FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2019/02/28
静岡県立美術館プロムナードの屋外彫刻とその周辺 ー静岡市駿河区谷田ー
1種間ほど前ですが

静岡県立美術館プロムナードとその周辺を歩いてきました・・・


20190228-1.jpg



20190228-2.jpg



20190228-3.jpg



20190228-4.jpg



20190228-5.jpg



20190228-6.jpg



20190228-7.jpg



20190228-8.jpg



20190228-9.jpg



20190228-10.jpg



20190228-11.jpg



20190228-12.jpg



20190228-13.jpg
2018.2.20 静岡市駿河区谷田 静岡県立美術館・県立大学付近にて撮影


日本平の麓にある静岡県立美術館は緑豊かな自然環境も見どころのひとつです。この日は美術館へはいかずアプローチ歩道を国内外の彫刻家による作品を見ながら少し歩いてきました。

7枚目と8枚目のどっしりした裸婦像は静岡市生まれの彫刻家、掛井五郎氏の「蝶」という作品です。8枚目は見事に逆光ですが、私は逆光写真が結構好きでよく撮っています(笑)

この日は少し歩いただけで汗ばむような陽気で4月下旬から5月上旬の気候でしたが、県立美術館のプロムナードを離れて県立大学へ、最後の写真2枚は県立大学付近で撮影しました。桜の開花はもう少し先のようです。



この日の写真はこのコンデジで撮影しました

prof160.jpg




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/27
Memory 想い出のアルバム 呉服店40周年記念展示会の展示品 & 朝木瓜・夕木瓜
昨日懐石料理を頂いたレセプションホールにあった展示品です・・・


20190227-1.jpg



20190227-2.jpg



20190227-4.jpg



20190227-3.jpg
2008.1.20 ホテルセンチュリー静岡 レセプションホールにて撮影


お雛様の十二単は皇族のどなかたの衣装をモデルにしたと聞いたような覚えがありますが、うろ覚えです。小槌の上にちらっとプライスが見えますが、小箱や螺鈿の香合は人間国宝の方の作品でした(それ故とても高価)

こちらも昨日の懐石料理同様暗い画像になってしまいましたが、しっかり撮っていたのだなあと(笑)お雛様を撮影したことも全く覚えていませんでしたが、丁度良い時期に写真が見つかりました~

ホールでは野蚕糸の新作発表会もありその中で野蚕糸とレザーのコラボという面白い帯を見つけましたが、確かこの後ノルウェー旅行が控えていて諦めたことだけはしっかり覚えています。



朝木瓜夕木瓜

先日泡沫(うたかた)短歌で使用した木瓜の写真は2月25日に撮影したものでしたが、22日と24日にも撮影していました。


2月22日 午前9時頃撮影の朝木瓜

20190227-5.jpg



20190227-6.jpg



2月24日午後4時頃撮影の夕木瓜

20190227-7.jpg



20190227-8.jpg


毎日見ていると少しづつ花が開いてゆくのがよくわかります。また時間帯によって(光の当たり方等で)随分色彩が変わるのですね。夕陽を受けて花びらが輝いていたのが印象的でした。


木瓜の写真はこのコンデジで撮影しました

prof160.jpg




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/26
Memory 想い出のアルバム 着物で懐石料理と京都・四篠司家御當代の講話
2008年のこんな懐石料理の写真が出てまいりました

この時の献立と共に紹介しますね


20190226-1b.jpg

御祝八寸
五色膾 数乃子 イクラ
胡桃和合 柿 揚げ麩 水菜 枸杞の実
海老 千社唐 鉄砲串
黒豆松葉 千枚巻
松風 千代呂木

御造里(写真はありません)
平目 海松貝 あしらい



20190226-2b.jpg

御椀盛
海老糝薯 新竹の子 神馬草 
日の出人参 亀甲大根 
鶯菜 松葉柚子



20190226-3.jpg

蓋を開けると・・・



20190226-4.jpg

御家貴物
鯛柚庵焼き 赤飯 はじかみ



20190226-5.jpg

御多喜合
丸大根風呂吹き
柚子味噌
昆布巻 菜の花
パブリカ 繊柚子



20190226-6.jpg

御寿乃物柚子釜盛り
海鼠みぞれ和合
火取り干し子
防風 あられ柚子

御祝飯(写真はありません)
鯛飯



20190226-7b.jpg

御留椀
手鞠麩 若布
御香の物(写真はありません)



御水菓子
嶺岡豆富
苺 キウイ みかん 黒みつ

20190226-8.jpg
2008.1.20  ホテルセンチュリー静岡 レセプションホールにて撮影


以前着物で懐石料理をいただいた時、ワインで気分が悪くなりトイレに駆け込んだ(汗)ことに触れましたが、その時の懐石料理の写真が出てまいりました(料理はとても美味しかったですよ~♪)

レセプションホールの照明が暗くて写真も暗めに写っていますが、ところどころ出てきた料理を飛ばしながらもよく撮影していたなあと、我ながら感心しました。

確かホテルセンチュリー静岡の料理長監修の懐石料理でしたが、この時は、着物をお買い上げ~していた呉服店の創立40周年記念展示会に招待されたのでした(前年着物をお買い上げ~したからです 笑)

成人式以来の着物に緊張しながらも懐石料理をぱくぱく平らげ更にはワインも入り・・・脳貧血を起こしそうになりトイレに走りました。以前は貧血でよく倒れていて、この時もなんとなく倒れる予感がしたから~

そんなわけで食後の四篠司家御當代の方の講話時は離席していて、肝心な興味深いお話を聞くことができませんでした(涙)ただ公家の正装でもある衣冠装束姿の御當代の方と一緒に撮影していただいた記憶があります

ところが写真は残っていませんでした、おそらく私のカメラではなく呉服店のカメラでの撮影だったのではないかと思われます。

四條家は四條流という庖丁流を代々守ってきた家系です、そして堂上家(どうじょうけ)、世襲で公家となる権利を有している家系なのだそうです。その御當代ということでしたがとても気さくな方だった覚えがあります。

ご披露戴いた庖丁流は一部拝見したような・・・(あまりよく覚えていません)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/25
泡沫短歌 東風(こち)吹いてぽっと開いた木瓜の朱・・・& 前職場のOG会
20190225-1.jpg



20190225-2.jpg



東風(こち)吹いて ぽっと開いた 木瓜の朱 遠いむかしの 君の声をきく  瑠紫闇



20190225-3.jpg
2019.2.25 静岡市駿河区自宅にて撮影


今朝撮影した朝露に濡れた木瓜の花

撮影しながら頭に浮かんだ一首です



※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう

取るに足りない短歌のこと

私の下手な歌にぴったりだと

勝手に造語命名しました



何度か過去記事でも触れていますがこの木瓜の木、今は亡き母が玄関脇に植え毎年開花を楽しみにしていました。去年も毛虫被害に遭い(涙)開花を案じていましたのでほっと一安心です。






昨日お出掛けしたところは・・・

昨日は6年間と短い間でしたが結婚前に勤務していた会社のOG会(会社を卒業した女子による女子会です 笑)がありました。退職後、街中でばったり会った人もいましたがウン十年ぶりの人もいました。

現役の後輩もいて積もる話に花が咲きました~サラダバー付きのしゃぶしゃぶのお店でしたが、この私がほとんど席を立たず(笑)後輩から会社のその後を聞くことに忙しかったからです。

会社がいつの間にかブラック企業化していて吃驚@@ 実は現職は前職の会社等が集まって作られた某団体なので何らかの接点はあります。でも外からは全く見えていない部分があるのですね。

何となく噂に聞いたような気もしますが、あまりの酷さに唖然としました。同業他社との競争が激しくなり、上司が所謂パワハラやりたい放題だった時代があったようです、今は治まったようですが・・・

そういう意味では私は良い時代にOLをしていたのだなあと。まあ当時もセクハラ?パワハラしてるよね~?的な上司はいましたけれども、少なくとも部下が暴力を振るわれたり土下座させたりはしませんでしたから。

小説の中の世界(半沢直樹とか)やワイドショーで取り上げられるような事が自分が居た会社で行われていたというのがちょっとショックでして、とても華やいだ気分にはなれませんでした(苦笑)

まあそれでも最後は当時の名物支店長や課長・係長のよもやま話になり、皆笑い転げてお開きになりましたけれどもね。次回も出席決定です~




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

verse | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/24
ロシア旅行記 エルミタージュ美術館 黄金の客間・ブドア(婦人用の私室)
2016年2月25日から3月2日までの7日間ロシアツアー旅行にひとり参加しました

この年 職場から勤続●●年祝の休暇&旅行券(JTB旅行券)を支給され

年度内消化をせねばとあたふたと行き先を決めて出掛けたのでした

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


旅行3日目は1日エルミタージュ美術館を見学しました

本日は煌びやかな「黄金の客間」です


20190224-1.jpg



20190224-2.jpg



20190224-3.jpg



20190224-4.jpg



20190224-5.jpg



20190224-6.jpg



20190224-7.jpg
2016.2.27 ロシア・サンクトペテルブルグ エルミタージュ美術館にて撮影


その煌びやかさはエルミタージュ随一と謳われる「黄金の客間」には、「石への病的な執着」を自分自身で認めていたエカテリーナ二世のコレクションが展示されていますが、残念ながら写真はありません。

室内のあまりの煌びやかさに展示品にまで写真を撮る意識が回らなかったのか・・・もうよく覚えていません。因みにエカテリーナ二世はカメオ好きだったそうです。

公式の間に並ぶブドアと呼ばれるこの赤と金の優美な婦人用の私室(1枚目の写真)は1853年、当時流行していたロココ様式に作り変えられました。細い金細工のレリーフや絵画のモチーフが壁や天井を飾っています。

また扉の上の壁に嵌め込まれているのは(2枚目の写真)エルミタージュ所蔵の絵なのだとか・・・歴代の皇后はこんな部屋で過ごしていたのですね、私は目がちかちかしてなんとも落ち着かない気分でしたが(笑)

暗い写真になってしまいましたが、実際はもう少し明るい赤でした。


ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg


※ロシア旅行記は今後も日曜日更新予定です。だらだらと続いております(いつになったら終わるやら・・・汗)過去記事につきましては記事下のRelated Articleからご覧くださいませ。



One Man's Dream

本日はBGMを以前紹介したYanni(ギリシャ・カラマタ出身)の美しい曲、One Man's Dreamに変更しました。ご本人出演の動画よりもほれぼれするほど美しい肢体のモデルのこちらの動画の方がやはり好き(笑)

※音が重なりますので、お手数ですがサイドバー右上の動画を止めてからご覧くださいね~




本日はこれから華やいだ気分で?お出掛け予定です、昨夜何年ぶりかにネイルを塗ったりしていました(笑)皆さまのところへ伺えるとよいのですが時間的にちょっとわかりません。何処に出掛けたのかはまた明日にでも・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/23
イタリア便り 夫さんのローマ市内観光 美女探しの徘徊は続いております・・・
イタリアローマ在住の姪の結婚式出席のため

2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです・・・


20190223-1.jpg



20190223-2.jpg



20190223-3.jpg



20190223-4.jpg



20190223-5.jpg


夫さん、美女探しの市内観光の筈でしたが、美女の写真がほとんどありません(汗) 道路やバイク、車の写真ばかり・・・まあいいですけどね(笑)

ところで6月初旬のローマはかなり暑かったようです。そういえば私はいつも冬に海外旅行をしていたので、ヨーロッパの夏を知りません。トルコは5月の連休に行きましたが、あの時は暑かった~。

昔々声楽のレッスンを受けたことがあるのですが、先生(テノールの卵君でした)はミラノに3年ほど留学していたそうです。そしてその先生から言われたことは「あなたは夏のイタリアは避けた方がいいよ」

どういうことかと言いますと私、目も悪いし(近眼)耳も遠い(都合の悪い時は聞こえません 笑)のですが、どういうわけか鼻だけは利くのです。そんなわけで体臭には割合敏感かもしれません。

夏のイタリアはその体臭が結構激しいらしいのです。先生によると食するチーズが匂いの元らしいのですが、真偽のほどはわかりません。ただ先生、ミラノ滞在中はかなり体臭が強くなったとか・・・

確かに食べ物は体臭にも影響がありそうですね。夫さんは(私も)体臭がないのでよくわかりませんが、その体臭が男らしさの象徴だったりもするらしいから・・・やはり私には無理かも~しれません(笑)

義姉一家が帰国した時に夫さんの実家のトイレは凄いことになっていました。義兄(イタリア人)の体臭はわかりませんでしたが、アフターシェービングローション類の瓶がトイレのタンクの上にずらっっと@@

洗面台に並びきれなかったようで・・・まあいい香りでしたから私はそれほど気になりませんでしたが・・・ただご飯の時にもその香りが漂ってきたのはちょっとねーという感じでした(苦笑)


ローマに関連するようなBGMをあれこれ探しましたが、よく耳にするカンツォーネはナポリ民謡が多いようで、なかなかよいものがみつかりませんでした。ということで本日も昨日と同じLove Storyです~



過去記事は ↓ 記事下のRelated Articleよりご覧くださいませ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/22
Nostalgia 北米・欧州放浪記 -欧州編ー ドイツからオランダへ LoLa & Hauser Love Story
「Nostalgia 北米・欧州放浪記」昔々の夫さんの放浪記です・・・

このシリーズは30年以上前のフィルム写真をスキャンした画像と

夫さんの文章でお送りします


実際に放浪した国々はイタリア・ローマの義姉の家を出発してから

ドイツ→オーストリア→デンマーク→ノルウェー→スウェーデン

ベルギー→イギリス→フランス→スペイン→ポルトガル→ギリシャ

こちらの更新は必ずしも放浪した順序どおりではありません


本日はドイツからオランダアムステルダム


20190222-1a.jpg

旧市街を歩く

ドイツでは有名なゾーリゲンの

ナイフでも買おうかなと思って

「鋏」のマークのお店で

形の美しいナイフを買ったら

日本製でした



20190222-2a.jpg

アンネの居た運河

アムスのユースホステルは

あの有名な飾り窓(娼婦館)の

ど真ん中にあって夜になると

みんな髪の毛に櫛を入れて

そそくさと出て行った

もちろんわたしも出て行った


黒 白 黄色(この表現まずいかな)

世界中の女性がガラス窓から

手招きをしていた

アムスは古くからの港町だ


アンネ・フランクの

隠れていた家に行った

運河沿いの家だった

狭い隠し階段を上ると

小さな部屋があった



to be continued・・・


過去記事は ↓ 記事下のRelated Articleよりご覧くださいませ



「形の美しいナイフを買ったら日本製でした」というくだり、ワタクシ的には「形の美しいナイフを買ったら日本製でしたー(爆)」としたいところでしたが(笑)本人(夫さん)の原文のまま掲載しました。

週末は海外旅行記を連載しておりますが、気分転換にBGM変えてみようかなと。本日はLoLa & HauserLove Storyにしてみました。3日間連続変更になるかどうかは私の気分次第で~す。

ウズベキスタン美人のローラ姉さんとなりきりハウザー君の絡みがなかなかで(笑)美しいモノクロ映像の動画です。サイドバーの小さな動画ではわかりにくいのでこちらに大きめの動画を貼っっておきます。

※音が重なりますので、お手数ですがサイドバー右上の動画を止めてからご覧くださいね~







Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Nostalgia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/21
ポメラニアンと散歩 野生児たちが大好きな遊木の森で -静岡市駿河区ー
静岡県護国神社の後は遊木の森へ・・・やっとワンコ達登場です(笑)


20190221-1.jpg



20190221-2.jpg



20190221-3.jpg



20190221-4.jpg



20190221-5.jpg



20190221-6.jpg



20190221-7.jpg



20190221-8.jpg



20190221-9.jpg
2019.2.15 静岡市駿河区 遊木の森にて撮影


この日は駐車場に車が1台も停まっていなくて、「ラッキー」と思いましたらやはり誰もいませんでした(笑)この時期は下草もあまりなく広場中を駆け回ることが出来るのでワンコ達嬉しそうでした。

写真の順序が前後していますが、最後から2枚目の木雪サンは駐車場で撮影したもの(きちゃない車が写っております 汗)一応リードをつけて出発しましたが、途中からフリーになりました。


昨日は異常な暖かさというより暑い一日でした。こちらは4月下旬から5月上旬!!の温度だったようです。久し振りに友人ととんかつランチ(笑)をお腹いっぱいいただいてもう動けない・・・

写真は撮りませんでしたが、このとんかつ店、ご飯処?というコーナーがあり、ご飯とお味噌汁、キャベツやサラダ、たくさんの漬物類、豆乳プリンやお汁粉等々、さらにお茶や珈琲まで自由に選ぶことが出来ます。

まあ所謂和風のヴァイキング形式ですね(笑)とんかつで雑穀米を1膳いただいた後はお茶漬けを楽しんだりと、もういけません、ヴァイキング形式は己の意地汚さが全開になりいつも食後、後悔することになります。

早く消化しますようにと食後、県立美術館の周辺を少し歩きましたが暑くて暑くて~しっかり汗をかきました。さすがに桜並木はまだ固い蕾でしたが、蕾が開くのも間近かもしれません♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/20
浅春の静岡県護国神社 其の三 神池周辺 & このブログのテンプレートについて
静岡県護国神社の神池周辺です・・・


20190220-1.jpg



20190220-2.jpg



20190220-3.jpg



20190220-4.jpg



20190220-5.jpg



20190220-6.jpg



20190220-7.jpg



20190220-8.jpg
2019.2.15 静岡市葵区 静岡護国神社にて撮影


神池周辺はワンコ達を連れて歩けますが、先に行った夫さん一行(木雪サン・セイラさん)とはぐれてしまいましたのでワンコ達の写真はありません。カモさんは手振れしたのか少しボケ写真になってしまいました(汗)

池の近くを歩いていると池の中ほどから金色の鯉(実際はもう少し金色に近かったです)が近寄ってきました。この子も餌をもらっているのかもしれません、何ももらえないとわかるとすぐまた池に中央へ(笑)

静岡県護国神社では月に1度の割合で蚤の市が開かれているようですが、蚤の市がない日は本当に静かです。この日は平日ということもあったのかもしれませんが、池の周辺には誰もいませんでした。






テンプレートをまた弄りました~

こちらのブログで使用しているテンプレートは開設当初の2006年よりずっと同じものです。開設当初、画像サイズが720×540ピクセルの写真を載せたくて全体の幅を広げたりとあれこれ触りました。

その後もここが~と思うところをちょこちょこマイナーチェンジしております。今でもそうですがほとんど知識がないままにテンプレートをカスタマイズしている為、気になりながら???の部分も多いです。

あまり考えずその都度プレビューしながら弄ってしまいましたので、このテンプレートは最早原型を留めていないと思われます。そもそもこのテンプレートは白背景だったように記憶していますし・・・

現在コメント欄を閉じさせていただいていますが、当日の記事下の「次の記事 HOME 前の記事」のリンクが消えてしまっていました。これはどうしたものかと気になっていました。

コメント欄を開いていた記事の下にはリンクがある・・・昨夜、テンプレートとにらめっこしながらこの原因を考えました(考えたってわからないからまたプレビューしながらあれこれやってみる 汗)

単純な事だったのですが、リンクのタグの位置がどうもあり得ないようなおかしなところにあり、それを移動させましたら現在のコメント欄非表示でもリンク先が表示されるようになりました、良かったー♪

おそらく長年あれこれ切った貼ったとテンプレートを弄っている間にリンク先を変なところに移動させてしまったのだと思われます。タグをひとつひとつ見ていってやっと納得~

ここまで触ってしまうと、もう自分でしか解決出来ないのですね(笑)このテンプレは今あるテンプレートの様に複雑なものではなく単純なものでしたので私でもあれこれカスタマイズが出来るのかもしれません。

「対症療法よろしく何か不都合が見つかったらその都度解決する」・・・長年これでやってきましたが、何となくこのテンプレには愛着もあります。ということで変わり映えがしませんがよろしくお願いいたします。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/19
浅春の静岡県護国神社 其の二 & 「昼寝は30分以内に」
昨日に引き続き本日も静岡県護国神社にて・・・


20190219-1.jpg



20190219-3.jpg



20190219-2.jpg



20190219-4.jpg



20190219-5.jpg



20190219-6.jpg



20190219-7.jpg



20190219-8.jpg



20190219-9.jpg
2019.2.15 静岡市葵区 静岡県護国神社にて撮影


拝殿前の二の鳥居近くにこんなベンチがあったとは・・・何度か歩いていますが全く気が付いていませんでした。人間の目は案外自分が見たいものしか見ていないのかもしれませんね(笑)


※昨日は「昼夜逆転生活」にたくさんの拍手コメントをいただきました、ありがとうございます。

医師から言われたことは「昼寝は30分以内に」ということでした。そう言えば私の昼寝は1時間とか2時間(最早昼寝とは言えず?私的には昼寝=うたた寝のイメージ 汗)でしてこれが良くないのだそうです。

昨日は午後から心療内科へ出掛けたので昼寝が出来ず、おかげさまで午前1時頃には就寝できました。日頃の短眠が癖になってしまったのか4時、5時と目が覚めてしまいましたが6時まで我慢して起床。

いつものぼぅっとした状態とは明らかに異なり、ちょっと頭がすっきりしているかなあ・・・問題は今日ですよね、今日もし昼寝したくなったら30分以内にして少しづつ睡眠のリズムを整える・・・

因みに私は目覚まし時計を一応枕元に置いていますが、利用していません。眠る前に「明日は何時に起きるぞ~」と思うと翌日その約10分前には目が覚めます(仕事をしていた頃は1時間おきに目が開いていました)

ところが昼寝はそうはいかず、ずるずると眠ってしまうのですね(何時に起きるぞと言う意識がないからかもしれませんが)折角だから今日から昼寝には目覚まし時計を利用しようと思っています(笑)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/18
浅春の静岡県護国神社 其の一 & 「昼夜逆転生活」という暗示にかかったような・・・
先週の金曜日 ワンコ達を連れて静岡県護国神社へ行ってまいりました・・・


20190218-1.jpg



20190218-2.jpg



20190218-3.jpg



20190218-4.jpg



20190218-5.jpg



20190218-6.jpg



20190218-8.jpg
2019.2.15 静岡市葵区 静岡県護国神社にて撮影


ここは何度か登場していますが、手水舎の前、神池に流れ込む川に架かる橋の前でワンコ達は進入禁止です。ワンコ達は夫さんに任せて私ひとりで二の鳥居周辺を少し歩いてみました。

薄曇りの寒い日でしたが、春を感じることができました。写真がまだ残っていますので続きます・・・




「昼夜逆転生活」という暗示?

前々回の心療内科での診察時、医師から「毎朝きちんと起きていますか?昼夜逆転生活になっていませんか?」と訊かれ「はい、ワンコの散歩がありますから朝は6時頃には起きています」と答えました。

ところがその日の夜からどうも夜更かしが続くようになり(滝汗)現在午前2時か3時頃に就寝、取り敢えず6時頃起床、昼間やたらと眠くなるから長~い昼寝をするという生活になってしまいました。

「私って暗示にかかりやすかったのか」と愕然としたのですが、医師の「昼夜逆転生活」というひとことが無意識の何処かに入り込んでしまったようで昼夜逆転生活が続いております。

「今日こそは今日の内にベッドへ」と思いながら午前0時頃になると目がらんらんとしてきて(苦笑)、結局夜中にゴキブリの如くごそごそがたがたやっています。何かを始めるとますます目が冴えてしまい・・・

思い返してみますと、その頃から肩も痛み始めたような気がします。関連があるのかどうなのかわかりませんが、昼夜逆転生活が決して身体に良い影響を与えているようには思えません。

本日は午後から心療内科の予約が入っています。先生から再度一言「早寝早起きしていますね、大丈夫ですね」と言っていただこうかなあ・・・なんて思っています。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/17
ロシア旅行記 エルミタージュ美術館 紋章の間・1812年戦争の間・ゲオルギーの間
2016年2月25日から3月2日までの7日間ロシアツアー旅行にひとり参加しました

この年 職場から勤続●●年祝の休暇&旅行券(JTB旅行券)を支給され

年度内消化をせねばとあたふたと行き先を決めて出掛けたのでした

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


旅行3日目は1日エルミタージュ美術館を見学しました

本日は「紋章の間」・「1812年戦争の間」・「ゲオルギーの間(大玉座の間)」です


20190217-1.jpg

「紋章の間」



「1812年戦争の間」

20190217-2.jpg



20190217-3.jpg



「ゲオルギーの間(大玉座の間)」

20190217-4.jpg



20190217-5.jpg



20190217-6.jpg



20190217-7.jpg
2016.2.27 ロシア・サンクトペテルブルグ エルミタージュ美術館にて撮影


「紋章の間」にはかつてはロシアの戦士を表した彫像が置かれ、その手にはロシア帝国の各県の紋章が描かれた旗が握られていましたが、彫像は紛失し現在はシャンデリアが紋章を持つ盾で装飾されているそうです。


「1812年戦争の間」は、1862年12月25日、ロシアからのナポレオン軍の追放を記念して完成が祝われました。ここには戦争当時将軍だった人や戦後将軍の称号を受けた332枚の肖像画が掛けられています。

332枚の肖像画の中で13箇所が死者(肖像画が見つからなかった将軍たち)の為に空けられたまま残されているそうです。3枚目の写真上段左から3番目が確かに空いています。この空間はただただ圧倒されました。


「ゲオルギーの間」は「大玉座の間」とも呼ばれていますが、エカテリーナ二世の治世1787年から1795年に造られました。壮大かつ二段の窓から採光がなされた空間は当時の人々を驚嘆させたとか。

1837年の火事により焼失した後、ニコライ一世が壁を白い大理石に造り替えさせました。ここは歴代皇帝が公式レセプションを行った広豪華絢爛なホールです。因みに大理石はイタリアから輸入されたそうです。


ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg


※ロシア旅行記は今後も日曜日更新予定です。だらだらと続いております(いつになったら終わるやら・・・汗)過去記事につきましては記事下のRelated Articleからご覧くださいませ。


追記 BGMをTheme from Cinema Paradisoに変更しました。ヴァイオリンの音色が切ない・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/16
イタリア便り 夫さんのローマ市内観光 旧市街からゲットー(ユダヤ人居住区)を歩く
イタリアローマ在住の姪の結婚式出席のため

2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです・・・


20190216-1a.jpg



20190216-2a.jpg



20190216-3.jpg



20190216-4.jpg



20190216-5.jpg



20190216-6.jpg



20190216-7.jpg



20190216-8a.jpg



20190216-9a.jpg


写真を見ていますと、夫さん、繁華街から離れて敢えて裏通りを歩いていたような印象を受けます。実は私も同じくでして(笑)北欧や中欧の街をひとり歩きした時は何となく裏通りを選んでいました。

石畳の狭い路地を歩きながら歴史を感じたり、そこに暮らす人々の生活の匂いのようなものを楽しんでいたような記憶があります。夫さんも観光地ローマを離れてこんな空間に入り込んでいたのだなあと・・・

今回は全て縦写真になってしまいましたが、ずずずっとスクロールしていただきましてありがとうございます。


過去記事は ↓ 記事下のRelated Articleよりご覧くださいませ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/15
Nostalgia 北米・欧州放浪記 -欧州編ー オーストリアからドイツへ & ルシアンは誘拐犯?
「Nostalgia 北米・欧州放浪記」昔々の夫さんの放浪記です・・・

このシリーズは30年以上前のフィルム写真をスキャンした画像と

夫さんの文章でお送りします


実際に放浪した国々はイタリア・ローマの義姉の家を出発してから

ドイツオーストリア→デンマーク→ノルウェー→スウェーデン

ベルギー→イギリス→フランス→スペイン→ポルトガル→ギリシャ

こちらの更新は必ずしも放浪した順序どおりではありません


本日はオーストリアからドイツ


20190215-1.jpg

ドイツの小さな村にて

オーストリアからドイツへは

フュッセンへと山越えをした

地元のローカルバスに乗り

チロルに入ると

そこはムーミンの世界だった

バス道にまで牧草が迫り

脇にそれる道は谷間にのび

その先には豊かな牧草地が広がる

あの谷の奥にはきっと ムーミンや

スナフキンがいるだろうと思った

そんな可愛い谷間の村を

いくつも通り過ぎると

ドイツ国境フュッセンの村があった

霧の中フュッセンのユースに1泊し

翌日このディケルスビュールに着いた



20190215-2.jpg

ノイシュヴァンシュタイン城

ご存知ノイヴァンシュタイン城

まるで絵葉書

そうとしか撮れないお城

城主の「狂王ルートヴィヒ」は

19世紀の末に

耽美的なデカダンスに酔い狂い

死んでしまったのである



to be continued・・・


過去記事は ↓ 記事下のRelated Articleよりご覧くださいませ





HN(ハンドルネーム) Lucien ルシアンはこのドラマから


2007年当時ちょこっとハマったCS放送(AXN)の海外ドラマがありました。


kisnapped1.jpg


「KIDNAPPED(キッドナップ)」文字通り誘拐に絡む人間模様を描いたシリアスドラマですが、本国アメリカではイマイチ視聴率が取れなくて途中で放映打ち切りになってしまいました(確かシーズン1で打ち切り 涙)

1話が1日の状況を追ってゆくという「24」もどきのドラマでしたが「24」のようにスピード感がなく、ニューヨークの上流家庭、コンラッド家及び周囲の人々の秘密がまったり明かされてゆく不思議なドラマでした。

とにかくこのドラマ、謎が多くてねえ・・・ちょっとしたミステリー小説を読んでいるような気分にもなり面白かったし、またカメラワークの「あれ?彼が主犯?」と思わせぶりな捉え方も好きでした。

誘拐犯の尻尾が最初から登場します、しかしこの尻尾がかなり長いのです。ずるずると頭(主犯)に辿り着くまでに登場人物がごちゃごちゃになり「この人誰だった?」になりながらも毎回楽しんでいました。

全てを疑え!!(番組のキャッチコピー)そう全ての登場人物が疑わしかったのです(笑)

で、私のHNですが、実はこのドラマの主人公からいただいております~。Jeremy Sisto演じる人質救出のエキスパート(元FBI捜査官)の名前がLucien ルシアンだったのです~。

ルシアンの通称はKnapp このナップと言う名前もKIDNAPPEDから命名したのか謎でしたが、番組が始まった最初の頃、私はこのナップが主犯か?と疑いました。犯人が捜査の先をゆき何もかもお見通しだったから・・・

実はFBIの中にもぐらがいたというまあよくあるストーリーでした。そしてこのもぐらが誰か?がかなり前から私にもわかっちゃったというちょっとお粗末なドラマではありましたが、それもご愛嬌ということですね。

さてそのナップですがむさくるしいし汚らしい、無精髭を生やし、ニューヨークの上流階級の男たち(FBI捜査官も勿論スーツ姿)の間で常にTシャツにレザージャケットそれから走る場面も多いからか?スニーカー姿・・・

その汚らしい?スニーカー足をコンラッド家のソファにどかどか乗せて寝そべる、誘拐犯を騙る小悪党を殴る蹴るそして脅かすのヤクザかマフィア宜しくの無法者ぶり(手段を選ばずというところかな)etc・・・ 

小悪党の耳元にこちょこちょ何か囁くシーン(脅迫したんだよね、きっと)で私は堕ちました(爆)暴力的かつ危なっかしい男に惹かれるなんて、それまではあり得なかったのですが。

ナップにハマっちゃったんです~。演じるJeremy Sistoは金髪碧眼好みの私からは考えられないタイプの役者でしたが、見れば見るほどどんどん底なし沼に捉われてゆきました。


kisnapped2.jpg


そして当時の私のお約束~US版DVDも購入してしまったのでした。勿論Jeremy Sisto主演の映画作品全てね。ということでやっとLucien ルシアンの名前がどうして気に入ったかということですが・・・

US版DVDをCC (クローズドキャプション)にして英語字幕を読みながらふんふんと楽しんでいた時に、誘拐犯の尻尾(Devere)がFBIに逮捕され、ちょいとナップが尋問するシーンがありました。

Devere
Lucien・・・That's a very interesting name for a man of your profession.

Knapp
How do you know my name?

Devere
It means “bringer of lights”
Which is an odd name for someone so closely associated.
With darkness, don't you think?・・・

ディヴィエ
ルシアン・・・あんたみたいな職業のやつには似合わない

ナップ 
何で知ってる? (ファーストネームをというニュアンス?)

ディヴィエ
光を照らす者っていう意味だろ?
暗闇の世界で生きている奴の名前がルシアンとは全く妙だよ・・・

この「暗闇の世界で生きている奴」というのが妙に気に入ったのでした。このシーンまでルシアンはLucifer (ルシファー 堕天使)が名前の由来か?なんて勝手に思い妙に納得していたのですけれども。

Profileでも少し触れていますが、当時私は天上を夢見ながら?暗闇で生息していましたので(今もですが 笑)ピッタリだなあとこの名前をいただいたのでした。


ナップを演じる Jeremy Sisto ジェレミー・シスト 茶眼ながら(この際、碧眼でなくてもいいかな~なんて単純な私らしい 笑)キラキラと美しくてねえ、番組中よく目元がアップになるのも嬉しかったなあ・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Nostalgia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2019/02/14
Memory 想い出のアルバム 青葉シンボルロードの午後  & 着物とバッグ
昨日に引き続き13年前の2006年に撮影した青葉シンボルロード

本日は午後撮影した写真をどうぞ


20190214-1.jpg



20190214-2.jpg



20190214-3.jpg



20190214-4.jpg



20190214-5.jpg
2006.2.17 静岡市葵区 青葉シンボルロードにて撮影


昨日は夜景でしたが、本日は午後3時頃に撮影した青葉シンボルロードです。シンボルロードの中央あたり、安らぎのゾーンにあるこの「出逢い」像はウイリアム・マクエルチュラン作なのだそうです。

出逢いというよりも「おっと失礼」とか言いながらお互いに道を譲らないおじさんたちに見えてしまうのは私だけ?(笑)大樽も昼間はこんな感じです、昼と夜では随分雰囲気が変わりますね。





馬子にも衣装にならない着物姿の第二弾とバッグについて

過去写真を見ていましたらプレタの着物と野蚕糸の着物を着た時の写真が出てきました。この時は着付けしていただいた呉服屋さんで折角の帯だからとお太鼓ではないこんな結び方をしていただきました。


20190214k1.jpg

野蚕糸の着物を

スウェードの半襟で・・・

(半襟はブラックなのです)

帯は同じ野蚕糸です

お太鼓ではないので

ちょっと間延びして見えます

そしてこの時もズラで~す(笑)



20190214k2.jpg

角出しという結び方なのだそうです

脱ぐ直前に撮影したようで

少々乱れた姿ですみません



20190214ki3.jpg

プレタの着物と上と同じ帯

帯はリバーシブルなので

両面楽しめます



20190214k4.jpg

同じ角出しという結び方


お太鼓にするよりもこちらの方が若々しい?ということで結んでいただきました。野蚕糸の帯は柔らかいのでこういう結び方が出来るのだそうです。リバーシブルというのも気に入っています。

バッグについて質問をいただきましたのでちょこっと触れておきますね。この時は確かマウロ・ゴベルナ(イタリア製)のクロコダイルバッグ(ベージュとキャメルの中間色かな~)を持ちました。

着物用バッグって小さくてモノがあまり入らないですよね。それで私は着物の時も敢えて普段使っているバッグを持ちました。クロコのバッグやミンクの柔らかめのバッグを持つことが多かったような・・・

実はバッグに関しては私なりのこだわりがありまして(笑)こだわりというより遍歴と書くべきか・・・あほシャネラーを卒業してからマウロ・ゴベルナクロコダイルのバッグに走った時期がありました。

ただクロコのバッグって如何にもオバサン的で地味なのですよね、そして有閑マダムの定番スタイル「どうよ」的なあまり良いイメージがありませんでした(あくまでも私感ですのであしからず)

ところがゴベルナのクロコのバッグはさすがイタリア製、かしこまらずシンプルでお洒落~普段使いが似合う(今でも重宝しています)素敵なバッグが多くてついついお買い上げ~(今はもう買えませんけど 汗)

初めてお買い上げ~したゴベルナのバッグはシンプルなデザインが気に入ったのですが、まさかクロコダイルだとは思わず型押しか何かかなと。シャネルのバッグと同じような値段だったような記憶があります。

以前もシャネルやゴベルナは確かに高価でしたが、今ほどではなく「自分へのご褒美」感覚でお買い上げ~していました。まあどちらも長く使い重宝していますから私的には全く後悔はありません。

ひととおりやってしまうと物欲ってなくなっちゃうものなのですね(笑)今は、昔お買い上げ~したバッグをせっせと磨き愛用しています。シャネルもゴベルナも決して色褪せることなく装いの一端を担ってくれています。

なあんてちょこっとのつもりがまたまた長くなってしまいましたが、バッグに関しましては機会がありましたら紹介したいと思います。今は写真を撮る気力がありませんが近いうちに・・・


昨日は風邪をひいたのか?体調が悪くて1日中ベッドの中でした。睡眠不足も解消されたようで本日はかなり楽になりました。お見舞いの拍手コメントをたくさんいただきすみません。のんびりやっております。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
| Home |
↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Andrea Sannino Abbracciame 


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で13年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


ではではごゆっくりどうそ~

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂の前で

↘寄り道は ↓ からどうぞ ♪


↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 03/03  Top Page Etude Recent Article October~June 2019 「記事一覧2019.6~10」
  • 03/02  Etude Recent Article May~January 2019 「記事一覧2019.1~5」
  • 03/01  Etude Recent Article December~September 2018 「記事一覧2018.9~」     
  • 10/14  オクシズ 秋澄む里山の風景 奥藁科の里 ー静岡市葵区大川地区ー
  • 10/13  奥藁科の里 大川地区 坂の上の耳地蔵さん & 台風19号の被害はありませんでした
  • 10/12  イタリア便り 姪たちの果樹園がある村を歩く 2 &  イタリア旅行の準備あれこれ
  • 10/11  Nostalgia 北米・欧州放浪記 -北米編ー アメリカ・ニューヨーク & 旅の記憶
  • 10/10  見下ろせば里は稲刈る日和かな 正岡子規  里山の秋 ー静岡市葵区大川地区ー
  • 10/09  オクシズ 大川地区のそばの花見まつり ー静岡市葵区奥藁科ー & 今朝も糞害に憤慨!!
  • 10/08  オクシズ 茶畑と稲掛けのある風景そして重なる秋 ー静岡市葵区水見色ー
  • 10/07  イタリア便り 姪たちの果樹園がある村を歩く 1 & イタリア旅行 オプショナルツアー
  • 10/06  ロシア旅行記 滞在最後の日 モスクワ・シェレメチョヴォ空港そして帰国
  • 10/05  2019.10.5 朝景 静岡大橋から仰ぐ富士山のシルエットと焼けなかった空 ー静岡市駿河区ー
  • 10/04  Nostalgia 北米・欧州放浪記 -北米編ー カナダからアメリカへ & 2019.10.2 朝景
  • 10/03  歩きつづける彼岸花咲きつづける 種田山頭火 高山市民の森にてー静岡市葵区水見色ー

  • ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    Material

    薔薇素材をお借りしています
    ↘ Mako's ↘

    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →