FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2020.09.18
Memory 想い出のアルバム 七里ヶ浜に集う人たち 2006年9月の写真より ー鎌倉市ー
20200918-1.jpg



20200918-2.jpg



20200918-3.jpg



20200918-4.jpg



20200918-5.jpg



20200918-6.jpg



20200918-7.jpg



20200918-8.jpg

2006.9.10 神奈川県鎌倉市七里ヶ浜にて撮影


14年前の古い写真です。友人が鎌倉市在住でしたので時々遊びにいっていましたが、この時はおそらく職場の組合の総会?か何かがあって上京し、その帰りに鎌倉に立ち寄ったのだと思います(実はよく覚えていません 笑)

朝夕七里ヶ浜に出掛けていた友人は、ワンコの散歩がてらこの浜に立ち寄る人たちと顔見知りでした。そういえば七里ヶ浜を撮影に来ていたカメラマンの方たちも多くいらっしゃいました(当時はほとんどが男性カメラマンだったような・・・)

午後4時過ぎ頃に撮影していますが、夕焼けを見ることなく、宵闇の甘縄神明神社例大祭に出掛けました(神輿の写真が何枚か残っていて何処のお祭りだろう?と思ったのですが、9月14日近辺に催される大祭ということでここではないかと)


コンパクトハードディスク内を探すと埋もれた写真たちが出てきます。実は昨日、愛車ルノー(チャリですよ~ 笑)で40分程爆走し、久能海岸沿いにある昭和初期建築の洋館、マッケンジー邸(静岡市指定有形文化財)を訪れました。

朝晩涼しくなりましたし、また昨日は曇り空でしたので自転車で走っているうちは気持ちが良かったのですが、建物内は冷房設備がなく扇風機のみ(汗)一気に暑くなり、そのまま毎度の如く夢中になって写真を撮っていたからでしょうか、

帰宅後、酷い頭痛(所々で水分を取り気をつけていたつもりだったのですが)に襲われそのまま眠ってしまいました。一瞬熱中症に陥ったのかもしれません。それで写真整理が出来ず、本日は七里ヶ浜の古い写真を更新することにしました。







詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

ここのところ所用があり毎日出掛けていて

なかなか更新が出来ませんが・・・

(本日も昼過ぎから出掛ける予定です)

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.19
Memory 想い出のアルバム 蒼穹そして夕焼雲を眺めた夏の或る日  2006年7月の写真より
20200819-1.jpg

2006年当時は毎日定時退社

「ベルと共に去りぬ」

(通称「ベルトモ」 笑)

夕方5時過ぎには

職場ビルを飛び出していました



20200819-2.jpg

職場ビル前から見上げた碧空には

まだ太陽が輝いていました



20200819-3.jpg

左側に写っているのが

日本銀行静岡支店の建物

呉服町(繁華街)の外れにあります



20200819-4.jpg

駿府城公園近くに移動して撮影

母が入院していた病院の近くです

写っているのは静岡県庁別館



20200819-5.jpg

静岡県庁別館21階には

富士山展望ロビーがあります

この展望ロビーからは

富士山や南アルプスの山々

そして駿河湾が一望できます



20200819-6.jpg

屋上には危機管理に関連する

アンテナが林立しています



20200819-7.jpg

駿府城内堀にいた白鳥さん

人懐こく近寄ってきました



20200819-8.jpg

餌をもらえないとわかると

即 去ります(現金な子 笑)



20200819-9.jpg

鴨さんも同じように

近寄ってきましたが

「ごめんね 何も持っていないのよー」



20200819-10.jpg

巽櫓(たつみやぐら)付近から撮影



20200819-11.jpg

病院からの帰り道

空を見上げたら焼けていました



20200819-12.jpg

満天の夕焼け空



20200819-13.jpg

暫くぼんやり眺めていました



20200819-14.jpg

少しづつ空の色が変化してゆきます



20200819-15.jpg

2006.7.14 静岡市葵区呉服町職場ビル前から駿府城公園付近に移動して撮影


2006年、14年前の写真がコンパクトハードディスクにリサイズしていない元画像の状態で残っていました。当時の写真はほとんどが640×480又は720×540ピクセルにリサイズされているのですが、たまに元画像のものがあります。

2006年は母の介護をした最後の年、職場を定時退社して母が入院している病院へ立ち寄り、帰宅するという毎日でした。職場前から碧空を撮影して少し歩き、駿府城公園の内堀あたりから静岡県庁別館を撮影した時間は5時15分頃です。

11枚目からの夕焼け空の写真は病院をあとにした帰宅途中、午後7時過ぎ頃撮影していました。どんな思いでこの夕空を見上げていたのか、今はもう何も思い出せません。この後一度退院して再入院した母は同年10月に息を引き取りました。







詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.13
Memory 想い出のアルバム オリエンタルな雰囲気漂う築地本願寺  2007年8月の写真より 
20200813-1.jpg



20200813-2.jpg



20200813-3.jpg



20200813-4.jpg



20200813-5.jpg



20200813-6.jpg



20200813-7.jpg



20200813-8.jpg



20200813-9.jpg



20200813-10.jpg



20200813-11.jpg



20200813-12.jpg



20200813-13.jpg

2020.8.18 東京都中央区築地 築地本願寺にて撮影

13年前の稚拙な写真をご覧くださりありがとうございます


昨日に引き続き2007年8月18日 「築地のお寿司と歌舞伎座」 バスツアーに参加した時の写真です。本日は歌舞伎観劇前に立ち寄った築地本願寺。全く知識がなかったのですが、築地本願寺は浄土真宗(本願寺派)の寺院だったのですね(恥)


「築地本願寺の本堂は、帝国大学名誉教授で建築家の伊東忠太博士の設計による古代インド・アジア仏教様式を模した外観が特徴です。また建物の細部にはインドのみならず和洋中と世界の建築要素が取り入れられていることも有名です。

仏教寺院ながら、ここまで独特な建築が実現できた理由は、当時の宗主である大谷光瑞が、海外へ探検隊を派遣するほど、海外文化への理解が深い人物だったからだと言われています」
築地本願寺のHPより引用しました。


入口のステンドグラスや動物の彫刻など日本の寺院にはない独特の雰囲気、少々不思議な世界でした・・・と書きながら、でもこんな光景を最近何処かで見たよね? そうでした、夫さんのインド旅日記の中にぞうの像(笑)があったなあと。







詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.12
Memory 想い出のアルバム 「8月納涼大歌舞伎」 観劇ツアー  2007年8月の写真より 
20200812-1.jpg



20200812-2.jpg



20200812-3.jpg



20200812-4.jpg



20200812-5.jpg



20200812-6.jpg



20200812-7.jpg



20200812-8.jpg



20200812-9.jpg

2007.8.18 東京都中央区銀座 歌舞伎座前にて撮影

13年前の稚拙な写真をご覧くださりありがとうございます


2007年8月18日に「8月納涼大歌舞伎」を観劇した時の写真が、コンパクトハードディスクにリサイズしていないそのままの状態で残っていました。2007年当時更新した記事の写真を大きなサイズに差し替えて再更新します。

この時の記事は写真のみでしたが、駄文だらだらブログ(現在閉鎖中)に当時の日記が残っていましたので、こちらに転載します。「へえ、こんなことがあったのねー」と読みながら笑ってしまいました(ほとんど覚えていません 苦笑)


「8月納涼大歌舞伎」 観劇ツアーあれこれ  2007-08-19 Sun



昨日は 「築地のお寿司と歌舞伎座」 なるバスツアーで東京へ行ってまいりました。

朝7時半静岡駅集合、いつもならまだ出勤の支度をしている時間です。前日の※自転車自爆事故※の後遺症?でしょうか?頭痛が酷くて眠れずおまけに筋肉痛、遊びにゆくというのに体調がすこぶる悪いのです(涙)

お寿司は正直どーでもいいのですが(ワタクシ基本的にナマものが苦手なのです~)歌舞伎はやはり観たい!! ということで兎に角集合場所へ向かいました。なんといっても12,000円の観劇チケット代を含むツアー料金19,800円をドタキャンで捨ててしまうのはあまりにも勿体無いと思ったからです、這ってでもゆくぞと。

今回もワタクシの私設図書館であるUさん(読書家のUさんからはよく海外ミステリ―小説を借りて読んでいます)と一緒でしたが、彼女もあまり体調が良くないようでした。暑いから皆少々バテ気味なのでしょう。まあ昨日はそれでも涼しい一日でしたので助かりましたが・・・

バスに乗ってしまえばあとはすぴ~と眠ってゆくだけです。バスツアーは時間は掛かりますが、楽ちんで最近ちょっと見直しているところです(「東大寺のお水取り」や「諏訪の御柱祭」もUさんと一緒にバスツアーで出掛けています)

11時過ぎ頃東京に到着、築地のお寿司屋さんでランチをいただきました。正直お寿司はそれほど美味しいとは思えませんでした。多分地元静岡は東京より安くて美味しいお寿司を食べることができるから、さほど感動もなかったのかなと。

築地本願寺を観光して(少しばかり写真を撮ってきましたので後日)歌舞伎座開場時間2時15分まで銀座をうろうろしていました。元アホシャネラーのワタクシ(笑)としましてはシャネルブティックのウィンドゥディスプレイを是非撮影したいっ!!と思いまして、ブティックのエントランスにいた警備のおにーさんに

「あのう、ウィンドゥの写真を撮らせていただいて宜しいでしょうか?」と丁寧に訊いたのですが「写真撮影はご遠慮いただいております」という冷た~い返事が返ってきました。「なあんだ、ケチねえ、減るもんじゃないし。知らん顔して通りの向こう側からズームで撮っちゃえば良かったよ(心の声)」ということで写真撮影は出来ませんでした、残念。

気を取り直して、Uさんと再び銀座をぶらぶらしながら、裏通りに可愛い下着ショップを見つけました。「なにゆえワタクシは東京まで来て下着を買うのであるか」とも思いましたが、なかなかゴージャスかつ可愛らしい下着を見つけお買い上げ~したのでした。

ここでその下着を披露できないのが少々残念ではありますが(下着の画像を貼ったらまた●ロサイトの書き込みをされちゃいそうですからねえ 苦笑)しかしこの見せ否、魅せ下着を一体いつ身につけるんだろ?ワタクシ(爆)

さて、肝心の歌舞伎ですが、ワタクシ体調の悪いこともすっかり忘れ、ただただ夢中になってしまいました。映像で観る歌舞伎よりナマは当然のことながらもっともっと素晴らしくひたすら感動(何しろ歌舞伎のナマ舞台初体験なのよ~ 笑)これはオペラと共通していますよね、オペラも舞台を観たら絶対と・り・こになります(←経験者は熱く語ります)

昨日は第二部「ゆうれい貸家」と「新版 舌切雀」を観劇したのですが、舞台・衣装(う、美しすぎる~うるうる)・振付・美術もさることながら役者の演技・口上・息遣いそして間といったもの全てが観客の掛け声や歓声と一体化して、大きなひとつのうねりになるのです。この突き上げてくるような感動は劇場だからこその体感なのでしょう。

ワタクシは己が地味(どこが~という突っ込みはナシでお願い致します。いや、ワタクシは確かに派手好みというか個性的なモノ好きではありますが、己の風貌等はとても地味だと思っているのです、何といっても平たい顔の民族代表ですから~)なので相反するこういう華やかで粋な世界は憧れますし、麗し~と思うわけですよ。

夢のような時間はあっという間に過ぎ、歌舞伎座の前で待機してくれていたバスに乗り帰路に着いたのですが、実はそのバスの中でもう次回の観劇をUさんと計画していました。ワタクシ、すっかり歌舞伎にはまっちゃったみたいです。次回は是非あのお茶付きの桟敷席(出来れば花道側がいいよねえ 笑)にて観劇したい!!と思ったのでした。

そうそう観劇中に地震があり、結構長い間揺れていましたので観客席はちょっとどよめいたのですが、舞台の上では何事もなかったかのように演目が続いておりました(役者さんたち、さすがですよね)


※自転車自爆事故※朝の通勤途中の自転車走行中、前籠のバッグに財布を入れたかどうかが気になり両手放し状態でバッグを探っていたのですが、バランスを崩して路肩のゴミ収集所の生ゴミのど真ん中にそのまま突っ込んでゆきました。

そして派手な音と共に倒れたのでした。ゴミが衝撃を吸収してくれたのか怪我はなかったのですが、後ろを歩いていたサラリーマン風の若い男性が駆け寄り「大丈夫ですか?」と手を差し伸べてくれました、超恥ずかしかったです。



と当時のお馬鹿な日記を貼りました。最後から二枚目の写真は混みあう歌舞伎座前、バスの中より撮影していました。指が写っちゃっています。人々の顔がもろ~でしたのでモザイクを掛けさせていただきましたが7枚目の綺麗所も同じくです。

今は亡き中村勘三郎 (18代目)の素晴らしい舞台を堪能できたのがこの上ない喜びでした(実は勘九郎時代からのファンです)彼が舞台に出てきただけでぱっとそこに光が射し花が咲きます、さり気なく挟む英語の口上に観客がどっと笑います。

中村勘三郎 は平成24年(2012年)食道癌を発症して徐々に体調を崩していき、翌年の平成25年(2013年)4月の新生・歌舞伎座のこけら落としを待つことなく、同年(平成24年)12月5日、急性呼吸窮迫症候群のため早逝しました。

ところで現在の歌舞伎座(第五期)は平成25年2月に竣工されたとのこと、ということはこの写真(平成19年撮影)の歌舞伎座は第四期の最後の頃の写真になるのですね。もっとしっかり撮影しておけばよかったと思いましたが後の祭り・・・

因みに第四期の歌舞伎座は昭和25年12月に竣工、平成14年2月14日「登録有形文化財」に登録されましたが、建物の老朽化により、平成22年(2010年)4月の興行をもって惜しまれながら60年の歴史の幕を閉じたそうです。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 茜色の終焉」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.06.17
Memory 想い出のアルバム 名古屋の下町・大須の中心 大須観音  2016年4月の写真より 
20200617-1.jpg



20200617-2a.jpg



20200617-3.jpg



20200617-4.jpg



20200617-5.jpg



20200617-6a.jpg



20200617-7.jpg



20200617-8a.jpg



20200617-9.jpg

2016.4.16 名古屋市中区大須 大須観音にて撮影


本日の写真はこのコンデジ

DSC-WX7で撮影しています

prof160.jpg


2016年当時は毎日静岡⇔名古屋間の新幹線通勤をしていましたが、持っていた新幹線定期券を使って、休日に名古屋まで出掛けたことは2年間で数回しかありませんでした。その貴重な1回がこの大須巡りでした。

休日はもっぱら地元静岡でうろうろしていたことが多かったということもありますが、「休みの日までね~」というのが正直な気持ちだったと記憶しています。ただ、今後あと何年新幹線通勤が出来るのかわからないし・・・

今のうちに名古屋をもっとよく知っておこう(通勤のみでランチ以外事務所の外へ出ることはほとんどなし)ということで、名古屋駅から地下鉄東山線に乗り、伏見駅で鶴舞線に乗り換えて一駅、大須観音駅で降りぶらぶらと歩きました。

この日はお天気も良く暑いくらいの一日だったように思います。古いものと新しいものが混在する多国籍地帯?大須商店街もゆっくり楽しみました(笑)それにしてもさすが名古屋、人が多かったです(地元静岡と比較しては名古屋に失礼ですね)

そうそうこの2週間後の或る朝、突然起き上がれなくなり鬱状態が始まったのでした。「いつまで新幹線通勤が出来るのかわからないし・・・」は現実のものとなってしまったわけですが、自分でもなんとなく危ういなあとは思っていました。

名古屋勤務時代の同僚(というか後輩かな 私は転職組でしたので新卒採用された彼女たちとは10歳ほど年が離れています)とは今でもメールのやりとりをしていますが、職場の締め付けがどんどん厳しいものになっているそうです。

昨日もそんなメールをもらい「そう言えば大須に行ったよねえ」と思い出し、写真を探しましたらコンパクトハードディスクにちゃんと残っていました。ほとんどの写真がリサイズ(720×540ピクセル)されている中、そのままの状態でした。


※今週は些末ないことで少々気持ちが落ちています、またワンコの木雪サンも下痢が続いた為散歩に出掛けていません。そんなわけでコンパクトハードディスクから古い写真を引っ張り出してゆっくり過去帰りをしながら更新しています・・・

それから静岡⇔名古屋間の新幹線定期代及び名古屋駅から栄駅までの地下鉄東山線の定期代は会社負担でした。今思うとこんな駄目社員によく職場は支給してくれていたなと(定期代が給与と一緒に振り込まれた月は所得税がど~んと引かれましたがそれは言ってはいけませんよね 苦笑)







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 梅の雨」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ

I'll be there・・・

マライアと歌えば元気になるかも(笑)




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.06.16
Memory 想い出のアルバム 天使のすみか 原宿店  2008年5月撮影の写真より 
20200616-1.jpg

当時何故かフルチョイスのドール

Super Dollfie をお迎えしました

自分好みの眼の色 眉の形や唇等

オーダーで作っていただきました

私のHNから瑠(ル)を外して

紫闇(シアン) 紫闇嬢です

シアン化合物ではありませんが(笑)

ただ美しいだけではなく

少々危険な香りのする姫をイメージ

この日は紫闇嬢を迎えるにあたり

ドレス等を買いに出掛けたのでした



20200616-2.jpg

原宿駅から近かったのに迷いました

田舎者故仕方がありませんが・・・



20200616-3.jpg

やっと到着した時は嬉しかった(笑)



20200616-4.jpg

1Fのショップを目指します・・・



20200616-5.jpg

ここからはお買い上げ~したドレスです

ドレス1着目 ブーツを履かせましょ♪

編上げブーツが欲しかったのですが

なかったので厚底ブーツにしました



20200616-6.jpg

ドレス2着目 ロングドレスです

ゴスロリ系は当時から大好き

私も着ていた時期がありました(爆)



20200616-7.jpg

生地の質感がとてもいい感じでした



20200616-8.jpg

白いワンピースはナイトドレスに♪



20200616-9.jpg

スプリングコート・ポロシャツ・ミニスカセット 

ハンチング付きでなかなかお洒落~



20200616-10.jpg

紐パン(爆) オーバーニー ブーツ

小さいものほど高いっ

私の靴下より高価@@



20200616-11a.jpg

2008.5.23 東京都渋谷区神宮前 天使のすみか 原宿店にて撮影


我が家の姫、紫闇嬢(Super Dollfie)の衣装等を買いに原宿まで出掛けた時の画像が残っていました、12年前の写真です。かつての駄文だらだらブログ(現在はクローズ中)にその時の記事がありましたので転載します・・・


2008年5月24日の日記より

昨日は朝8時36分の新幹線に乗り、五反田にあるファッションメーカーの「秋・冬コレクション(2008-2009)」を見て、紫闇嬢の衣装探しに原宿へ行ってまいりました(←よく行ったよねえ この頃の方が活動的だったのかも)

田舎もんのワタクシ、原宿駅を降りてからすっかり迷ってしまい「天使のすみか 原宿店」に電話をする羽目に(滝汗)店長さんとおぼしき男性が親切に教えてくださいました(←やはり迷いました 方向音痴の私が迷わず行けるわけがない)

ジャニーズ事務所の前を通り抜け少し歩くとビルの一階に「天使のすみか 原宿店」がありました。原宿駅のすぐ近くだったのですねえ、随分遠くまで歩いてしまいました(←何処を見て歩いていたのやら まあこれは今も変わらないか 笑)

イマサンくらいでよくわからないのですが・・・イベントが先週ありかなり売れてしまったらしいのですね。それでも委託品(一般の方が作った衣装等を売っているのです)が沢山あり、ここまで来た甲斐があったというものです(←なるほど~)

ほとんどワタクシ好み(笑)の黒いドレスがいっぱい♪ 散々悩んで(何しろ紫闇嬢をお迎えするのは来月ですから・・・顔もなんとな~くと言う感じでしか覚えておりません 汗)ドレス2着、ワンピース1着(←これはお寝巻き用に)

白いスプリングコート付きのミニスカセット、オーバーニー(所謂靴下)、及びブーツをお買い上げ~しました。黒いドレス2着にはしっかり帽子も付いているのです。このドレス2着とオーバーニーが委託品とのことでした(←ちまちまと可愛い)

それから、紐パン(爆)は白いワンピースに付いていたものです。これ以外にも下着セット(ブラもある @@)なんつうものもありました。装飾品もありましたよ、リングとかネックレスとか・・・(←見ているだけも楽しい)

次回はいつ行くことができるのかわかりませんので、ついつい欲張って買い込んでしまいました。あとは紫闇嬢が我が家に来るのを待つばかりです(笑)早く来ないかな~(←その後紫闇嬢は6月初旬にお迎えしました)


とひとり突っ込みを入れながら、当時の事を思い出していました。室内は撮影禁止ですが外からはOKとのことでだったらしく何枚か撮影していました。現在は場所も移転して『天使の窓 原宿・表参道』になっているようです。

そういえば地元のお店では気にいったドレスが見つからなくてそれで原宿まで行こうと。丁度秋・冬ファッションの展示会がありその帰りに立ち寄った覚えがあります。当時は欲が先行していましたから頑張って出掛けたのでしょうねえ。


その後紫闇嬢を連れて徒歩で(笑)あちこち出掛けたこともありましたが、写真は撮っていませんでした。というのも紫闇嬢、結構大きくて重いので彼女とカメラの両方と言うのはさすがに辛かったのかもしれません(根性だけはあったのですが)



数少ない写真と記事を ↓ 画像よりリンクさせましたので

興味のある方はご覧くださいませ




Super Dollfie 紫闇嬢を紹介します♪





青汁スタンドでくつろぐ紫闇嬢





Where are your manners ?




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.14
Memory 想い出のアルバム 雨の日の靜岡縣護國神社  ー静岡市葵区ー
20200514-1.jpg



20200514-2.jpg



20200514-3.jpg



20200514-4.jpg



20200514-5.jpg



20200514-6.jpg



20200514-7.jpg



20200514-8.jpg



20200514-9.jpg



20200514-10.jpg



20200514-11.jpg



20200514-12.jpg



20200514-13.jpg



20200514-14.jpg

2006.5.8 静岡市葵区 靜岡縣護國神社にて撮影


14年前の2006年5月

母に付き添って行った病院を後にして

雨の中を20分程歩いて向かった先は

靜岡縣護國神社でした


当時はカメラのEV補正機能がよくわからず 

初期設定のまま撮影していました

飛んでしまっている画像も多いのですが 

夢中になって撮っていたように思います


一昨日更新した記事と同じ日に撮影した写真です、こちらも原寸大で残っていました。雨の中でしたので少しけぶっていますが緑が美しく、拝殿の後ろに堂々と聳えるご神木はまさに神様がいらっしゃるところ・・・

2017年8月、ワンコ達を連れて訪れた日(ワンコ達は橋を渡ることが出来ません、橋から先は進入禁止です)このご神木の方からふわふわと漂う黒い煙または影のようなものを目撃したことは、以前の記事に書いています。

平和記念碑を撮影しようと思った時、その影が目の端に入り、何故か撮影してはいけないと思い、ゆっくり影が通り過ぎるのを待って平和記念碑を撮影しました。ところが帰宅後PCで写真を見ると・・・その黒い影がくっきりと写っていました。

影が視界から消えた後、同時に2枚撮影をした筈なのですが、1枚には写り、もう一枚には写っていない・・・しかも写っていない方は少しボケ気味、これはどういうことかと悩みましたが、結局影が写っていないボケ写真の方を載せました。

そんなことを思い出しながらコンパクトハードディスクに残るその日の写真を見てみましたら、やはり影がくっきりと写っていました。平和記念碑の横のかなり高い木々に、もやっと影が掛かっているのです。

2017年の過去記事は既に完結していますので、差し替えてこの写真を載せることはありません。終戦記念日が過ぎた或る日の出来事ですが、この場所だからこそ見えてしまったのかと背筋が伸び気が引き締まる思いです。


※拍手コメントに時々カメラとレンズについての質問をいただきます。私のカメラはコンパクトデジタルカメラです。皆さまのように一眼レフカメラを使いこなす腕も気力もありませんので、当初よりずっとコンデジを使っています。

この写真を撮影した当時は小さなコンデジが常にバッグの中に入っていました。仕事と介護生活をなんとか両立させようと奮闘していた?頃でしたので、撮影は帰宅途中にちょこっと近くの何処かに立ち寄るというような感じでした。

現在はワンコ達との散歩途中に撮影することがほとんどですので大きなカメラは邪魔ですし、まして海外旅行中はなるべく荷物を小さくしたいのでコンデジが本当に便利です。それに私の場合はコンデジですら使いこなせていませんし(笑)

どういうわけか選ぶカメラはSONY Cyber-shotです。たまには他のカメラもとは思うのですが。そしてたとえOEM製品であろうとも一応レンズがZEISSのものを選んでいます。私的にはツァイスレンズは発色がいいように思うからです。

思えばスマホも当初よりXPERIA、家の中を見回せばCDラジカセ(もっと前には親が購入したカセットだけのラジカセ?)も代々SONY製品です。感覚的なものかもしれませんが、なんとなく使いやすいように思うのかもしれません。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「木雪サンの受難」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

Por una Cabeza

タンゴ「ポル ウナ カベサ」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.12
Memory 想い出のアルバム 雨の中で・・・2006年5月8日 ー静岡市駿河区ー
20200512-5.jpg



20200512-1.jpg



20200512-2.jpg



20200512-3.jpg



20200512-4.jpg



20200512-6.jpg

2006.5.8 静岡市駿河区 某透析病院前にて撮影


2006年5月

私の母は人工透析を週3回受けていました

母にとって透析は耐え難いものであったらしく
 
「行きたくないっ」と駄々をこねることが

しばしばありました


この日も「行きたくない」という母を 

やっとなだめて支度をし会社を休み 

透析病院まで付き添いました


透析は朝の9時過ぎから3時間程かかり 

その後病院でお昼を頂いて帰宅します

暫くは透析機器に囲まれた狭い空間で

母に付き添っていましたが

そのうち母が寝入り私は病院を後にしました・・・


不思議なものですね

写真を見ていますと15年近く前の

あの日の記憶が蘇ります

遥か忘却の彼方へと消えた記憶の断片です


この日から5か月後の2006年10月7日

母は静かに息を引き取りました


本日はブログをお休みする予定でした。それが何故か昨夜、亡き母の夢を見まして・・・ここ暫く私の夢の中に母が登場することはなかったのですが、不肖の娘を心配したのでしょうか(母は心配性でしたので 苦笑)

以前この写真はアルバムにしていたのですが、yahooのHPサービス終了に伴いアルバムは消えてしまいました。今朝、コンパクトハードディスクの中を探しましたら、なんとリサイズする前の写真が見つかりました、吃驚です。

というのも2005年~2007年当時の古い写真はほとんどがリサイズした状態(720×540または640×480ピクセル)で保存されているからです。この日の写真だけがどういうわけか原寸大で残っていました。

雨の中「あ~あ」という気持ちで撮影したのでしょうか(笑)あの頃は介護生活も仕事もちょっと行き詰まり状態・・・疲れていました。でも母は生きていたのですよねえ(sigh)枚数も少なく稚拙な写真ばかりですが想い出深い写真たちです・・・



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.01.08
Memory 想い出のアルバム 浜岡砂丘2006.1.1 ー静岡県御前崎市ー
コンパクトハードディスクに残っていた写真から

静岡県御前崎市にある浜岡砂丘を2006年1月1日(14年前)に撮影していました・・・


20200108-1.jpg



20200108-2.jpg



20200108-15.jpg



20200108-17.jpg



20200108-16.jpg



20200108-3.jpg



20200108-4.jpg



20200108-6.jpg



20200108-5.jpg



20200108-7.jpg



20200108-8.jpg



20200108-9.jpg



20200108-10.jpg



20200108-11.jpg



20200108-12.jpg



20200108-13.jpg



20200108-14.jpg
2006.1.1 静岡県御前崎市池新田 浜岡砂丘にて撮影


浜岡砂丘(はまおかさきゅう)は、静岡県御前崎市にある砂丘。

南遠大砂丘の一部で御前崎遠州灘県立自然公園。砂丘に堆積している砂は、天竜川が上流から運んできた土砂が遠州灘沿岸の潮流と強い西風(遠州のからっ風)に乗って、当地まで運ばれてきたもの。

戦後になって砂丘の規模が縮小傾向にあるが、これは天竜川上流におけるダム建設が影響していると見られている。
(ウィキペディアより引用しました)

浜岡砂丘からは浜岡原子発電所が近いのですが、現在はこの海岸線に11機の風力発電機がずらりと並んでいるそうです。2006年当時と現在とは海岸線も様変わりしているようです。

写真はリサイズしてコンパクトハードディスクに保存してあったのですが、どうもその時使用した画像縮小ソフトがあまり良くなかったようでして、線がギザギザになっていますし画像そのものも荒れ気味でした(涙)







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

J.S.Bach Toccata e Fuga BWV 565

バッハ「トッカータとフーガ 二短調 BWV565」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ






Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2019.09.24
Memory 想い出のアルバム 白糸の滝と音止の滝 ー白糸自然公園 ・静岡県富士宮市ー
コンパクトハードディスクに残っていた写真から

静岡県富士宮市にある白糸の滝

2005年11月(14年前!!)撮影していました・・・


白糸(しらいと)の滝

20190924-1.jpg



20190924-2.jpg



20190924-3.jpg



20190924-4.jpg



20190924-5.jpg



20190924-6.jpg



20190924-7.jpg



20190924-8.jpg



20190924-9.jpg



音止(おとどめ)の滝

20190924-10.jpg



20190924-11.jpg



20190924-12.jpg

2005.11.13 静岡県富士宮市上井出 白糸自然公園にて撮影


天下の名瀑としてその名を轟かす白糸の滝

この滝は、富士山の雪解け水が、上部の水を通す地層である新富士火山層と下部の水を通さない地層である古富士火山層の境の絶壁から湧き出しています。

高さ20m・幅150mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちています。

その姿は白糸の名にふさわしく、幾筋もの絹糸をたらしているようです。優しく、女性的な美しさで、滝壺近くに立つと、三方が水のアーチとなって幻想的な世界を見せてくれます。

国の名勝及び天然記念物。(平成2年日本の滝百選に選定)白糸の滝の隣には、曽我兄弟伝説でも知られる雄大な音止の滝もあります。
(富士宮市のHPより引用しました)


Shiraitomap.jpg

こちらのマップも富士宮市のHPよりお借りしました


白糸の滝は子供の頃、両親と一緒に行って以来だと思いますが、2005年に行ったことすら忘れていました。コンパクトハードディスクの中を別の写真を探していてこの日の写真を見つけました。

14年前の写真ですから今は滝の周囲も様変わりしているかもしれません。自分が撮影した下手っぴな写真を見ながらこの時は虹が出ていたのだなあと(笑)今回も同じような画が続きました・・・


※本日はこれから富士市へ出掛けます。本館・別館共々いつもたくさんの拍手と拍手コメントをありがとうございます。皆さまのところへゆっくり伺うことが出来ず申し訳ありません。







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2019.08.08
Memory 想い出のアルバム ナポリの美しい太陽とはほど遠いですが・・・輝く太平洋を ♪
昨日に引き続き本日も

コンパクトハードディスクに

残っている写真から

時々登場する広野海岸公園 

2005年9月にも撮影していました・・・


20190808-1.jpg



20190808-2.jpg



20190808-3.jpg



20190808-4.jpg



20190808-5.jpg



20190808-6.jpg



20190808-7.jpg



20190808-8.jpg



20190808-9.jpg



20190808-10.jpg



20190808-11.jpg



20190808-12.jpg



20190808-13.jpg



20190808-14.jpg



20190808-15.jpg



20190808-16.jpg

2005.9.18 静岡市駿河区 広野海岸公園にて撮影


「ナポリの美しい太陽とはほど遠いですが・・・」なあんておかしなタイトルですみません。実は写真整理をしながら「O' SOLE MIO」なんかを歌っちゃっていまして(滝汗)

ご存知の方も多いと思いますが、カンツォーネ「O' SOLE MIO(オー・ソレ・ミオ)」はナポリ民謡、ナポリの輝く太陽を賛歌しながら「もうひとつの私の太陽」と愛する人を重ねた情熱的な愛の歌です。

写真を撮影したのは2005年9月中旬、まだまだ残暑が厳しくて暑~い日だったようです(14年前のことなどもう覚えていません)輝く太平洋もナポリの海に負けていないぞと(爆)

公園には難破船の遊具があったり今とさほど変わってはいないようです。それにしても凄い人出・・・休日だったからだと思いますがこちらも変わっていないようです。

本日は写真が16枚になってしまいました、ずるずるとスクロールしてくださってありがとうございました。



Dario Basta solo piano - O' SOLE MIO



本日はジャズ調の「O' SOLE MIO」を ♪ 底抜けに明るい「O' SOLE MIO」も好きですがピアノソロもなかなか・・・



気紛れ更新の別館ブログのご案内

その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2019.08.07
Memory 想い出のアルバム 「関西人ですか?」と訊かれたフェラガモのトラトート
あまりの暑さに外出する気分にもなれず

コンパクトハードディスクに残っている

古い写真を探してみました

本日は2007年に撮影していた

フェラガモトートバッグです


20190807-1.jpg

フェラガモのトラトート

どうよ これっ(笑)



20190807-2.jpg

こちらは裏面

しなやかな虎さんのお姿が・・・



20190807-3.jpg

上部マグネット止めの

でかトート



20190807-4.jpg

内部はブランド名入りの

ファブリック素材



20190807-5.jpg

キーリング付ですが

使ったことがありません



20190807-6.jpg

2007.7.15 自宅にて撮影


2007年に駄文だらだらブログ・物欲部屋に更新していた記事より・・・

「何年前のことかもう忘れてしまいましたが、確か東京出張した時の帰りのことだったと記憶しています。紀尾井町にあるサンローゼ赤坂の前を通りかかり、Salvatore Ferragamo フェラガモブティックのウインドウに飾ってあったこの子(笑)に目が留まりました。

実は地元百貨店のウィンドウでもこのトートバッグは目にしていました。かなり大きめでワタクシサイズだわと。が、しかし・・この虎の柄の出方が微妙に異なっていたのですね。地元百貨店で見ていたものは隅っこに控え目に虎がいました。ちょっと寂しいなあと。同じものが二つとないというのも魅力かもしれませんね。

ワタクシ、中央にで~んといるこの虎が大変気に入りました。いえ、豹柄・虎柄(所謂アニマルプリントでしょうか)は正直苦手なのですよ。アニマルのインナーとか見るとぞっとしますし着る人を選びますよね。今迄アニマルプリントファッションを素敵に着こなしている日本人を見たことがありません。ほとんど目にしているのは派手かつ下品なおばちゃんたちでした。

でもこの子はまるまる虎ですし(柄とは異なりますから~ 汗)さすがフェラガモ、堂々と凛々しくそして上品です(またまた自画自賛 笑)濃いブラウンの持ち手も使いやすそうでした。ショップに入り、見せていただきました。男性スタッフの方がまたとても気持ちよく応対してくださいました。肩にかけてみますともうもうぴったりワタクシサイズでした♪

日頃荷物が多いヒトなので(当時は本二冊と電子辞書を持ち歩いておりましたし・・・)大きなバッグが好きです。それと身体もデカイので小さなバックですと、何となくバランスが悪いのです。

上部はマグネット止めになっていて、中には仕切りがなく、両側に大きなファスナーポケットがついているのも気に入りました。そしてキーリングでしょうか。ほとんど使っておりませんが(苦笑)上品?とはいえ、結構派手な柄物バッグ、少々迷いましたが、その日のワタクシまた黒一色(夏以外はモノトーンファッションが多いのです)でしたので、このバッグが差し色になりすっかり気に入ってしまいました。

全身を鏡に映してバランスを見ることはとても大切なことです。特にバッグは己の後姿も映して丹念に確認します。油断しがちな後姿、でも後姿で折角のファッションが台無しになってしまうことが多いのです。このバッグは確か春夏ものだったと思うのですが、ワタクシはあえて重量感のある冬物衣料に合わせています。全身が重くそしてダークな色彩になるとこの柄が引き立ちますし、気持ちも軽くなります。

ところで、やはりこういうバッグは人の目を引くのでしょうか。以前、職場関係の男性から「ルシアンさん、また派手なバッグを持っていますねえ。あれ?ルシアンさんって関西人でしたか?」と訊かれました。う~ん、このバッグは関西っぽい(もしかして大阪のおばちゃんっぽい? 爆)のでしょうか???」



なあんて当時はお馬鹿な記事を書いていました。この頃はほとんど黒子のようなファッション(笑)でしたから、このバッグは差し色になって目立っていたと思います。レザージャケットやコートに合せていました。

豹柄苦手~とか書きながらその後友人にいただいたアニマルプリントのKENZOのジャケットとか着ちゃっていましたけれどもね(年と共に美的感覚が狂ってきたというかどうでもよくなっちゃったのね、きっと 笑)

その後は何を血迷ったのかゴスロリ系ファッションに目覚めましたのであまり出番がなくなりましたが、今でも時々使っています。実はフェラガモは何点かありましたがこれ以外は皆フリマでお嫁入りさせました。

そんなわけで最後のフェラガモの1点(小さなパーティバッグは残しましたが)は年数が経ってもなかなかのお気に入りなのです。私は基本アホシャネラーだったのですが時々こんな浮気もしていました・・・

な~んか過去の遺物について書くのも当時の事をあれこれ思い出して楽しいものですね、物欲シリーズもやっちゃおうかな~お蔵入りシャネルも時々風をあててあげないといけないですしねっ(笑)




気紛れ更新の別館ブログのご案内

その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2019.07.09
Memory 想い出のアルバム 14年前!!の東日本旅客鉄道大船工場にて
2006年3月31日に閉鎖された

東日本旅客鉄道大船工場

閉鎖される半年前の

2005年9月10日に訪れていました

コンパクトハードディスクに

写真が残っていましたが

この時は画像サイズが小さいまま

(640×480ピクセル)撮影していたようなので

いつもより小さいサイズの写真です


20190709-1.jpg



20190709-2.jpg



20190709-3.jpg



20190709-4.jpg



20190709-5.jpg



20190709-6.jpg



20190709-7.jpg



20190709-8.jpg



20190709-9.jpg



20190709-10.jpg

2005.9.10 神奈川県鎌倉市 東日本旅客鉄道大船工場にて撮影


14年前に撮影した写真です。確かこの時は鎌倉在住の知人から「JR東日本大船工場が閉鎖予定で一般解放する日があるから見にいらっしゃい」とお誘いをいただき、また湘南の海も見たくなり出掛けたのではないかと。

丁度元職場の労働組合の総会か何かが前日にあり、東京で1泊して翌日鎌倉へ。同じ日のフォルダの中に前日(9月9日)撮影した宴会(何故かふぐ鍋が~ 笑)の写真が残っていましたので間違いないと思います。

私は撮り鉄さんではありませんからすご~く興味があったわけではないのですが、折角誘っていただいたし写真の練習にもなるかなと翌日ここへ行ったのだと思います。ですから写真は目についた物を撮影しただけでした。

ただ相変わらず枚数だけは沢山ありましたので(ボケ写真とこれ何を撮ったんだろう?というものばかりでしたが働くおじさんたちの姿が好きでよく撮っていたようです)その中からまあ見れるかなというものを選びました。

写真を見るとかなり暑い日だったようですが、子供は元気です。鉄道好きな子供にとってここは遊園地以上だったことでしょう。嬉しそうな顔でしたがよそ様の子供さんなのでモザイク処理をさせていただきました。

写真を撮り始めた頃のピントが甘くて何処かしらぼぅっとした写真ばかりですが(コンデジの性能が・・・なんて言いません、ひたすら己の腕の悪さです 滝汗)これも懐かしい想い出ですから更新することにしました。

今でしたらもう少シャープでましな写真が撮れるかもしれませんが、私のブログはEtudeというブログ名どおり練習帳ですから~(とひたすら言い訳をする・・・)




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2019.07.03
Memory 想い出のアルバム 蓬莱橋 ー大井川に掛かる木造橋 静岡県島田市ー
本日も2006年撮影の写真から・・・


20190703-1.jpg



20190703-2.jpg



20190703-3.jpg



20190703-4.jpg



20190703-5.jpg



20190703-6.jpg



20190703-7.jpg



20190703-8.jpg



20190703-9.jpg



20190703-10.jpg



20190703-11.jpg



20190703-12.jpg



20190703-13.jpg



20190703-14.jpg



20190703-15.jpg

2006.7.16 静岡県島田市 蓬莱橋(ほうらいばし)にて撮影


蓬萊橋(ほうらいばし)は、静岡県島田市大井川に架けられた木造橋(歩行者と自転車の専用橋)。全長は897.422 m(巾2.7m)。法律上は農道に分類され、島田市役所農林課の所掌である。

橋脚の構造は鉄筋コンクリート製、渡し板はすべて木製の有料橋で、歩行者や自転車のみ通行できる。「897.4 mの長い木橋」にかけて「厄なしの長生き橋」ともいわれる。

橋名は、徳川宗家の主で静岡藩知事でもあった徳川家達が、かつての家臣たちの激励のために訪れた時に、牧之原台地を宝の山を意味する「蓬莱山」に例えたことに由来する。
(ウィキペディアより引用しました)

今回もコンパクトハードディスクに残っていた13年前の古い写真です。「そう言えば暑い中、夫さんと出掛けたなあ」と写真を見ながら記憶を辿りました。

橋下がちょっとした公園になっていて、そこで撮影した向日葵等の花の写真はこちらのブログに更新していましたが、蓬莱橋の写真は当時のHPにアルバムとして載せていたのでこちらでの更新はありませんでした。

今回改めて写真を選び更新することにしましたが、この蓬莱橋、何度か崩落・流失被害を受けているようです。以下再びウィキペディアより引用しました。

2000年(平成12年)9月、台風による増水で橋脚が流失、約550 mの区間が通行止めとなる。 翌年(2001年)4月に復旧完了。

2003年(平成15年)8月、台風10号の影響で橋脚が流失する。翌年(2004年)3月に復旧し全面開通。

2007年(平成19年)7月15日、台風4号の影響で橋の一部(右岸側の約70m)が崩落、橋脚ごと流失し、通行不能となる。同年8月24日に大井川左岸からおよそ500mまでの区間は開放された。

翌年(2008年)3月25日、復旧工事完了により、午前9時より全面開通された。復旧にかかった費用は3880万円であった。
(ウィキペディアより引用しました)

今回撮影した橋は2004年に復旧した橋だったようです。そして撮影した1年後の2007年7月15日にまた一部が流失@@ 受難の橋は何度か蘇っているわけですが、写真を撮っておいて良かったとつくづく思いました。


いつも写真が多くてスクロールしていただくのが申し訳ないなあと思いながら、何分下手な写真なので「この1枚で勝負」することが出来ず(滝汗)ついつい「枚数で勝負というより誤魔化す」的になっております。

ブログを無料版から有料版に切り替えてからは特にその傾向が強くなり(画像が無制限で保存できますので)ばんばん写真を揚げてしまっています(少々反省)次回から少し考えようと思っていますが今回はごめんなさいです。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2019.07.01
Memory 想い出のアルバム 洞慶院(とうけいいん)と鳥瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)
雨の日続きで

ワンコとの散歩に出掛けられませんので

コンパクトハードディスクに残っていた

古い(2006年)写真から・・・

静岡市葵区羽鳥にある洞慶院(とうけいいん)です


20190701-1.jpg



20190701-2.jpg



20190701-3.jpg



20190701-4.jpg



20190701-5.jpg



20190701-6.jpg



20190701-7.jpg



20190701-8.jpg



20190701-9a.jpg



20190701-10.jpg

2006.7.2 静岡市葵区羽鳥 洞慶院にて撮影


当山は、約500年の歴史を有する曹洞宗の寺院です。

曹洞宗の本山貫首・宗派管長を輩出するなど大本山永平寺との縁も深く、長い間修行寺としても利用されていました。 また、当山代々の住職が植え継いだ400本もの梅樹が圧巻の梅園が大変有名で、県内でも有数の梅の名所としても知られております。

梅の樹は3月上旬頃に最盛を迎えますが、豊かな自然に囲まれた境内は季節に関係なく四季や歴史のうつろいを感じる場としてふとした時に気軽に立ち寄ることができ、ご本尊である「千手千眼観世音菩薩」を祀る本堂、その佇まいに和敬静寂の息吹を感じることができます。

また、境内の片隅にある隠れ茶室「老楳庵」など、祠や石碑を巡って散策されるのもご一興かと思います。


以上洞慶院のHPより引用しました。


静岡駅から北へ車で約30分、住宅街を抜けて少し走ると山に囲まれた自然豊かなところに洞慶院があります。ここへは梅の開花時ワンコ達を連れて出掛けていますが、四季を通して楽しめるところです。

2006年にも訪れていたようで古い写真がハードコンパクトディスクの中から見つかりました。13年前!!の古い写真ですが境内の様子は現在もほとんど変わっていないと思います。

最後に写っている陶器のトイレの写真、これが鳥瑟沙摩明王(うすさまみょうおう)です。階段を上がった境内横の建物の中にあり、室内を撮影したものは暗かったのでブレブレでした、かろうじてこれ1枚がなんとか。

鳥瑟沙摩明王とは「トイレの神様」のことだそうです。この明王は世の中の一切の不浄を悉く焼き尽くそうと金剛不壊の誓願を持ち、すごい威力を示されるのだとか。

お札をいただいて東司(お手洗い)にお祀りし、病気に罹らぬよう、又、老衰しても他人さまに下の世話にならぬよう祈願する人が各地より数多くお参りするそうです。

この時は写真を撮っておしまいでしたが、今度行ったらちゃんとお参りしてこよう・・・(笑)


※いつもたくさんの拍手と拍手コメントありがとうございます。現在多忙につき皆さまのところへは訪問のみさせていただいておりますが、時間的に訪問が出来ない時もあるかと存じます。申し訳ございません。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


memory | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Smetana Vltava


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城のこぢんまりした衛兵交替式
  • Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城の衛兵
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)パントリーとキッチン ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ダイニングルームと骨董室 ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ホールと書斎 ー静岡市駿河区高松ー
  • スパニッシュスタイルの洋館 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ー静岡市駿河区高松ー
  • ポメラニアンと散歩 久し振りに走りまわりました 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • 静岡県護国神社・神池にいたカモさんとカワセミさん(は失敗でしたが)ー静岡市葵区ー
  • ほんのり焼けた富士山がシルエットになるまで 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5 ーアブルッツォ州ー
  • Memory 想い出のアルバム 七里ヶ浜に集う人たち 2006年9月の写真より ー鎌倉市ー
  • まかないから生まれた地元名物そば「磯おろし」 戸隠そば本店 ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアン日和 戦いすんで日が暮れて 木雪サンと絽依君の場合 2011年9月

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →