日常の何気ない1枚だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・


↘ ↘


↘ Click for Shizuoka, Japan Forecast↘


↘
2017/07/20
ノルウェー・デンマークひとり旅 Oslo Grand Hotel オスログランドホテル
20170720-1.jpg
到着した日に撮影したグランドホテルのシングルルームです 少し暗い画像ですが・・・


20170720-2.jpg
ベッドはセミダブルでした ベッドボードの絵はオスロの風景画でしょうか


20170720-3.jpg
照明が暗めで落ち着きます TVの下がミニバーになっています


20170720-4.jpg
広~いバスルームとバスタブ ぶくぶくと何度か潜りそうになりました(笑)


20170720-5.jpg
あのぺたっと身体に付くシャワーカーテンではなくガラスでしたがこれでは飛び散ります・・・


2009.2.13 the first day

オスロ行きSAS SK466便はSK984便と同じく定刻どおり18時10分 take off しました
成田からコペンハーゲンまでのSK984便と異なりこちらは小型 席は24Dですが後方です

日本人が誰も乗っていない(”見た限りでは” ですが) という状況に心底開放された思いでした
ほっとしたというのか(笑) ”本当にここにひとりなのだなあ” という現実離れした実感・・・

通路側の席でしたので窓の外は見えませんでしたがどちらにしても外はもう暗くなっています

朝からの緊張が少しづつ解け始め 全く理解できない言語(デンマーク語かノルウェー語) が
耳に心地よく睡魔に襲われはじめました

さすがに機内サービスは有料です 周囲の皆さんはビールやワインを楽しんでいたようですが
ワタクシはそこまでの余裕は(ここで飲んだら本当に爆睡しちゃいます 汗) ありません

コペンハーゲンからは1時間10分ほどでオスロに着いたと思います 本当にあっという間でした

オスロのガーデモエン空港は真っ白な雪化粧をしていて 去年とは全く異なる風景でした
(かろうじて聞き取れた機長の英語アナウンスによるとオスロは-18度とのことでした)

そしてあまり心配もしていませんでしたが成田からのスーツケースは無事到着していました(笑)

去年は何もわからず空港からタクシーに乗ってしまい2万円!!も使ってしまいましたので
今年は ”勿体無いことはせずバス又は鉄道を使うぞ" と心に固く決めておりました 

確か空港を出てすぐのところにオスロ中心街行きのバス乗り場があった筈です 
大きな荷物を持った旅行者がそれこそ沢山待っていましたからバス乗り場はすぐわかりました

いや~それにしても寒い!!というか痛い(笑) コートや手袋で覆われている部分は感じない
のですが出ている部分の顔が痛いのです (因みに足元もロングブーツで完全防寒です)

暫く待ってやっとバス (SAS Flybussen) が来て前払いして乗り込みました(140NOK)
って乗り込んだのはよいのですが ワタクシ一体何処で降りるんだろう???

その前に 「オスロのグランドホテルに行きたいのですが」 とバス停に居た女性係員に尋ね
「このバスよ」 と教えていただいたのですが肝心な降りるバス停名を聞き忘れました(滝汗)

”でも確かこのバスはオスロ中央駅には行く筈だから中央駅で降りるか 終点の Radisson
SAS Scandinavia Hotel Oslo まで行き てくてく歩いて戻ればいいか まあなんとかなるでしょ
去年の記憶では 王宮近くに Radisson SAS Scandinavia Hotel Oslo が見えたよね・・・”

と正直頭がかなり疲れ 考えるのも面倒になっていました 窓の外に拡がる真っ白なオスロ郊外の
景色をぼうっと眺めながら 「つるつる滑りそうだなあ」 と思わず日本語で呟いたりして

そして次なる疑問が・・・ところでこのバスはどうやって降りるのだろう?(爆) 
きょろきょろ周囲を見回しましたがボタンのようなものはありません

そのうち運転手さんがアナウンスし 前方にある「次、止まります (のような?案内板)」 が
ぴこっと赤くなるのです ですから何処かにボタンがある筈・・・とまたきょろきょろ探しました

なんのことはない 天井にボタンがありました(笑) そしてオスロ中央駅を過ぎてなんとな~く
運転手さんのアナウンスの中に 「グランドホテル~」  と聞えたような気がしたので ぼちっ

しかし降りたところは全く見覚えがないっ(滝汗) 夜になり温度もかなり下がっていたのでしょう
降った雪が部分的にアイスバーンのようになりつるつる滑ります

道行く紳士にグランドホテルの場所を尋ねて自分がカール・ヨハン通りから一本外れた通りを
歩いていることがわかりました

やっとホテルに着いた時は本当に嬉しくて涙が出そうでした グランドホテルは去年宿泊した時と
全く変わっていませんでしたし 予約もインターネットも朝食もバスタブも全てOK(笑)

7階の女性専用フロアにあるシングルルームは ひとりでは勿体無いくらい広い部屋でした
まず荷物を広げモバイルPC VAIO がネットに繋がるか確認

それからバスタブに並々とお湯を張り ゆっくりバスタイムを楽しみました・・・





ここから先は別ブログに現地より更新していたものです 
重複する部分もあり ”しつこいっ” と思われる方もいらっしゃると思いますが悪しからず・・・


オスロ無事到着

長い一日が終わり、やっとオスロに到着 去年と同じグランドホテルに辿り着きました。

13日を日本とスカンジナビア航空機内及びデンマークそしてノルウェーと過ごしているので、
「何処から何処までが一日なのかわけがわかりませ~ん」 状態です(笑)

何しろ13日の夜中  0時34分 バスで静岡を出発、成田に着いたのは朝の6時前でした。
つまり13日になるや否や緊張の連続でもあった長~い一日が始まったわけです。

待ち時間の多い一日ではありましたが、それはちょっとした余裕にもつながります。
ひとりで考え行動するのですから、十分な時間を取るようにと夫からも言われていました。

実はワタクシ、去年の delay 騒動でしっかり学習しましたから
 ”出発時間が二時間や三時間遅れたって、ちっとも心配しないもん” なんて思いながら
搭乗ゲートで待っていました。

ところがところがどうしたもんでしょ(笑) 
スカンジナビア航空機は定刻通り成田を出発、おまけに予定時間よりも30分早く
コペンハーゲンに到着してしまいました。

Eチケットでは SASスカンジナビア航空SK984便は13日12:30成田発、
コペンハーゲンには同日16:05着、コペンハーゲンで一旦入国し、
オスロまでは乗換えになります。

その乗り換え便がSASスカンジナビア航空SK466便18:10コペンハーゲン発ですが
早すぎて搭乗ゲートがまだ表示されていなかったのです。

取り敢えずターミナル2のBゲート周辺まで行ってみたのですが、その前のフライト 
17:10のSK何便だったかな(笑) の搭乗もまだ始まっていませんでした。

こうなるとワタクシのやたらと強気のへっぽこ英語が実力発揮で~す。
 「前の便に変えてください」 と丁寧にお願いしましたところ、
カウンターの綺麗なねーさんの返事は一言 No!!

そういえばこのチケットは発券後は一切変更ができないのだと聞いた記憶が・・・(滝汗)

 Bゲート周辺では全く日本人を見かけず
やっとワタクシ、少しだけ緊張感が取れてきたのを感じました。

実際オスロ行きに搭乗した日本人はワタクシだけのようでした。
嬉しいですねえ、こーゆー状況(笑) 
折角海外に来て、何処にでも居るといわれる団体の日本人旅行者を見かけると
ちょっとがっかりします・・・

まあそれにしてもなんだかスムーズに事が運んでおります、と書きながら
コペンハーゲンの入国審査でセキュリティに引っかかかってしまったのでした。

ワタクシの何が鳴ったんだろう???検査員のおねーさんにもわからないようでした。
指輪やらネックレスやらを外さす通ったので、それかしらん?と思い
聞いてみたのですが、違うとのこと。

レギンスの中まで探られましたが、何もないですよねえ・・・
もしかしたらブーツの金具か何かに反応したのでしょうか? 
おねーさんに笑いながら 「ごめんなさいね」 と謝っていただきました。

入国審査では何も聞かれることなく、ぽんとスタンプを押してくれます。
日本のパスポートは信用度が高いと聞いたことがありますが、
ホント去年と同じく超簡単でした。

オスロ行きまで時間がかなりあったので、免税店をちょっことチェック。
成田では売っていなかったCOCOのオード・パルファム100mlがありました。
値段もしっかりメモってきました。

ノルウェー滞在後はオスロからコペンハーゲンに飛ぶので、比べて安い方で
購入しようと思っています。
今回はノルウェー・クローネとデンマーク・クローネの二つの通貨になるので、
電卓を持参しました。

そうそう、ノルウェークローネがかなり安くなっているので、成田で少しだけ換えてみました。
その甲斐あってか今回は、ガーデモエン空港からすぐ空港バスに乗ることができました。
両替していると時間がかかります。

まあ、バスはクレジットカード支払いもOKだったみたいですけど(笑) 
このバスも実際オスロ中央駅までなのかどこまでなのかよくわからなかったのですが
グランドホテルは中央駅から歩ける距離なので何とかなるでしょ。

前払いしてバスに乗り、しかしどうやって降りるのだろう???とドキドキして
(ホント小心者です、ワタクシ 汗) あたりをきょろきょろしていると、なんと天井に 
STOPボタンがついていました、ほっ。

バスの運転手さんの案内はよく聞き取れなかった (英語だったと思いますがなんとなく
違うような・・・) のですが、グランドホテルという名前が聞こえたような気がして、ぽちっ

と降ろされたところは見覚えがない場所なのですよ(滝汗) 
おまけに市内は暗いし凍っちゃっているし・・・
(オスロへの飛行機の中で聞いた機長のアナウンスによると、オスロは確か-18度)

ガーデモエン空港の外でバスを待っている間、寒さというより痛さを感じていました。 
緊張していたこともあるのかもしれませんが、想像していたよりも暖かかったように思います。

寒さよりも滑るほうが気になります、おまけにスーツケースとボストンバッグを持ち、
両手が塞がっている状態ですし・・・そして道行く中年男性に尋ねてやっとわかりました、
バスが停まったのはカール・ヨハン通りから一本裏に入った通りだったのです。

一年経つとあんなにわかり易かった街並みも忘れてしまうものなのでしょうか。
 「暗いし雪で景色が変わっているんだよ~」 と言い訳しながら(笑)
 懐かしいカール・ヨハン通りを歩きました。

つるつる滑りながら、やっとグランドホテルに到着♪ 予約は無事されていたようです。
 (何しろネットで予約した上に、日本人名は珍しいらしくて? ”時々予約が勝手に
取り消されちゃうこともあるらしい” とのことで、少々心配していたのでした)

そしてここでもまたワタクシ、フロントで 「バスタブ付きの部屋にしてくれ~」 と主張しました。
グランドホテルでもシャワールームだけの部屋もあるかもしれませんし(ないかなあ? 笑)
しかしバスタブに拘るのは日本人だけでしょうか?

そうそう、グランドホテルは無線LANです。
去年は宿泊日数分のログインとパスワードが書かれたカードをフロントでもらいましたが、
今年は部屋番号と苗字でログインできるようになっています。

そして一度ログインすれば、後はどんどんネットに繋がるようです。 
さすがインターネット先進国北欧、さくさく快調です~♪

さて、ワタクシ、飛行機の中で散々食っちゃ寝をしていたのですが、 
(食事二回と簡単なサンドイッチ、それからチョコレート菓子等、出されたものは残すことなく
のべつまくなく食し、お腹がいっぱいになるとぐうぐうと眠っていました) 
今頃になってどっと疲れが出てきたようでしてやたらと眠い・・・

ということで支離滅裂ですがオスロからの旅便り一日目でした♪ 

(ノルウェー・オスロ グランドホテルにて 2009年2月13日現地時間 22時30分)


※北欧はこれよりかなり前からネット環境が整っているという情報を得ていましたが、
3つ星ホテル以上であれば間違いなく無線LAN設定がされていたようです。

またセブンイレブンの支払いもクレジットカードというのは当時は信じられませんでした。
自分で操作するのですが何処に行っても出来なくて店員さんのお世話になりました(笑)




Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(0) | Page top↑
↘
2017/07/19
ノルウェー・デンマークひとり旅 カストラップ空港
20170719-1.jpg
カストラップ空港はガラス張りのモダンな建物です オスロ行き搭乗ゲート前ラウンジにて撮影


20170719-2.jpg
夕方5時20分頃 異国で見る夕景の美しさに思わず溜め息が出ました


20170719-3.jpg
ATLANTIC AIRWAYS でしょうか 夕陽に輝く機体が美しい・・・


20170719-4.jpg
搭乗ゲート付近にそろそろヒトが集まってきましたが 皆さんやはり外を眺めていました


20170719-5.jpg
これだけ写真を撮っているのですから ワタクシやはり気持ちに余裕があったのでしょう(笑)


20170719-6.jpg
オスロ行き SAS SK466便  この日この便に搭乗した日本人はワタクシだけ?かもしれません


2009.2.13 the first day

スカンジナビア航空SK984便は予定時間よりも30分早くコペンハーゲンに到着しました

日本人旅行者がシェンゲン条約加盟国を訪れる際 始めに入国した国で入国審査を行えば
その後加盟国内での移動については 国内移動と同じで入国審査はありません

つまりデンマーク ・ コペンハーゲンで一端入国してしまえばあとはノルウェーに行こうと
スウェーデンに行こうと自由 個々の国での入国審査はないということです

金属探知機が何故か鳴ってしまいましたが(笑) 入国審査は去年と同じで本当に簡単
ハローと言って審査官にパスポートを渡すと顔を見ながらにっこり笑い ぽんとスタンプを
押してくれました 何も聞かれません

入国審査後はオスロ行きに乗り換えるだけ♪ 去年はこのアナウンスのない静かな空港の
端から端をあせっあせっしながら駆け抜け乗り換えしましたが 今年は時間的にも気持ち的
にも余裕でした

あまりにも時間の余裕があり過ぎ前の便の搭乗も始まっていませんでしたし 搭乗予定の
ゲートがまだ表示されていませんでした ワタクシ免税店のチェック及びSASのカウンター
で前の便への変更をお願いする始末(笑)

結果は断られましたが (冷静に考えてみればそうですよね 預けたスーツケースだけが搭乗
予定の便にて届くことになってしまいます?) 去年と異なりちょっとだけ余裕が生まれたような

免税店で時間を潰しながら搭乗ゲートが表示されるのを待ちました 搭乗ゲートは去年と同じ
ターミナル2のB9です。なんとなくこの光景に見覚えがありました・・・

※ 免税店では海外旅行時に自分用に買う CHANELの EAU DE PARFUM をチェック♪
今回はデンマークのカストラップ空港とノルウェーのガーデモエン空港のどちらかで買う予定
デンマーク・クローネとノルウェー・クローネの値段を比較して安いほうで(電卓持参です 笑)





昨日の 喫茶店グレース COFFEE GRACE の日替わり弁当は・・・

20170719-7.jpg
鰯のフライ おから 冷奴のちりめんじゃこ乗せ モロッコインゲンの胡麻味噌和え


20170719-8.jpg
こちらはオムライス 


昨年の6月からお店のブログを書かせていただいていましたが
さすがに管理しきれなくなりました

現在お店のブログは削除していますが 
こちらのお弁当は本当に美味しいので写真だけは撮っています

ママさんはカロリー計算こそしていませんが  
毎日しっかり栄養バランスを考えてメニューを決めているそうです

野菜 (煮物 和え物) が多く 私も静岡勤務時代はお昼は毎日
こちらのお弁当をいただいていました

おかげで風邪ひとつひくことなく サラサラ~の美しい血液(笑)でした
サラサラ血液は食前に飲んでいた青汁のおかけでもありますが・・・



Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(4) | Page top↑
↘
2017/07/18
ノルウェー・デンマークひとり旅 ロシア上空 おまけでダナエの画像も・・・
2009.2.13 the first day

機内食を食べ終わりほっと一息ついた頃 飛行機はロシア上空を飛んでいました

機内の映画を見終わり フライト・インフォメーションの前方や真下のカメラ画像
(時々雲の中 笑) を見たり マップで現在地を確認したりしていました

隣の席の若い日本人女性は一年間のスペイン留学に向かうとのことでした
彼女の若さがとても眩しく見えました もう少し若ければワタクシも何もかも捨てて?
(なあんて出来ないくせに・・・でも思うのは自由ですから 爆) 留学したかった

窓の外はとても良いお天気でした そろそろシベリア上空でしょうか・・・


20170718-1.jpg
光が雪に反射してとても綺麗♪ 機外は摂氏-60度の世界です


20170718-2.jpg
もう少しアップにしてみました


20170718-3.jpg
ロシア領空は本当に広大です 何処までもロシア上空を飛んでいるような感じです


20170718-4.jpg
河でしょうか 帯のように長く続いていました


この時漠然と サンクトペテルブルグにあるエルミタージュ美術館のことを考えていました
生きているうちに一度は見たいと恋焦がれていた レンブラントの 「ダナエ」 (ベタですが 笑)

まさか7年後 (2016年2月) 本当にダナエに逢えるなんて この時は思いも寄らなかったのですが・・・


折角ですので 2016年2月のロシア旅行時に撮影した レンブラントの 「ダナエ」 を

「やっと逢えた」 と絵の前で感涙し1枚撮った瞬間 どどどっと中国人観光客の団体が押し寄せ
カシャカシャカシャ とスマホ撮影の音とフラッシュの嵐 (フラッシュ禁止なんですけどぉ 汗) 
お願いです 絵の前でピースサインはやめてください・・・自撮棒もやめて~~~(心の声です)


20170718-5.jpg
ということでこれ1枚しか撮影できませんでした 団体さんに絵の前から弾き飛ばされてしまいましたので・・・


20170718-6.jpg
これはエルミタージュ美術館で購入した複製画です 嬉しくてホテルのベッドの上でスマホ撮影しました♪


20170718-7.jpg
複製画の裏側 ガイドさんによるとエルミタージュ美術館でしか買えないという印なのだそうです 





横の席に座っていたスペイン留学をするという若い女性との会話を少し再現してみます

飛行機がコペンハーゲンに着く直前だったと思うのですが・・・


乗り継ぎですよね これからノルウェーのどちらまで行かれるのですか?」 と 彼女

オスロです オスロに三泊する予定です あなたはマドリードでしたよね?」 こちらは私

はい そうなのですが・・・マドリード行きは本日のフライトがないのです

え?

明日の朝8時のフライトしかないみたいなのです

あ では本日はコペンハーゲン泊まりですか?空港のすぐ傍にヒルトンがありましたね

実は~ヒルトンホテルがあまりにも高くて予約をしていないのです それで空港内を
ぶらぶらしながら夜を明かそうと思っています 空港は安全でしょうか?


え?そんなあ・・・駄目ですよ 若いお嬢さんがひとりで空港で夜明かしなんかしては!!

はあ でもどうしたらいいのでしょう・・・何処か予約できるホテルがあるのかなあ・・・

日本人乗務員の方に ”空港に近くてリーズナブルな料金のホテルが何処かないか” 
聞いてみたら如何ですか?教えてくださると思いますよ


あ そうですね そうします ありがとうございます


というわけで 多分彼女は日本人のフライト・アテンダントの方に予約できるホテルについて
聞いたのではないかと思います 私は先に降りてしまったのでその後のことはわかりません

この少々無謀とも思える行動は若さの証明なのでしょうか(笑) 
確かに英語もスペイン語も出来る女性のようでしたし北欧は治安が良いとは言いますが・・・
全く見ず知らずの空港で夜明ししようとはねえ・・・

トム・ハンクスの映画じゃありませんが(笑) 
実際のところカストロップ空港は24時間営業?なのでしょうか?
夜中に追い出されちゃうようなことはないのでしょうか?
(因みに成田空港は朝6時にゲートが開くのを待って入場しましたからねえ)

等々後になって私の頭の中をいろいろな思いが駆け巡りました・・・



Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/07/15
ノルウェー・デンマークひとり旅 スカンジナビア航空の機内食
20170715-1.jpg
運ばれてきた状態の機内食と○レコール(風邪薬) 忘れず飲もうと置いてありました(笑)


20170715-2.jpg
ホイルを外すと・・・煮込みでしょうか (去年もこんな感じでした)


20170715-3.jpg
この木曽水にも見覚えがあります それからカッパ巻き及びバッテラ パン チョコレートケーキ


旅行記より・・・

2009.2.13 the first day

機体が安定すると機内食が運ばれてきました 「待ってましたあ!!(爆)」 
とばかりにワタクシがっつきました(笑) 

ところでいつも思うのです
 「フライト・アテンダントの仕事はかなり過酷だなあ」 と
狭い通路で身をかがめて機内食をワゴンから取り出し配膳するわけですし

行きの機内で珈琲サービスを受けている時の事ですが 
外国人のフライト・アテンダントが手に持っていたミルクポットを誤って
ワタクシの前席の乗客にかけてしまったのですね

窓側は日本人乗客 通路側は外国人の女性が座っていました
通路側の外国人の方は本を読んでいたようですが 肩から背中 それから
髪の毛にもミルクを浴びてしまったようでした

急いで数人のフライト・アテンダントが駆け寄り 彼女に謝罪しながら手早く
零れたミルクを拭き取っていました
”慌てず騒がず迅速な行動だなあ” と後ろから見ていて本当に感心しました

窓側に座っていた日本人乗客には多分ミルクはかからなかったと思うのですが
その後 日本人のフライト・アテンダントが来て 「本当に申し訳ございません」 と
日本語で謝罪していました

何かあった時のこういう迅速な行動は日頃の訓練の成果なのでしょう


ここからは機内食の覚書のようなもの (次回の参考のために 笑)

前回も思ったのですがパンが美味しかったです 特に帰りの便の機内食に出た
中がもちもちしたパン はノルウェーで食べたパンと似ていたような・・・

食事前や後にお酒やドリンク類(ジュースや烏龍茶等)  珈琲 お茶等の
機内サービスが受けられるので この木曽水は飲まず取っておきました
機内はとても乾燥しているので喉が渇きます

でも飛行機の後方にはフライトアテンダントがいていくらでも飲み物やお菓子類
(チョコレートが美味しかったデス 笑) を いただけるのですね♪

実はこの木曽水をそのまま持っていこうと思いまして・・・
(機内では運動の為にも席を立ち後方まで歩き 飲み物等をいただいていました)

ジップロックの袋に入れて (液体は100ml以下の容器に移し 透明なジップロックの
袋に入れてセキュリティを通りますが この木曽水は100ml以下ですよね)
カストロップ空港のセキュリティを通りました

ビビビっと鳴ったのは 「これが原因だ」 と男性係官が 言っていました
それでもう一度持たずに通ったのですがやはり鳴りました(笑)

成田では鳴らずカストロップ空港とガーデモエン空港で 鳴りましたが
今になっても原因はさっぱりわかりません・・・






機内食・・・食い意地の張っている私は毎回これが楽しみだったりします

2016年のロシア旅行の時は珍しくというか初めてのことだったのですが
体調が悪く (酷い頭痛に襲われました) 機内食を完食できませんでした

私は肉食系なので機内食もがっつり肉を所望します(笑)
この時の不思議な煮込みはすき焼き風? かなり甘めの味付けでしたが
勿論完食しました

兎に角機内は乾燥していますから 水分をかなり取るようにしていますが
トイレがそれほど近くはならないのです

外国人フライト・アテンダントが 「グリーン・チー」 (ティーじゃなくってチーと
聞えました 笑) と サービスしてくれるたびにいただいていました

男性のフライト・アテンダントでしたが細身の綺麗(ハンサム)な方でした
しなっとしていて女性っぽい もしかしたらGさんかなあと毎回チラ見してました

何しろ北欧はゲイに優しい国々ですから・・・
オスロのツーリストインフォメーションで 「ゲイに優しい国 ノルウェー」  と
書かれたパンフレットをもらった記憶があります

ゲイカップルのシビル婚を世界で二番目に認めたのもの確かノルウェーだったかと

もとい 暖かいものを暖かい状態で 冷たいものは冷たい状態での サービスも
なかなか大変ではないかと思います。

行きの便でも帰りの便でも途中で暖かい(というより熱いっ) おしぼりのサービスが
ありましたが あれも嬉しいですね♪

と当時の旅行記に書きましたら 元JALのフライト・アテンダントの友人が
「あのおしぼりのサービスはJALが始めたものですよ~」 と教えてくれました
さすが 日本のサービス!! 素晴らしいです

それからこぼれた水分についても書いてくださっていました
一番怖いのは液体(コーヒ  水) が床にこぼれる事だそうです
床の下にはケーブルが縦横に走っているそうなので・・・


私は普段はあまりお酒をいただかないのですが 機内では赤ワインをいただく
ことがあります

フライト・アテンダントがコップいっぱい注いでくださるのですが不思議と酔わない・・・
アルコールが身体からどんどん蒸発してしまうのでしょうか???

そうそう 実は私 かなりの高所恐怖症なのですが 
離陸してしまうと飛んでいるということすら忘れてしまっているように思います

飛行機そのものも好きですし 単純なので離陸すると結構感動しちゃうのです(笑)

よく食べよく眠り 時々機内上映の映画を見たりして時間が過ぎてゆきます
私は機内の時間も結構楽しんでいたのですね・・・



Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(4) | Page top↑
↘
2017/07/14
ノルウェー・デンマークひとり旅 Take off
20170714-1.jpg
席は29H 翼の少し後ろの窓側でした 向こうにルフトハンザ・ドイツ航空機が見えます


そして定刻どおり 2月13日12時30分 SK984便は take off しました・・・

20170714-2.jpg
日本上空 雲の下に隠れて何も見えませ~ん それにしても翼の汚れが気になります(笑)


20170714-3.jpg
空の色が少しづつ変わってゆきます・・・・



旅行記より・・・

2009.2.13 the first day

ゲート35前のラウンジで賑やかな大阪のおばちゃん三人組と一緒になりました(笑)
オーロラツアーに出掛けるのでしょうか 本当に楽しそうにおしゃべりしていました・・・

そしてスカンジナビア航空SK984便は予定通り11時50分より搭乗が始まりました

去年の出発2時間遅れを経験しているので (車輪の亀裂が見つかり交換した為の
delayでした) 「今年は何があっても驚かないもん」 とちょっと余裕(笑)

それに去年のその日のうちにトロムソ着という行程とは異なり 今年はオスロ迄です
オスロ行きでしたらコペンハーゲン・カストロップ空港で迷い?最悪乗り遅れたとしても
一時間おきくらいに便があった筈ですから 何とでもなるでしょ(笑)





take off の瞬間はいつも心躍るものがあります・・・

滑走路に入るまでののろのろした速度と 滑走路で一気に加速する速度の差には
毎回驚きます 私はこの時もしっかり窓から外を見ていました(笑) 

SAS(エアバスなのでそれほど大きくないのでしょうか)は いつの間にかふわっと 
take off するという感じでした 滑走距離もとても短く感じました


大阪のおばちゃん三人組とは行きばかりか帰りも一緒になりました(笑)
カストロップ空港の免税店チョコレート売り場で 何やら見覚えのあるリュックサック姿が・・・

そうでした ツアー旅行は8日間が多いので 帰りの便でも一緒になったわけですね

少なくともオスロ行きには乗っていなかったのでスウェーデンの何処かへ出掛けたのかなと
フィンランドでしたらフィンランド航空の 直行便がある筈ですので・・・

あの寒さでしたらオーロラはばっちり 見えたのではないかと思います いいなあ ♪

70代(亡き母と同世代)くらいでしょうか 元気いっぱいでちょっと羨ましかったです
まあ今回は亡き両親の写真が一緒でしたから いつも同行しているような気分でしたが・・・


この旅行をした2009年当時より少し前までは北欧では盗難がほとんどなかったそうです
「社会保障がしっかりしているので泥棒する必要がなかった」  のかもしれません

2009年時点では北欧へも旧東欧圏やいろいろな国々から移民が入り込んでいたようです
「必ずしも全ての治安が良いとも言えない状態」 とのことでした
(コペンハーゲンでナンパされ?案内してくれたデンマーク人男性から聞いた話です)

ラップトップを打ちちょっと目を離した隙に 「あれ?荷物がないっ」 なんてことも
あり得るから用心すること  とガイドブックには書いてありました

私は空港では手荷物を横の椅子席に置く時は必ず己の手を持ち手に通しておくとか
眠りそうになる時は膝の上に荷物を置いて手を上に乗せておく等々一応注意していました

カストラップ空港(コペンハーゲン)でもガーデモエン空港(オスロ)でも危険を感じたことは
一度もありませんでした・・・





本日の 喫茶店グレース COFFEE GRACE のランチは・・・

20170714-4.jpg
スタミナ丼~!!


20170714-5.jpg


ママさんお手製の焼き肉のたれが本当に美味しくてついついご飯が進みます

一度食べると病みつきになります(笑)

私の大好きなパブリカがこらしょっと入っています

糠漬けもお店でしっかり漬けていて これも美味しいのです♪


そうそう

以前は焼きスパというパスタの焼きそば味があったのですがこれも美味でした

パスタなのでべちゃべちゃしないでもっちり弾力がありそれに絡む焼きそばソースが・・・

実は家でも真似して作ってみたのですが・・・やはりお店の味は出ませんね(涙)



Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/07/13
ノルウェー・デンマークひとり旅 搭乗前の SAS スカンジナビア航空機
20170713-1.jpg
出発ロビー前からガラス越しにANA全日空機を撮影


20170713-2.jpg
搭乗予定のSASスカンジナビア航空機は荷物の積み込み中でした


20170713-3.jpg
ちょっとズームで撮影してみました


20170713-4.jpg
あれ? 清掃中のようです


20170713-5.jpg
もう少し近寄ってみましょう・・・



旅行記より・・・

2009.2.13 the first day

成田空港内のショッピングセンターが開くのを本を読んだりしてぼうっと待ちました
朝の6時からですから今思えば随分長い時間だったと思うのですがその時はあまり
感じませんでした

待っている間両替カウンターのおねーさんが「両替は如何ですか?」 と呼びかけて
いました まさかNOK(ノルウェー・クローネ)はないだろうと思い聞いてみますと
「ありますよ」 とのこと

少し迷ってから (日本での両替と現地での両替 どちらが得なのかよくわからず 汗)
まあ替えておけば安心だろうと1万円だけ両替してもらいました

去年は確か1クローネ21円強でしたので500クローネを欠けたと記憶していますが
今年は13円強に下がっていましたので手数料を差し引いても585クローネでした
(その後ノルウェーでは両替をしなかったのでどちらが得なのかよくわかりません 笑)

そしてチェックイン・カウンターが開くや否やチェックインしました 席は既に前方窓側を
予約してあるので慌てる必要もないのですが 何とな~く落ち着かないのですね

それにいくら小さいとはいえスーツケースをがらがら引いて歩くのはとても邪魔ですから
早く預けてしまいたかったのです

荷物が軽くなったので洗顔したりちょっと身支度を整えて朝食を取りに そろそろ緊張し
始めていたかあまり食欲はありませんでしたが 取り敢えずホットケーキを(笑)

セキュリティチェックが混みあわないうちに受けていよいよ出国 その後は免税店を
ちょこっと見て(行きから荷物を増やすつもりはないので見るだけ~です) 搭乗ゲートへ

ゲート前から何枚か全日空機や搭乗するSASスカンジナビア航空機を撮影しました


ここから先は2008年のノルウェー旅行時に撮影したSASスカンジナビア航空機です・・・

20080223-6.jpg



20080223-8.jpg



20080223-7.jpg



Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(4) | Page top↑
↘
2017/07/12
ノルウェー・デンマークひとり旅 旅立ちの朝 束の間の静寂
20170712-1.jpg



20170712-2.jpg



20170712-3.jpg



20170712-200.jpg
2009.2.13 AM5:55~5:59 成田空港第一ターミナル南ウィング出発ロビー付近にて撮影



先日 2008年の 「ノルウェー旅行記」 の更新がやっと終わり 
2009年の 「ノルウェー・デンマークひとり旅」 本日からまた少しづつ更新してゆきます


実はこの時の旅行記を別ブログに書いていたのですが途中で放置・・・
あちこちにブログを作っても結局管理が出来なくなりますのでこちらにまとめることにしました

旅行記に更新していた画像とPCに眠っている画像 織り交ぜながら更新しようと思っております


本日は旅立ちの日 2009年2月13日 早朝の成田空港の様子です

2008年のノルウェー旅行時は新幹線が遅れた時の事を考えて大事を取り成田のホテル日航に
前泊しましたが 2009年は静岡⇔成田間の私鉄バスがあることを知り これを利用しました

2月13日 0時34分静岡駅前発のバスに乗車しました
 (いくら自宅から駅まで徒歩10分の距離とはいえ 夜中にひとりスーツケースを
ガラガラ引いて歩くのはどんなん?とも思うのですがこの時は無我夢中でした 笑)

静岡から成田空港までバスに乗車していたのは4人!!  でした

第二ターミナルで2人が降り最後(第一ターミナル) までバスに乗っていたのは私と
若い女性だけ おかげでバスの中では手足を伸ばし爆睡していたように記憶しています

サービスエリアで時間調整をしながら 成田空港にバスが着いたのは朝の6時前でした・・・ 

薄暗い空港の中を歩き まだ誰もいないカウンター付近へ

SAS (スカンジナビア航空) のカウンターをまず確認 
その後 電光掲示板に 12:30  COPENHAGEN  SAS SK984 を見つけてほっとしました

人生3度目の海外旅行でフリーのひとり旅 いったいどうなることやら・・・

期待と不安の夢の扉が開いたときでした





本日はワンコ繋がりでとてもお世話になった方とランチをしてきました・・・

2011年5月 我が家の三代目ポメラニアンのシェリが寝たきり生活になり
なんとか復帰させてあげたいとあちこちの獣医師を訪ねた後のことです

年齢的にもこれ以上の医療行為(検査や手術等) は可哀想なだけだと
諦めて介護生活に専念しようと心を決めた頃に出会った方です

何かの用事の後だったと思いますが駿府城公園を通り抜けようとしたした時
とてもかわいいロングコートチワワを公園で遊ばせている方がいました

私はワンコ連れの方には声をかけてしまいます(笑) 

ついつい我が家の子の話をしてしまいました・・・そして獣医師を紹介して
いただきました (現在我が家の子たち全員がこの先生のお世話になっています)

無理無駄な医療はしないで動物第一という考え方のとても優しい先生です
そして動物の痛みがわかる先生です シェリも少しだけお世話になりました


シェリが虹の橋に旅立ってしまった後 もう一度ワンコを迎えようと思ったのも
他頭飼いに踏み切れたのもすべてこの方のおかげです

ワンコ達を迎えた後は彼女のワンコ繋がりの方たちとご一緒させていただいたり
楽しい時間を過ごさせていただきました

私が仕事をしていてまた休日があれこれ別件で忙しくなったりしてなかなかお会い
できなくなってしまい いつの間にか連絡が取れなくなってしまいました

先日古い画像を探していた時にこの方が書き込みしてくださっている記事を見つけ
ブログにお邪魔して やっと連絡させていただくことができました


5年ぶりの再会です

ロングコートチワワのぷりんちゃんは2015年に虹の橋を渡ってしまいましたが 
やっと元気になられたそうで ほっとしました

ワンコを亡くした時の喪失感は何度味わっても辛いものです
私も虹の橋へ逝ってしまったワンコを思い胸が痛くなる時がよくあります

そういう時はじっと耐えるしかないのですが・・・
それと共に今一緒にいる子たちを大切にしなければと改めて思ったりもします


ランチをいただきながら5年間の空白を埋めるようにず~っと話していましたが
まだまだ話足りません(笑)

ワンコをこよなく愛しているこの方からは本当に教えられることが多いです
また近いうちにランチをしましょうと言って別れましたがお会いできて本当によかった

ブログを続けていなければそのままお会いできなかったかもしれません
ブログもこうして続けていてよかったとつくづく思いました・・・


20110913k-1.jpg

2011年に作っていたワンコブログから 夕方撮影の暗い画像ですが・・

左側がぷりんちゃん右側が我が家の絽依君 どちらもおとなしい子たちです
キャリーバッグに仲良く入っていました(笑)  市内のドッグカフェにて♪



Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(2) | Page top↑
↘
2017/06/16
ノルウェー・デンマークひとり旅  オスロ 国立劇場
昨日  2008年 「ノルウェー旅行」 時のオスロ国立劇場を更新しましたが
本日は2009年 「ノルウェー・デンマークひとり旅」 時のオスロ国立劇場です・・・

20170616-1.jpg


20170616-2.jpg
2009.2.14 ノルウェー・オスロ 国立劇場前にて撮影


1年前とほとんど同じ時期のオスロですがこの時は寒かった!!
前年は暖冬だったのかオスロ市内はほとんど雪がありませんでした

ところがこの年はノルウェー・ガーデモエン空港到着時 機長から
「現在の温度-18℃」 とアナウンスがあり 吹雪いていました

翌日はとても良いお天気になったのですが 兎に角冷たかったです

北国特有の澄んだ空気が日の当たる場所と日陰のコントラストを
生んだのかもしれません・・・


BGMをバッハからシベリウスに変更しました

折角ノルウェー画像を更新しましたので 大好きなノルウェーの作曲家
グリーグのペール・ギュント組曲から 「ソルヴェイグの歌」 をと思ったのですが・・

音源がありませんでしたので 同じ北欧 フィンランドの作曲家シベリウスの
The Spruce 樅の木 Op.75-5 に変更しました

音が煩いとお感じの方は右メニュー上のプレイヤーを止めてくださいませ





ここからは当時のことを少しづつ想い出しながらの補足です

2009年2月 遂に 「ノルウェー・デンマークひとり旅」 を決行しました

航空券のみ旅行会社で手配していただき ホテルは自分でネット予約と
いう全くフリーの旅でした

実は「いざ決行」 となり 航空券を依頼した後急に不安に襲われました
「私の英語力で本当にひとり旅が出来るの?」 ←今更ですが・・・(笑)

それでぐずぐずホテルの予約をしないまま月日だけが流れてゆきました
旅行予定日2週間前 やっとネットでホテルを予約し覚悟を決めました

「もう 行くしかないっ!!」

情けない話ですが その間行かない口実をあれこれ探していたのです
夫に反対してもらおうと試みたりもしたのですが・・・

「行ってらっしゃい 行ってらっしゃい ひとり旅はいい経験になるよ~」

・・・って どーしてこういう時だけ理解ある夫になるの???

夫は結婚前に 北米放浪 (約1ケ月) それからイタリア・ローマ在住の
姉の家を起点にしてヨーロッパ放浪 (約3ケ月) の経験があったので
大賛成してくれたわけですが 私としてはその時は反対して欲しかった(笑)

とまあ 「もうどうとでもなれ」 的な半分破れかぶれのような出発でしたが
実際は本当に印象深く充実した時間を堪能した8日間になりました・・・



Sponsored Link

2009 Norway | BBS | コメント(0) | Page top↑

BGM Jean Sibelius
↘
Profile

ルシアン (瑠紫闇) Lucienn

Author:ルシアン (瑠紫闇) Lucienn



↘Etude エチュードへようこそ↘


管理人のルシアン (瑠紫闇) です

静岡県静岡市在住 脱落組会社員です

2014年から新幹線通勤をしています
現在鬱状態と診断されて休職中です

↘撮り溜めた画像と共に日々徒然を
時々過去に遡りながら更新しています

コンパクトデジタルカメラ撮影です

稀に苦手なスマホ撮影もしていますが
なかなか思うような写真が撮れません

永久に発展途上故 日々精進致します 


↘呟き処と掲示板を設置しています
宜しかったら書き込みして下さいませ

↘BBSは こちらからどうぞ↘ 

↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Lucienn Gallery

↘過去記事ランダム表示しています
画像をクリックしてご覧下さいませ

(注)MP3が重ねて鳴りますので
お手数ですがどちらかを止めて下さい


↘
Calendar&Archive
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • 07/20  ノルウェー・デンマークひとり旅 Oslo Grand Hotel オスログランドホテル
  • 07/19  ノルウェー・デンマークひとり旅 カストラップ空港
  • 07/18  ノルウェー・デンマークひとり旅 ロシア上空 おまけでダナエの画像も・・・
  • 07/17  フリマの喧噪を離れて 静岡懸護国神社
  • 07/16  フリーマーケット 葵市 静岡懸護国神社にて
  • 07/15  ノルウェー・デンマークひとり旅 スカンジナビア航空の機内食
  • 07/14  ノルウェー・デンマークひとり旅 Take off
  • 07/13  ノルウェー・デンマークひとり旅 搭乗前の SAS スカンジナビア航空機
  • 07/12  ノルウェー・デンマークひとり旅 旅立ちの朝 束の間の静寂
  • 07/11  八重咲きのユリ Roselily
  • ↘
    Category
    ↘
    Comment
    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院

    ↘
    Link (Dormant Blog)
    ↘休眠中の過去ブログ↘
    ↘
    RSS
    ↘
    Thank you for coming