FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2019/12/13
霊峰富士を仰ぎ静岡市内を一望できる丸山花木園にて -静岡市駿河区向敷地ー
徳願寺の帰りに立ち寄った丸山花木園(まるやまかぼくえん)です・・・


20191213-2.jpg



20191213-3.jpg



20191213-1.jpg



20191213-4.jpg



20191213-5.jpg



20191213-6.jpg



20191213-7.jpg



20191213-8.jpg



20191213-9.jpg



20191213-10.jpg



20191213-11.jpg



20191213-12.jpg



20191213-13.jpg



20191213-14.jpg



20191213-15.jpg
2019.12.8 静岡市駿河区向敷地 丸山花木園にて撮影


高台にある丸山花木園からは駿河湾から富士山、静岡市内が一望できます。夜景もかなり綺麗なようですが、夜は行ったことがありません(周囲には街灯がないので暗い階段を昇るための懐中電灯が必要とのこと)

展望台にはベンチがありますのでこの日もここで夫さん特製サンドをいただいた後、富士山と駿河湾、静岡市内を撮影しました。お天気が良かったので伊豆半島までくっきりと見えました。

徳願寺山門前から見た富士山とほとんど変わらないのですが、微妙に角度が異なるかもしれません(同じような写真が続いてしまいました・・・苦笑)







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

Эдгар Туниянц Осенняя грусть

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/12
徘徊する徳願寺のあひるさんたちと紅葉とお地蔵さん ー静岡市駿河区向敷地ー
20191212-1.jpg



20191212-2.jpg



20191212-3.jpg



20191212-4.jpg



20191212-5.jpg



20191212-6.jpg



20191212-7.jpg



20191212-8.jpg



20191212-9.jpg



20191212-10.jpg
2019.12.12 静岡市駿河区向敷地 徳願寺にて撮影


先日訪れた徳願寺の続きです。こちらでは2週間遅れの紅葉となりましたが、どうももみじの色が美しくないのです、葉をよく見ると何処となく痛んでいるような・・・

徳願寺の境内では池があるからか、この時期あひるさんやさんが徘徊しています。以前、参道横にある山茶花の小路をあひるさんたちが「ぐわっぐぇっ」と大合唱しながら行進している姿を見たことがありました。

この日はワンコ達(木雪サンとセイラさん)も境内で遊んだのですが、あひるさんたちに遠慮してリードをつけての散歩になりました(セイラさんは無視しますが好奇心旺盛な木雪サンはあひるさんたちに突進します~ 汗)

墓所前にある8体のお地蔵さんは墓所を写さないように、またなんとか8体が写るようにとあれこれ体勢を変えてやってみたのですが(笑)6体しか写っていませんでした。

どういう謂れがあるのかわかりませんが、かなり古いお地蔵さんのようです。







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

Эдгар Туниянц Осенняя грусть

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/10
山茶花の寺としても知られている初冬の徳願寺にて ー静岡市駿河区向敷地ー
20191210-1.jpg



20191210-2.jpg



20191210-3.jpg



20191210-4.jpg



20191210-5.jpg



20191210-6.jpg



20191210-7.jpg



20191210-8.jpg



20191210-9.jpg



20191210-10.jpg



20191210-11.jpg



20191210-12.jpg



20191210-13.jpg
2019.12.8 静岡市駿河区向敷地 徳願寺にて撮影


昨日富士山を撮影したのはこの特願寺の山門前の道路からです(道路から階段を上がったところに山門があります)。徳願寺山茶花の寺としても地元では知られていますが・・・

今年は見ごろが早かったのか既に散ったあとのような・・・ところどころ花が咲いていましたが少し痛んだような花が目立ちました。いつもは散った花びらが小路を埋め尽くすのですが今年はそれもなく

「もしかしたらこれからなのでは?」と夫さんが言っていましたが??? わかりません。紅葉・黄葉も何処かしら中東半端なような気がします。もみじも葉が痛んでいるように見受けられました。


徳願寺とは?

静岡県静岡市駿河区にある、山号を「大窪山(だいあさん)」と称する、1457年に北条早雲の妹で今川義忠の正室、今川氏親の生母である北川殿により開基・改宗された曹洞宗寺院。

その前身は、717年にこの山の山頂に「駿河七観音」の1つで、御本尊の行基作と伝わる千手千眼観世音菩薩を祀り創建された、真言宗寺院の「大窪寺」。

苔むした参道や、富士山をバックに望む静岡の市街地の絶景が印象的なお寺で、サザンカの名所でもある。「駿河三十三観音霊場」の第12番札所で、御詠歌は「煩悩の きずなもいまは 徳願寺 これも大悲の ちぎりなるらん」。


静岡市観光ガイドのHPより引用しました。


写真がもう少しありますので続きは次回・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/09
徳願寺山門前より望む富士山と静岡市街地 & 大銀杏 ー静岡市駿河区向敷地ー
昨日はワンコ達を連れて静岡市向敷地にある徳願寺に行ってきました・・・


20191209-1.jpg

山頂にある徳願寺

山門前より望む

富士山を背景に静岡市街地



20191209-2.jpg

ここ数日暖かかったからでしょうか

雪が随分溶けたような・・・



20191209-3.jpg

少し北側に移動して撮影

電線もばっちりこんです(笑)



20191209-4.jpg

駐車場横にある大銀杏



20191209-5.jpg

やっと黄葉したという感じです



20191209-6.jpg
2019.12.8 静岡市駿河区向敷地 徳願寺にて撮影


昨日は雲ひとつない晴天、ワンコ達を連れて久し振りに徳願寺に出掛けました。過去何度かここから富士山を撮っていますが、山門前からは静岡市街地富士山、さらには駿河湾を見渡すことが出来ます。

丁度昼時だったからかでしょうか、山門横の空き地ではハイキングに来ていた老若男女がお弁当を広げていました(いつになく賑やかでした 笑)そんなわけであまり写真撮影が出来なかったのですが^^

徳願寺内を少し撮影してきましたのでまた明日以降・・・







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」 

「立つ鳥跡を濁さず」若しくは「恥の文化」?

更新しました 

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/08
ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン市国 ヴァチカン美術館前にて
20191208-1.jpg



20191208-2.jpg



20191208-3.jpg



20191208-4.jpg



20191208-5.jpg



20191208-6.jpg
2019.11.14 イタリア・ローマ ヴァチカン宮殿(博物館)前にて撮影


初日のヴァチカン観光はインターネットで検索した「一般公開より30分早く入場!ヴァチカン美術館+システィーナ礼拝堂+サン・ピエトロ大聖堂見学ツアー ランチ付」というMybusのツアーを予約していました。

「7時50分にヴァチカン美術館出口前の大通りを挟んで向かい側にあるくだり階段の上に集合」となっていたのですが場所がよくわかりません。ホテル前からタクシーに乗り「ヴァチカン美術館出口」と英語で言いましたが

運転手さん、わかってくれているのかどうなのか???「英語が話せますか」と聞いても「No」と言ったきり無言です。が10分ほどで到着しました、タクシーを降りたら日本人観光客らしき人々が群れていました。

集合時間より15分ほど早く到着しましたので待っている間に少しだけ写真を撮りました。本日の写真上から5枚はその時撮影したものです。門(こちらは出口)の上にあるのはミケランジェロとラファエロの像なのだとか。

そうそう5枚目の写真に写っている集合場所のくだり階段には・・・

怪しげな?絵葉書を売っている黒人や寝転んで足を引きずりながら寄ってくる乞食(「金くれ~」と叫びながら近寄ってきます 汗)がいました。観光客目当ての乞食のようですがちょっと怖かった~

ヴァチカン美術館の入口は1枚目の写真の左側です(写真には写っていません)が、既に列が出来ていました。入口で服装検査(露出の多い服装は不可)とセキュリティチェックを受けて美術館の中へ。

最後の写真がそのセキュリティチェック後のチケット売り場の前辺りです。セキュリティチェック周辺は撮影禁止、ここはOKとガイドさんに言われて撮影しました。この写真を撮影したのが8時半少し前でした。

ヴァチカン美術館は予約なしで個人で行くと長い行列に並ぶことになり、中に入るのが大変と聞いていましたが、30分前に入場できるこのツアーではそれほど待つこともなく中に入ることが出来ました。

個人でヴァチカンを歩くにはあまりにも何も知らないということで今回ツアーに入りましたが、世界遺産さらに混雑がわかりきっているところは、ツアーに入り効率的に廻るのがいいかなと。次回の予習にもなりますしね(笑)

ヴァチカンの詳細につきましては美術館内の写真と共に次回以降に・・・







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」 

「立つ鳥跡を濁さず」若しくは「恥の文化」?

更新しました 

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2019 Italy Rome Firenze | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/07
日本平 夢テラス 展望デッキから360度のパノラマ展望を楽しむ ー静岡市清水区ー
昨日に引き続き日本平 夢テラス展望デッキからの眺望です・・・


20191207-1.jpg

静岡市・駿河区方面

左側は駿河湾(太平洋)です



20191207-2.jpg

東静岡駅から中心街方面



20191207-3.jpg

再び駿河区方面

遠くに見えるのは大崩海岸でしょうか



20191207-4.jpg

大崩海岸の奥は御前崎方面



20191207-5.jpg

展望回廊は電波塔をぐるっと囲んでいます



20191207-6.jpg

近くで見ると迫力があります



20191207-7.jpg

夢テラスの建物と富士山



20191207-8.jpg

雲が流れて

富士山の表情が刻々と変化します



20191207-9.jpg

清水港方面を再び・・・



20191207-10.jpg

夕方の光が港を照らします



20191207-11.jpg

港の先に薩埵(さった)峠が見えます



20191207-12.jpg

回廊デッキから撮影した最後の富士山



20191207-13.jpg

赤い靴はいてた女の子」の像がありました



20191207-14.jpg

何故ここにあるのかは後程・・・



20191207-15.jpg

帰りがけに撮影した電波塔と回廊デッキ



20191207-16.jpg

夢テラスを後にして撮影した富士山



20191207-17.jpg
2019.12.5 静岡市清水区草薙 日本平 夢テラスにて撮影


本日は夢テラスで撮影した残りの写真を一気にアップしましたので17枚になってしまいました。長々とスクロールしてくださってありがとうございます。お付き合いついでに「赤い靴はいてた女の子」の像について・・・


野口雨情の詩になる童謡”赤い靴”をはいていた女の子にはモデルがありました。明治37年7月15日清水市宮加三(旧不二見村)に生まれた「岩崎きみ」がその子です。

「きみ」とその母親「かよ」とは、故あって北海道にわたりますが、この地で母はまだ2歳になったばかりのわが子を、アメリカ人宣教師ヒエット夫妻にその養育を託すさだめとなりました。

やがて宣教師夫妻には母国への帰国が命ぜられますが、このときすでに「きみ」は不治の病におかされており、夫妻はやむなくこの幼な子を孤児院に残して旅立ちました。

「きみ」はひとり、癒えることのない病の床にあって相見ることもかなわぬ母を慕いながら、わずか9歳の短い生涯を終えたのでした。いま、この女の子は、東京六本木にある鳥居坂教会の共同墓地に眠っております。

私たちはこの幸せ薄い母と子のかなしみに思いを寄せ、母と子をふるさとの地、不二見村を見下ろすこの日本平山頂に、再び相いあわせようと考えました。

ここに全国数万人に及ぶ人々からの浄財を得て、この像の建立ができましたことに、人々の善意と尊厳に大きな感動と希望をおぼえるものであります。「母と子よ、永遠に安らかなれ」

昭和61年3月31日「赤い靴」の女の子母子像建設委員会 母子像製作 高橋 剛
(像の横の解説より)


解説の写真を見ながら文字打ちをしましたが涙が出ました。実話とは聞いた事がありましたが「赤い靴はいてた女の子 異人さんにつれられて行っちゃった」という歌詞でしたから、女の子は異国へ行ったものだと

さらに「横浜の埠場から船に乗って」という歌詞もありますから横浜に住んでいた女の子の話とも・・・清水市(現在は静岡市清水区)の貧しい家の母と子がどれほど離れ離れになる境遇を嘆いたことでしょう。

展望回廊の階段を降りたところにこの像はありました。向かい合った母と子は今ここで会い、何を語っているのでしょうか・・・



本日の写真はDSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/06
開館1周年を迎えた日本平 夢テラスと富士山 ー静岡市清水区ー
昨日は11月3日に開館1周年を迎えた日本平 夢テラスへ行ってきました・・・


20191206-1.jpg



20191206-2.jpg



20191206-3.jpg



20191206-4.jpg



20191206-5.jpg



20191206-6.jpg



20191206-7.jpg



20191206-8.jpg



20191206-9.jpg



20191206-10.jpg



20191206-11.jpg
2019.12.5 静岡市清水区草薙 日本平夢テラスにて撮影


日本平 夢テラス

標高300mの丘陵地で、駿河湾越しに仰ぎ見る富士山、眼下に見える清水港、伊豆半島、南アルプスのパノラマビューはまさに至福の絶景といえます。

365日24時間を通して様々な姿を見せてくれ富士山に代表される四周の眺望を存分にお楽しみ下さい。

施設内では1階に日本平の歴史や文化をご覧いただける「展示エリア」、2階には景色を楽しみながら、くつろげる「ラウンジスペース」、そして3階には「展望フロア」がございます。

屋外の展望回廊は、1週200m、富士山や駿河湾、三保松原など、360度の「パノラマ展望」をお楽しみいただけます。また土曜日は21時までの営業です。素晴らしい夜景もご覧いただけます。
(パンフレットより)


昨日は富士市から友人が遊びに来ましたので一緒にランチをして日本平へ。この日本平夢テラスが出来たことはローカル放送番組で見て以来、行ってみたいと思っていましたがなかなか機会がありませんでした。

今回初めて行きましたが、雄大な景色にちょっと感動。因みに夢テラスの入館料は無料。日~金曜日は9:00~17:00、土曜日は9:00~21:00ですが展望回廊は終日入場出来ます、休館日は火曜日と年末(12/26~12/31)

4枚目からがその展望デッキから撮影した富士山です。富士山を背景に清水港方面を撮影しています。9枚目は静岡市駿河区・葵区方面、10枚目の写真は空にうっすらと掛かっていた虹を撮影しました。

四季折々の美しい自然と聳える富士山は勿論素晴らしいのですが、私的には人工的な建造物や街並み、電線があったりする(笑)暮らしの中にある富士山も好きです、それはきっと見慣れた風景だからなのでしょう。

展望回廊をぐるっと歩きながら撮影した写真がまだ残っていますので続きは明日・・・



本日の写真はDSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg

左上に丸く汚れが写っています(涙)

DSC-HX400Vを持って行けばよかったと

後悔しても遅いですよね(あせっ)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/05
法多山 尊永寺 雨の中紅葉(もみじ)と黄葉(いちょう)の参道を歩く ー静岡県袋井市ー
20191205-1.jpg



20191205-2.jpg



20191205-3.jpg



20191205-4.jpg



20191205-5.jpg



20191205-6.jpg



20191205-7.jpg



20191205-8.jpg



20191205-9.jpg



20191205-10.jpg



20191205-11.jpg



20191205-12.jpg



20191205-13.jpg



20191205-14.jpg



20191205-15.jpg



20191205-16.jpg

仁王門から本堂までの参道を

ゆっくり歩きながら撮影しました



20191205-17.jpg

仁王門近くにあった案内板

22番が昨日更新した紫雲閣

23番が「ごりやくカフェランチ」を

いただいた一乗庵です



20191205-18.jpg

参道入り口付近

駐車場に車を停めた時は雨でしたが

帰りは見事な青空が拡がっていました



20191205-19.jpg
2019.12.2 袋井市豊沢 法多山 尊永寺にて撮影


厄除観音 法多山 尊永寺

およそ1290年ほど昔、神亀2年(725年)聖武天皇の勅(みことのり)により行基上人が開山した高野山真言宗別格本山である法多山は、勅願定額寺の列に偶せられ、朝廷、武将の篤信を授け信仰、文化の殿堂として栄えています。法多山のHPより引用しました)

子供の頃は少し時期を外して初詣に行きましたが、3月下旬から4月上旬には桜、5月は藤、5月下旬より蛍、 5月から6月には胡蝶花(しゃが)6月中旬から下旬に紫陽花、11月初旬に石蕗(つわぶき)そして紅葉と

季節ごとに美しい四季を楽しむことが出来ます。



本日の写真はDSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/04
雨に濡れる銀杏落葉と紫雲閣 法多山 尊永寺 紫雲閣にて ー静岡県袋井市ー
20191204-1.jpg



20191204-2.jpg



20191204-3.jpg



20191204-4.jpg



20191204-5.jpg



20191204-6.jpg



20191204-7a.jpg



20191204-8.jpg



20191204-9.jpg



20191204-10.jpg



20191204-11a.jpg



20191204-12.jpg
2019.12.2 袋井市 法多山尊永寺 ・紫雲閣にて撮影

一昨日「ごりやくカフェランチ」をいただいた一乗庵は、この紫雲閣の離れとして、高野山の杉材や松材などの貴重な木材を使って昭和30年代に建てられたそうです。

本日更新の紫雲閣は先々代の住職さんが昭和20年代に建てた建物のようです。その後先代の住職さんが建物を残したいという思いから外観を損なわないようにかなりの金額をかけて耐震工事をしたとのこと。

こちらは法話や写経の会場として使われているようですが、その他イベント会場としても利用されているとか・・・昭和、それも戦後間もない頃に建てられた建物なのだそうです。

物のない時代にこれだけの木材を使って建てるということは相当な苦労があったことと思います。一乗庵共々既に耐震工事が済んでいるそうですから、今後も長く大切に使っていただきたいですね・・・


法多山 尊永寺 一乗庵でいただくごりやくカフェランチ」 はこちらからどうぞ



本日の写真はDSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg



※本日はこれから所用があり出掛けます(明日もお出掛け予定です) ばたばたと忙しく更新していますので誤字脱字が多いかと思います、ごめんなさい。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/03
法多山 尊永寺 一乗庵でいただく「ごりやくカフェランチ」 ー静岡県袋井市ー
袋井市にある法多山 尊永寺 一乗庵の「ごりやくカフェランチ」です・・・


20191203-1.jpg

一乗庵

庭を見ながらランチをいただきます

雨で池が濁っていたのが残念・・・

紫雲閣側から撮影



20191203-2.jpg

ランチは11時半?と1時の2回

私たちは1時のランチでした

紫雲閣と一乗庵の渡り廊下から撮影



20191203-3.jpg

お天気が良ければ

庭を歩くことも出来ます



20191203-4.jpg

本日のメニュー

1日20食限定



20191203-5.jpg

二人席が窓側に並んでいます

中央に4人掛けのテーブル席

私たちは床の間横の二人席でした



20191203-6.jpg

席からガラス越しに庭を撮影



20191203-7.jpg

ランチが運ばれてきました



20191203-8.jpg

野菜中心のメニューですが

ひと手間加えてあり美味しかったです



20191203-9.jpg

野菜たっぷりの煮込みハンバーグ

待っている間

渡り廊下にまでいい匂いが~(笑)



20191203-10.jpg

黒米のごはん



20191203-11.jpg

モンブランを横から撮影してみました



20191203-12.jpg

お天気が良ければこちらが入口?

昨日は雨でしたので

隣りの紫雲閣から入りました



20191203-13.jpg
2019.12.2 袋井市豊沢 法多山 尊永寺 紫雲閣・一乗庵にて撮影


昨日は豪雨の中、「ごりやくカフェランチ」をいただきに袋井市の法多山まで出掛けました。ローカル放送番組でここが紹介されていて「行ってみたいな」と。1か月遅れの夫さんの誕生日祝い兼ねて予約を入れました。

法多山では前日までもみじまつりが開催されていたようで満席だったのですが、昨日は予約が取れました(前週に予約しています)のでいざ出陣~(笑)ところがあいにく朝から叩きつけるような激しい雨・・・

朝10時に出発したのですがバイパスが渋滞していたり途中迷ったりで法多山に到着したのが12時少し前。参道に一番近い駐車場に車を停めたのですが駐車場はがら~ん、月曜日それも豪雨の中参道を歩く物好きはいません。

少し心配になりごりやくカフェに電話を入れて確認、本堂まで20分強歩くとのことでレインシューズを履いてきて良かったと思いました(一乗庵は本堂の中と思っていたのですが実際はもっと近くの紫雲閣の横でした)

食べることを目の前にするとせっかちになる私に夫さん「もう少し待てば雨が弱くなるから」「え~濡れてもいいから早く行こうよ」「12時半まで待ちます」とこんな会話。夫さんの誕生日祝いだからと仕方なく待つことに。

夫さんの予想通り?30分の間に雨足が弱くなり驚きました。参道を歩き紫雲閣に到着しても私たちはそれほど濡れることがなかったのですが、前に到着していた人たちはびしょ濡れでした(廊下に足跡が@@ 笑)

15分程紫雲閣で待って(ランチが運ばれてくる前の写真はその時に撮影しました)一乗庵に案内されて席に(席も決まっていました)つきました。昨日も予約のお客様で満席だったようです。

いつもは個々のテーブルにお茶が置かれるようですが、昨日は何種類かのお茶(アールグレー、ほうじ茶、黒豆茶等)が置かれたコーナーがあり、そこで好きなお茶を選ぶことができるようになっていました。

こんな凄い雨の中、予約で満席なんて人気があるのだなあと。帰りがけにお店の方と話したのですが、実は昨日が年内最後の営業日だったようです(最終日に予約が取れてラッキーでした)来年は2月から営業するようです。

食事中雨がまた強くなったりしていましたが、お店を出る頃には雨足が弱くなりましたので参道を歩き尊永寺本堂まで行ってきました。子供の頃、両親に連れられてきた法多山とは随分変わったなあという印象です。

子供の頃は本堂まで参道がひたすら長くて遠いと感じたのですが思ったほどではなくて・・・ほとんど誰もいない参道をしっとり雨に濡れた紅葉や銀杏を楽しみながら歩いてきました。

傘を差しながら雨の中撮影した写真ですのでボケ写真も多かったのですが参道の様子等は次回・・・



本日の写真はDSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

yum-yum | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/02
大崩海岸(おおくずれかいがん)から望む冠雪の富士山 ー静岡市駿河区石部ー
20191202-1.jpg



20191202-2.jpg



20191202-3.jpg



20191202-4.jpg



20191202-5.jpg



20191202-6.jpg



20191202-7.jpg



20191202-8.jpg



20191202-9.jpg
2019.12.1 静岡市駿河区石部 大崩海岸より撮影


昨日はワンコ達を連れて用宗海岸を少し歩き、その後大崩海岸を通って浜当目海岸へと散歩に出掛けたのですが、その途中撮影した富士山です(少しづつ場所を変えて撮影したのですが同じような写真が並んでいます 汗)

大崩海岸を車で走っている時、海の先に伊豆半島が石廊崎のあたりまでがくっきりと見えました。途中、海に突き出たような形で駐車スペースがありましたので車を停めて海を見ていたのですが・・・

夫さんが突然指さすので何だろうと静岡方面を振り返ると、そこに綺麗に冠雪した富士山(笑) 恥ずかしながらここから富士山が見えるとは知らなかったのです。お天気も良かったので山頂まで美しい姿を現していました。

写真の下方に見える青い部分は海です。大崩海岸と言う名前の通り崩れやすい海岸線で何度か崩落により道路が寸断され、海に突き出るような形で現在の道路が出来ました。

大崩海岸(おおくずれかいがん)は、駿河湾沿いの静岡市駿河区石部から焼津市浜当目にかけて続く急崖の海岸。延長は約4km。地名は崩落が多いことに由来する(ウィキペディアより引用しました)



本日はこれから袋井市の法多山(はったさん)へ。法多山尊永寺内にある普段は非公開の「一乗庵」にて夫さんの1か月遅れの誕生日祝いを兼ねて土・日・月限定のランチ「ごりやくカフェランチ」をいただきに出掛けます。

昨日までもみじまつりが開かれていてごりやくカフェは満席、予約がいっぱいでしたが本日は予約が取れました。あいにくの雨(一日中雨のようです 涙)ですが、一乗庵の窓から見える小さな庭がとても綺麗なのだそうです。

雨なので法多山の境内をゆっくり歩くことは出来ないかもしれませんが、畳の間に置かれた椅子席でいただく地元の旬な食材を味わえるというごりやくカフェランチ、とても楽しみです。

ということで行ってきます~♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/12/01
秋冷の蓮永寺(れんえいじ) 残り画像ですが・・・ & 中公文庫 「ローマの歴史」
1週間前にワンコ達と散歩した蓮永寺(れんえいじ)の残り画像です・・・


20191201-1.jpg



20191201-2.jpg



20191201-3.jpg



20191201-4.jpg



20191201-5.jpg



20191201-6.jpg



20191201-7.jpg



20191201-8.jpg
2019.11.24 静岡市沓谷 蓮永寺(れんえいじ)にて撮影





中公文庫 「ローマの歴史」

20191201-9.jpg


イタリア旅行中、フォロ・ロマーノとコロッセオを歩きながら義姉が説明してくれたローマの歴史(起源からムッソリーニ時代まで)、あまりにも面白くて(笑)ちょっと興味を持ちました。

元々西洋史が好きなので多少の知識はありましたが・・・で興味を持つと本を読みたくなるのはいつものこと。帰国後、義姉から初心者向けのわかりやすい本ということで教えてもらった↑をamazonで注文しました。

実は現在、「これ以上陋屋に負担を掛けたくないっ(大量の本を捨てられないのです  涙)」という思いから、「たとえ文庫本であろうと紙の本はこれ以上増やさない、出来る限りkindle版を買う」と決めています。

ところがさすがに古い本(1979年1月10日初版発行)からか?それともあまり大衆受けする本ではないからか?kindle版は探しても見つからず、仕方なく紙の本をお買い上げ~しました。

本は目の前に置いてあるのですがなかなか時間がなくて・・・読めずにいます。おそらく読み始めたらこれも一気読みになるだろうと思うので、1日何の予定もない日でないと読み始めることが出来ず・・・

サンデー毎日生活なのにどうしてこう時間がないのか???おそらく時間の使い方が下手なのだろうなあと思います。何かを始めると途中で止められなくなるのはちょっとした病気なのかも~とも思いますが(苦笑)


※昨日のスマホ教室は取り敢えず目標としていた設定まで進めることが出来ました。皆さん(3人)素直なので余計なことはせず(笑)私が言った通りにしてくださるので助かります。

着付教室に通っていて思うのですが、最初は兎に角先生が教えてくださったとおりにやってみる(何事も少しでも知識があると我流でやってしまう人がいますよね 苦笑)これが一番かなあと思います。

来月から数か月、教えながら実際に皆さんにやっていただく・・・これで何とかなりそうです。







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

HAUSER - River Flows In You

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
| Home |
↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Libera Far away


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で13年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


ではではごゆっくりどうそ~

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂の前で

↘寄り道は ↓ からどうぞ ♪


↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 03/03  Top Page Etude Recent Article December~June 2019 「記事一覧2019.6~12」
  • 03/02  Etude Recent Article May~January 2019 「記事一覧2019.1~5」
  • 03/01  Etude Recent Article December~September 2018 「記事一覧2018.9~」     
  • 12/13  霊峰富士を仰ぎ静岡市内を一望できる丸山花木園にて -静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/12  徘徊する徳願寺のあひるさんたちと紅葉とお地蔵さん ー静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/10  山茶花の寺としても知られている初冬の徳願寺にて ー静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/09  徳願寺山門前より望む富士山と静岡市街地 & 大銀杏 ー静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/08  ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン市国 ヴァチカン美術館前にて
  • 12/07  日本平 夢テラス 展望デッキから360度のパノラマ展望を楽しむ ー静岡市清水区ー
  • 12/06  開館1周年を迎えた日本平 夢テラスと富士山 ー静岡市清水区ー
  • 12/05  法多山 尊永寺 雨の中紅葉(もみじ)と黄葉(いちょう)の参道を歩く ー静岡県袋井市ー
  • 12/04  雨に濡れる銀杏落葉と紫雲閣 法多山 尊永寺 紫雲閣にて ー静岡県袋井市ー
  • 12/03  法多山 尊永寺 一乗庵でいただく「ごりやくカフェランチ」 ー静岡県袋井市ー
  • 12/02  大崩海岸(おおくずれかいがん)から望む冠雪の富士山 ー静岡市駿河区石部ー
  • 12/01  秋冷の蓮永寺(れんえいじ) 残り画像ですが・・・ & 中公文庫 「ローマの歴史」

  • ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    Material

    薔薇素材をお借りしています
    ↘ Mako's ↘

    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming