FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2020.04.30
ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン博物館 ラファエロの間 「ボルセーナのミサ」
20200430-1.jpg



20200430-2.jpg



20200430-3.jpg



20200430-4.jpg



20200430-5.jpg



20200430-6.jpg



20200430-7.jpg

2019.11.14 イタリアヴァチカン博物館にて撮影


前回の記事ではヘリオドロスの間の「聖ペテロの放免」は斜めからの写真しかないと書きました。ところがまだ写真が残っていました(汗)前回よりは多少角度が中心寄りかと思いますので2枚だけ貼っておきます。

3枚目からは同じくヘリオドロスの間にあった「ボルセーナのミサ」です。

「ボルセーナのミサ」は、パンと葡萄酒がキリストの体と血に変化することを意味する教義『聖変化』に疑いを持っていたボヘミアの僧侶が、1263年ローマ近くのボルセーナでミサを行った時の奇跡を描いています。

パンから血液が滴り落ちテーブルクロスに十字を描いたという奇跡ですが、そのテーブルクロスは聖宝としてオルヴィエート近くに保存されました。ユリウス2世は1506年にそこを訪れ、聖宝に祈りを捧げました。

祭壇の左側に跪いているユリウス2世(5枚目の写真がユリウス2世)が描かれていますが、ラファエロはユリウス2世を、ミサに参列してこの奇跡を目撃する者として描いたそうです。

ラファエロによって描かれた、奇跡に対して静かに祈りを捧げる姿のユリウス2世・・・しかし実際のユリウス2世は芸術を愛し、多くの芸術家を支援したことでローマにルネサンス芸術の最盛期をもたらした反面

教皇領とイタリアから諸外国の影響を排除しようと奮闘し「戦争好きの政治屋教皇」というレッテルも。マキャヴェリが著書『君主論』の中で「君主の理想」として紹介したチェーザレ・ボルジアを失脚させた人でもあります。

6枚目の写真は諸侯?衛兵?騎士?なのかわかりませんが、チュニックから出たバレエシューズ足がツボで撮影したようです(笑)反対側に描かれている13世紀の庶民?は裸足なのですよね・・・(変なところに萌え~ました)


2019 Italy List of Articles


articala250.jpg
ダイジェスト版

プロローグ 羽田空港にて
  出国からルフトハンザ機へ
  ミュンヘンからローマへ

ヴァチカン市国 ヴァチカン博物館前にて
  ヴァチカン博物館 螺旋階段
   ピーニャの中庭
   キアラモンティ美術館
   ベルヴェデーレの中庭
   ピオ・クレメンティーノ美術館
   ピオ・クレメンティーノ美術館「円形の間」
   ピオ・クレメンティーノ美術館「円形の間」彫像
   ピオ・クレメンティーノ美術館「ギリシャ十字の間」
   燭台のギャラリー                  
   タペストリーのギャラリー
   地図のギャラリー   
   眺めのいい窓
   ソビエスキ王の間
   無原罪の御宿りの間
   ラファエロの間 「聖ペテロの放免」
   ラファエロの間 「ボルセーナのミサ」


昨年の11月、イタリア旅行に出掛ける前日に半年ぶりくらいで美容院へ行きました。長かった髪を10cmほど切ってもらったのですが、その後また美容院はご無沙汰になり(面倒なんですよねえ)髪が伸びました。

ワンレンストレートロングなので伸びてもどうということはないのですが、就寝時、ワンコの木雪サンが私の髪の中にひょいっと手を突っ込んできて爪が髪に絡み@@、引っ張られてうぎゃーとなることがあります。

ひとつに束ねて横で三つ編みにしているのですが、木雪サンはその三つ編みに興味を覚えるのか手を伸ばすようです・・・それで仕方なく頭のてっぺんでお団子を作るようになりましたがお団子はすぐ崩れてしまいます。

・・・で何を言いたいのかってことですよね、中世からルネッサンス期、そして近世も男女ともロン毛でしたよね。中世の男性は敵から首を守る為にロン毛にしていたと聞いた事があります(巻き毛は美の条件だったとか)

皆さん、髪を束ねて寝ていたのでしょうか?巻き毛なら綺麗にまとまりそうですが・・・え?まさか(あの如何にもズラ然としたルイ王朝時代のようなズラは別として)ロン毛がズラだったなんてことはないですよね?(爆)






詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2019 Italy Rome Firenze | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.29
ポメラニアンと散歩 水見色にある大井神社へ & 庭に咲く春菊の花 ー静岡市葵区ー
20200429-1a.jpg

出口川緑地を後にして

水見色にある大井神社

左端にセイラさん乱入@@



20200429-2.jpg

ここは少し高台にあるので

市街地より2~3度温度が低く

夏は気持ちがいいのですが

この日は肌寒く感じました



20200429-3.jpg

木雪サンお疲れ気味・・・

散々遊んだ後ですから



20200429-4.jpg

セイラさんも乗り気ではないようです

本音は家でまったりしたいよね



20200429-5.jpg

ところがおやつタイムになると

途端にふたりとも元気になります(笑)

セイラさんは夫さんの手元を凝視

木雪サンは嬉しくて高速回転中



20200429-6.jpg

はやくちょーだい!!と

悲痛な叫びが聞こえてくるような



20200429-7.jpg

木雪サンはおやつをゲット♪

セイラさんは必死の形相



20200429-8.jpg

餌付けタイム終了

まだもらえるかと待ちます



20200429-9.jpg

木雪サン(左)とセイラさん(右)



20200429-10.jpg

久し振りの大井神社でした・・・



20200429-11.jpg

食べきれず育ってしまった

家庭菜園の春菊の花が咲きました



20200429-12.jpg

虫つきですが

花も食べることが出来るそうです・・・2020.4.26撮影


ワンコ達と散歩をしていると通りがかりの人からよく「この子達は親子?それとも姉妹?」と訊かれます。そして必ず木雪サンが子供であり妹の方だと勘違いされます(滝汗)実際は木雪サンの方がセイラさんより年上です。

それに親子でもなければ姉妹でもありません。其々異なるブリーダー(木雪サンは秋田県 セイラさんは大阪府)から迎えていますし、調べてみましたら血統書上も全く血の繋がりがありませんでした。

顔や目の形も異なりますし、毛並みも違うのですが、サイズ的に同じような大きさであり、(特に木雪サンは)アイボリー色が混じるとはいえ、ふたりとも毛色がホワイトなので似ていると思われるようです。



※本日はBGMを今田勝さんのAndalusian Breeze「アンダルシアの風」に変更しております。この曲については過去何度か触れていますが、若くしてくも膜下出血で亡くなった親友を想い出して少し痛みが伴う曲です。

数日前、彼女が夢の中に現れて何かを伝えていたのですが、私には聞こえません。もどかしさと苦しさと哀しみで少々メンタルが落ちました。ついでに最近にしては珍しく、ここ数日片頭痛も(今日は治まっています)

コロナ騒動が治まったら彼女の墓参をしたいと思っても、かなり遠くに嫁ぎましたので儘なりません。命日近くでもないのに何故夢に現れたのだろう?何を伝えたかったのだろう?そんなことをずっと考えています・・・


Andalusian Breeze




Andalusian Breezeの過去記事はこちらからどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.28
ポメラニアンと散歩 出口川緑地で通りかかった男の子に遊んでもらいました ー静岡市葵区ー
20200428-1.jpg



20200428-2.jpg



20200428-3.jpg



20200428-5.jpg



20200428-6.jpg



20200428-7.jpg



20200428-11.jpg



20200428-10.jpg



20200428-8.jpg



20200428-9.jpg



20200428-4.jpg



20200428-14.jpg



20200428-15.jpg



20200428-13.jpg



20200428-16.jpg



20200428-12.jpg



20200428-17.jpg

2020.4.26 静岡市葵区羽鳥 出口川緑地にて撮影


約1か月ぶりに訪れた出口川緑地です。この日はワンコ用品等を購入の為ホームセンターに出掛けましたが、出口川緑地はホームセンターの裏手にあります(前回もホームセンターでの買い物帰りに立ち寄りました)

前回の記事「藁科川(わらしながわ)堤にある出口川緑地に咲く大島桜」はこちらからどうぞ ♪

私がホームセンターで買い物をしている間、夫さんがワンコ達をここで遊ばせてくれています。一昨日もワンコ用ガムやらペットシーツやらを買い、大きなビニール袋を提げて夫さんたちを追いかけました。

大島桜は葉桜、八重桜も散り際でしたが、出口川緑地はほどほどの広さがあり我が家のワンコ達を遊ばせるのには丁度良いのです。風が強い日でしたので大島桜の花が泳いでいました。

堤を散歩していたお母さんと男の子が、遊んでいた木雪サンとセイラさんを見て「かわいい~♪」。ワンコ達は喜んで堤を上がったり下りたりしていましたが、男の子にも遊んでもらいました。

セイラさんはあまり気にせず誰からも頭を撫でてもらうのですが、木雪サンはどちらかと言うと人見知りです。それでも男の子に「こゆき、こゆき~」と呼ばれ、嬉しそうに頭を撫でられていました(そんなこともあるのねー)


現在我が家のワンコ達は1週間に1度のこの散歩のみになっています。近所ではワンコを散歩させている人も多いですが、話しかけられればついつい立ち話が始まりそうですから(「かわいいね」と言われると弱い)離れて離れてと(笑)

人好きなのかセイラさんは「撫でて~」と近寄っていきますので、結構気を使います。そんなわけでワンコ達は朝晩家の前で少し遊ばせるだけ・・・人がいなくて広々したところはやはり嬉しいのでしょう、顔が違います。






詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.27
ライディングガーデンの屋根付き馬場で所在無げにしていた馬たち ー静岡市駿河区ー
20200426-1.jpg



20200426-2.jpg



20200426-3.jpg



20200426-4.jpg



20200426-5a.jpg



20200426-6.jpg



20200426-7.jpg



20200426-8.jpg



20200426-9.jpg



20200426-10.jpg



20200426-11.jpg



20200426-12.jpg



20200426-13.jpg

2020.4.22 静岡市駿河区古宿 平沢ライディングガーデンにて撮影


一昨日は城北公園のなんじゃもんじゃを更新した為、記事の順番が前後してしまいましたが、ワンコ達と遊木の森で遊んだ帰りに立ち寄った、乗クラブにいた2頭です。

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴い、当面の間体験レッスンやスクール等が中止になったとのこと。この日は誰もいなくて、屋根付き馬場にいた2頭が所在無げにしていました。

ライディングスクールのHPによりますと、ブチ模様の子はラムさん、2006年生まれの牝、北海道出身のポニー、体高140cm、​体は小ぶりで幼く見えますが、実は仕事のできるキャリアウーマンなのだそうです。

栗毛の子はハーミーさん、2002年生まれの岩手県出身の牝、​美意識が高いらしくて「かわいいね」と言われることが大好き。速歩(はやあし)が得意でずっと同じペースで走ることができるそうです。

夫さんがセイラさんを抱いてハーミーさんを撫でていたら、ハーミーさんがセイラさんに興味をもったようで、セイラさんに向かって顔を伸ばしました。セイラさんもひょいっと顔を前に出してなんとキス♪をしたのです@@

夫さんに「早く撮って!連写!!」と言われても「ひえ~急に言われても無理だよっ」とあとの祭り。キスした瞬間を撮ることは出来ませんでしたが、11枚目に写っているのは暫く見つめあっていたふたりです。

日頃強気な木雪サンはこういう時はびびって横を向いてしまうと思うのですが(私と性格がよく似ているのかも 汗)、セイラさんは鈍感というかど~んと構えている子なので、未知との遭遇も案外平気なようです。

人懐こい馬たちでしたので素直に撮影に応じてくれましたが(笑)乗ってくれる人がいないのは寂しいだろうなあと。私たちが去ってもハーミーさんは優しい目でずっと見送ってくれていました・・・







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 雪の花」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


diary | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.25
城北公園のなんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)が咲きました ー静岡市葵区ー
20200425-1.jpg



20200425-2.jpg



20200425-3.jpg



20200425-4.jpg



20200425-5.jpg



20200425-6.jpg



20200425-7.jpg



20200425-8.jpg



20200425-9.jpg



20200425-10.jpg



20200425-11.jpg



20200425-12.jpg



20200425-13.jpg



20200425-14.jpg



20200425-15.jpg



20200425-16.jpg



20200425-17.jpg

2020.4.22 静岡市葵区大岩本町 城北公園にて撮影


いつも訪問させていただいている静岡市在住の方のブログで、城北公園なんじゃもんじゃが咲いたと教えていただいて、ワンコ達との散歩の帰り道、立ち寄ってみました(人はほとんどいませんでした)

普段から人混みが苦手なのであまり近寄らないようにはしているのですが、さすがに誰もいないのは寂しい・・・かろうじて1枚だけ、歩いていた方(マスク姿の女性)を撮影していましたので加えました。

因みにここには人がほとんどいませんでしたが、隣りの遊具のある公園は結構賑わっていました@@「皆さん、近づき過ぎなのでは?」と思いながら、撮影後その公園を避けて車まで逃げ帰りました。

満開まではあと少しでしょうか、風が強い日でしたので白い可憐な花が流れてしまっていますが(汗)それでも青空に雪の花が咲いているような美しい光景を見ることが出来ました。

2016年に初めてこのなんじゃもんじゃを知りました。この年の4月の或る朝、静岡⇔名古屋間の新幹線通勤に疲れ起き上がることが出来なくなり、そのままひたすら眠りました(名古屋勤務の2年間はほぼ毎日4時間睡眠)

その後職場への出勤が出来なくなり、鬱状態と診断されました。同じ頃、友人に誘われて初めて見た満開のなんじゃもんじゃをどんな思いで見上げていたのか・・・きっと心の中には何もなかったのだと思います。

自分のメンタルがこれほど脆いとは思いもしなかったし、当時は原因を考えてもわかりませんでした。今ならどうしてそうなったのかなんとなくわかるような気がします。全て自分が招いたことなのです。

確かに身体は疲れていましたが、だからと言って心も同じように疲れるわけじゃない、私の場合は他人(上司とか同僚)に弱みを見せたくないという意地っ張りかつ見栄っ張りな性格が招いた結果なのだと思うのです。

今はそういうのなくなっちゃったから(笑)楽に生きることが出来てるよなあ・・・なあんて思いながら撮影した写真です。花時計の先にある東屋の向こうに富士山がぽつんと見えました。


※本日も毎度の如く投稿枚数が多くなりました、ずるずるとスクロールしてご覧くださってありがとうございます。「下手な鉄砲も・・・」式に枚数だけは半端なく撮影しますが、ボツ写真も多いです。

ここのところ投稿枚数が多くなってしまいまして見ていただく方に申し訳なく思っておりますが、こちらのブログは私なりに一応ストーリー性というか物語を考えながら(ほんまかいな 汗)記事を書いております。

ワンコの木雪サンが隣りで「ホントのところは、おかーさん、この一枚で勝負ができないから、つまり下手くそだから数で勝負とばかりに載せているだけですよー」などと申しておりますが(えへへと笑って誤魔化す管理人)

またなんじゃもんじゃの花の下を歩きながらちょこっと動画も撮影したのですが、どう処理してよいのかわかりません。撮影時間が短か過ぎてYouTubeに投稿するのにも中途半端なように思うのです。

実は昨年も動画を何本か撮影しました。どう繋ごうかなあと考えているうちに季節が過ぎて(あせっ)ボツになりました。散々悩んで時間だけが過ぎてゆく・・・今年もボツになりそうな予感がします(苦笑)






詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


flowers | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.24
ポメラニアンと散歩 誰もいない遊木の森の谷戸ゾーンで & 井戸水 ー静岡市駿河区ー
20200424-1.jpg



20200424-2.jpg



20200424-3.jpg



20200424-4.jpg



20200424-5.jpg



20200424-6.jpg



20200424-7.jpg



20200424-8.jpg



20200424-9.jpg



20200424-10.jpg



20200424-11.jpg



20200424-12.jpg



20200424-13.jpg



20200424-14.jpg



20200424-15.jpg



20200424-16.jpg

2020.4.22 静岡市駿河区 遊木の森にて撮影


小高い山を越えて着いたのがこの谷戸ゾーンですが、さすがにここまでは人が来ないようで誰もいませんでした。そういえば以前来たときも貸切状態でした、一度だけワンコを散歩させている人に会ったくらいです。

ここでやっと木雪サンとセイラさんはノーリード(笑)木雪さんの笑った顔を久し振りに見たような気がします。あまりにもはしゃぎ過ぎて途中虚ろ~な顔になってはいましたが・・・きっと満足したことでしょう。

木陰の倒木に座って夫さん手製サンド(今回は食パンに卵とチーズと薄切りにしたウインナーソーセージ@@が挟んでありましたが毎度の如く写真撮り忘れです)をいただき、ワンコ達も何やらおやつをもらっていました。

遊木の森は体験学習が出来る場所でもあり、バイオトイレや雨水貯留タンク、井戸水のポンプが設置されています。因みに我が家の庭にも夫さん手造り雨水貯留タンクがありますがこんなに立派なモノでありません。

子供の頃は私の実家にも井戸水のポンプがあり、夏冷たくて冬温かい美味しい水を飲んでいました。駿河区の一部では安倍川の伏流水が流れ込み、今でも井戸水をくみ出して使用している家庭があるようです。

実家は一度水質検査をしていただき問題なしとの太鼓判をもらったのですが、今は亡き母がいずれ使えなくなるだろうからと井戸水を止めてしまいました(涙)一部蛇口が残っていますが水は出ません。

井戸水はミネラルが豊富で栄養価が高いと聞いた事があります。子供の頃、父が裏庭(狭~い一区画です)に小さな池を造り、そこに釣ってきた鮒や金魚すくいの生き残り、育った金魚を放し飼いにしていました。

それほど餌をあげたわけでもないのに(たま~に私が餌を投げていました)この子達がみるみるうちに巨大化して、鮒と金魚は立派な鯉?に成長しました。池を埋めた時、この子達は愛好家の方に引き取られてゆきました。

またこの池では私が近くの田んぼで捕まえてきたおたまじゃくしも仲良く共存していまして、時期になるとアマガエルさんたちが池から飛び出し、ぴょこぴょこ狭い裏庭で跳ねて賑やかに合唱していたなあと(笑)

またまた脱線してしまいましたが、この後再び山越え(と言っても全然たいしたことはないのですが)をする気力がなくて、このままもうひとつの門へと進みました。実はその門が閉じられていることは知っていました・・・

長くなりましたので続きが気になる方は駄文ブログ「夢の通ひ路」『確信犯のくせにいざとなると弱気になる女』へどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.23
遊木の森と日本平越しに見る富士山山頂付近 ー静岡市駿河区ー
20200423-1.jpg



20200423-2.jpg



20200423-3.jpg



20200423-4.jpg



20200423-5.jpg



20200423-6.jpg



20200423-7.jpg



20200423-8.jpg



20200423-9.jpg



20200423-10.jpg



20200423-11.jpg



20200423-12.jpg



20200423-13.jpg



20200423-14.jpg



20200423-15.jpg
2020.4.22 静岡市駿河区 遊木の森にて撮影


昨日はワンコ達を連れて遊木の森へ出掛けたのですが、やはり人がいっぱい、駐車場も満車状態でした。まあでもここは広いから人との距離も保てますし、ワンコ達はリード付で歩かせれば問題ないだろうと。

木雪サンはいつものように誰もいないところをノーリードで走り回りたかったようでしたので、小高い山を越えて谷戸ゾーンへ。階段が多い遊歩道をワンコ達は夫さんに抱かれて山越えしました。




いつもははらっぱ部(バッタのはらっぱ)でワンコ達を遊ばせるのですが、昨日はここも親子連れさんたちで賑わっていました。広いですから三密になることはありませんが・・・それにしても人が多くて@@

途中で出逢ったこの美しいメタリックカラーの虫はハンミョウと言うそうです。何匹かが目の前を飛んでいて、すいっと止まりましたので撮影してみましたが、警戒心がないのかカメラを近づけても逃げませんでした。

子供時代の私は見事に野生児でしたので、近所のワルガキ君たちを従えて(爆)山でカブトムシやクワガタを探したり、蝶や虫を追いかけて野原を駆け回っていましたが、このハンミョウはあまり記憶にありません。

ハンミョウは漢字で書くと「斑猫」(まだらねこ?この名の由来は何処から?)と書き、「ミチシルベ(ミチオシエ)」という面白い別名もある虫なのだとか・・・そう言えば私たちの少し前を案内人の如く?飛んでいました。

最後の2枚の写真は谷戸ゾーンへ向かう山の上から日本平越しの富士山を撮影したものです、富士山の山頂がうっすらと見えました。緑が眩しく美しい季節の到来、新緑の頃を迎えて木々の息吹を感じながら歩きました。

谷戸ゾーンで遊ぶワンコ達(木雪サン&セイラさん)の写真はまた次回・・・



If we hold on together  Diana Ross



少し前に日々徒然の駄文ブログ「夢の通ひ路」でこの曲の別ヴァージョンの動画(日本語は動画の作成者さんが訳していらっしゃるようです)をお借りしましたが、こちらは歌詞の日本語訳だと思います。

鬱々とした日は歌で心を奮い立たせるのも良いかなと。実はこの歌には過去の(秘めたる え? 笑)想いがあるのですが長くなりますので・・・機会がありましたら何処かで語るやもしれません。






詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.22
ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン博物館 ラファエロの間 ヘリオドロスの間
20200422-1.jpg



20200422-2.jpg



20200422-3.jpg



20200422-4b.jpg



20200422-5.jpg



20200422-7.jpg



20200422-8b.jpg



20200422-6.jpg
2019.11.14 イタリアヴァチカン博物館にて撮影


いよいよヴァチカン博物館の中でも超有名なラファエロの間へ。ラファエロの間(Stanze di Raffaello)は、4つの部屋、コンスタンティヌスの間、ヘリオドロスの間、署名の間、火災の間の総称です。

4つの部屋でひと続きの応接室を構成しています。25歳のラファエロが37歳でこの世を去るまで描き続け、彼の死の4年後に弟子たちによって完成したこの部屋には多くの有名なフレスコ画が描かれています。

コンスタンティヌスの間(Ⅰ~2枚目)はあいにく修復中だったようで壁面が覆われていましたが「コンスタンティヌスの寄進状」をちらっと撮影、この部屋はラファエロの弟子ジュリアーノ・ロマーノによって描かれました。

3枚目から5枚目はヘリオドロスの間にある「ヘリオドロスの神殿からの追放」です。ヘリオドロスの間の絵画は1511年から1514年にかけて描かれましたが、この部屋は当時は公開されず謁見の間だったそうです。

6枚目から8枚目は同じくヘリオドロスの間の「聖ペテロの放免」『使徒行伝』第12章に述べられているペテロの釈放がどのように行われたのかを示す3つの逸話が描かれていますが、混んでいて動けずこの角度だけ・・・

ラファエロの間に入る頃には館内は本当に混雑してきていて、ガイドさんの説明を聞きながら自分の場所を確保することすら容易ではなくなっていました。ひたすら上を向き闇雲にシャッターを切った覚えがあります。

ところで当時システィーナ礼拝堂を描いていたミケランジェロが、法王との意見対立により一時フィレンツェに帰郷した際、助手しか入室が許されなかった礼拝堂にラファエロは入り込み、芸術的技法を学び応用したとか。

裕福な家庭に育ち才能・容姿にも恵まれたラファエロさん、ちゃっかりした処世術をお持ちだったようです(笑)ラファエロの間の写真がもう少しありますのでまた次回・・・


2019 Italy List of Articles


articala250.jpg
ダイジェスト版

プロローグ 羽田空港にて
  出国からルフトハンザ機へ
  ミュンヘンからローマへ

ヴァチカン市国 ヴァチカン博物館前にて
  ヴァチカン博物館 螺旋階段
   ピーニャの中庭
   キアラモンティ美術館
   ベルヴェデーレの中庭
   ピオ・クレメンティーノ美術館
   ピオ・クレメンティーノ美術館「円形の間」
   ピオ・クレメンティーノ美術館「円形の間」彫像
   ピオ・クレメンティーノ美術館「ギリシャ十字の間」
   燭台のギャラリー                  
   タペストリーのギャラリー
   地図のギャラリー   
   眺めのいい窓
   ソビエスキ王の間
   無原罪の御宿りの間
   ラファエロの間 ヘリオドロスの間


ここのところ雨の日が続きワンコ達と散歩が出来ませんでした。散歩が出来なくてストレスが溜まると木雪サンのセイラさんへのマウンティングが始まります~(汗)まったり系のセイラさんにとっては迷惑な話です。

本日はこれからその散歩に出掛ける予定にしています。敏感な木雪サンは朝からそわそわして落ち着かない様子、これでセイラさんも安眠が出来るようになるかな~(セイラさんは散歩より寝ていたい子のようです)






詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2019 Italy Rome Firenze | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.20
ポメラニアンと散歩 安倍川河川敷にある牛妻スポーツ広場にて ー静岡市葵区牛妻ー
20200420-1.jpg



20200420-2.jpg



20200420-3.jpg



20200420-4.jpg



20200420-5.jpg



20200420-6.jpg



20200420-7.jpg



20200420-8.jpg



20200420-9.jpg



20200420-10.jpg



20200420-11.jpg



20200420-12.jpg



20200420-13.jpg



20200420-14.jpg



20200420-15.jpg



20200420-16.jpg



20200420-17.jpg
2020.4.11 静岡市葵区牛妻 牛妻スポーツ広場にて撮影


1週間以上前ですが、ワンコ達と安倍川河川敷にある牛妻スポーツ広場に出掛けた時の写真です。既に葉桜になってはいましたが、ワンコ達にはそんなことは関係ない(笑)嬉々としてグラウンドを走り回っていました。

ところでこの時はこちらでは未だ緊急事態宣言は出されていなかったのですが、3枚目の写真に写っているように少し先の駐車場には車がいっぱい@@ いくら屋外とはいえ集まることは避けるべきだと思うのですが・・・

スポーツイベントでもあったのか?(まさかねえ・・・)わかりませんが、夫さんと私は駐車場を見ておののき、手前のグラウンドでワンコ達を遊ばせました。広々としたここは誰もいなくて我が家の庭状態(笑)でした。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 夢見草」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

ダリダ & アラン・ドロン

「あまい囁き」パローレ~パローレ ♪

2か月半ぶりの更新です(汗)

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.18
イタリア便り Ronciglione ロンチリオーネを散策 7 & 歴史ドラマ「メディチ」
イタリアローマ在住の姪の結婚式出席のため 2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです


20200418-1.jpg



20200418-2.jpg



20200418-3.jpg



20200418-4.jpg



20200418-5.jpg



20200418-6.jpg



20200418-7.jpg



20200418-8.jpg



20200418-9.jpg



20200418-10.jpg

2015.6.14 イタリア・ラツィオ州ヴィテルボ県ロンチリオーネにて撮影


※(ルシアン記)ローマの旧市街でもそうでしたが、夫さんの写真では路地を入り洗濯物が干してあるような光景をよく見かけます。生活感があるちょっと猥雑な裏通りといった感じでしょうか・・・


それから一昨日のカモシカさんの記事に多くの拍手コメントをいただきました、また同日更新の花の名前を記載してくださった方もいらっしゃいました、ありがとうございます。ここからはそのカモシカさんについてです。

コメントに書いてくださった方もいらっしゃいましたが、カモシカ(=ニホンカモシカ)はシカの名前が入っていながら、シカの属するシカ科ではなく、ウシやヤギと同じウシ科に属します。

山地や丘陵地帯に生息するカモシカは「氷河期からの生き残り」とされ天然記念物に指定されています。こちらでは、高山市民の森や竜爪山の登山道を歩いている姿を何度か見かけました(過去記事に写真もありますがブレブレです)

出逢った時は好奇心が旺盛で逃げることもなくじっとこちらを見ているという印象でした。音をたてなければかなり近づくことが出来ると思います。因みに人間を襲うことはないとのこと・・・

逃げ足は確かに速かったのですが(笑)遭遇したら静かに観察することは出来そうですね。たくさんの拍手コメントをありがとうございました。また何処かで出逢えたら今度は動画を撮ってみたいと思っています。







「オスマン帝国」の後は「メディチ家」

BS日テレで放映中の「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン2の先が気になり、Huluの2週間お試し会員からそのまま会員になり、シーズン3最終話まで一気見~(シーズン3だけでも92話ありました)

しちゃったことは(一気見と言っても結構日にちがかかりました)日々徒然を記しているブログ「夢の通ひ路」にて少し触れていますが、現在のんびりゆっくり「メディチ」を見ています。こちらはシーズン1が8話完結。


20200418t1.jpg

「オスマン帝国外伝」シーズン2より画像をお借りしました シーズン3では欲望と憎悪が更に過激に・・・



メディチ家と言えばルネサンス期のフィレンツェにおいて銀行家・政治家として台頭、フィレンツェの実質的な支配者(僭主)として君臨し、後にトスカーナ大公国の君主となった一族ですが・・・

その繁栄を築いたコジモ(1389年~1464年、コジモ・イル・ヴェッキオ)の若かりし頃から事実上の支配者(シニョリーア)としてフィレンツェ共和国を統治するまでをシーズン1では描いているようです。


20200418t2.jpg

「メディチ」シーズン1より画像をお借りしました 「オスマン帝国外伝」より全体的に地味めかつ暗めの色彩


昨年のイタリア旅行ではフィレンツェにも足を伸ばしましたので、当然のことながら興味津々。因みに「オスマン帝国外伝」の皇帝スレイマン1世(1494年~1566年)の時代はこの後ですがなんとなく歴史が被る(笑)

ということで時代は逆行しますがなかなか面白いです。有名なドゥオーモは未だ未完成で屋根がぽっかり空き青空が見えていて、当時不可能と言われていた建設を二重構造にするという画期的な案が出されたところ。

ドゥオーモは1436年に完成ですから、現在私たちが見ているクープラ(ドーム)をコジモも見ることが出来たのだなあなどと思ったり、フィレンツェをぶらぶらひとり歩きしたことと併せて感慨深いものがあります。

ただ不思議なことに「オスマン帝国外伝」(トルコのドラマ)はトルコ語だったのですが、「メディチ」イタリア語ではなく英語なのです。調べてみたらイタリア公共放送局RAIで放送開始のドラマとのことでしたが・・・

ダスティン・ホフマンがコジモの父親役ジョヴァンニ・ディ・ビッチ役で出演しています。コジモを演じるのはスコットランド出身のリチャード・マッデン、他にもイギリスやイタリアで活躍している俳優が出演しています。


20200418t3.jpg

「メディチ」シーズン1より画像をお借りしました リチャード・マッデンの美しい青い瞳が印象的です~♪


どうやらイタリア&イギリスの共同制作のドラマのようです。それで英語なのでしょうか。出来ればイタリア語で観たいなあと思うのは私だけ?(まあ字幕を追っているだけですからどちらでもいいのかも 笑)

両ドラマとも史実を素にフィクションを織り交ぜた作品ですが、歴史好きには涎が出ちゃうような面白さと興奮があります。私は歴史上の有名人や偉大な人物が身近に感じられて毎回うはうはしながら観ています。

なあんて実はコジモの上着を縁取る毛皮が妙に気になりまして・・・オスマン帝国の皆さんが着ていたのは明らかにフェイクファーだったのですが、どうもコジモさんの衣装はリアルファー、ミンクっぽいのですよね。

「歴史好きと公言しながら本当は単なるコスプレフェチじゃん」と思われる方も多いかと。でもドラマの中の衣装やセットはとっても大事な要素なのですよ~これもひとつの芸術作品なのですからね(と言い訳 笑)







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「私の写真が進歩しないのは・・・」

BGM Diana Ross

If We Hold On Together

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.16
名も知らぬ池の近くにいたカモシカさんと咲いていた花々 ー静岡市葵区足久保ー
20200416-1.jpg



20200416-2.jpg



20200416-3.jpg



20200416-4.jpg



20200416-5.jpg



20200416-6.jpg



20200416-7.jpg



20200416-8.jpg



20200416-9.jpg



20200416-10.jpg



20200416-11.jpg



20200416-12.jpg



20200416-13.jpg



20200416-14.jpg



20200416-15.jpg
2020.4.11 静岡市葵区足久保にて撮影


ワンコ達との散歩を終えて車に戻り帰ろうとした時、すぐ前を何かが走り去りました(夫さんが気がつきました)夫さんが「カモシカだった」と言うので私だけ車を降りてこのカモシカさんを追うことにしました。

静かにそっとカモシカさんが向かった方向に行くと・・・いました。というかこちらに向かって走ってきて止まりました。距離がどのくらいあったのかわかりませんが、地面に膝をついてカモシカさんに近寄りました。

カメラのレンズ越しに何度か目があったのですが(笑)静かに近寄れば逃げようとしません。以前も山道でカモシカさんには遭遇しているのですが、その度に木雪サンが戦闘モードで飛び出すので逃げられていました(汗)

今回は木雪サンは車の中でしたので、にじり寄りながら撮影することが出来ました。7枚目と8枚目は草を食んでいたところです。草をつけて(8枚目の写真です)ひょいっとこちらを向いた姿がかわいい♪

ほんの数分だったとは思いますがカモシカさんとの時間を楽しんでいましたら、反対方向から進入してきた車のエンジン音と人の声・・・カモシカさんを撮影した最後の写真はエンジン音を聞いて逃げ出した瞬間です。

カモシカさんの後ろ側にロープが張ってある部分(7枚目の写真から)がありますが、これが昨日更新したニリンソウの群生地です。カモシカさんだけでは寂しいので?それ以外に撮影した花々も一緒に更新します。

毎度の如く同じような写真が続きましたが・・・名も知らぬ池の周辺で撮影した写真は本日が最終日です。ご覧いただきましてありがとうございました。


名も知らぬ池 List of Articles





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


diary | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.15
名も知らぬ池の近くに咲くニリンソウ 木雪サンも少しだけ登場 & 我が家の木瓜
20200415-1.jpg



20200415-2.jpg



20200415-3.jpg



20200415-4.jpg




20200415-6.jpg



20200415-5.jpg



20200415-7.jpg



20200415-8.jpg
2020.4.11 静岡市葵区足久保にて撮影


名も知らぬ池の周囲を歩き始めた時にロープで囲ってある場所を見つけました。ここは何度か来ていますが、遊歩道から外れたところにありましたので気がつかなかったのです。ニリンソウが群生していました。

ニリンソウはこの時期に丘陵地帯や山麓で見かける代表的な山野草のひとつですが、現在は減少し続けていて地域によっては絶滅危惧の指定を受けているところもあるそうです(夫さんから教わりました)

ロープが張ってあったので当然のことながら中には入らずロープの外側から撮影しています。ところがいつの間にかセイラさんが乱入(滝汗)賢い木雪サンは知ってか知らずかロープの外側で遊んでいました。

ニリンソウは最後の写真の中央より右奥、木立の中(柵で囲われたところの先、緑色の辺り)に群生していました。ここを管理している方が保護の為に囲っているのだと思いますが、ワンコが乱入してごめんなさいです。

次回はこの近くで見かけたカモシカさんを更新予定です。



20200415-9.jpg



20200415-10.jpg



20200415-11.jpg
2020.3.23 静岡市駿河区自宅にて撮影


3週間以上前に撮影した我が家の木瓜(ボケ)です。花はもう終わりを迎えていたのですが、この時はまだところどころ蕾が開いていました。今はもっと色が濃く開ききった花が残ってはいますが、葉も生い茂ってきました。

白い花は好きなのですが・・・ニリンソウのみはちょっと寂しいし(笑)3月23日撮影の木瓜の写真が残っていましたので、本日更新しました。


昨日はシラサギさんの正面からの顔が面白いと多くの拍手コメントいただきました、またこのシラサギさんはダイサギさんと教えて下さった方もいらっしゃいました、ありがとうございます。

手持ち撮影している時は夢中でしたのでシラサギさんの正面顔は意識していなかったのですが、PCに取り込みして気がつきました。嘴が長く鋭い横顔と対照的な正面からのちょっと間抜けな顔でした。


「名も知らぬ池にいたシラサギさんとアオサギさん そしてカモさんとカワウさん」はこちらからどうぞ






詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


flowers | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.14
名も知らぬ池にいたシラサギさんとアオサギさん そしてカモさんとカワウさん
20200413-5.jpg



20200414-1.jpg



20200414-2.jpg



20200414-3.jpg



20200414-4.jpg



20200414-5.jpg



20200414-6.jpg



20200414-7.jpg



20200414-8.jpg



20200414-9.jpg



20200414-15.jpg



20200414-16.jpg



20200414-11.jpg



20200414-12.jpg



20200414-13a.jpg



20200414-14.jpg



20200414-10a.jpg
2020.4.11 静岡市葵区足久保にて撮影


1枚目は昨日更新した散桜ですが、木の上にいるシラサギさん(ダイサギさんなのかチュウサギさんなのかわからないのでシラサギさんとします)をズームで撮影したのが2枚目から4枚目です。

ここのシラサギさんはかなり用心深いようで、少しでも近づくとさっと飛んで逃げてゆきます。その逃げた先にアオサギさんがいましたが、微妙な距離を保ちながら餌を探していたようです。

池の中央にはカモさんたち、シラサギさんたちがいた桜の横の木にはカワウさんたちもいましたが、木の上にいるカワウさんを撮影したのは初めてかもしれません。黒々した羽に光があたりなかなか綺麗でした。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「デマ情報を簡単に信じてしまうヒトたち」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


diary | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.13
散桜 誰もいない名も知らぬ池の周囲を歩いてみました ー静岡市葵区足久保ー
20200413-1.jpg



20200413-2.jpg



20200413-3.jpg



20200413-4.jpg



20200413-5.jpg



20200413-6a.jpg



20200413-7.jpg



20200413-8.jpg



20200413-9.jpg



20200413-10.jpg



20200413-11.jpg



20200413-12.jpg



20200413-13.jpg



20200413-14.jpg
2020.4.11 静岡市葵区足久保にて撮影


桜の時期も終わりに近づき新緑の季節を迎えようとしています。そんな11日の土曜日、ワンコ達を連れて出掛けたいつもの名も知らぬ池では散桜になっていましたが、誰もいない池の周囲をぐるっと歩きながら撮影しました。

周囲の山々や茶畑の緑が美しい中、はらはらと散る桜も今年はこれで最後・・・池ではシラサギさんとアオサギさん、そしてカモさんとカワウさんが遊び、帰りがけには草を食むカモシカさんにも遭遇(かなり接近)しました。

4枚目と5枚目、右端の桜の上の方に白く写っているのがシラサギ(ダイサギ?チュウサギ?)さんです。もう少し大きな写真がありますので順次更新してゆく予定です。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

たまに下手な歌詠みもしています~

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

春眠暁を覚えず ・・・はいつまで続くやら

相変わらず惰眠を貪っております~(滝汗)

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


flowers | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.12
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ハンガリー・ブダベストよりブラチスラバへ
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリースロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200412-1.jpg



20200412-2.jpg



20200412-3.jpg



20200412-4.jpg



20200412-5.jpg



20200412-6.jpg



20200412-7a.jpg



20200412-8a.jpg


旅行3日目はハンガリー・ブダペストに別れを告げてスロバキアブラチスラバへ向かいます。この日はホテル出発が朝7時半でしたのでモーニングコールが6時(毎度の如く旅行中は早起き♪4時半には起床していました)

約215km先にあるブラチスラバはツアーバスで3時間程の距離でした。1枚目はトイレ休憩時に撮影したと思います。2枚目から4枚目までは走行中のバスの中から、5枚目から8枚目はブラチスラバ城です。

現在ブラチスラバスロバキア共和国の首都ですが、16世紀・トルコ占領時はハンガリー帝国の首都でした、白ワインの産地としても知られているそうです。詳細は次回・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」


プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2

ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

春眠暁を覚えず ・・・と言い訳して

相変わらず惰眠を貪っております~(滝汗)

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Smetana Vltava


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城のこぢんまりした衛兵交替式
  • Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城の衛兵
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)パントリーとキッチン ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ダイニングルームと骨董室 ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ホールと書斎 ー静岡市駿河区高松ー
  • スパニッシュスタイルの洋館 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ー静岡市駿河区高松ー
  • ポメラニアンと散歩 久し振りに走りまわりました 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • 静岡県護国神社・神池にいたカモさんとカワセミさん(は失敗でしたが)ー静岡市葵区ー
  • ほんのり焼けた富士山がシルエットになるまで 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5 ーアブルッツォ州ー
  • Memory 想い出のアルバム 七里ヶ浜に集う人たち 2006年9月の写真より ー鎌倉市ー
  • まかないから生まれた地元名物そば「磯おろし」 戸隠そば本店 ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアン日和 戦いすんで日が暮れて 木雪サンと絽依君の場合 2011年9月

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →