FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2020.09.09
~海・人・ふれあい~ 焼津小泉八雲記念館 Memorial Musrum ー静岡県焼津市三ケ名ー
20200909-1.jpg

エントランス付近



20200909-2.jpg



ここからは視聴覚室での映像を撮影

20200909-3.jpg

ギリシャ・レフカダ島で生まれた八雲

父の実家アイルランド・ダブリンに移ります



20200909-4.jpg

新聞記者として赴任した先で

八雲が撮影した写真



20200909-5.jpg

八雲の妻 小泉セツ


20200909-6.jpg

八雲一家の写真



20200909-7.jpg

八雲が描いた焼津の海



20200909-8.jpg

当時の焼津の人々



20200909-9.jpg

八雲の描いた乙吉宅の2階



20200909-10.jpg

八雲の自筆原稿



20200909-11.jpg

八雲の本と自筆原稿



20200909-12.jpg

焼津の海で拾った小石

八雲はよくこの小石を耳に押し当て

海の音を聴いていたそうです

※ビデオ映像を撮影した写真はここまで



20200909-13.jpg



20200909-14.jpg

2020.9.5 焼津市三ケ名 焼津小泉八雲記念館にて撮影


昨日は八雲の年譜をパンフレットより抜粋しましたが、本日はその生涯をHPより引用します。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、1850(嘉永3)年6月27日、ギリシャのレフカダ島(ギリシャ本土に接して西側のイオニア海に浮かぶ美しい島)で生まれました。父はアイルランド人でイギリス軍医、母はギリシャ人でした。

父の転任でハーンは2歳の時、母と、父の実家のあるアイルランドのダブリンへ移ります。しかし、異国での生活に馴染むことのできなかった母は、故郷ギリシャに帰り、ハーンが6歳の時両親は離婚します。

両親と別れたハーンは資産家で子どものなかった大叔母(父の母方の叔母)に引きとられ、イギリスの学校に入学しますが、遊戯中に誤って左眼を失明。さらに17歳の頃大叔母の破産という悲劇が訪れ、その後彼のさすらいの人生が幕を開けます。

1869(明治2)年、ハーンは新天地を求めイギリスのリバプールから移民船に乗ってアメリカへ渡ります。まず始めにオハイオ州シンシナティに落ち着き、貧しい生活に苦しみながらも勉学に励み、やがて新聞記者となりその才能は広く認められるようになります。

1877(明治10)年、大都市ニューオーリンズに移り、1884(明治17)年この町で万国産業綿花博覧会が開かれた際、日本から出品された美術工芸を通じ日本の心に触れたことがハーンと日本を結ぶ上で大きな意味を持つこととなります。

1891(明治24)年、松江の元士族の娘・小泉セツと結婚し、翌年には松江を去り、熊本の第五高等学校の教師となります。1894(明治27)年、神戸クロニクル社の記者となり、そして1896(明治29年)年、45歳で英国より日本に帰化し“小泉八雲”となるのです。

帰化後、東京帝国大学(現東京大学)の文学部講師として神戸より上京し、その翌年1897(明治30)年の8月、初めて焼津を訪れ、焼津の海が大いに気に入り、以後亡くなるまで6回もの夏を焼津で過ごすこととなります。

八雲は東京帝国大学に7年間在職した後、1904(明治37)年、早稲田大学文学部の講師となりますが、その年の9月26日、心臓発作のため54歳で死去、後に彼の日本文化に与えた功績により従四位が送られました。

法名「正覚院浄華八雲居士」。墓は東京雑司ケ谷にあります。
焼津小泉八雲記念館HPより引用しました)


小泉八雲の写真が常に横向きだった理由がわかりました。少年時代に失明した左目を隠すために正面からの写真を撮らせなかったそうです。また子供時代、各地を転々とした記憶がその後の自身の居場所を求める旅へと繋がったのでしょうか。

今回初めて流れている映像を写真撮影してみましたが結果は見事に失敗(笑)小泉八雲の一生を知ることが出来る貴重な映像でしたのでついつい夢中になってしまいました、それで何度かシャッターを押し忘れてたのです~(爆)

建物も撮影したのですが修復中だった為かグレーのシートで覆われていましたので外しました。横にあるモニュメント(最後の写真2枚、13枚目と14枚目) は御影石でできており、全体で霊峰富士を表しているそうです。

中央には伸びゆく焼津市、右側に焼津海岸の波、左側は石積堤防を表しています。また、「堤防」と「波」で「人」の文字を構成するとともに、小泉の「小」、八雲の「八」の字をも連想させます。

台座部分は、八雲滞在時の堤防に使用されていた石材が使用されているそうです。


本日は見苦しい写真ばかりになってしまいました。機会がありましたら是非一度静岡県焼津市にあるこの焼津小泉八雲記念館へお出掛けくださいね。小さな記念館ですが見応えがありますし、八雲という人が少し理解できると思います。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「マラセチア皮膚炎 セイラさん再発」

ちょっと油断していたら

セイラさんのマラセチア皮膚炎が

再発してしまいました・・・

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

Diana Krall Cry me a river

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
River Flows in You


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • ポメラニアンと散歩 静岡陸軍墓地広場にて ー静岡市葵区沓谷(くつのや)ー
  • Memory 想い出のアルバム 朝霧高原の牛さんたち ー静岡県富士宮市ー 2015年の写真より
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ 其の二
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 夜中ブッダガヤへ向かう
  • 静岡街ぶら散歩 西郷・山岡会見之史跡 ー静岡市葵区御幸町ー & ここを知った理由
  • 静岡街ぶら散歩 え?こんなところに・・・静岡御用邸跡 ー静岡市葵区追手町ー
  • 初めての工場夜景撮影 イハラニッケイ化学工業他 ー静岡市清水区蒲原ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7 ーアブルッツォ州ー
  • ポメラニアンと散歩 何とも不思議なというかシュールな光景 安倍川中流域の河川敷にて
  • ポメラニアンと散歩 サルノコシカケに腰かけてみました? by 木雪 & セイラ ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアンと散歩 秋光の名も知らぬ池 ー静岡市葵区足久保ー &  Hallelujah(ハレルヤ)

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming