何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・


↘ ↘


↘ Click for Shizuoka, Japan Forecast↘


Sponsored Link


↘
2018/02/10
山間(やまあい)に立つ鉄塔と送電線 静岡市葵区

20180210-1.jpg


20180210-2.jpg


竜爪山(りゅうそうざん)旧登山道の横に林道が走っています
何処へ通じているのかわからず地元の方に聞いてみますと
どうやら薬師岳頂上付近まで行くことが出来るようなのです

この日は登山の装備もしていませんでしたしワンコの木雪サン連れ
でもありましたので登山はせずこの林道を走ってみることにしました

頂上まであと少しというところで道路脇に残雪が見られるようになり
そのうち完全に雪道およびアイスバーンになってしまいました

当然我が家はノーマルタイヤの車ですからこれ以上は無理です
結局頂上付近までは行けず引き返すことになりました

この鉄塔送電線はその帰り道に撮影しました
こんな山間(やまあい)によく建てたなあと・・・



そして

帰宅後撮影した庭の紅梅はまだまだ蕾状態です


20180210-3.jpg
2018.2.7 撮影


竜爪山(りゅうそうざん)旧登山道入口 平山口 はこちらからどうぞ♪



コメント欄はずずずっと下までスクロールしてくださいね




Monochrome

こちらEtudeの過去画像をモノクロ加工して更新しています

別館のモノクロ写真館は ↓ 薔薇の画像をクリックしてご覧くださいね♪





Sponsored Link

landscape | BBS | コメント(6) | Page top↑
↘
2017/09/23
夕暮れ迫る秋の野に咲く花々 静岡県富士宮市にて 
民家の裏山から見た落日と夕陽を受けた野に咲く花々ですー富士宮市


20170923-1.jpg


20170923-2.jpg


20170923-3.jpg


20170923-4.jpg


20170923-5.jpg


20170923-6.jpg


20170923-7.jpg
2017.9.21 17時頃 静岡県富士宮市にて撮影


ここからは富士市高島町にある喫茶ロッシィの前から見上げた空 

20170923-8.jpg


カラスの群れが少々不気味でした・・・

20170923-9.jpg
2017.9.21 17:30頃 静岡県富士市にて撮影


一昨日訪れた富士宮市の知り合いの人は友人の友人(笑)なのですが

最近よくお会いすることが多く親しくお付き合いさせていただいています

彼女は自宅で予約したお客様のみに食事を出すお店を開いています


先日遊びに行った時は夕飯(パスタ)をささっと手早く作ってくださいました

そして一昨日はお昼を用意して待っていてくださって本当に感謝感激でした

松茸ごはんと野菜の煮物(なす たけのこ等)秋の味覚を美味しくいただきました♪ 

毎度の如く食べることに忙しくて写真は撮り忘れてしまいました・・・


毎回富士山が撮れるかなと期待満々で出掛けるのですがこの日も雲の中でした(涙)



Monochrome

別館のモノクロ写真館は ↓ 薔薇の画像からどうぞ 毎日更新中♪





Sponsored Link

landscape | BBS | コメント(-) | Page top↑
↘
2017/09/22
里山の小さな秋 静岡市葵区水見色にて
連休最後の日 静岡市葵区水見色にある大井神社近くで見つけた小さな秋・・・


20170921-3.jpg


20170921-1.jpg


20170921-4.jpg


20170921-5.jpg
2017.9.18 静岡市葵区水見色にて撮影


紫陽花が夏の名残りを惜しむかのように美しいブルーの花を咲かせていました

その横では立ち枯れた紫陽花が風に揺れて・・・秋の花にバトンタッチですね



彼岸花に纏わる話を少しばかり・・・


母が他界して11年目の秋を迎えました


母がまだ元気だった頃 

毎年我が家の前の狭い空き地に彼岸花が数本咲いていました

母が亡くなり放心状態だった私は彼岸花のことなどすっかり忘れ

初冬の或る日「そういえば今年も彼岸花が咲いたのだろうか?」と


ところが不思議なことに 翌年以降彼岸花を見かけなくなりました 

誰かが抜いて持って行ってしまったのか 跡形もありません・・・


母が毎年「今年も彼岸花が咲いたわねえ」と楽しんでいたことから

もしかしたら母と共に旅立ったのかなあなどと思ったりもしています


20170921-6.jpg
2017.9.21 こちらは 昨日の夕方 静岡県富士宮市の友人宅の裏山で撮影した彼岸花 




Monochrome

別館のモノクロ写真館は ↓ 薔薇の画像からどうぞ 毎日更新中♪





Sponsored Link

landscape | BBS | コメント(-) | Page top↑
↘
2017/09/20
暮れゆく空 静岡駅前にて & ハイドン オラトリオ 「四季」
心療内科からの帰り路 見上げた空・・・


20170920-11.jpg


20170920-12.jpg


20170920-13.jpg
2017.9.19 静岡市葵区 静岡駅前から撮影


ハイドン オラトリオ 「四季」 を久し振りに・・・

私は心が病んだときや疲れたときは思いっきり暗くて陰隠滅滅とした音楽を聴くのですが
何故か今回は数日前からハイドンオラトリオの旋律が頭から離れなくなりました

かつて合唱団に所属していた時のことですが 1年をかけて練習し本番を迎えましたので
なんとな~くですが オラトリオ四季」の旋律とドイツ語の歌詞が頭を過るのです

不思議なものです 門前の小僧ではありませんがふっと記憶の断片が蘇るのですから・・・

それで下積み状態になっていた古いCDを引っ張り出して昨夜は聴いていました 歌っちゃいました

もしかしたら音楽ブログに書いたかもしれませんが それよりもMy precious 愛しきモノたち
ブログに書いた日記があり 確か「四季」の楽譜について書いたなあと探してみました・・・

以下は2007年当時の日記ブログから・・・10年前のブログ記事です(笑)


2007-03-08 Thu   ハイドン オラトリオ 「四季」 の楽譜

本日は突然ハイドンの「四季」が聴きたくなりましてジョン・エリオット・ガードナー指揮
モンテヴェルディ合唱団 イングリッシュ・バロック・ソロイスツで楽しんでおります

聴きながら随分前に 合唱団で歌ったことを懐かしく思い出しました

少しくたびれた楽譜はワタクシにとっては思い出がいっぱい詰まった宝物です


haydn1.jpg


haydn2.jpg

インデックスを付けてすぐ開けるように・・・こういうことはマメにやるのですよね(笑)

当時は一年間それこそ「四季」漬け(往復の通勤時のBGMは勿論「四季」でした)に
なりながらこの重い楽譜を毎日持ち歩いて時間さえあれば必死に練習をしていました

最初の頃は自分でピアノを弾きながら音を取っていたのですが そのうち音取りテープ 
(ピアニストの方がパート毎に弾いてくださった旋律を録音したもの)の配布がありました

毎日この音取りテープを聞きながら楽譜を開いて一人で練習しなければ週一回の集合練習
だけではとても本番には臨めません なんたって自分も合唱団そのものもド素人でしたから

因みにオケはセミプロでした あ 独唱者の方たちは勿論プロです それでなければとても
チケットを皆さんに買っていただくのは申し訳ないと恐縮してしまいますよね

ところで楽譜がその割りには綺麗だと思いませんか? 実はカバーをかけて使っていました
本番もこれを持ち込みますからあまりぼろぼろというわけにもいかなかったのです 

ハイドンが作曲したこの「四季」は三人の独唱 合唱と管弦楽のためのオラトリオです
楽譜は当然アリアの部分もありますから自分のパートを探すのが結構大変だったりするわけです


haydn3.jpg

書き込みがないページを・・・あれこれ汚い字で書き込んでありました 

ソプラノ アルト テノール バスの混声ですから自分のパート(ワタクシはアルトでした) 
にマーカーを引いておかないと歌っている途中で自分の位置がわからなくなります


haydn4.jpg


約1年弱でしたが厚い楽譜 (つまり長い楽曲ですね 笑)を時間をかけて仕上げてゆく
楽しみはこのハイドンが作曲したオラトリオ「四季」で初めて味わいました

恐らく本番では頭がまっちろになるだろうと全部暗唱したのですが途中やはり抜けました(あせっ)
一瞬歌詞が出てこなかったのです 私は限りなく本番に弱いヒトなのです いや練習不足か?

それから隣りがバリトン軍団だったのですが(私は身長から一番後ろの真ん中でした)横で歌う
男性の声がでかくて自分の声が聴こえない(にーさんの声が頭に響いて泣きたい気分でした)

負けじと声を張り上げたら完全に裏返ってしまいましたあ(爆) という笑えるおちまでも・・・

そんなことも今となったら懐かしくも楽しい思い出です(合唱団は現在は解散しています)

そういえば最初は苦しんだドイツ語の発音も私を含めて皆さん本番前になんとかクリアしました
お題目のように歌詞を唱えて必死に覚えましたからあの頃は今と違って根性があったのだなあと


※指導してくださった先生が人格者で本当に素晴らしい方でした 発声から言語のレッスンまで
ドイツ語 イタリア語 ラテン語等合唱団は原語で歌っていましたら指導が大変だったと思います

1年間皆を指導してゲネプロの時に初めて合唱団を指揮者に委ねる 表舞台に立つこともなく
指導のみに徹した先生でしたがこの先生だからこそ皆がひとつになり頑張れたのだと思います
今も元気に何処かの合唱団を指導されているのでしょうか・・・ 



Monochrome

別館のモノクロ写真館は ↓ 薔薇の画像からどうぞ 毎日更新中♪





Sponsored Link

landscape | BBS | コメント(-) | Page top↑
↘
2017/09/18
爽籟の清見寺にて 静岡市清水区  & 写真事始め
2005年9月の画像がコンパクトハードディスクの中から見つかりました・・・

2005年!! 今から12年前です あの頃は私もまだ若かった(笑) 

初めてコンパクトデジタルカメラを手にしてやたらと撮りまくっていた頃です


20170918-1.jpg


20170918-2.jpg


20170918-3.jpg


20170918-4.jpg


20170918-5.jpg


20170918-6.jpg


20170918-7.jpg
2005.9.19 静岡市清水区興津清見寺町 清見寺にて撮影



むかしむかしの話ですが・・・


夫と結婚する前に 「これから何かやってみたいことがある?それを始めるといいよ」 
と言われました その時私は素直に答えました 「いろいろな写真を撮ってみたい」

実は写真を撮ったり撮られたりということに苦手意識が強くありました 
特に撮られるのが嫌いで今でも自分が写っている写真はほとんどありません

旅先でも自撮りはしません(笑)風景写真が好きなので気に入った景色を撮るのみです

ツアー旅行ですと添乗員さんが気にして「撮りましょうか」 と言ってくださるのですが
ほとんどお断りしています・・・

まあ結婚と同時にそんな苦手を克服したいという気持ちと 当時山登りと写真が趣味の夫と
一緒に今後の人生を楽しみたいという気持ちもあったのかもしれませんねえ(遠い目)


実際には自分のデジタルカメラを手にして写真を撮り始めたのは随分経ってからでした
その頃はまだフィルムカメラ時代でデジタルがあっても高価で手が出なかったのです

初めての海外旅行で行ったトルコ旅行時は当然のことながらフィルムカメラ時代です
ですから夫にカメラを借りて出掛けて 数だけは撮りましたが画像データはありません

ツアー旅行何日目かで訪れたイズミールという保養地で 自動小銃を抱えた少年兵と
一緒に撮った写真などもあった筈です 何も考えず撮ったり友人に撮ってもらったり

友人が警察官と一緒に写真に収まろうとして(←彼女は強者なので)注意を受けたことも
よ~く覚えています 小心者の私は「それまずいんじゃないの?」と言ったのですが・・・

今思うとあまりの無知さと怖いもの知らずにぞっとしますが(笑) それもよき想い出です
ただ闇雲に撮影した写真の多さに帰国後全部の写真を現像することはありませんでした 

初めて見る異国の風景 見るものすべてに涙がでるほど感動して撮りまくりましたが
撮影した何百枚もの現像代を思うと全てというわけにはいかなかったのですね

友人とはお互いに相手が写っている写真を交換するという約束もしていましたからそちらが
メインになり 「撮影した風景はまあそのうち現像すればいいや」 と結局お蔵入りになりました


私は当初より 代々 SONY Cyber-shot を愛用しているのですが初めてデジタルカメラを
手にした時の喜びとときめきは今でも決して忘れることはありません

「これでいくらでも下手な写真が撮れる 下手な鉄砲も数打てばもしかしたら当たるかも~」

本日の画像はその最たる頃のものです ところが画像数が少なくてこれだけしかありません
あまり気乗りがしなかったのか 横でせっせと撮影している夫に遠慮したのか?わかりません

夫は聞いたことには答えてくれますが 基本 「何事も自分で学べ」 という姿勢の人なので
私も意地になって(笑)ほとんど聞きません 聞いても理屈っぽいので面倒になっちゃうし(爆)


巷にある写真撮影教室に行くのでもなく撮り方を勉強するのでもなくただひたすら触って覚える
式で来てしまいましたので 結局当時からずっと何の進歩がないのだと思います

先日知り合いの方が 「写真倶楽部」 を運営されていると聞いて 入会を考えたのですが
部員の方は野鳥を撮影されている方が多く 皆さん一眼レフカメラで撮影されていると聞いて

「あ それじゃあ無理だよね 私のコンパクトデジタルカメラでは遠くの鳥さんは撮れないもん」
と諦めました ちょっと危うくなっている現在使用のカメラをまだ買い替える気はありませんし


そんなわけで今更ながらですが・・・
皆さんのブログを拝見しながらいろいろ学ばせていただいております ありがとうございます 

Profileにもちょこっと書いておりますが「永遠に発展途上ですので日々精進いたします」 です



Monochrome

別館のモノクロ写真館は ↓ 薔薇の画像からどうぞ 毎日更新中♪





Sponsored Link

landscape | BBS | コメント(4) | Page top↑


BGM night passes 過ぎゆく夜に

BGMが気になる方はお手数ですが

↑プレイヤーで止めてくださいませ

↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

Profileはこちらから・・・

掲示板はこちらから・・・


↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 03/03  Etude Recent Article
  • 07/15  ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿 控えの間~ダイニングルームへ
  • 07/14  イタリア便り 自然豊かな国立公園をハイキング
  • 07/12  ポメラニアン日和 がしがしとちゅぱちゅぱ & スーパープレミアムドッグフード
  • 07/10  ポメラニアンと散歩 野生児たちのお気に入り -静岡市 水見色 大井神社ー
  • 07/08  ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿の華麗なる装飾
  • 07/07  イタリア便り 国立公園にある小さな村から次の村へ & 星の煌めく夜に・・・

  • ↘
    Comment

  • ban7310さま「ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿 控えの間~ダイニングルームへ(07/16)」
  • harmonyさま「ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿 控えの間~ダイニングルームへ(07/16)」
  • つばさぐもさま「ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿 控えの間~ダイニングルームへ(07/16)」
  • gifunotakaさま「ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿 控えの間~ダイニングルームへ(07/16)」
  • ルシアンさま「ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿 控えの間~ダイニングルームへ(07/16)」
  • ルシアンさま「ロシア旅行記 サンクトペテルブルグ エカテリーナ宮殿 控えの間~ダイニングルームへ(07/16)」

  • ↘
    Category

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ

    (注)MP3が重ねて鳴りますので
    お手数ですがどちらかを止めて下さい


    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院

    ↘
    Link (my HP and Blog)
    ↘lucienn HP and Blog
    ↘
    RSS

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →