FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2018/06/29
イタリア便り 国立公園にある小さな村で 3 & 君子危うきに近寄らず?
2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです・・・


20180629-1.jpg


20180629-2.jpg


20180629-3.jpg


20180629-4.jpg


20180629-5.jpg


前回に引き続き 夫たちが滞在した

ローマから60㎞ほどのところにある国立公園にある村で





君子危うきに近寄らず?

雨降りの日が続いたり私の体調がイマイチだったりして

家でワンコ達と引き籠り生活をしています(笑)


6月初めに迎えたポメラニアンのブリーダー引退犬

セイラさんはどうやらまったり系の子のようですが

活発な木雪サンは日々ストレスが溜まるようです


リード付き散歩が気に入らないとはいえ外を歩く

喜びは木雪サンにはそれ以上のものなのでしょう

ところが連日の雨続きでそれすらも出来ないので

家の中でなんとかストレス発散をするしかないっ


セイラさんとは体長や体高が同じくらいですので

木雪サン 遊び相手に丁度良いと思っているらしくて

何かとちょっかいを出して挑発しています(笑)


ところがセイラさんは「君子危うきに近寄らず」でして

木雪サンの「遊んで」攻撃をさらっとかわしています

それでも何回かうーうーがーがーやっていましたが

すっと逃げてゆくので木雪サンはいつも肩すかし?


そもそも木雪さんからは距離を置いているのが賢い

私の右側がセイラさん左側が木雪サンの定位置です


君子のセイラさんはやっと我が家に慣れてきたのかな

甘えたり拗ねたりして表情が生き生きとしてきました♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/28
夕間暮れの城北公園 -静岡市葵区ー
昨日に引き続き静岡市葵区の城北公園です・・・


20180628-1.jpg



20180628-2.jpg



20180628-3.jpg



20180628-4.jpg



20180628-5.jpg



20180628-6.jpg



20180628-7.jpg



20180628-8.jpg
2018.6.25 静岡市葵区 城北公園にて撮影


城北公園のシンボルでもある花時計

4月末になんじゃもんじゃを見た時には

残念ながら雑草が生えていましたが

今回は綺麗に整備されていました

そのなんじゃもんじゃは葉が生い茂り

季節外れの藤棚も鬱蒼としていました


セイラさんのリードを引きながらでしたので

いつものように写真が撮れませんでしたが

時々座り込むセイラさんと一緒にゆっくり

公園内を散歩した夕間暮れでした




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/27
逆さづりのカラスと水辺の光景 ー静岡市葵区 城北公園ー
25日の夕方訪れた静岡市葵区の城北公園で見た不思議な光景・・・


20180627-1.jpg

池の前に何か黑いモノが

吊るされています・・なんでしょ?



20180627-2.jpg

逆さづりのカラスでした 

ナマ(笑)ではなくプラスチック製です



20180627-3.jpg

こちらの池でも吊るされたカラスと

賑やかな蛍光色のぴらぴら



20180627-4.jpg

カモの親子を守るためのもの?

元気よく泳ぎ回る子ガモを追いかけて

お母さんは大変です



20180627-5.jpg

ここにも鳥さん・・・



20180627-6.jpg

正体はコレ ↑



20180627-7.jpg

池の周囲は

夕涼みのお年寄りでいっぱい



20180627-8.jpg
2018.6.25 静岡市葵区 城北公園にて撮影


この日は木雪サンとセイラさんを連れて散歩しました

池の中では子ガモたちが元気よく泳ぎ回っていて

追いかけるお母さんは大変そう・・・


池のまわりが妙に賑やかで(ぴらぴら紙が舞ってるし)

何やら黒いものが?と思ったらカラスの逆さづりでした

あまりにもリアルなので怖いもの見たさで触ってみました

なんとプラスチック製のカラス君!!


カモの親子をカラスから守るためのもの?

カラスの疑似公開処刑みたいなものなのでしょうか

(近寄るとこういう目に遭うよ~的な? 笑)



※ちょこっとまたブログのテンプレートを変更しました

どうしても1記事あたりの写真投稿枚数が多くなり

自分のページがなかなか開かないことがあります

そんなわけで以前のように1ページ1記事に戻しました

さらにトップは更新記録のページにしました

本当はテンプレートのHTMLの中に

書き込みたかったのですが上手くいかなくて・・・

取り敢えず最近記事にRSSを貼りつけました

その場しのぎの突貫工事ではありますが(苦笑)

不具合がありましたら教えてくださいませ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(6) | Page top↑
↘
2018/06/24
ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿大広間
週末のロシア旅行記です

2016年2月25日から3月2日のロシアツアー旅行にひとり参加しました

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


20180624-1.jpg

長さ47m 幅17m!!

エカテリーナ宮殿大広間です



20180624-2.jpg

窓の外は雪景色ですが

宮殿内は暖房が効いていました



ここからは美しい天井画をどうぞ

20180624-3.jpg



20180624-4.jpg



20180624-5.jpg



20180624-6.jpg
2016.2.26 ロシア サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿にて撮影



中央階段を上がると大広間が広がります

長さ47m 幅17m 見上げれば天井画・・・


江戸時代ロシア領アリューシャン列島に漂着した

船乗り大黒屋光太夫が帰国の許可を得る為 

当時の首都であったサンクトペテルブルグに向かい

エカテリーナ2世に謁見したのがこの豪華な大広間です

その後念願は叶えられ漂着から10年を経た1792年

根室に帰還したのだそうです

井上靖の小説「おろしや国酔夢譚」に彼の生涯が

描かれています 興味のある方はどうぞ


1枚目の写真にガイドさんの後ろ姿が写っています

ラストの写真でこちらを向いて写っているのが

ロシア美人のガイドさん ナターリャさんです


大広間の天井画ですがほんのごく一部です

天井一面に描かれていた為撮りきれませんでした

ずっと見上げていたので首が痛くなった記憶が・・・


現在使用しているコンデジでしたら

もう少し美しく撮ることができたかも 残念です(涙)



ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg

写っているおばさんは無視してくださいね~



最近はあまり訪れなくなりましたが・・・

以前はよく夫さんと神社仏閣に出掛けていました

夫さんと私両方の病身の母親を抱えていた頃です

私たち夫婦は神頼みも鰯の信心もありませんが(笑)

当時はきっと心を休める場所が欲しかったのでしょう




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(20) | Page top↑
↘
2018/06/23
イタリア便り 国立公園にある小さな村で 2 & デンマーク発ミステリー「特捜部Q」
2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです・・・


20180623-1.jpg



20180623-2.jpg



20180623-3.jpg


ローマから60㎞ほどのところにある

国立公園にある村で


夫たちはここで冷たいアプチーノと

イタリア定番の甘く大きなクロワッサンを

いただいたようです・・






デンマーク発ミステリー「特捜部Q

イタリア便りとは全く関係がありませんが・・・

最近北欧ミステリー小説を読み散らかしています

デンマーク発のミステリー「特捜部Q」シリーズが

面白くてお気に入りです

過去書籍で何冊か読んでいたのですが

今はKindle板で・・翻訳本は全て読んでしまいました


北欧特有の?陰惨な事件を払拭させてくれるような

ユニークで濃いキャラを持つ登場人物達が愛おしく

その軽妙なやりとりに笑い救われています


「世界一幸せな国」と言われるデンマークの闇を

鋭く描いているのも興味深いです

ついつい一気読みしてしまうのが玉に傷ですが(笑)


さて次は・・・と

面白そうなミステリー小説に軒並み手を出してしまい

続きが気になって眠れなくなり寝不足の日々です


書店に行かなくても即ダウンロード出来る手軽さが

次から次へとクリックしてしまう原因かもしれせんね


そうそう「特捜部Q」は映画化もされていたようでして

こちらもAmazon primeで観ましたがなかなかでした


本を読んだ後に映画を観るとがっかりすることが多く

「観なければよかった」と思うことが多々ありますが

このシリーズは映画版もよく描かれていたと思います


本からイメージしていた頑固かつ癖のある主人公が

意外とハンサムな俳優だったのも良かったのかも


何よりもコペンハーゲン警察が舞台なので

街の風景にぐっと引き寄せられてしまったのかな~(笑)


20180623b.jpg



20180623a.jpg


私が観たのはこの二作品です

興味のある方は是非ご覧くださいね~♪




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/22
Memory 想い出のアルバム ジャカランダを愛でる会 「揚琴(ようきん)の調べ」
本日は2010年6月11日開催の「ジャカランダを愛でる会」から・・・


20170612.jpg


ジャカランダを愛でる会」とは・・・

宝泰寺の中庭にあるジャカランダが満開になる

6月初旬から中旬にかけてライトアップされた

ジャカランダを眺めながら客殿での趣向を

凝らした様々なコンサートを楽しむ会です


始まる前に撮影した宝泰寺ジャカランダはSlide Showでどうぞ






※2012年6月15日に撮影したものも一緒にSlide Showにしています


以下は別ブログに当時書いた記事より転載です


この日のコンサートは元女子十二楽坊メンバー

マー・ジンジンさんによる揚琴(ようきん)の

演奏会でした


初めて聴く揚琴の調べはとても明るく開放的な

音色でした


それにしても間近で見るマー・ジンジンさんの

麗しいことと言ったら・・・


「才色兼備」とはまさに彼女のような方のことを

言うのでしょう 


プログラム

菊花台 (きっかだい)

鳳凰が飛ぶ

相愛己無(そうあいいむ)

涙そうそう(なだそうそう)

真夏の果実

七拍(ななはく)

歳月

白鳥 サンサーンス

アフリカ

大草原

川の流れのように

将軍令(しょうぐんれい)

染付の花瓶


今回は残念ながらご本人の撮影は禁止でしたので

楽器のみどうぞ ↓


20180622-1.jpg
客殿でのコンサート前に撮影 


20180622-2.jpg
初めて見た揚琴 日本の琴とは随分形が異なります


20180622-3.jpg
弦の数は144本 二本の竹のバチで叩いて演奏します



ここからは2009年6月13日熱海で撮影した

ジャカランダのSlide Showをどうぞ





「ジャカランダを愛でる会」は飛び飛びの更新に

なってしまいましたが今回で終了です


毎年花が満開を迎えるころを見計らって

様々な催しを企画されていた宝泰寺さん


併設のホール(サールナートホール)担当の

若いスタッフの方が企画されるそうですが

毎回趣向を凝らした催しがとても楽しみでした

2013年以降はご無沙汰になってしまいました


本殿の建て替え工事により昨年と今年は中止に

なってしまいましたが来年は絶対にこの美しい

青紫の貴婦人に逢いにゆきたいと思っております




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新しています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像をクリックしてご覧ください










Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/20
家族が増えました♪ ~ はじめまして ホワイトポメラニアンのセイラです~
ホワイトポメラニアンのセイラさんが我が家の一員に加わりました・・・


20180620-1.jpg

はじめまして~セイラです



20180620-2.jpg

お迎えに行った日

八尾市の公園でちょこっと撮影



20180620-3.jpg
実はセイラちゃんは

我が家のすーちゃん(スワン)の妹

なのです



20180620-4.jpg

なんとなく目元が似ているような?

でも大きさは・・・



20180620-5.jpg

最近はこうして木雪サンと一緒に

散歩しています 右側が木雪サン



20180620-6.jpg
2018.6.18 静岡市駿河区 散歩の途中に撮影


ここのところ多忙だった理由のひとつが
セイラちゃんをお迎えしたことでした

セイラちゃんはブリーダー引退犬です
2013年1月4日生まれの5歳の女の子
わけあって赤ちゃんは生まなかったようです

実はお迎えする予定は全くなかったのですが
たまたまセイラちゃんのブリーダーさんが
里親募集をしていることを知りまして・・・

よくよく聞いてみるとすーちゃんの妹とのこと
これも縁かなあと思いお迎えすることにしました

我が家の一番小さなお姫様すーちゃんは
本当に小さくて1㎏あるかないかです

ところが妹のセイラちゃんは兎に角重い・・・
実は大阪の八尾市までお迎えにいったのですが
キャリーバッグがぐっと肩に食い込みました(笑)

帰宅して体重を測ると5㎏強ありました
ちょっと太りすぎだよねとただ今ダイエット中

一度どっと毛が抜けてしまったらしくて
現在少しづつ毛量増殖中?なのだとか

もしかしたらそれで里親さんがなかなか決まらなかったのかも・・・

大切な胸毛がないのが少し寂しいですが
完全に毛量が戻るまで数か月かかりそうです

セイラちゃんは散歩に行ったことがなかったのか
最初の頃はほとんど外を歩けませんでしたが

今は運動能力の高い木雪サンと一緒に
頑張って歩いたり走ったりしています

木雪サンは引っ張るセイラさんは座り込むで
朝晩大変な散歩ですが(笑)楽しんでいます

無理をしない程度に少しづつダイエットさせて
適正体重に戻したいと思っています


セイラちゃんは血統書では毛色はクリームに
なっていますがほとんどホワイトです

むしろ血統書上ホワイトになっている木雪サンの方
がクリームと言うかアイボリー色のような・・・

それから血統書の名前がセイランでしたので
セイラと我が家では呼んでいます




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(16) | Page top↑
↘
2018/06/19
Memory 想い出のアルバム ジャカランダを愛でる会 「平家の公達 平経正と青山の琵琶」
前回に引き続き2008年6月11日に開催された「ジャカランダを愛でる会」から・・・


20080611-1.jpg


前回と同じような写真ですが・・・

夕方と夜撮影したジャカランダ

↓Slide Showでどうぞ





ジャカランダを愛でる会」とは・・・

宝泰寺の中庭にあるジャカランダが満開になる
6月初旬から中旬にかけてライトアップされた
ジャカランダを眺めながら客殿での趣向を
凝らした様々なコンサートを楽しむ会です

この年は「平家の公達 平経正と青山の琵琶」 
平家琵琶の演奏会が催されました

以下は別ブログに書いた過去記事からです

大きな写真を探したのですがどういうわけか
この日だけ見つかりませんでしたので
当時の記事からダウンロードしました



「平家の公達 平経正と青山の琵琶」

2008-06-12 Thu

昨夜はライトアップされたジャカランダを愛でながら
平家琵琶の音色を楽しむという少々高尚な催しでした

時まさに満開 大木に零れるように咲く紫色の花は
なかなか見ることができるものではありません

演奏会まで少し時間がありましたので
ガラス戸越しに写真を撮影していたのですが
そういえば前年本堂へ続く渡り廊下からも
撮影したなとひとりそちらに向かいました

夢中になるとほとんど周囲が見えないというか
渡り廊下にヒトがいることさえ気が付かず(汗)

「ジャカランダ綺麗ですねえ」と外国人の方から
流暢な日本語で話しかけられました

この方の故郷オーストラリアにはジャカランダの
並木道があるのだそうです
それこそ大木が紫色の花で埋め尽くされその姿は
遠くからみても圧巻なのだとか・・・

あまりにも綺麗な日本語を話されるので
思わず日本語を褒めてしまったのですが
日本語以外にもドイツ語(ご両親がドイツ人)
フランス語中国語インドネシア語なども勉強されたとか

世の中には本当に語学の達人といわれるヒトが
いるのだなあとただただ感心していたのですが
この外国人実は昨夜の講師の方でした(滝汗)

「法政大学で教えています」と言われて
初めて気が付いたマヌケなワタクシでありました


20080612l-2.jpg
昨夜の講師・・・法政大学教授 
スティーブン・G・ネルソン氏です 


20080612l-3.jpg
なんと「平家物語」の解説を外国人の
ネルソン氏が講義してくださったのです


20080612l-4.jpg


「祇園精舎のかねのこゑ諸行無常のひびきあり・・・」 
と読み上げ時にはワタクシがもうすっかり忘れてしまい
ほとんど読めない(滝汗)漢文をすらすらと読み
ユーモアを交えながら解説そして新たなる発見 
「いつか論文にしたいと思っています」という
新説をご披露・・・

日本文化の造詣の深さ 琵琶や雅楽・琴を演奏し
東洋音楽史を勉強して繊細な日本人の琴線を
ワタクシたち以上に理解し共鳴される姿に
なんといいますか「ワタクシ日本人です」と
えらそーに言えない恥ずべき己を感じてしまいました


20080612l-6.jpg
そしてこの方が前田流平家詞曲相伝の新井泰子氏です

初めて聞く独特の節回しの「平家物語」 
途中ちょこっと眠くなってしまいました(笑)


20080612l-7.jpg


どうもワタクシ平家琵琶というとあの耳なし芳一の
話を思い出し何処か湿り気を帯び怨念めいた音を
連想してしまうのですが・・・
実際の音は乾いたキレのよい音でした


20080612l-8.jpg
とても読めません・・・(滝汗)


20080612l-9.jpg

ということでこの日の「ジャカランダを愛でる会」も
盛況のうちに終わりました・・・



Monochrome

こちらEtudeの過去画像をモノクロ加工して更新しています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像をクリックしてご覧ください









Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/17
ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿正面階段
週末のロシア旅行記です

2016年2月25日から3月2日のロシアツアー旅行にひとり参加しました

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


20160920-1a.jpg



20160920-2.jpg



20160920-3.jpg



20160920-4.jpg



20160920-5.jpg



20160920-6.jpg
2016.2.26 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿にて撮影


いよいよ豪華絢爛そして華麗なエカテリーナ宮殿の中へ

とその前に・・・

入り口で靴の上からビニールスリッパを履くように言われます 
床の汚れ防止?傷防止?でしょうか

私はロングブーツでしたのでブーツカバーのような感じに(笑)

大広間に通じる正面階段の前に立った瞬間からそこは別世界
見上げれば天井壁画があり至るところに天使たちがいます

大理石の階段を貴婦人になった気分でゆっくり上がりました・・・



ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg

写っているおばさんは無視ね(笑)




Monochrome

薄紫色の紫陽花が好きです

紫色は淡い紫から古代紫のような色彩まで全て好き

高貴な色なのだそうですが子供の頃絵を描いた時

紫色はクレイジーカラーと言われてひきました(笑)

そういえば同級生の狂気を孕んだような頭の良い男子

天才的な彼の絵は紫一色でした(ちょっと怖かった~)


Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新しています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ♪





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(23) | Page top↑
↘
2018/06/16
青嵐(あをあらし)吹き抜ける愛宕神社で -静岡市葵区ー
2週間ほど前ですが静岡市葵区にある愛宕神社(あたごじんじゃ)に行ってまいりました・・・


20180615-1.jpg



20180615-2.jpg



20180615-3.jpg



20180615-4.jpg



20180615-5.jpg



20180615-6.jpg



20180615-7.jpg



20180615-8.jpg



20180615-9.jpg



201806150-0.jpg
2018.6.1 静岡市葵区 愛宕神社にて撮影


本日は写真の枚数が少し多くなりました

登り口付近や坂の途中に咲いていた紫陽花
と共に愛宕神社までの路を辿ってみました

愛宕神社は愛宕山山頂にある神社ですので
石段を登ってゆきますがこれが意外とキツイ

この坂道は別名鬼の鐙(あぶみ)とも言われ
修験道では一夜にて石の坂道が出現したと
いう伝承があります(立て看板より転載)

愛宕神社は谷津山ハイキングコースの中にあり
トレーニングをされている方も多いそうです

ワンコの木雪サンはこの石段を毎度の如く
夫さんの前をぴょんぴょん登ってゆきました

私は写真を撮りながらのんびりと後を追いました
竹林を吹き抜ける風を頬に心地よく感じながら・・

※6月7日と昨日更新した泡沫(うたかた)短歌に
使用した写真はこの時撮影したものです




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

Shizuoka | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/14
泡沫(うたかた)短歌 恋ひ乱れ忍ぶ思いも儘ならず・・・
20180614-1.jpg


恋ひ乱れ忍ぶ思いも儘ならず恥じらいの艶ぽっと染まり 瑠紫闇


20180614-2.jpg


20180614-a.jpg
2018.6.1 静岡市葵区愛宕神社にて撮影


恋ひ乱れって・・・私らしくない歌です

愛宕山にひっそりと咲いていたあじさい

ちょうどいろが染まりかけていたころ


これも随分前に詠んだ歌ですが

誰にいえ何に恋していた時だろう(笑)



※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう取るに足りない短歌のこと

私の下手な歌にぴったりだと勝手に造語命名しました




Monochrome

こちらEtudeの過去画像をモノクロ加工して更新しています

モノクロ写真館は↓薔薇の画像をクリックしてご覧ください








Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

verse | 寄り道はこちらから | コメント(13) | Page top↑
↘
2018/06/13
泡沫(うたかた)短歌 ジャカランダあまねく照らすむらさきと・・・
20180613b.jpg


ジャカランダあまねく照らすむらさきと 笛の音響く幽玄のとき 瑠紫闇


20180613c.jpg


昨日更新した篠笛を聴いた後詠んだのでしょう

こんな下手~な短歌がPC内に残っていました


ライトアップされたジャカランダを撮影したのですが

難しいですね というかこの頃は何も考えていない

(あ 今もあまり考えずただ撮っていますが 滝汗)

こんな写真しか残っていませんでした・・・


本日はどちらも酷いものを晒してま~す(あは)



※泡沫(うたかた)短歌とは

泡の如く消えてしまう取るに足りない短歌のこと(笑)

私の下手な歌にぴったりだと勝手に造語命名しました




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

verse | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/12
Memory 想い出のアルバム ライトアップされたジャカランダと篠笛の音色
昨日に引き続き2007年6月8日に開催された「ジャカランダを愛でる会」から・・・


20180612-1a.jpg



この日はライトアップされた

ジャカランダを観賞しながら

人間国宝の

福原流四世宗家 寶山左衛門に

福原の名を許された

篠笛奏者のお二人

福原徹秋(てつあき)さんと

福原洋音(ひろね)さんの

美しい“篠笛の音色”を堪能し

日頃の雑事から遊離した

ひとときを楽しみました・・・



20180612-2.jpg

客殿にて 

この先の中庭に

ジャカランダの大きな木があります



20180612-3.jpg

篠笛をこんなに間近で聴くのは

初めてなのでドキドキしました



20180612-4.jpg



第一部と第二部の間 

午後7時半頃だったと思います

ライトアップされた

ジャカランダを楽しみました



Slide Showでどうぞ





20180612-5.jpg

第二部が始まりました 

夜も深けてまいりました・・・



20180612-7.jpg

福原徹秋(てつあき)さん 

静岡出身の方です



20180612-6.jpg

福原洋音(ひろね)さん 

お二人ともとても美しい方たちでした


ライトアップされたジャカランダ

篠笛の音色・・・

幽玄の世界に

心が解き放たれたような

不思議な感覚でした


※随分前に駄文だらだらブログに更新した記事ですが、当時の写真が見つかりましたので今回大きなサイズで再更新しました・・毎度の如くの手持ち撮影ですので枚数はありましたがボケ写真ばかりでした(苦笑)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

memory | 寄り道はこちらから | コメント(10) | Page top↑
↘
2018/06/11
Memory 想い出のアルバム 「ジャカランダを愛でる会」 ー静岡市葵区宝泰寺ー
静岡市葵区にある宝泰寺(ほうたいじ)では

毎年「ジャカランダを愛でる会」が開催されていました・・・


20180611-1.jpg


2007年からこの会に参加して美しい青紫の貴婦人を観賞してきましたが、昨年2017年と今年は本堂の建て替え工事により、残念ながら中止となりました。


「ジャカランダを愛でる会」とは・・・宝泰寺の中庭にあるジャカランダが満開になる6月初旬から中旬にかけてライトアップされたジャカランダを眺めながら、客殿での趣向を凝らした様々なコンサートを楽しむ会です。

フラワーアレンジメントの先生が前住職の奥様と友人ということから、先生に誘われて出掛けたのがきっかけになりましたが、毎年和のコンサートそのものも楽しみのひとつでした・・・

Monochromeでジャカランダのモノクロ写真を更新しましたが、拍手コメントにジャカランダを見たことがないというコメントをいただきましたので、以前更新した記事から写真を抜粋すると共にPCに残っていた写真を新たに加えて再度更新することにしました。

写真の枚数が多いので数回にわたって更新予定ですがアルバムをSlide Showにしましたのでご覧くださいませ。

本日は2007年6月8日の「ジャカランダを愛でる会」からです。


「ジャカランダを愛でる会」開催前に撮影した宝泰寺の庭です。ここはかわいらしいお地蔵様が点在することでも有名です.。


20180611-2.jpg



20180611-3.jpg



ここからは Slide Show でどうぞ


宝泰寺の庭とお地蔵様






宝泰寺の中庭に咲くジャカランダ


2007.6.8 静岡市葵区 宝泰寺にて撮影 


この日のライトアップされたジャカランダと客殿で開催されたコンサートにつきましてはまた次回・・・




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑
↘
2018/06/10
ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿外観
週末のロシア旅行記です

2016年2月25日から3月2日のロシアツアー旅行にひとり参加しました

その時の旅行記を撮影した写真と記憶の断片を辿りながら書いています

時々記憶が怪しくなりますがよろしかったらお付き合いくださいませ


20180610-1.jpg



20180610-2.jpg



20180610-3.jpg



20180610-4.jpg



20180610-5.jpg



20180610-6.jpg



20180610-7.jpg
2016.2.26 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿にて撮影


青い壁と白い円柱そして散りばめられた金箔が美しい
この壮麗な宮殿はピョートル大帝の娘でもある
女帝エリザヴェータ(1709~1762)の命により 
イタリア人建築家ラスカトレッリによって建設されました 

女帝エリザヴェータの母の名エカテリーナ1世に因んで
エカテリーナ宮殿と命名されました

女帝エリザヴェータエルミタージュ美術館の原型を
作ったことでも有名です

また後のエカテリーナ2世もこの宮殿を愛したとか・・・


全長310mにも及ぶ宮殿ですのでとても建物すべては
撮りきれませんでした

この日はどんよりした一面の雪景色でしたが宮殿の周囲
には美しいガーデンが広がっています

今の季節でしたら花々の咲き乱れる庭や緑麗しい公園が
楽しめることでしょう・・・



ロシア旅行記はこのコンデジで撮影しています

prof160.jpg

写っているおばさんは無視ね(笑)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 画像からお願いします





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


折角心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article

Sponsored Link

2016 Russia | 寄り道はこちらから | コメント(13) | Page top↑
| Home |
↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Libera Far away


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で13年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


ではではごゆっくりどうそ~

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂の前で

↘寄り道は ↓ からどうぞ ♪


↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 03/03  Top Page Etude Recent Article December~June 2019 「記事一覧2019.6~12」
  • 03/02  Etude Recent Article May~January 2019 「記事一覧2019.1~5」
  • 03/01  Etude Recent Article December~September 2018 「記事一覧2018.9~」     
  • 12/13  霊峰富士を仰ぎ静岡市内を一望できる丸山花木園にて -静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/12  徘徊する徳願寺のあひるさんたちと紅葉とお地蔵さん ー静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/10  山茶花の寺としても知られている初冬の徳願寺にて ー静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/09  徳願寺山門前より望む富士山と静岡市街地 & 大銀杏 ー静岡市駿河区向敷地ー
  • 12/08  ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン市国 ヴァチカン美術館前にて
  • 12/07  日本平 夢テラス 展望デッキから360度のパノラマ展望を楽しむ ー静岡市清水区ー
  • 12/06  開館1周年を迎えた日本平 夢テラスと富士山 ー静岡市清水区ー
  • 12/05  法多山 尊永寺 雨の中紅葉(もみじ)と黄葉(いちょう)の参道を歩く ー静岡県袋井市ー
  • 12/04  雨に濡れる銀杏落葉と紫雲閣 法多山 尊永寺 紫雲閣にて ー静岡県袋井市ー
  • 12/03  法多山 尊永寺 一乗庵でいただく「ごりやくカフェランチ」 ー静岡県袋井市ー
  • 12/02  大崩海岸(おおくずれかいがん)から望む冠雪の富士山 ー静岡市駿河区石部ー
  • 12/01  秋冷の蓮永寺(れんえいじ) 残り画像ですが・・・ & 中公文庫 「ローマの歴史」

  • ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    Material

    薔薇素材をお借りしています
    ↘ Mako's ↘

    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →