FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2018/10/31
ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿の展示品 & Война и мир「 戦争と平和」
2016年2月25日から3月2日のロシアツアー旅行にひとり参加しました

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


現在は旅行2日目を更新していますが本日はエカテリーナ宮殿の展示品を・・・


20181030-1.jpg

たぶんピョートル大帝の娘

エリザヴェータ女帝の衣装だと思いますが・・・



20181030-2.jpg

ドレスはレプリカとのことです



20181030-3.jpg

琥珀で作られた小箱(宝石箱)でしょうか



20181030-4.jpg

調度品のミニチュア



20181030-5.jpg

ロシア最後の皇帝ニコライ二世と



皇后アレクサンドラの肖像画

20181030-6.jpg
2016.2.26 ロシア・サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿にて撮影


随分長い間この壮麗華美なエカテリーナ宮殿で引っ張りましたが(汗)やっとこれで終わりです。写真は未だ残っているのですが、ここは何処を撮ったの?というものですのでまた機会を見てアップしたいと思います。

さて女帝たちの肖像画を見ますとどうも羽織っているケープの縁取りが豪華な毛皮のようでした。

その昔、毛皮は富と権力の証しのような存在であり、王侯貴族しか纏うことが許されなかった時代があったと記憶しています(西洋史と毛皮好きなのでちょっとだけ詳しいです 笑)

モスクワのトレチャコフ美術館だったと思いますが、毛皮(多分ロシアンセーブル)をあしらった皇帝か女帝の王冠がありました。あまりの美しさに暫くその場を離れることが出来ませんでした。

帝政ロシアの女帝たちは帝国の華やかな時代を華麗に生きたのだなあと思う反面、当時の貧しい庶民たちはどのような生活を送ってたのだろうと複雑な心境でした。

特にエリザヴェータ女帝は美人でお洒落好き、一度着たドレスは二度と袖を通さなかったというような女性だったようです。贅を尽くしたエカテリーナ宮殿はそんな女帝の命により建設されたのでした。



Война и мир 「戦争と平和」


こんな動画が見つかりました、トルストイの「戦争と平和」の映画化作品でおそらく日本未公開だと思います。流れている曲は有名なハチャトゥリアンの組曲「仮面舞踏会」です。

ロケにエカテリーナ宮殿が使われたかどうかはわかりませんが当時の貴族たちの舞踏会の雰囲気だけでもどうぞ。

因みに「戦争と平和」の舞台はナポレオン戦争(ロシア遠征)の時代、アレクサンドル1世が皇帝の時です。アレクサンドル1世はナポレオンに打ち勝った名君と呼ばれているそうですが・・・

3枚目の調度品のミニチュア写真に写っている肖像画の方がアレクサンドル1世です。エカテリーナ2世の孫でかなりの美男子だったようです、女帝はハンサムな彼を溺愛していたとか。

エカテリーナ女帝は自分の息子でもあるパーヴェル1世(女帝好みのハンサムではなかったようです)よりも孫のアレクサンドル1世に皇位を継承させたいと画策中に没し、結局パーヴェル1世が後を継ぎました。

パーヴェル1世の即位から5年後、貴族たちのクーデターによりパーヴェル1世はベッドの上で暗殺されてしまいます。そして帝位に就いたのがアレクサンドル1世でした・・・と前置きはこの辺りまでにしておきますね。

※お手数ですが右上のプレイヤーでBGMを止めてくださいませ






Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/29
ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 The State Blue Drawing Room & 旅の服装
2016年2月25日から3月2日のロシアツアー旅行にひとり参加しました

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


現在は旅行2日目 エカテリーナ宮殿内を更新中ですが本日はThe State Blue Drawing Roomを・・・


20181028-1.jpg



20181028-2.jpg



20181028-4.jpg



20181028-3.jpg



20181028-5.jpg
2016.2.26 ロシアサンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿にて撮影


ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg

写っているおばさんは無視してくださいね~


The State Blue Drawing Roomは白地に青い花が咲き誇る壁や天井画がとてもエレガントで美しい部屋でした。Blue Drawingは青い花の壁のことを指しているのでしょうか・・・



ここからは旅行中の服装について思い出したことをちょっと書いておきます。

ロシアはさぞかし寒いだろうなあと○ニクロの極暖ヒートテックを沢山持っていきましたが、予想に反して暖かく着ていたものを1枚づつ脱いでゆく結果になりました。

以前書いたかもしれませんが、行きの飛行機アエロフロートの機内が異常に暖かく(というか暑く)トイレに行ってはインナーを脱いでいましたが、旅行中もそんな感じでした(笑)

事前に調べた情報によりますと2月のサンクトペテルブルグは最高気温ー2℃、最低気温ー10℃とのことでしたが、旅行中は2℃位ではなかったかと思います。

極暖ヒートテックを2枚重ねてチュニック、パンツ、カーディガンを手持ちして帽子、手袋、ロングブーツ、そしてモンクレールのロングダウンコートという服装でしたが、途中で暑くなり汗をかきました。

ほとんどがバスの中または室内ですから極暖ヒートテック2枚重ねは暑いわけです。結局旅行中は極暖ヒートテック1枚、又は普通のヒートテック1枚の上にチュニックやワンピースで充分でした。

それでも広い宮殿の中や美術館を歩いていると暑くなります。北欧もそうでしたが、寒いと言われている国は室内では大概セントラルヒーティングが効いていて暖かいという印象です。

ただ、室内と室外の温度差が激しいので、身体が吃驚してしまいます(笑) 室外では勿論厚手のコート、手袋、帽子は必需品です。私はミンクのニット帽を持って行きましたがこれが意外と嵩張らず良かったです。

あまりお勧めは出来ませんが・・・ニット帽に防水スプレーをたっぷりかけてゆきましたのでちょっとした雪は帽子で防げましたし、やはり一応毛皮ですから耳まですぽっと覆うととても暖かくて重宝しました。

またダウンコートのモンクレが優秀なのか?よくわかりませんが、旅行中ほとんどジッパーを閉めることなくあけっぱで歩いていました。モンクレは何枚かありますが着ていったダウンが一番丈が長くて暖かいです。

因みにモンクレール、タトラス、ヘルノ これらのダウンの中でやはりモンクレがダントツに暖かいように思います。タトラスも暖かいですがモンクレには負けますしヘルノはどちらかと言うと春先のお洒落用に着ています。

・・・でもう一枚の自分が入った証拠写真?です(海外旅行時私が写っている写真はこれとプロフで使用している2011年中欧旅行時ハンガリー・ブダペストの聖イシュトバン大聖堂の前で撮っていただいた2枚のみ)


20181028-500.jpg


サンクトペテルブルグ最終日、現地ガイドのナターリャさんとお別れする前にホテルの中で添乗員さんに撮影していただきました。美人のナターリャさんの横であまりにも醜いので顔の部分にモザイクをかけました。

↑でど~んと顔出ししちゃってますからそのままでも良かったのですが、ロシア美人のナターリャさんの横で平たい顔の民族代表であるような己の顔があまりにも悲しくて・・・(涙)

身長170cmのナターリャさんと並ぶとさすがに態度のデカい私もそれなりに・・・(因みに私の身長は163cmですが最近少し縮んだような 汗)撮っていただく前にダウンのジッパーは閉じました~

モンクレールのこのシンプルなロングダウンはミンクのロングコート同様寒い時にかなり活躍していますが、当地では着ていると暑くなり汗~になることも多いです。フード付きですがフードは取り外していることが多いかな。

寒い所から帰ってきていますからダウンがかなり膨らんでいます(というのは言い訳で)この頃は少し肥えていました。あれ?前髪もぱっつんだったようですねえ(笑)現在前髪は伸びてワンレングスです。

持っているのはエルミタージュ美術館でお買い上げ~したレンブラント「ダナエ」の複製画です。「ダナエ」は私の憧れでずっとこの絵が見たくて、今回のロシア旅行はそれで参加したと言っても過言ではありません。

ところでナターリャさんのミンクのロングコート姿がさり気なくお洒落~でとても素敵だったので、帰国後ファーの着こなしの見本にさせていただきましたが、さすがにこうは着こなせませんねえ・・・

実はこの旅行ではデンマーク・コペンハーゲンでお買い上げ~したミンクのロングコートを着てゆく予定でした。ところが旅行前に添乗員さんから電話があり服装の事を訊ねたのですが毛皮は着て行かない方が良いとのこと

おそらく入国や出国時の面倒な手続き(PC持込みをしたのですがそれも前年までは申請が必要だったそうです)とかかなあと思うのですが、それ以外にもスリに狙われたり犯罪に巻き込まれたりということでしょうか。

旅の最終日、モスクワの大型ショッピングセンターでお土産を買いながらちょこっと毛皮店も見ましたが、実用的なファーが多くてちょっと違うなあという印象でした(試着もしましたが大きくて重かったー 笑)

と毎度の如くかなり脱線しましたが、低体温(35℃台前半ですが免疫不全もなく元気で~す)の私がこの旅の間は本当に暑くて熱でもあるのかしらんと思ったほどでした。暖冬だったのかもしれません・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/27
登呂「もちの家」 築200年の奥会津の農家を移築した古民家喫茶 -静岡市駿河区ー
一昨日アップした静岡市駿河区にある登呂「もちの家」ですが

本日は撮影させていただいた古民家の中を少しだけ・・・(といいながら14枚あります 笑)


20181026-1.jpg

登呂「もちの家」外観



20181026-2.jpg

安倍川もちと煎茶 これぞ静岡!!(笑)



20181026-3.jpg

店内を少し見せていただきました



20181026-4.jpg

囲炉裏の上はこんな感じ



20181026-5.jpg

奥座敷 

初めて来た時はこの床の間の前席でした



20181026-6.jpg

階段を上がります



20181026-7.jpg

二階はこんな感じ・・・



20181026-8.jpg

混雑するとここもいっぱいになるそうです



20181026-9.jpg

天井を見上げてみました



20181026-10.jpg

茶摘み籠



20181026-11.jpg

西園寺公望公遺品の衝立



20181026-12.jpg

一階に戻ってきました・・・



20181026-13.jpg

一階奥に飾ってあった達磨さん



20181026-14.jpg
2018.9.12 静岡市駿河区登呂 登呂「もちの家」にて撮影


「200年前の古民家でいただく蕎麦と安倍川もち」はこちらからどうぞ






プロフをちょこっと変更


サイドバーのプロフ欄に写真 ↓ を追加しました。 

 
旅行時ほとんど自撮りしない私の唯一の「間違いなく行ってきたよーの証拠写真」です。「2011年中欧4カ国旅行」ハンガリー・ブダペストの聖イシュトバン大聖堂の前で添乗員さんに撮影していただきました。

何を血迷ったのかこの時は添乗員さんからの「ルシアンさん、撮影しましょうか」の言葉にカメラを渡しました。海外旅行時の写真で私が写っているのはこれとロシアで撮影していただいたガイドさんとのTwo-Shotだけ(笑)

この時は(2016年のロシア旅行時も)勤続●●年祝の休暇と会社から支給された旅行券を使っての旅でしたので、もしかしたら後から証拠写真を求められるかも?と1枚だけ撮っていただいたのかもしれません。

毛皮の帽子にダウンコートで着ぶくれて足元はロングブーツという完全武装でしたがこの時も2月の厳冬期でしたので寒かったです。自由行動になるとひたすらひとり街中に繰り出して歩き回り身体を温めていた記憶が・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

yum-yum | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/25
登呂「もちの家」 200年前の古民家でいただく蕎麦と安倍川もち ー静岡市駿河区ー
本日も食べログです~

9月中頃に行った登呂「もちの家」 写真が多いので2回に分けてアップします

今日はお店の外観といただいた「うす定食」をどうぞ ♪


20181024-1.jpg

登呂「もちの家」は

登呂遺跡のある登呂公園の前にあります



20181024-2.jpg

建物は200年前の奥会津の農家を移築したのだとか



20181024-3.jpg

以前一度来たことがありましたが

その時は混雑していて撮影出来ませんでした

今回は撮影許可をいただいて撮影しています



20181024-4.jpg

入口付近 安倍川もちを売っています



20181024-5.jpg

店内奥から 

囲炉裏がありますがこの右側がテーブル席です



20181024-6.jpg

注文したのはお店の方お薦めの「うす定食」 



20181024-7.jpg

お蕎麦と栗おこわのセットです



20181024-8.jpg

ちょっとした煮物もついて1200円



20181024-9.jpg

食後に出てくる安倍川もち

つきたてのおもちが美味しかったです



20181024-10.jpg
2018.9.12 静岡市駿河区登呂(とろ) 登呂「もちの家」にて撮影


この日もお昼過ぎに行きましたので食べ終わった頃にはお客様が誰もいなくなり私たちだけに・・・

お店の方に撮影許可をいただいてちょこちょこ撮っていたのですがわざわざ誰もいない二階も点灯してくださいました(感謝デス) 一階、二階の店内の様子はまた次回






デカポメのセイラさんちょっと不調

一昨日、私がちょっと体調不良だったのですがどうもポメラニアンのセイラさんに伝染してしまったようで・・・

明け方、何だか匂うぞと目が覚めました。木雪サンは私のベッドで一緒に寝ているのですが、セイラさんはベッド脇のワンコハウス(クレート)をベッドにして寝ています。

で、セイラさんのハウスを覗くと強烈な匂い・・・下痢と嘔吐でべちゃべちゃになりながら吐いていました(滝汗)こんなことは初めてなので一瞬固まりました。

取り敢えずセイラさんを広い所に出してペットシーツの上で好きなだけ嘔吐させるしかなくて・・・その間べちゃべちゃになったクレートの中を掃除して敷いてあったクッションを洗濯してと大忙しでした。

昨日は夕方近くまで下痢が続いていたのですが本人は元気で、出してしまえばいつものように木雪サンと格闘しています(滝汗)それも夜には治まったようで今朝はなんともないようなのでほっとしました。

おかげで寝不足と気疲れでどっと疲れました(苦笑)が何が原因だったのだろう?木雪サンは何ともないので何か拾い食いをしたのか?家の中は気を付けているつもりなのですが・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

yum-yum | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/23
OMOCHA SHIZUOKA  静岡生まれの家族もカップルも楽しめるカフェ ー静岡市駿河区ー
久し振りの食べログです

実はこれ一カ月以上前 9月初めに行った時のものですが・・・


20181023-1.jpg

まだ暑い日のお昼過ぎに

OMOCHA SHIZUOKA 聖一色(ひじりいっしき)店へ



20181023-10.jpg

時間帯によっては待つようですが

少し時間を外して行ったので即入店できました



20181023-2.jpg

メインは和風パスタを選びました

平たい顔の民族はやはり和風が好き(笑)

写真を撮り忘れ崩した後でしたので

ちょっと乱れてしまいましたが・・・



20181023-3.jpg

食べ放題のサラダBARから

何故かフライドポテトが目の前にありますが

揚げたてが登場したのでついつい・・・



20181023-4.jpg

全てお箸でいただきました



20181023-5.jpg

確かこの時はプチトマトや青い野菜が高くて

ここぞとばかりどっさり運びました~

こういう時意地汚さが出ちゃうんですよね(滝汗)



20181023-6.jpg

焼き立てのピザBARもあり食べ放題です

同じ味のピザはどうも途中で飽きるのです

いろいろな種類の小さめのピザが嬉しい



20181023-7.jpg

パフェ作り放題

生クリームにフルーツ 白玉や大学芋 

アイスクリームやドリンクバーもありました



20181023-8.jpg

ファミリーにも嬉しいカフェのようです

この日も女性客ばかり(笑)

子供さん連れのお母さんたちが多かったです



20181023-9.jpg

メイン1品+食べ放題set

パスタorオムライス+ピザBAR+サラダBAR+パフェ作り放題 

1380円+税~



20181023-11.jpg
2018.9.5 静岡市駿河区聖一色 OMOCHA SHIZUOKA聖一色店にて撮影


OMOCHAという名前は、おもちゃが子供たちを仲良くするように、沢山の人をつなぐOMOCHA箱のようなレストランでありたいという願いからだそうです。

そしてこのOMOCHA箱にパスタ、ピザ、サラダ、アイス、デザート、ドリンクなど沢山のおいしい料理を詰め込んだのだとか。

パスタもピザもそしてデザートもと欲張りな私にはピッタリのお店でした(笑)特に焼き立てのピザは種類も多くて美味しかったですよ~次回はメインにオムライスもいいかもですね ♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

yum-yum | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/21
麻機遊水池の残り画像と動画  & お礼 ゲルマニウムラジオの記事について
麻機遊水池の残り画像です 同じような写真ばかりですが・・・


20181021-1.jpg



20181021-2.jpg



20181021-3.jpg
2018.10.16 静岡市葵区 麻機遊水池にて撮影


一週間「麻機遊水池」で引っ張りましたがどんだけ写真を撮ってるんだ?という話ですよね(笑) 実は毎回ボツ画像も含めて「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」式に100枚近くは撮影しているように思います(滝汗)

この中には個人情報ばっちりこんの写真(夫さんだったり単なる記録用だったり)も含みますが、兎に角多いです、同じアングルで何枚も撮影していますしオートで撮ったりちょこっとマニュアルで撮ったり・・・

それで毎回写真整理が追いつかないというかどこまでアップしたのかわからなくなっちゃいまして、記事の中に同じような写真がずらずらと並んでしまうことが多いです、ごめんなさい。

今回はちょこっとボツ画像も含めて動画にしてみました。動画と言っても写真を流しているだけなのですが、簡単でありながら作り方を忘れてしまい結構時間が掛かってしまいました。

出来上がった動画は改良の余地が多々ありますが・・・キリがないので今回はこれでYouTubeにアップしちゃいました。今後もこんな動画を作成をしてもいいかなあと思っております。

全画面でも耐えられるように?HDで作成していますがどんなもんやら(あせっ)下手くそーとかの感想でもいただけますと嬉しいですし今後の励みになります。お時間のある方は見ていってくださいね~


※お手数ですが右上のプレイヤーでBGMを止めてからご覧くださいませ






お礼 ゲルマニウムラジオの記事について

昨日20日の記事の中でゲルマニウムラジオについて触れましたら、多くの方からコメントをいただきました。

ご自身やご兄弟がやはり子供の頃このゲルマニウムラジオを作ったというコメントを沢山いただきました、ありがとうございます。

私は高校時代の物理の授業の中で「ラジオが鳴ったら合格~」とかいう先生の言葉に必死こいて作った覚えがありますが、確かその時はキットがあってそれを使いました。

夫さんのように廃物利用?ではなくてキットですからただ組み立てるだけでしたが、それでも楽しかった記憶があります。何しろ女子校でしたからきゃあきゃあとそれはそれは賑やかな授業だったなあと(笑)

皆さまからも楽しい想い出をいただきましたが、おひとりおひとりにいただいたコメントに対するお返事が出来ませんので、こちらでお礼を書かせていただきました。ありがとうございました。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/20
野分痕の倒れた木々 麻機遊水池にて -静岡市葵区ー & ゲルマニウムラジオ
今週は静岡市葵区にある麻機遊水池をお送りしてきましたがいよいよ最終日です

台風の爪痕でしょうか 倒れた木や少し荒れ気味の麻機遊水池の様子をどうそ・・・


20181020-1.jpg

伸びた下草と木々で鬱蒼としていました



20181020-2.jpg

所々倒れた木が・・・



20181020-3.jpg

沼地なので土地が緩いのかもしれませんが・・・



20181020-4.jpg

途中から折れた木もありました



20181020-5.jpg

見上げれば秋の景色



20181020-6.jpg

これは何の実?



20181020-7.jpg

もう少し近寄ってみました



20181020-8.jpg

蜘蛛の巣に絡まった枯葉

空中を優雅に舞っていました



20181020-9.jpg

ところでこれは何でしょう?

ゲルマニウムラジオ(夫さん作)です



20181020-10.jpg


ゲルマニウムラジオって何?


還暦を迎えた方は子供の頃に鉱石のラジオ・ゲルマニウムラジオを作った思い出がおありでしょうか?

「奇跡的にわずかに聞こえたイヤホンの音を聞き興味を抱いた子供は、その後アマチュア無線の道に進んだり、電子工学の道を歩んだりしたようだ」とは夫さんの談。

夫さんが何故これに目覚めたのかは謎ですが、どういうわけかゲルマニウムラジオを作る羽目になったようです。

ゲルマダイオード、コイル、※バリコンさえあれば、空中にある電波を捉え、それを音に変えて立派なラジオとして通用するようですが、電源がいらないっ!!というところが驚きでした。

※バリコンとは可変蓄電器(バリアブルコンデンサー)、容量を変化させるのを目的につくられたコンデンサー

単純な私は「災害用にいいよねー」と思わず叫んじゃったのですが、「そう考える人は世の中の不思議に縁がない世界の住人だよね」と言われて ??? 

夫さんの言動は私にとって謎の部分が多々ありますが、私は深くは追求せず、夫さんは言いたい放題、やりたいようにやっていただいています。我が家はお互いにあまり干渉しないので何事もふ~んという感じ(笑)

ところでこの単純な鉱石ラジオの構成が現在の半導体技術を作り上げたのだそうです。

さて、ぼんくらだった(本人談)夫さんは感動することもなく電子工学の道に進むこともなく、ぼんくら人生を生きてきたと公言していますが、そのぼんくらさんが今頃何故鉱石ラジオに目覚めたのかは本人も説明不能だとか。

「得てしてもっともらしく言葉に出来るものほど怪しいものはないからね」とはこれまた夫さん談。

でこの日は遊水池の東屋でお昼を食べながらラジオ(NHKかな?)を聞いていました。お昼は夫さん手製のハム、チーズ、ゆで卵を挟んだ簡単ロールサンドでしたが毎度の如く美味しかったです~(笑)

そう言えば高校の物理の授業でラジオを組み立てした覚えがありますが、あれがゲルマニウムラジオだったのだろうか???



20181020-11.jpg2018.10.16 静岡市葵区 麻機遊水池(あさばたゆうすいち)にて撮影



麻機遊水池の記事をまとめました


麻機遊水池のセイタカアワダチソウ」はこちらからどうぞ ♪


「野路の秋 麻機遊水池のいきものたち」はこちらからどうぞ ♪


「ポメラニアンと散歩 麻機遊水池を歩く」はこちらからどうぞ ♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/19
ポメラニアンと散歩 秋曇の麻機遊水池(あさばたゆうすいち)を歩く -静岡市葵区ー
麻機遊水池(あさばたゆうすいち)の写真が続いておりますが

本日は我が家のポメラニアン木雪サンとセイラさんがちょこっと登場です・・・


20181019-1.jpg

この日はあいにくの曇り空

ここは広場になっているのですが

まだ地面がぬかるんでいました



20181019-2.jpg

移動するまえに咲いていた花を・・・



20181019-3.jpg

いつの間に近づいてきたと思ったら



20181019-4.jpg

セイラさん突然の乱入 @@



20181019-5.jpg

何かと忙しいおふたりさん



20181019-6.jpg

孤高の戦士木雪サン荒野をゆく?(笑)



20181019-7.jpg

セイラさんも今や立派な野生児です

胸毛がなかなか生えてこなくて・・・(涙)



20181019-8.jpg

「橋は苦手なの」 byこゆき



20181019-9.jpg
2018.10.16 静岡市葵区 麻機遊水池(あさばたゆうすいち)にて撮影



「野路の秋 麻機遊水池のいきものたち」はこちらからどうぞ ♪


「麻機遊水池のセイタカアワダチソウ」はこちらからどうぞ ♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/18
野路の秋 麻機遊水池のいきものたち ー静岡市葵区ー & Giovanni Marradi - Nostalgie
本日は麻機遊水池(あさばたゆうすいち)で見かけたいきものたちをどうぞ・・・


20181018-1.jpg



20181018-2.jpg



20181018-3.jpg



20181018-4.jpg



20181018-5.jpg



20181018-6.jpg



20181018-7.jpg



20181018-8.jpg
2018.10.16 静岡市葵区 麻機遊水池(あさばたゆうすいち)にて撮影



Giovanni Marradi - Nostalgie

ここからは秋色を音楽と共にをどうぞ ♪

※お手数ですが右上のプレイヤーでBGMを止めてくださいね





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/17
麻機遊水池(あさばたゆうすいち)のセイタカアワダチソウ ー静岡市葵区ー
昨日は久し振りに麻機遊水池をワンコ達と歩いてきました

あちらこちら黄色~!!の正体はセイダカアワダチソウでした・・・


20181017-1.jpg



20181017-2.jpg



20181017-3.jpg



20181017-4.jpg



20181017-5.jpg
2018.10.16 静岡市葵区 麻機遊水池にて撮影


セイタカアワダチソウはキク科の多年草で、北アメリカ原産の帰化植物(外来種)です。河原や土手、空き地に群生し、大きい物では3mを越す高さにまで成長するそうです。

秋頃に枝先に黄色い花を付けます。種子による繁殖のほか地下茎でも増えるため一か所に大群落を形成する場合が多く見られるとか・・・麻機遊水池でもあちらこちらに群生していました。

アレロパシーという他の植物の生長を阻害する物質を根から放出することでも有名で、長年群生している土地では土壌にアレロパシーが蓄積し植物が育ちにくい土壌になるそうです。



皆さまへ・・・お知らせとお詫び

昨日(16日)12時20分頃拍手コメントを下さった方がいらしたのですが、お名前がわかりません。もし差支えなかったらお名前をお知らせいただますと嬉しいです(以前神奈川県に住んでいらした方です)

昨日この麻機遊水池を少し歩いてきたのですが、帰宅後、頭が重くて喉も痛くなりまた風邪をぶり返したような感じです(汗)そんなわけで皆さまのところへは訪問のみせていただいております、すみません。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/15
拍手ページの写真 更にしつこく追加~今回は富士山とカワセミさんです
いつもたくさんの拍手をいただきましてありがとうございます

今まで拍手ページには富士山の写真が1枚だけありましたが

皆さまから「今日は富士山でした!!大当たり~♪」というコメントが・・・

やはり富士山は日本一の山 そして静岡県のシンボルでもある富士山!!

と言う事でまたまた調子こいて富士山の写真を追加しちゃいましたー(爆)

今回は富士山の写真4枚と初めて撮影したカワセミさんを追加です

って合計23ページになりましたが拍手ページってどれだけ追加できるのでしょうね?


20181015-1.jpg

2010年12月 静岡市葵区にある青笹山に登った時に稜線出会というところから撮影した富士山です。この日は空気が澄んでいたからでしょうか、くっきりと美しい富士山を見ることが出来ました。

最近山登り(否、私の場合は低山ハイキングです 汗)していませんねえ。夫さんはひとりで山に登っているのですが、私が一緒に行けるような山ではないので(南アルプス深南部とか冬山とか)同行は遠慮しています・・・



20181015-2.jpg

2013年3月 静岡県御殿場市 御殿場高原時之栖(ときのすみか)茶目湯殿 天空の湯から撮影した富士山です。この日は私の誕生日で友人夫妻が御殿場まで連れて行ってくれて誕生日を祝ってくれました。

天空の湯は小高い山にある露天風呂なのでお風呂に入りながら撮影しました~(笑)目の前に大きな富士山がど~んと迫ります。丁度東富士演習場で演習があったらしくて時折ど~んという音も・・・

一昨年、友人のご主人は不慮の事故で亡くなりました。同じ3月生まれの誰からも好かれたとても楽しい男性で、事故をTVのローカルニュースで知った時は信じられない思いでした。

安倍川の上流で釣りをしていて足を滑らせたのか?(事故原因は不明でした)流されてしまったのですが、今でも安倍川を見ると辛くなります・・・友人夫妻には一緒によく遊んでいただきました。



20181015-3.jpg

2017年11月 静岡市駿河区 安倍川に架かる静岡大橋から撮影した富士山です。

これからの季節は静岡市内からこんな景色を普通に見ることが出来るようになります。この静岡大橋が富士山のビューポイントだと知ったのは昨年のことでした、自転車で橋を渡った時何気に振り向いたら富士山がいるよーと。

もしかしたら上流を渡る新幹線や東海道線と一緒に撮ることも出来るかも~ですね。そういえば大きな望遠レンズ付カメラを持って歩いている人をこの橋で見かけたことがあります。

子供の頃、家の前は田んぼが広がり遮るものが何もなくて富士山が綺麗に見えたのですが、今はビルやマンションが建ってしまい残念ながら家の前から富士山を見ることは出来なくなりました(涙)



20181015-4.jpg

2018年2月 焼津市浜当目(はまとうめ)海岸から見た富士山です。

風が強い日で突堤の上を歩いていたら吹き飛ばされそうになり、危うく海に落ちるかという状態でした。突堤の先端から身体をぐっと乗り出さないと富士山が見えなかったので、テトラポットに手をついて撮影しました。

私にしてはよく頑張ったなあと(やればできるじゃんという感じですね 笑)



201801119-2.jpg

おまけ写真です。2018年1月、静岡市葵区にある麻機遊水池(あさばたゆうすいち)で初めて撮影したカワセミさん、かわいいです♪

巨大な望遠レンズ付カメラを三脚に設置していた男性にカワセミがいることを教えていただいて撮りました。手持ち撮影でしたのでまともに撮れていたのは2枚ほどでしたがそのうちの1枚です。


以上5枚の拍手ページを追加して合計23枚になりました。

これらの写真は拍手をしていただくとランダムに表示されます。なあんて拍手を強要しているわけではありませんが(え?笑)拍手していただくと嬉しいですし更にコメントをいただくと小躍りして喜びます~ ♪

今回で富士山の写真が合計5枚になりましたので富士山出現率が少しは高くなったでしょうか・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/14
ロシア旅行記 エカテリーナ宮殿 The Green Dining Room & The Waiters’ Room
2016年2月25日から3月2日のロシアツアー旅行にひとり参加しました

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


現在は旅行2日目 エカテリーナ宮殿内を更新中です


The Green Dining Room
グリーンダイニングルーム

20181014-1.jpg



20181014-2.jpg



20181014-3.jpg



The Waiters’ Room  
ウェイターズルーム

20181014-5.jpg



20181014-6.jpg



20181014-7.jpg
2016.2.26 ロシア・サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿にて撮影


ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg

写っているおばさんは無視してくださいね~
と書きつつ・・・何をとち狂ったのか?
現在はこの髪がしっかり茶髪というか金髪になっています~(爆)




ツアー旅行中のあれこれ

ツアー旅行の観光は基本、団体行動をとることになりますが群れが苦手な私は同じツアーの方たちとも群れたくなくて、常にガイドさんのすぐ後ろをひとりで歩いていました。

同じツアーの方たちはあちらこちらで立ち止まり、背景の中に自分たちを入れて写真を撮っていましたが、私は自分が”その美しい風景の中に入る”ということは滅多にありません。

過去一度だけ、中欧旅行時ブタペストの教会前でガイドさんに撮影していただきましたがその1枚だけです。この時も折角だから記念になるからと言われてそれじゃということで消極的にお願いしました(苦笑)

ツアー旅行時は添乗員さんやガイドさんがひとり参加の私に気を使い「写真を撮りましょうか」と声を掛けてくださいましたが、お願いすることはそれ以降ありませんでした。

ガイドさんの説明を聞きながら、”気になったところをひたすら撮影する”というのが私のツアー旅行時のスタイルです。その場所を見ても忘れっぽいから(汗)カメラのレンズを通して画像に焼き付けておくわけです。

不思議なことに随分時間が経ってからでも写真を見ると、どういう状況でどういう気持ちで撮影したのかふっと過去が蘇ってくることがあります。撮った事すら忘れている写真も多いのにね(笑)

それ故いつも「どこそこに行きました~」的な証拠写真はありません。何より美しい風景の中に自分が写っているというのは邪魔でしかないのですよね(美景に醜いモノは入れたくないです あせっ)

今回、歩きながら夢中で景色を撮っていると、同じツアーのひとり参加の女性が「あとからあなたも撮るからここで私を撮って」とカメラを差し出してきました。

私は「ごめんなさい、添乗員さんにお願いしてください」と断りました。他人のカメラで綺麗に撮る自信はありませんでしたし、私今撮影で忙しいしということで(苦笑)

こういうところが私の協調性のなさなのかもしれませんが、一度これをやってしまうと、何処へ行ってもやらなければならなくなりますし、たとえツアーであったとしてもひとりを楽しむ時間がなくなります。

相手の写真を撮る為に常に一緒に行動しなければならなくなる・・・というのが正直嫌なのです。ですから美術館等で団体行動からフリーの時間になった時などは、ひとりでどんどん皆さんから離れて歩きだしていました。

中欧旅行時、ひとり参加ということで旅慣れていると思われたらしくて、グループ参加の女性たちから「一緒に行動してください」と言われたことがありましたが、この時も心の中では「わっ、面倒くさっ」と思いました。

結局何処に行きたいという希望があるわけでもなく「連れて行ってください」という感じでしたので、見たかったブタペストのオペラ座を見てその後はカフェに行きたいという彼女たちとは別れて街中をひとり歩きました。

美術館や見知らぬ街をひとりで歩きゆっくり楽しみたいというのが私の本音です。ツアーと言えどもお金を払って参加しているのですから私なりの小さな贅沢気分を味わいたいと思うのです。

そんなこんなでこの旅行中も途中でカメラの充電池がなくなってしまうほど撮りまくっていたのですが、悲しい哉、綺麗に写っている写真が本当に少なくて・・・あれだけ撮ったのにねえという感じです(涙)

中でもまあいいかなあというものを選んでこちらのブログに更新しています。宮殿内はガイドさんの後について歩きながらであったり、ちょこっとだけ立ち止まって撮影という状況でしたのでボケ画像が多くてごめんなさい。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/13
広野海岸公園の釣り人たち -静岡市駿河区ー
連休最後の日は山から海へと足を延ばしました・・・


20181013-1.jpg

広野海岸公園  焼津市方面(西)を向いています



20181013-2.jpg

海岸では釣りをしている人たちが・・・



20181013-3.jpg

何が釣れるのかな?



20181013-4.jpg

しらす漁で有名な用宗漁港はすぐ近くです



20181013-5.jpg

大崩海岸が見えます・・・



↓ こちらは静岡市方面(東)です 

左端に富士山が見える筈だったのですが

残念ながらこの日は雲の中でした・・・


20181013-6.jpg
2018.10.8 静岡市駿河区広野海岸通 広野海岸公園にて撮影


8日は大川地区の別荘→龍珠院→広野海岸公園へ・・・

ワンコの木雪サンはいつも1箇所では満足しません(汗)

車の中で「次はどこ?どこ?どこ行くの?」と吠えて大騒ぎ

それでこの日は山を降りて海まで足を延ばしました


さすがに連休最終日 人が多くて・・・

長居は出来ませんでしたが2頭は満足したご様子

帰宅後 木雪サンとセイラさんは爆睡していました



富士山が見えた今年2月15日の記事「広野海岸公園を散歩」はこちらからどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/12
オクシズ 龍珠院(りゅうじゅいん)の大カヤ(カヤの木) -静岡市葵区栃沢ー
オクシズ 大川地区の栃沢にある龍珠院(りゅうじゅいん)大カヤカヤの木)です・・・


20181011-1.jpg



20181011-2.jpg



20181011-3.jpg



20181011-4.jpg



20181011-5.jpg



20181011-7.jpg



20181011-6.jpg



20181011-8a.jpg



20181011-9a.jpg



20181011-10.jpg



20181011-11.jpg
2018.10.8 静岡市葵区栃沢龍珠院にて撮影


ワンコ達を大川公民館裏の別荘で遊ばせた後、近くにある龍珠院(りゅうじゅいん)に立ち寄りました。

龍珠院(りゅうじゅいん)は曹洞宗の寺院ですが、山門の背後には樹高32m、幹周囲5.7m、推定樹齢300年以上の大カヤの木が立っています。

カヤの木は一山に一本と言われる木で現在は絶滅状態とのこと、成長が遅く伐採してから15年以上かかる貴重な名木で主に碁盤、将棋盤の最高峰として称賛されているそうです。

カヤの寿命は千年にも及び、樹高25m、幹周囲2mにもなるそうですが、この龍珠院のカヤはそれ以上ですから、大カヤと呼ばれているのでしょう。

カヤの木材はキメが細かく弾力があるため石を打っても痕が残らないとか、耐水性にも優れていて風呂桶などに使われ、戦時中は船底に使用するため供出されました。

独特の芳香があり、その実をあく抜きし炒ると濃厚な香りがすることから和製アーモンドと言われますが、手間が掛かります。夫さんはその実をせっせと拾いクッキーやパンに入れて焼いています。

カヤの実入りパンとクッキーを食しましたがう~ん、私的にはやはり少し油分が気になりました。クッキーは美味しかったのですがパンはちょっとべたっとした感じで・・・

そうそう夫さん、クッキーはさすがにオーブンを使っていますが、パンは以前ちょこっと紹介した庭に煉瓦で作った簡易窯で焼いていますので焼き上がり状態が日によって異なります。それで・・・だったのかも?

カヤの実も銀杏と同じく雄雌があり、実のなる雌は少ないそうです。また銀杏と同じように匂いがあります。油分が多い為拾っていると手がべたべたになります。

その実を加工したものが昔は山伏や修験者の栄養源だったと夫さんは言っています。いつの頃からか夫さんはこのカヤの実に魅入られ、この時期は実探しに忙しいようです。

今年は裏年らしくてあまり採れず、まだバケツ一杯ほどでしょうか。

因みに実から絞られるカヤ油は高級食用油なのだそうでかつては頭髪油、灯火用としても使われたそうです。また徳川家康はこのカヤ油で揚げた天ぷらを好んだとか・・・

以上夫さんから聞いた話を基にしてまとめましたが、私にはふ~んということばかりでした(笑)


「ポメラニアンと散歩 連休最後の日はオクシズの別荘へ」はこちらからどうぞ ♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/10/11
ポメラニアンと散歩 連休最後の日はオクシズの別荘へ -静岡市葵区大川地区ー
連休最後の日は藁科川上流にある大川地区へ行ってまいりました・・・


20181012-1.jpg

我が家の別荘です



20181012-2.jpg

うそぴょーん(爆) 

空き家のようでした



20181012-3.jpg

庭が広いのでワンコ達は大喜び



20181012-4.jpg

木雪サンは早速探索に出掛けます



20181012-5.jpg

夏日のような秋の日でしたが・・・



20181012-6.jpg

楽しかったようです



20181012-7.jpg

セイラさんも大喜び

ハゲちゃった背中に毛が生えてきました~



20181012-8.jpg

別荘だったのでしょうか・・・



20181012-9.jpg

環境は抜群ですが維持が大変そうです

近くにコンビニなんてありませんし(笑)



20181012-10.jpg

エントランスに大きなカマキリさん



20181012-11.jpg

カマキリさんも秋の装いですね



20181012-12.jpg

公民館の裏にあるのですが

柵も塀もなく入ることができました

どうぞお入りくださいと言わんばかり

いいのかなあ?と思いながら

ちょっと遊ばせていただきました

売地の看板が立っていましたが・・・



20181012-13.jpg
2018.10.8 静岡市葵区坂ノ上大川地区にて撮影


風邪を引いてずっと外出が出来なかったのですが

この日は久し振りにワンコ達と出掛けました

大川地区は藁科川(わらしながわ)の上流にある

オクシズと呼ばれている山間地域にあり

鎌倉時代 日本に茶やソバを伝えたとされる

聖一国師(しょういちこくし)の生誕地です


一昨年 夫さんはこの近くの蕎麦畑を耕して

種を植え収穫 最後に公民館で蕎麦を打つ

という講座に参加していました


蕎麦打ちの日丁度イタリアから帰国していた

義姉と姪夫婦が飛び入り参加して楽しみました


手打ち蕎麦はなかなか美味しかったです~

私は蕎麦畑の写真を撮って食したのみ(笑)


蕎麦の花が満開を迎えていたと思いますが

ワンコ達が暑さで少しバテ気味でしたので

見ることなく帰りました ちょっと残念(涙)


2016年9月に撮影した蕎麦畑と蕎麦の花の写真

「オクシズの秋 坂ノ上の蕎麦畑」はこちらからどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします



毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

拍手コメントをご利用くださいませ

また折角拍手コメントを戴きながら

お返事が出来ず申し訳ございません


ちょっこっと寄り道してゆきませんか

寄り道はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
| Home |
↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Andrea Sannino Abbracciame 


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で13年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


ではではごゆっくりどうそ~

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂の前で

↘寄り道は ↓ からどうぞ ♪


↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 03/03  Top Page Etude Recent Article October~June 2019 「記事一覧2019.6~10」
  • 03/02  Etude Recent Article May~January 2019 「記事一覧2019.1~5」
  • 03/01  Etude Recent Article December~September 2018 「記事一覧2018.9~」     
  • 10/14  オクシズ 秋澄む里山の風景 奥藁科の里 ー静岡市葵区大川地区ー
  • 10/13  奥藁科の里 大川地区 坂の上の耳地蔵さん & 台風19号の被害はありませんでした
  • 10/12  イタリア便り 姪たちの果樹園がある村を歩く 2 &  イタリア旅行の準備あれこれ
  • 10/11  Nostalgia 北米・欧州放浪記 -北米編ー アメリカ・ニューヨーク & 旅の記憶
  • 10/10  見下ろせば里は稲刈る日和かな 正岡子規  里山の秋 ー静岡市葵区大川地区ー
  • 10/09  オクシズ 大川地区のそばの花見まつり ー静岡市葵区奥藁科ー & 今朝も糞害に憤慨!!
  • 10/08  オクシズ 茶畑と稲掛けのある風景そして重なる秋 ー静岡市葵区水見色ー
  • 10/07  イタリア便り 姪たちの果樹園がある村を歩く 1 & イタリア旅行 オプショナルツアー
  • 10/06  ロシア旅行記 滞在最後の日 モスクワ・シェレメチョヴォ空港そして帰国
  • 10/05  2019.10.5 朝景 静岡大橋から仰ぐ富士山のシルエットと焼けなかった空 ー静岡市駿河区ー
  • 10/04  Nostalgia 北米・欧州放浪記 -北米編ー カナダからアメリカへ & 2019.10.2 朝景
  • 10/03  歩きつづける彼岸花咲きつづける 種田山頭火 高山市民の森にてー静岡市葵区水見色ー

  • ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    Material

    薔薇素材をお借りしています
    ↘ Mako's ↘

    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →