが、閉館時間では仕方がありません。「あと5分しかないっ」と慌ただしく勝札(最後の写真)を買って出口に向かいながら写真を撮りました。次回は時間の余裕をもって出掛けたいと思っています。



本日の写真はDSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.25
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 20 ーアブルッツォ州ー
20210325-1.jpg



20210325-2.jpg



20210325-3.jpg



20210325-4.jpg



20210325-5.jpg



20210325-6.jpg



20210325-7.jpg



20210325-8.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。


牧場がある。犬を連れた家族と聖○×の白い像があった。吹雪の時に遭難した家族の慰霊碑だそうだ。何故か皆手首がない。誰かが切って持って行ったという。なんの目的に???

やっとレストランが見えてきた。もう客はいなくなり先の女性の車だけがぽつんとあった。こんな風景のなかで生活するってどんな気持ちなのだろう。
(夫さんからのメールより抜粋しました)

to be continued・・・


List of Articles



★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1

 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 2

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 4

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 11

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 12

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 13

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 14

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 15

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 16

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 17

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 18

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 19

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 20




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.23
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 19 ーアブルッツォ州ー
20210323-2.jpg



20210323-1.jpg



20210323-3.jpg



20210323-4a.jpg



20210323-5.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。


List of Articles



★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1

 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 2

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 4

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 11

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 12

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 13

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 14

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 15

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 16

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 17

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 18

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 19




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.21
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 18 ーアブルッツォ州ー
20210321-1.jpg



20210321-2.jpg



20210321-4.jpg



20210321-3.jpg



20210321-5.jpg



20210321-6a.jpg



20210321-7a.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。


途中、ジュリアーノ(※ルシアン注 姪の夫)が急に丘に駆け上り何やら調べている。

どうやら狼の寝蔵のようだ。糞があると言うからにはこの辺りにいるわけだ。いまの時代に野生の狼と同じ大地のうえにいるという現実味のない不思議な感覚に捉われた。

いいかげん歩きくたびれ、ようやくワジの端につき道路に出た。見るとグラン・サッソが全貌を現していた
(夫さんからのメールより抜粋しました)

to be continued・・・


List of Articles



★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1

 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 2

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 4

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 11

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 12

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 13

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 14

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 15

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 16

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 17

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 18




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.19
静岡街ぶら散歩 1600年ごろタイ国で活躍した山田長政の像 ー静岡市葵区馬場町ー
20210319-1.jpg

山田長政(1590年頃ー1630年)

江戸時代前期にシャム(現在のタイ)の

日本人町を中心に東南アジアで活躍した

通称は仁左衛門(にざえもん)



20210319-2.jpg

山田長政像は静岡浅間神社参道

静岡浅間通り商店街の一角にあります



20210319-3.jpg

赤鳥居(参道入り口)方面を撮影しています



20210319-4.jpg

マスクがなかなかお洒落~



20210319-6.jpg

「家に帰ったら うがい、手洗い よろしくたのむぞ!」



20210319-5.jpg

この辺りが山田長政生家跡なのだそうです



20210319-7.jpg

奥に建つのは静岡浅間神社



20210319-8.jpg

2021.3.17 静岡市葵区馬場町 静岡浅間通り商店街にて撮影


山田 長政(やまだ ながまさ)出生は駿河国の富厚里とされるが、同じく駿河国の馬場町、伊勢国や尾張国とする説もある。

沼津藩主・大久保忠佐に仕え、六尺(駕籠かき)をしていたが、その後1612年に朱印船で長崎から台湾を経てシャムに渡った。後に、津田又左右衛門筆頭の日本人傭兵隊に加わり、頭角を現しアユタヤ郊外の日本人町の頭領となった。

その後、アユタヤ国王より高官に任ぜられ王女と結婚したという伝説が生まれたが、シャム側の記録に該当する人物が見られないことから、その歴史的実像は明らかでない部分が多い。
(以上ウィキペディアより引用しました)

山田長政はスペイン艦隊の二度に渡るアユタヤ侵攻を防ぎ、オークヤー(あるいはプラヤー)・セーナーピムックという官位・欽賜名を授けられたと伝えられているそうですが、私は静岡からタイに渡った日本人として名前を知るのみでした。

江戸時代初期に「海を渡って一旗揚げる」という大志を抱いて日本からシャム(現在のタイ)へ渡った人なのだそうですが、静岡にもそんな野望を抱く人がいたのだとちょっと驚きでした(何しろ当地は温暖故かのんびりした人が多いです 笑)

因みに地名の馬場町(ばばんちょうと読みます)の由来は、徳川家康公が駿府城御在城の時、浅間神社の前に馬場(乗馬の練習や馬術の競技場の場所)があったことによるそうです(恥ずかしながら地名の由来も今回知りました)


静岡勤務時代はこの近くに職場事務所があり、ランチで浅間通り商店街にも時々来ていましたが、今回この像を撮影するのは初めてのことです。というかここに像があることすら知らなかったのです~知らない事が多過ぎですね(滝汗)



本日の写真はDSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.17
「静岡茶発祥の地」として有名な足久保の原田川遊歩道を歩いてきました ー静岡市葵区足久保ー
20210317-1.jpg



20210317-2.jpg



20210317-3.jpg



20210317-4.jpg



20210317-5.jpg



20210317-6.jpg



20210317-7.jpg



20210317-8.jpg



20210317-9.jpg



20210317-10.jpg



20210317-11.jpg

2021.3.11 静岡市葵区足久保 原田川遊歩道にて撮影


前回更新した原田川水門へ行く途中撮影しました。ここには足久保団地という住宅街がありますが、比較的新しい住宅地のようでモダンな家が並んでいます。住宅街を抜けると原田川があり、川沿いは散歩が出来るような遊歩道になっています。

9枚目の写真、右側を流れているのが足久保川でしょうか。左側の水量の多い川が原田川だと思います。この川の先に原田川水門がありました。住宅街の端を流れているのですが、美しい清流でカルガモさん2羽がのんびり寛いでいました。

因みに9枚目の写真に写っているお尻の主は木雪サンです。セイラさんは夫さんに抱かれての散歩になりました。

足久保団地で思い出したことがあります。高校生の頃、中学時代の同級生がこの足久保団地に引っ越して家に遊びに行ったことがありました。延々とバスに乗っていた記憶はありますが、どの家だったのか・・・記憶は完全に途切れています(笑)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.15
「静岡茶発祥の地」として有名な足久保・原田川の原田川水門 ー静岡市葵区足久保ー
20210315-1.jpg



20210315-2.jpg



20210315-3.jpg



20210315-4.jpg



20210315-5.jpg



20210315-6.jpg



20210315-7.jpg



20210315-8.jpg



20210315-9.jpg



20210315-10.jpg



20210315-11.jpg



20210315-12.jpg



20210315-13.jpg

2021.3.11 静岡市葵区足久保 原田川水門にて撮影


一昨日更新した静岡市の北部、※足久保の名も知らぬ池に行く途中、市街地と足久保を結ぶ道路・美和街道から昭和初期に造られたような?煉瓦の建物が見え「あれは何だろう?」と気になっていましたので立ち寄ってみましたが、水門でした。

この原田川水門は安倍川・足久保川が増水した時に住宅地(足久保団地)を流れる原田川への逆流を防ぐために2014年に造られたそうです。遠くからは古めの煉瓦の建物のように見えましたが実際は7年前に造られた水門とのことでした。


足久保は安倍川の支流、足久保川流域に拡がる古くから茶業で栄えた歴史ある地域です。

鎌倉時代の高僧聖一国師(しょういちこくし)が宋より持ち帰ったお茶の種を播いた「静岡茶発祥の地」であり、江戸時代には足久保茶は「将軍家御用達の高級茶」として広く知られていました。現在でも足久保茶は高級茶として有名です。


この日は足久保団地から原田川沿いを少し歩いてみたのですが、住宅街を流れる川とは思われないほど美しい清流でした。原田川沿いの写真が未だ少し残っていますので次回・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.13
ポメラニアンと散歩 5か月ぶりに名も知らぬ池の周囲を散歩しました ー静岡市葵区足久保ー
20210313-1.jpg



20210313-2.jpg



20210313-3.jpg



20210313-4.jpg



20210313-5.jpg



20210313-6.jpg



20210313-7.jpg



20210313-8.jpg



20210313-9.jpg



20210313-10.jpg



20210313-11.jpg



20210313-12.jpg



20210313-13.jpg



20210313-14.jpg



20210313-15.jpg



20210313-16.jpg



20210313-17.jpg

2021.3.11 静岡市葵区足久保 名もなき池にて撮影


一昨日久し振りにワンコ達と静岡市足久保にある名もなき池の周囲を歩いてきました。以前にも書きましたが、ここは何処かの建設会社の土地らしいのですが茶畑に囲まれた中に貯水池があり、周囲には手つかずの自然が拡がっています。

岸辺にあるソメイヨシノが満開を迎えると水面に桜が浮かび美しいところなのですが(桜はまだ固い蕾状態)池の水はほとんど涸れていて、木が伐採されていたり、入口にあった小屋が撤去されていたりといつもと少し様子が変わっていました。

もしかしたら何か開発の手が入ってしまうのかもしれません。整備して自然公園のようにするのか?それとも何かレジャー施設のようなものが出来るのか?わかりませんが、ワンコ達もお気に入りの場所なのでこのまま残って欲しいところです。

本日も写真が17枚になってしまいました。いつもずるずるとスクロールしてご覧下さいましてありがとうございます。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.11
泡沫短歌 春霖に 君の姿が ぼんやりと・・・ & 本日のBGM は alan 「悲しみは雪に眠る」
20210311-1.jpg



20210311-2.jpg



春霖に 君の姿が ぼんやりと 過ぎ去りし日々に 散る花ひとつ  瑠紫闇



20210311-3.jpg



20210311-4.jpg



20210311-5.jpg



20210311-6.jpg

2021.3.6 雨の日に撮影した今春最後の木瓜 静岡市駿河区自宅にて


久し振りに歌を詠みました


先日ふっと虹の橋へ旅立った

ワンコたちのことを思い出して

それ以来気持ちが落ちました

私は常に後悔の中にいるなあと(苦笑)


そして あの子たちは虹の橋で

元気に暮らしているのだろうか とか

私を待っていてくれるだろうか とか

そんなことばかり考えています


今一緒に暮らしているワンコたちが

虹の橋へ旅立ってしまったら

何も思い残すことなく迷うことなく

私も旅立てるような気がします


いつか虹の橋で皆に逢えますように・・・



※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう

取るに足りない短歌のこと

私の下手な歌にぴったりだと

勝手に造語命名しました



本日のBGM は・・・

alan   悲しみは雪に眠る



映画『桜田門外ノ変』の主題歌です。もう随分前だったと思いますが、たままたBS放送で映画『桜田門外ノ変』を見て、エンドロールで流れたこの歌が心に沁みました。作詞が伊勢正三さん(正やん 笑)だったというのが驚きでしたが・・・

歌っているalan(アラン、1987年7月25日 - )さんは、中国四川省カンゼ・チベット族自治州(甘孜州)丹巴県(ロンタク県)(通称・美人谷)出身の歌手、クラシックを学び二胡やピアノを演奏、かつてはモデルもしていたという多才な方です。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


verse | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.09
2008 ノルウェー旅行記 オスロ カール・ヨハン像と王宮(2008年9月4日記事の再更新)
20210309-1.jpg



20210309-2.jpg



20210309-3.jpg



20210309-4.jpg



20210309-5.jpg



20210309-6.jpg



20210309-7.jpg



20210309-8.jpg


王宮を背にして立つカール・ヨハン騎馬像です。写真ではわかりにくいのですが王宮カール・ヨハン象も実際はとても大きく、特にカール・ヨハン象は見上げて撮影しながら首が痛くなった記憶があります。因みにカール・ヨハンという王様は


カール14世ヨハン(スウェーデン語: Karl XIV Johan, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)は、スウェーデン=ノルウェー連合王国の国王として1818年から死去する1844年まで在位した。

ノルウェー国王としての名はカール3世ヨハン(ノルウェー語: Karl III Johan, 1763年1月26日 - 1844年3月8日)である。現代まで続くスウェーデン王家ベルナドッテ朝の始祖であり、彼の血は子孫を通じてノルウェー王家、デンマーク王家、ベルギー王家、ルクセンブルク大公家、ギリシャ王家にも受け継がれている。

フランス革命・ナポレオン戦争期のフランスの軍人・政治家ジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット(フランス語: Jean-Baptiste Jules Bernadotte)としても知られ、元はフランスの平民階級出身者であった。

ナポレオン・ボナパルトのライバルと目された人物であり、1810年にスウェーデン議会によって同国の王位継承者に選任されたのち、第6次対仏大同盟の立役者となってナポレオンの欧州における覇権に止めを刺したことは、ナポレオンをして「世界の運命を掌中に収めたフランス人」「我らが失墜の主たる要因のひとつ」と言わしめた。
(以上ウィキペディアより引用)


カール・ヨハンがスウェーデン王(当時のノルウェーはスウェーデンに連合王国として統治されていたのですね)だったことは知っていましたが、フランス出身だったとは@@ それもナポレオンのライバル軍人だったとは知りませんでした。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.07
2008 ノルウェー旅行記 オスロ カール・ヨハン像付近にて (2008年7月29日記事の再更新)
20210307-1.jpg



20210307-2.jpg



20210307-3.jpg



20210307-4.jpg



20210307-5.jpg



20210307-6.jpg



20210307-7.jpg


本日は「逆光だろうが何だろうがぜ~んぜん気にしない、取り敢えず撮りました」的な写真ばかりとなりました。不思議なことにこのオスロの朝の光景は心の中にしっかり焼きついているらしく、時々夢の中でオスロを訪れているのです(笑)

写真を撮った事すら忘れていることが多いのに、たま~に撮影した時の情景が深く心の中に刻み込まれていることがあります。たぶん「何故か凄く幸せを感じた一瞬」とか「ここ好きかも~」とかそんな他愛もない想いだったのでしょうけれども。


駄文だらだら日記ブログに旅先をノルウェーにほぼ決めた時のことが書いてありました。かつて勤務した職場ではこの年から毎年5日間の連続休暇を取得しなければならなくなり、これで堂々と海外旅行に行けるよ~と喜んだ覚えがあります(笑)


北への道  2007-12-28 Fri



にわかに現実味を帯びてきたノルウェー行きですが・・・続きを少々ね。

人事からの「連続休暇を年度内に消化せよ」とのメールを読んだ後、昼休みに嬉しさの余り夫に携帯メールをしたのです。いくら別居結婚中といえども1週間以上家を空けるとなるとおっととさまの承諾を得ないといけませんからね。

おっとと自慢ではありませんが(あせっ)こういう時、夫は大きな人間だなあ(笑)と思うのですよ。おそらく欧米を旅して気持ちの変化を感じた夫は同じ経験を私にもさせてやりたいと思ったのでしょう。以下夫とのメールを抜粋します。

「連続休暇を取得しないといけないから、来年1月か2月にノルウェーに行きます」
(「行ってもいい?」ではなくあくまでも「行きます」発言 爆)

「いってらっしゃい、いってらっしゃい。ノルウェーはいいよ~」
(「経験者は語る」ですね、ウン十年前のバックパッカーも今やすっかりおじさんになりました)

「だよね、オーロラツアーで零下40度の世界を体感っていうのもどう?」
(人生観が変るらしいけれどホントかな?)

「寒いよ!凍るよ!でも体験することは大切なことです」
(そうそう、頭ではわかっているけど想像がつきません、何事も経験デス)

「一緒に如何ですか?」
(行かないだろうなあと思いつつちょいと誘ってみました 笑)

「インドならねえ・・・スリランカでも」
(ワタクシそっちは行きたくないの)

「そうそう、トルコっていうのもいいよね、もう一度行きたいなあ♪」 
(かなりマジなワタクシ トルコはもう一度行きたいっ)

「ボスポラス海峡の雪を見たいけど、トルコも寒いねえ・・・」
(おやじは寒さに弱いのか 爆)

というようなメールが延々と続いたわけです(笑)実はトルコもかなり魅力的なのです。最初で最後の海外旅行がトルコでしたから、やはり印象が深いのですね。

とパスポートを見てびっくら~!!今年の9月で有効期限切れになっていました、がーん。そういえばこのパスポート、一度も使わないうちに無効になっちゃったのですね。

確か10年前、母を連れてハワイへ行く予定でした。パスポートを再申請しツアーを予約したのですが、その頃原因不明の病で入退院の繰り返しをしていた母が緊急入院、結局キャンセルになってしまったのでした。

その後、母の病名が判明し(県の特定疾患指定を受ける難病でした)そのうち母は透析患者になってしまい、海外旅行が出来ないことはないのですが、本人の意欲がなくなってしまいました。一緒に行く夢は消えてしまいました。

一度も海外旅行をすることなく(飛行機に乗ったこともなく)人生を終えてしまった母、ハワイに行ってみたいと言っていたのにどうしてもっと早く連れてゆかなかったのか、元気な時に連れて行けば良かったと強烈に後悔しました。

さすがに病気の母を置いてワタクシひとり海外旅行(というより家を離れて泊まることがほとんど出来なくなってしまいました)に行くこともできず・・・パスポートはそのまま机の引き出しに眠っていたのでした。

そんな母も去年亡くなり、今は本当に何の心配もなく清々と海外へ行くことができるのですよ。オマケに通常の有給休暇とは別に連続5日の休暇がある!!となればもう行くしかありませんっ(きっぱり)福利厚生だけは手厚い職場(笑)

昨日早速パスポート用の写真を撮ってきました。今日で仕事納めですが、超多忙になると思いますので昼休みも申請には行けないと思うのです。ですから写真だけ撮っておいて来年早々に申請しようかなと。

ところでオーロラツアーって最終日にヘルシンキやコペンハーゲン泊(自由行動)はあるのですが、何故かオスロがないっ!!のですよ。????不思議に思ったワタクシ、昨日の帰りに旅行代理店に寄ってきました。

どうやらオスロ泊がないのは、日本からの直行便の関係らしいですね。ヘルシンキとコペンハーゲンは日本から週何便か直行便が飛んでいますが、ノルウェー(オスロ)着便はない!!のだそうです、そんな~(号泣)

更にツアーに1人で参加する場合、1人部屋料金が追加(滝汗)されるそうでして・・・折角料金が割安の厳冬期を狙ってもこれじゃ、あまり意味がないよね・・・

その上、団体行動が超苦手なワタクシ、ツアーは少々辛いものがあります。ついつい皆と離れて興味ある方向へふらふらと行ってしまうなんてことになりかねません、皆で連れだっておしゃべりしながらだらだら歩くのが嫌なのです。

そういえば、トルコ旅行の時もいつの間にかツアー仲間とはぐれて、どーゆーわけか先を歩いていたドイツ人観光客の間に紛れて皆さんと一緒に写真を撮ったりしながら遺跡廻りをしていたのでした(笑)

となると・・・う~ん、う~ん、飛行機とホテルだけ予約してあとは己の度胸と図々しさと乏しい英語力で勝負するしかないかなと。ついでにオーロラも見たい!!となるとノルウェー国内線の予約も必要ですね。

因みにオスロまでの往復航空運賃が約5万円(燃料サーチャージ除く)、それにホテル代1泊1万5千円~2万円、オーロラを見るとなるとノルウェー国内線往復運賃3万円・・・確かに格安ツアーよりは割高になります。

でも1人で清々と好きなところへ行けるし、自由だし、とワタクシにはこちらの方が合っているかもしれません。

幸か不幸かノルウェーは英語もOKなのだそうです。あは、ワタクシのはちゃめちゃかつ度胸で出たとこ勝負身振り手振英語の見せどころかもしれません(爆)夫の英語力でもインドでなんとかなったという前例もあることですし。

お正月休みにゆっくりプランを考えてみようかなと思っております。それともローマ在住の義姉のところに行くとか、もう一度トルコとか、はたまたアラスカかカナダでオーロラツアーなんていうのも魅力的 ♪ (でもほぼ決まりかな~)

なあんてあれこれ考えている時がこれまた楽しいのですよね。


ひたすら若かったなあと思います。今はもうこんな元気はないし、コロナ禍が収まったとしても果たして海外へという気持ちになるだろうかと。だってもうすっかり引き籠りおばさんになっちゃっていますから(結構心地良いの 笑)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.05
我が家の木瓜が満開を迎えています 日を追って撮影してみました ー静岡市駿河区ー
20210305-1.jpg



20210305-2.jpg



20210305-3.jpg



20210305-4.jpg



20210305-5.jpg



20210305-6.jpg



20210305-7.jpg



20210305-8.jpg

ここまで2021.2.23撮影



20210305-9.jpg



20210305-10.jpg



20210305-11.jpg



20210305-12.jpg



20210305-13.jpg



20210305-14.jpg



20210305-15.jpg

ここまで2021.2.25撮影



20210305-16.jpg



20210305-17.jpg



20210305-18.jpg



20210305-19.jpg



20210305-20.jpg

ここまで2021.2.27撮影



20210305-21.jpg



20210305-22.jpg



20210305-23.jpg

2021.3.5 静岡市駿河区 自宅にて撮影


毎年この時期に満開を迎える我が家の木瓜です。2月23日・25日・27日そして本日(朝)と日を追って撮影してみました。最初の頃は花の色が薄く何処かしらぼぅっとした印象があるのですが、日を追うごとに朱色に近い色になってゆきます。

お天気や光の加減でなかなか木瓜本来の色が出ていないのですが、現在はほとんどの花が緋色になり、散り始めています。木瓜は花びらがはらはらと散ると言うよりも、椿のように花そのものがぽとんと落ちるという感じでしょうか。

撮影しながら思い出したことがあります。今はもう引っ越してしまったお隣のおばさんが或る日「あんたんとこの木瓜おぞい(って静岡弁で悪いとか粗悪なとか言う意味です 汗)だけど、この前少し切らせてもらって挿し木にしたよ」と。

いやいやいや、おぞい木ならば挿し木にすることはないでしょ?と心の中で突っ込みを入れながら「どうぞどうぞ、花が咲くといいですね」とにっこり笑いました。お隣のおばさんは悪気はないのですが思ったことをそのまま口にしてしまうのです。

今一緒に暮らしているワンコ達の前にいた三代目ポメラニアンのシェリは私が仕事をしている間ずっと留守番をしてくれていたのですが、これまた或る日「朝から晩まで留守番させているなんて犬がかわいそうだよねえ」とご近所さんと話していて

それが聞こえてきちゃったんですね(滝汗)ご近所さんはどういう顔をしていいのか困っていたようですが、まあ確かにおっしゃる通り、私自身1日中ワンコに留守番をさせているのはかわいそうだと思っていましたから、何も言えませんでした。

等々いろいろなことがありましたが、横浜在住時代は独り暮らしをしていて病気の為よく救急車で病院に運ばれていた今は亡き母の世話をあれこれやいてくれていましたし、「実家に帰ってくることはできないの?」というおばさんの一言により

職場に転勤を願い出て静岡事務所に異動、実家で母と暮らすという決断をするきっかけを作ってくれた人でもあります。おばさんと母は結構仲が良かったので、母亡き後もお付き合いをさせていただいていましたが、引っ越ししてしまいました。

私が仕事に行っている間の事でしたので新住所を聞くこともなく引っ越されていきました。あれこれ事情があったらしく転居先は不明、ご近所さんは誰も知らないしネットでも探しましたがわからず・・・おばさん、元気にしているのかな?

母が植えた木瓜を見ながらそんなことをあれこれ思い出していました。本日も同じような写真23枚!!が並びました(汗)木瓜写真は毎年恒例の私の記録のようなモノですが、ここまで懲りずにお付き合いくださいましてありがとうございます。



本日のBGMは・・・

Lola Astanova - The Muse (Clair de Lune)



別館Monochrmeにて少し前に紹介しましたが、Lola姐さんのこれまた露出度の高~い姿(ほとんど下着姿みたいですが 笑)での演奏 Clair de Lune です。まあご意見はいろいろあろうかと思いますが私的には美しいからいいかなと。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


flowers | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.03.03
徳願寺のお地蔵さん ー静岡市駿河区向敷地ー & 本日のBGMは・・・手嶌葵「ただいま」
20210303-1.jpg



20210303-2.jpg



20210303-3.jpg



20210303-4.jpg



20210303-5.jpg



20210303-6.jpg



20210303-7.jpg



20210303-8.jpg



20210303-9.jpg



20210303-10a.jpg

2021.2.21 静岡市駿河区向敷地 徳願寺にて撮影


先日ワンコ達(木雪サン&セイラさん)と散歩した静岡市駿河区にある徳願寺お地蔵さんです。かなり古いお地蔵さんかと思いますが、墓所の前にありますので撮影するのが大変(なるべく墓所が写らないようにあれこれと 笑)でした。

8枚目は山門前のお地蔵さんを撮影しました、こちらもかなり古いものかと思います。最後の写真はアヒルさんたちが歩いていた山茶花の路です。ここを元気よくぐわっぐえっと鳴きながら一列になって行進している姿を何度か目撃しています。



本日のBGMは・・・手嶌葵「ただいま」


【TBS日曜劇場 『天国と地獄 ~サイコな2人~』 主題歌】手嶌葵さんの「ただいま」をお借りしました。こちらは Music Video ですがフルヴァージョンの Music Video もありましたので ↓ 貼っておきます。

私は普段日本のドラマはほとんど見ないのですが(海外ドラマ専門です)何故かTBS日曜劇場は見てしまうのです(TBSの回し者ではないですよ 笑) 毎回何かしら用事をしながらですので集中して見ているわけではないのですが・・・


手嶌葵「ただいま」Music Video





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |
↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Time to Say Goodbye


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
管理人の独り言・世迷言





↘
Calendar&Archive
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2021 January~
  • 桜散り夏近き或る日の静岡県護国神社 ー静岡市葵区柚木(ゆのき)ー & 皆さまへのお礼
  • 静岡街ぶら散歩 竹千代君の横にいつの間にか今川義元公像が・・・静岡駅前にて & お知らせ
  • 桜満開の巴川・大谷川放水路周辺を少し歩いてみました・・・ ー静岡市駿河区国吉田-
  • ポメラニアンと散歩 春深き麻機遊水地を歩く 池の森でおやつタイム ー静岡市葵区ー 
  • ポメラニアンと散歩 春深き麻機遊水地を歩く ー静岡市葵区ー 今回は写真が20枚!!
  • 現在の谷津山・七面山観音堂跡 干支動物ハウスや周囲が少し変化しました ー静岡市葵区ー
  • 国登録有形文化財 次郎長生家(旧高木家住宅) と 勝札 ー静岡市清水区美濃輪町ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 20 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 19 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 18 ーアブルッツォ州ー
  • 静岡街ぶら散歩 1600年ごろタイ国で活躍した山田長政の像 ー静岡市葵区馬場町ー
  • 「静岡茶発祥の地」として有名な足久保の原田川遊歩道を歩いてきました ー静岡市葵区足久保ー
  • 「静岡茶発祥の地」として有名な足久保・原田川の原田川水門 ー静岡市葵区足久保ー
  • ポメラニアンと散歩 5か月ぶりに名も知らぬ池の周囲を散歩しました ー静岡市葵区足久保ー

  • ↘
    Previous Article


    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →