日常の何気ない1枚だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・


↘ ↘


↘ Click for Shizuoka, Japan Forecast↘


↘
2017/06/30
ノルウェー旅行記 オスロ フェリーターミナルに向かう途中で
20170630-1.jpg


20170630-2.jpg


20170630-3.jpg


20170630-4.jpg


20170630-5.jpg


20170630-6.jpg
2008.2.20 ノルウェー・オスロ フェリーターミナル付近にて


2008年のノルウェー旅行ではモバイルPC (SONY VAIO) を持ってゆき
現地から毎晩せっせとブログを更新していました

因みにそちらのブログはあまりにも個人的かつお馬鹿な内容が濃いため(笑) 
現在は管理人のみ閲覧可のパスワード設定をしております

そのブログから 2008年2月20日に更新した記事をこちらに貼っておきます・・・



オスロ中心街をぶらぶらと    2008年2月20日
 

昨日の昼過ぎに到着したノルウェーの首都、オスロは前日まで滞在していたトロムソとは全く異なり、外を歩いていても重ねていたインナーをどんどん脱ぎ捨てたくなるような暖かさです。 

オスロ中央駅から伸びる Karl Johans gate カール・ヨハン通り を進めば王宮に突き当たります。この通り沿いは公園になっていて、スケートリンクやベンチがあり、ゆっくり散歩を楽しむことができます。

こちらの人たちは長い足を大きく開いて(笑) 闊歩していますが、決してせかせかしていないのです。 余裕があるのでしょうか。日本と異なりゆっくり時間が流れてゆくような気がします。

今日は国立美術館へ出掛けてみました。なんとこの美術館は無料なのです。コート類を1NOKでコインロッカーに預けますが (1NOK 1クローネ、約20円)  このコインはしっかり戻ってきます(笑)

中はとても広くて細かい展示室が30近くあるでしょうか・・・何気に入った展示室では、ムンクの『叫び』 『キス』 『マドンナ』 などの超有名な絵がガラス越しではなく間近に見ることができるのです。(『叫び』 の前にはガラスがかかっていましたが)

その他、モネ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、マチス、ピカソなどの絵がところ狭しと普通に展示されているのには吃驚しました。これらの絵を日本の美術館で見ようと思ったら長蛇の列及び黒山の人だかりですよね(笑)

展示室はゆっくり座って見ることも出来ます。

あ、そうそうワタクシの好きなエル・グレコの宗教画があり、ここではひとりぼうっと椅子に座り、時間が経つのも忘れて眺めていました。国立美術館は一日いても飽きないと思います。そして何度も足を運びたい場所ですね。

中心街は見所が本当にたくさんあるのですが、一日で全部を回るのはとても無理です。ワタクシはオスロがとても気に入ってしまいましたので、これから何度も来るつもり♪で今回は時間をかけてゆっくり歩いています。


関連記事

Sponsored Link

2008 Norway | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/29
ノルウェー旅行記 オスロの午後
やっとノルウェー旅行記に戻りました 


20170629-5.jpg


20170629-6.jpg


20170629-7.jpg
2008.2 20 ノルウェー オスロ カールヨハン通りより撮影


2008年のノルウェー旅行時の画像です


夕方かなと思ったら撮影時刻は午後1時過ぎになっていました

「オスロの夕景」 というタイトルにしたかったのですが・・・


この年は暖冬だったのか雪に降られることはありませんでした


カールヨハン通りは通りの中央が公園になっています

その公園から撮影しました・・・





2006年6月の過去記事画像から・・・

0606013-3.jpg


060605-7.jpg


060612-2.jpg


当時は紫陽花をよくマクロで撮影していました

過去画像に枠を付けていて思ったのですが同じような画像が多いなあと(笑)

最後の画像はワンコとの散歩途中に撮影しましたが今は干からびた荒れ地です

子供の頃 家の周囲は田んぼだらけでした 雨蛙が家によく入ってきていました

おたまじゃくしをとったり ザリガニを掴まえたり 蓮華を摘んだり・・・

そうそう家の前からは富士山がよく見えました

それがいつの間にか田んぼがなくなり 

富士山はビルの隙間からも見えなくなりました


ここ10年の間にも周囲の景色は随分変わりました・・・

関連記事

Sponsored Link

2008 Norway | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/28
静岡県立美術館 ロダン館 二人の画家
ここのところロダン館の画像が続いておりますが・・・最後に私のお気に入りのエリアから


20170629-1.jpg


20170629-2.jpg


20170629-3.jpg


20170629-4.jpg
2017.6.24 静岡県駿河区谷田 静岡県立美術館 ロダン館にて撮影


17世紀にイタリアで活躍したフランス人の風景画家 クロード・ロランの像と
ロダンと交流のあったフランスの画家バスティアン・ルパージュの像です

初めてこのクロード・ロランの像を見た時 何故か 光 を感じたのです
絵を描きながら柔和な光を見上げているイメージ でしょうか

それはこの画家が牧歌的な絵を描き 後にターナーなどの多くの風景画家に
影響を与えたということがあるのかもしれません

案内によりますと

「ロダンは太陽の光と深く関わった画家クロード・ロランを想い 
ナンシーの公園に4m近い台座を作り その上にロラン像を置きました
彼の目を一方向に向けさせたのは日の出を眺めさせてあげるためでした」


とのこと 

ロダンは過去に生きた画家の作品や生涯をしっかり把握した上で
精力的に作品に取り組んでいったのですね





ここからは過去記事 (2006年6月1日) からの古~い画像です 


060601-1.jpg


060601-2.jpg


060601-3.jpg


060601-4.jpg
2006.6.1 静岡市葵区呉服町1丁目付近にて撮影


結構高い木に引っ掛かっていたビニール傘

とても人がひょいっと掛けられる高さではありません

風の悪戯だったのでしょうか・・・

それとも誰かが木登りして引っ掛けたとか?(笑)

1週間ほどこの状態が続いていました


懐かしい・・・かつての職場があったビルが写っています

戻れない過去はこんな画像を見ていても感傷的にさせてくれます(笑)


2014年 職場事務所の統合廃止により私は名古屋勤務になりました
会社都合なので有難いことに新幹線通勤手当は会社が負担してくれています

最初の頃は毎日新幹線に乗れる♪ という旅行気分で楽しかったのですが(笑)
ただ疲れちゃったんですよね 急激な生活の変化についてゆけなくなりました

そして或る朝 起き上がれなくなりました
まあ3時間睡眠を2年も続けていれば体調も悪くなりますって
1週間ほどひたすら眠りました それまでは短眠を誇っていたのですがそれも撃沈

身体がだるい 頭痛や肩凝りが酷い 気分が滅入る etc 
鬱状態と診断されて早1年以上が過ぎました

そろそろ復職を考えている今日この頃です・・・



※ 先日ブログのテンプレートのCSSを少し書き換えました
それに伴い今迄画像を更新すると付いていた枠がつかなくなりました

過去の画像を一度ダウンロードして枠づけし再度アップロード (あせっ)
この単純作業を時間のある時にやっていたのですが飽きてきました

どうせ過去画像に遡りアップロードするのであれば再度記事に載せよう♪
と更新と共に過去画像も記載することにしました

季節が異ならないようなるべく同じ月のものを更新したいと思っていますが
もしかしたらずれ込むことがあるかもしれません・・・

関連記事

Sponsored Link

Shizuoka | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/27
静岡県立美術館 ロダン館 フギット・アモールと考える人
ロダン館 地獄の門関連作品のコーナーでひときわ目を惹く白い大理石のフギット・アモール・・・


20170627-1.jpg


20170627-2.jpg


20170627-3.jpg


20170627-4.jpg
2017.6.27 静岡市駿河区谷田 静岡県立美術館 ロダン館にて撮影



ダンテの『神曲』「地獄篇」の中に出てくるパオロとフランチェスカの物語を
もとに制作されました

夫の弟と愛し合ったあげく2人とも殺され 不倫の罪で地獄の暗い雲の中を
漂い続ける姿を表現しています

背中合わせの男女は 永遠に一緒になれないという意味になっています


以上 県立美術館のHPより引用しました 



1枚目は地獄の門側から 2枚目は反対側 3枚目は少しズームで
「フギット・アモール」 を撮影しました

4枚目は言わずと知れた 「考える人」 ですね(笑)

地獄の門上部から地獄界で生前の罪に罰せられる人々を眺め
人間の運命を思索しているのが考える人 

後に独立してこの大きな像が作られたそうです

ダンテ自身を表現しているとも言われているとか・・・





現在愛用しているコンパクトデジタルカメラは光学5倍ズームなのですが
地獄の門上部のような遠くを撮影しようとするとやはり無理があります

それに明るいところでは液晶が良く見えなくて(ファインダーがないので)
勘というかかなりいいから加減に撮っています 酷い画像ばかりです(涙)

今回ノルウェー旅行記の画像を更新しながら過去更新した記事を見ていたら
「12倍ズームで撮影しています」 なんていう画像がありました

あれ?そういえば私 同じコンパクトデジタルカメラでもっとカメラっぽい形のが
あったよね? 確か2008年と2009年の旅行時はそれを持って行った筈だよね

ということでガタガタと探してみました・・・

充電池ではなく 充電できる乾電池を使用している同じSONYのカメラでした
早速充電してみました しっかり使えるみたいです

因みに私の場合 一眼レフカメラを使う腕も使いこなす気力もありませんので
今迄一眼レフカメラが欲しい!!と思ったことは一度もありません

猫に小判と言うか (豚に真珠とも言う) 宝の持ち腐れになること必定ですし

この旧カメラは形だけは一眼レフカメラもどきですが(笑)  立派なコンパクト
(この大きさはコンパクトではないような・・・) デジタルカメラです


(以前プロフィールで使っていた画像です)

重いし大きいしでその後バッグにポンと入る小さなコンパクトデジタルカメラを
お買い上げ~してから出番がなくなり そのうち忘れてしまったのです

今迄放置しちゃってごめんね と謝り ファインダーを覗くとなかなかよい感じ♪

使い方をしっかり忘れてしまったので 触りながら確認中です 

関連記事

Sponsored Link

Shizuoka | BBS | コメント(6) | Page top↑
↘
2017/06/26
静岡県立美術館 ロダン館 地獄の門
静岡県立美術館 ロダン館地獄の門 を少し撮ってみました・・・


20170626-1.jpg


20170626-2.jpg


20170626-3.jpg


20170626-4.jpg


20170626-5.jpg


20170626-6.jpg


20170626-7.jpg


20170626-8.jpg


20170626-9.jpg


20170626-10.jpg
2017.6.24 静岡市駿河区谷田 静岡県立美術館 ロダン館にて撮影



1880年 ロダンはフランス政府からある依頼を受けました

それは 新たに建設される装飾美術館のための門を制作する仕事で
ダンテの 『i神曲』 を主題とすることが条件づけられました

『i神曲』 は キリスト教への信仰を根底とし 「地獄篇」 「煉獄編」 「天国編」 
の三部からなる長編抒情詩です

もともとダンテの讃美者だったロダンは 「地獄篇」 に焦点をあて 永遠の
罰に苦しむ200人以上の裸体の人物像を様々なポーズで表現しました

1900年 ロダンは生前に一度だけ 石膏の 地獄の門 を公開しました
しかし 発注者に納められず また亡くなるまでブロンズに鋳造されなかった
ことから 未完成のまま残されたと言えるでしょう

現在 世界には 石膏2点 ブロンズ7点 計9点の 地獄の門  があります
スケールの大きさ 長い構想期間 数多くの逸話を残す点で ロダン館中央に
そびえ立つこの作品は ロダンの人生と仕事に対する情熱の象徴です


以上 地獄の門の解説より引用しました



1枚目は全体像 2枚目は門の上 そして3枚目は門の上部中央の考える人
4枚目は門の足元 5枚目は子供でしょうか 6枚目7枚目は門の中央辺りです

人間たちの蠢く姿がなんとも悩ましく迫ってきます

そして今回初めて気がついたのですが・・・地獄の門 第三試作 (ブロンズ)
今迄何度となくロダン館を訪れていて全く気がつきませんでした
8枚目と9枚目の画像です 展示室反対側の奥にありました・・・


関連記事

Sponsored Link

Shizuoka | BBS | コメント(0) | Page top↑
↘
2017/06/25
静岡県立美術館 ロダン館
静岡県立美術館の新館でもあるロダン館は1994年3月にオープンしました


20170625-1.jpg


20170625-2.jpg


20170625-3.jpg


20170625-4.jpg
2017.6.24 静岡市駿河区谷田 静岡県立美術館 ロダン館にて撮影


このロダン館へは県立美術館に行く度に立ち寄りますので幾度となく
見てはいるのですが・・・

それでもやはり 「地獄の門」 の迫力には見るたびに圧倒されます


一枚目はエントランス付近 「地獄の門」 を見下ろす位置から撮影

二枚目は天井 柔らかな自然光が射すように設計されているのですね

三枚目はエントランスから向かって左側 肖像的作品のあるエリアです
実はここに私のお気に入りの作品があるのですが(笑) 詳細はまた後日

そして「地獄の門」 こちらも部分的に何枚か撮影しましたのでまた後日


このロダン館も通常はほとんど人が居なくて静かな落ち着いた空間です
昨日は子供連れの方が多くて結構賑やかでした

ここはフラッシュを焚かなければ撮影OKです 但し触れてはいけません(笑)

子供が 「地獄の門」 に近づき過ぎたらしくて係員から注意されていました
触ってはいなかったと思うのですが・・・





彫刻と言えば・・・
義姉 (夫の姉) は大学卒業後当時熱中していた彫刻が諦めきれなかったらしく
地元で何年か教師をした後 イタリア・ローマに留学しました

そのまま何年かが過ぎても帰国せず・・・ローマでイタリア人と結婚 しました
現在もローマ在住ですが 今は彫刻のちょの字もないようです(笑)

2年ほど前 姪 (義姉の娘) がローマで結婚式を挙げその式に夫が参列しました
夫がローマから写真を沢山送ってくれたのですがあまりの量の多さにそのままに・・・

ローマの観光地というよりも100kmほど離れた小さな村での様子がほとんどですが
カテゴリーの Italy に少しだけ纏めていますので宜しかったらご覧ください

ベタな観光地も好きですがゆったりした時間が流れてゆくようなのどかな村での日々
いいなあと思っています

なあんて 実は私 イタリアへは未だ行ったことがないのですよね(笑)


関連記事

Sponsored Link

Shizuoka | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/24
静岡県立美術館 プロムナード
静岡県立美術館で開催されている 「黄金のファラオと大ピラミッド展」  に行ってまいりました・・・


20170624-1.jpg


20170624-2.jpg


20170624-3.jpg


20170624-4.jpg


20170624-5.jpg


20170624-6.jpg


20170624-7.jpg


20170624-8.jpg


20170624-9.jpg


20170624-10.jpg
2017.6.24 静岡市駿河区谷田 静岡県立美術館にて撮影


静岡県立美術館にて4月9日から始まった 「黄金のファラオと大ピラミッド展」 
いよいよ明日6月25日までとなりました

招待券をいただいていましたので出掛けてきましたが いつになく混雑していて
吃驚 (人混み苦手なので・・・) こんなに混んでいる県立美術館は初めてです

毎度の如く日本の美術館は写真撮影禁止なので 展示物の画像はありません

私が出掛けた海外 (ヨーロッパ)  の美術館はフラッシュさえ焚かなければ
撮影OK! というところばかりでしたので寂しい気もしますが仕方ありません


静岡県立美術館は日本平の麓にある緑に囲まれた美術館です 
特に美術館周辺のプロムナード (散歩道) はこの季節緑が美しくお勧めです

美術館横に県立中央図書館があるのですが ここは私の好きな歴史書などの
専門書が多く 時間が経つのを忘れてしまいます(笑)


今回は臨時駐車場を利用しましたのでいつもと異なるプロムナードを歩くことに・・・
なだらかな坂を歩けば県立美術館です

そんなわけで帰り道 プロムナードを歩きながら少し撮影してみました


2008年シャガール展の過去記事はこちらからどうぞ♪


関連記事

Sponsored Link

Shizuoka | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/23
ノルウェー旅行記  オスロ グランドホテル 遠景
20170623-1.jpg
2008.2.20  ノルウェー オスロ カールヨハン通りより撮影


2008年のノルウェー旅行 2009年のノルウェー・デンマークひとり旅
2年続けて3日間連泊した グランドホテル です

ノーベル平和賞の受賞者が宿泊するホテルとしても有名ですが
シーズンオフでしたのでかなりリーズナブルな値段で宿泊できました

2008年5月に近景と部屋の様子はこちらのブログに更新しています

オスロ グランドホテル 過去記事はこちらからどうぞ





昨日友人宅に行く途中 久し振りに書店に立ち寄りました

積読本のあまりの多さに 「もう本は買わないっ」 と 
最近は Kindle Unlimited でなんとか我慢していたのですが・・・
さすがにここだけで好みの本を探すのは限界かもです

1時間ほど書店内をぶらぶらして楽しい時間を過ごしました
そして随分足が遠ざかっていた TOEIC  関連の書棚へ

確か2016年に新形式が導入されたと聞いた覚えがあります
錆び付いた頭で今更 TOEIC でもないのですが(あせっ)

でもなんとなく気になるのですね

ということで 
「公式問題集」 なんぞをお買い上げ~してしまいました(爆)

関連記事

Sponsored Link

2008 Norway | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/22
ノルウェー旅行記 オスロ 国会議事堂
20170622-1.jpg


20170622-2.jpg


20170622-3.jpg
2008.2.20 ノルウェー・オスロ 国会議事堂前にて撮影


昨日に引き続き 2008年2月のノルウェー旅行の時の画像です

王宮も国会議事堂も ”開かれている” という印象を受けました
どちらも仰々しい門はなく すぐ入口なのです

ただどの建物も古くて大きな木の扉が結構重かった記憶があります

二重扉の建物が多く (3泊したグランドホテルも二重扉でした)
その扉の内側で室内と外気の温度調整をするという感じでした

建物内はセントラルヒーティングが効いていて本当に暖かいのです
半袖またはノースリーブで充分なくらいでした


トロムソの空港でノースリーブのワンピースを着ていた若い女性が
待合室の椅子に座っていました

彼女の傍らには シルバーフォックスのロングコートがさり気なく
置かれていました

薄手のドレスの上にさらっと羽織る毛皮 なんて美しいのだろう
毛皮大好き人間の私はなんとかこの真似をしたいと思いました

ところが何分日本で二番目に暖かいと言われている当地 
毛皮を着る機会は本当に少ないのです・・・(頑張って着てますけどね 笑)





今日はスナックを経営している友人の家に・・・
実は彼女 坐骨神経痛になってしまい大変な状況なのです

先日 時々私がお世話になる整骨院に一緒に行ってみたのですが
痛みが治まらないようでして 何かお手伝いできることがあればと

せいぜい買い物くらいしか出来ないのですが・・・


そう言えば 私は肩凝り (たまに天気頭痛あり)  は酷いのですが
腰痛や足 (膝とか) の痛みは今迄ありませんでした

車に乗らず何処でも歩いてしまうとか 自転車で走り回っているとかが
もしかしたらよいのかもしれませんね(笑)

静岡勤務時代は片道約30分の距離を毎日徒歩通勤していましたし
名古屋勤務になってからも名古屋駅から栄4丁目まで歩いていました

たま~に夫と山登り (ほとんどハイキングコースですが 汗) しても
意外とバテませんでしたし 筋肉痛になることもありませんでした

ところが引き籠り生活になってから

少し長い距離を歩くと なんとなく足が重いというか疲れを感じるように・・・
「歩かなくなると足はどんどん退化する」 と聞いたことがあります

私は結構歩く速度が速いのですが ワンコとの散歩ではそうもいかず
ワンコのスピードに合わせて歩きますから かなりノロノロです

最近少し身体が重いと感じるようにもなりました

酷い肩凝りが腰痛に繋がるということもあるそうです 
今迄は意識することなく鍛えていた足腰でなんとか腰痛を免れて
いただけなのか?

少し考えないといけないのかもしれません・・・

関連記事

Sponsored Link

2008 Norway | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/21
ノルウェー旅行記  オスロ カールヨハン通りをぶらぶらと
20170621-1.jpg


20170621-2.jpg


20170621-3.jpg
2008.2.20  ノルウェー オスロ カールヨハン通りを歩きながら撮影


2008年のノルウェー旅行の時の画像です

カールヨハン通りはオスロ中央駅から王宮まで約2キロ
ゆっくり歩いて30分ほどのオスロのメイン通りです

カメラの記録時間から午後1時頃に撮影したようです

1枚目の画像は多分国会議事堂の建物だと思います
国会議事堂は正面からも撮影していますのでまた次回

道行く人が意外と軽装で驚きましたが
この時は私たちもそれほど寒さを感じませんでした

3枚目の画像はノルウェーの民族衣装ブーナッドのお店
ウィンドウの外から撮影しています

外の景色が写りこんでいますが・・・


それまでいた北極圏の街トロムソは吹雪いていたのですが
オスロ滞在の3日間は比較的よいお天気に恵まれました





ノルウェーという国が大好きになった理由・・・
それはもう本当にお馬鹿としか言いようがないのですが(笑)

ミーハークラシックファンだった私は或る時それまで少々苦手だった
オペラに目覚めました

休眠中の音楽ブログに書いたかもしれませんが再度

偶然観た古い映画の中で 主人公がメトロポリタンオペラを観に行く
シーンがあったのですが その時の演目が プッチーニの 『ラ・ボエーム』 
でした  (ベタですが・・・) 

オペラ=小太りのおばさんが頭にキンキンする声を張り上げて歌っている・・・
『ラ・ボエーム』  はそんな私の固定観念を見事に覆してくれたオペラでした

詳細は省略しますが 映画を観ながらそのオペラシーンに泣けたのです(笑)

それからオペラ狂いが始まりました あちこち観劇するだけでは飽き足らず
遂には合唱団に所属 テノール歌手の卵君に声楽を習ったりもしていました


そうこうしているうちに またまた或る日 偶然観た国営放送の音楽番組に
生出演していたヘビメタバンドの面々のあまりのカッコ良さにぼぅっと・・・

その頃は 「もう何でも来いっ」 というか頭が少し変だったのかもしれません

デンマークのバンドでしたが金髪碧眼 またその金髪がロンゲだったり巻き毛
だったり・・・足長いよね~ その足を組んでいる姿がこれまたサマになること

と今度は少しヘビメタの世界を彷徨ったりもしてみました(笑)
ただ元々クラシックファンということもあり やはりどうしても旋律重視になります

そして遂に出逢っちゃったんですよね 

アメリカのメロディックパワーメタルバンドとかいうのかな? まあピアノ音やら
ヴァイオリンやら重厚なコーラスやら兎に角やたらと オペラちっく なわけです 
勿論私好みの美旋律~


で ノルウェーとどう結びつくの???  となりますよね

実はこのバンドのヴォーカリストがノルウェー人だったので~す 
更に彼は元々クラシックそれもオペラ歌手を目指していて作曲もしていた!!
と知れば もうハマるしかないっ と必然の結果?でした

このバンドの来日公演時は休暇を取得して追っかけをしました 

本当に楽しかったです ただもうあんなことは出来ませんね(体力的に無理~) 
つくづく 若かったなあ・・・ と思います

そんなこんなでいつかノルウェーに行ってみたい と単純に思うようになりました・・・


たまたまその頃知り合った人が北欧雑貨店を経営していて しょっちゅう北欧と
日本を往復していたこともあり 北欧が身近に感じられていたこともあります

彼女からいろいろ教えていただくうちに 本当に行ってみよう と思うようになりました

母を看取った後 少し自由な時間が出来て 長い海外旅行も可能になりました
今思えば 母を失った寂しさをオペラやメタルで紛らしていたのかもしれません


そして2008年 満を持しての  出発!! となりました
 


PS
ここまで長いヲタク話にお付き合いくださってありがとうございます

今はまだ急に涙が出てきたりぼぅっと考えこんだりしていますが
私はこういう時は全く異なる世界に心を飛ばすことにしています 

PCを開いてマフィちゃんの写真を見ることはとてもできませんが 
楽しかった旅の画像であれば虚ろにならず何とか自分を保つことが
出来るかなと

そんなわけで暫くはこんな画像が続くかもしれません・・・

関連記事

Sponsored Link

2008 Norway | BBS | コメント(0) | Page top↑

BGM Seaside Memory
↘
welcome to Etude

ルシアン   (瑠紫闇)    lucienn

Author:ルシアン (瑠紫闇)  lucienn

↘Etude エチュードへようこそ↘

Profileはこちらから・・・

掲示板はこちらから・・・

↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 10/18  ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ市庁舎 装飾の美しい部屋
  • 10/17  ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ市庁舎 ムンク部屋
  • 10/16  ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ市庁舎 眺めの良い美しい部屋
  • 10/15  ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ市庁舎からオスロ湾を望む
  • 10/14  ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ市庁舎 市議会議場
  • 10/13  ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ市庁舎 ホールから2階へ
  • 10/12  くつろぎの空間 星乃珈琲店 静岡曲金店
  • 10/11  オクシズ ダイラボウ 静岡市葵区
  • 10/10  オクシズ ダイラボウへ向かう途中で 静岡市葵区富厚里(ふごうり)
  • 10/09  ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ市庁舎 壁画の前で
  • ↘
    Category
    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ

    (注)MP3が重ねて鳴りますので
    お手数ですがどちらかを止めて下さい


    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院

    ↘
    Link (my HP and Blog)
    ↘lucienn HP and Blog
    ↘
    RSS
    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →