FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2020.11.22
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 12 ーアブルッツォ州ー
20201122-1.jpg



20201122-2.jpg



20201122-3.jpg



20201122-4.jpg



20201122-5.jpg



20201122-6.jpg



20201122-7.jpg



20201122-8.jpg



20201122-9.jpg



20201122-10.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。

麓のレストランでポパイが食べていたような羊の骨付き肉とワインを頼んだ。アブルッツオと言うこの土地には岩塩が多く含まれ、そこの牧草を食べて育った牛は程良い塩気があり、うまいのだそうだ。

あのローマのような血なまぐさい歴史を持つ廃墟(失礼!)からこのような何にもない空の広いところに来るとホッとする。ジュリアーノ(※ルシアン注:姪の夫)はレストランで働く女性たちと仲が良いらしく、照れながら結婚の報告をしていた。

イタリアに「鳶が鷹を産む」の諺があるのかどうなのか知らないが、私はと言えば、その女性の娘さん?であろう美しい女性に惹かれこっそり写真を撮るのであった(ルシアン注※8枚目・9枚目の写真)まさか30年後にはあーなっちゃうの?

Mamma Mia!ん?Mammaか?! 母子ではなくきっと親戚の娘を預かっているのだと自分を納得させたのであった。

外には障害者の団体が来ていて踊りを踊っている奴がいた。そいつの写真を撮っていたわけでもないのに踊りながらその写真を送れと注文をつけてくる。姪にアドレスを控えさせ、後日ローマから写真を送った
(夫さんからのメールより)


List of Articles



★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1

 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 2

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 4

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 11

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 12




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.11.21
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 11 ーアブルッツォ州ー
20201121-1.jpg



20201121-2.jpg



20201121-3.jpg



20201121-6.jpg



20201121-7.jpg



20201121-8.jpg



20201121-4.jpg



20201121-5.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。

知らぬ間に天候は回復し、散策を楽しんだ私たちは下方にあるレストランで食事をすることにした。ここはマカロニウェスタンのロケが実際に行われたところだそうだ。どうりで西部劇にでも出てきそうな風景だった。(夫さんからのメールより)

レストランでの様子はまた明日・・・


List of Articles



★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1

 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 2

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 4

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 11




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.11.20
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10 ーアブルッツォ州ー
20201120-1.jpg



20201120-2.jpg



20201120-3.jpg



20201120-4.jpg



20201120-5.jpg



20201120-6.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。

同じような写真が続いておりますが、グラン・サッソの写真がまだ残っていますのでまた次回・・・


List of Articles



★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1

 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 2

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 4

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9

★ グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.10.19
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 9 ーアブルッツォ州ー
20201019-1.jpg



20201019-2.jpg



20201019-3.jpg



20201019-4.jpg



20201019-5.jpg



20201019-6.jpg



20201019-7.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。

グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園の主要な山頂コルノ・グランデ南側の稜線にあるホテル「カンポ・インペラトーレ(皇帝の野原)」は「グラン・サッソ襲撃」の場所としても有名ですが、「グラン・サッソ襲撃」とは・・・


グラン・サッソ襲撃(グラン・サッソしゅうげき、英: Gran Sasso raid)は、第二次世界大戦中の1943年9月12日、ドイツ軍によって実施されたベニート・ムッソリーニの救出作戦。ドイツ軍における作戦名は、「ウンターネーメン・アイヒェ(Unternehmen Eiche、Unternehmenは「事業・作戦」、Eicheは「柏」(かしわ)、英語でオークの意)である。

この作戦は、アドルフ・ヒトラーの特命により、ドイツ空軍のクルト・シュトゥデントの指揮の下に実施されたもので、グラン・サッソの標高2,000メートルを超える山脈の稜線上に所在するホテルからの救出という困難な条件を克服して無傷でムッソリーニの救出に成功した。
(ウィキペディアより引用しました)


その後のムッソリーニがどうなったかにつきましては、パルチザンにより処刑された後、ミラノのロレート広場にて見せしめのため吊るされたということくらいしか知りませんでしたので、ちょこっと調べてみました。

ヒトラーにより救出されたムッソリーニイタリア社会共和国の元首に就任しましたが、北イタリアに樹立されたイタリア社会共和国は、ガルダ湖畔の町サロを拠点とするドイツの傀儡国家でした。

1944年には南から進攻してくる連合国軍や国内のレジスタンス運動(パルチザン)の脅威にも晒されていました。反ファシストのパルチザンと、イタリア社会共和国の間で行われた残忍な抗争はイタリア内戦として知られています。

1945年4月、連合国軍がドイツ軍の北イタリアにおける最後の防衛線を突破しました。国内でもパルチザンの一斉蜂起が各都市を席巻し、ムッソリーニの身にも危険が迫っていました。

1945年4月25日、ムッソリーニは本拠地ミラノを離れ、スイスとの国境に向かって逃走しましたが、4月27日、ムッソリーニとその愛人クラーラ・ペタッチはコモ湖畔のドンゴという町の近くで、地元のパルチザンに逮捕されました。

ムッソリーニと愛人クラーラ・ペタッチは翌日の午後に射殺されました。ムッソリーニの死は、アドルフ・ヒトラーの自殺の2日前の出来事でした。その後ミラノに運ばれたムッソリーニらの遺体はロレート広場に投げ捨てられました。

4月29日午前9時を回る頃にはおびただしい数の群衆がロレート広場に詰め掛け、遺体に野菜をぶつけ、唾を吐きかけ、尿をかけ、銃撃し、足蹴にしたそうです。ムッソリーニの顔面は殴打され、変形しました。

その後しばらくして、ムッソリーニらの遺体はスタンダード・オイルのガソリンスタンド(建設途中)の骨組みの桁まで持ち上げられ、食肉用のフックに引っ掛けられて、逆さ吊りにされました。

逆さ吊りというのは、吊るされた人物の「汚名」を強調するために北イタリアでは中世から行われてきた方法ですが、実際にムッソリーニたちをを逆さ吊りにした人々によると、これは遺体を群衆から保護するための処置だったそうです。

歴史のなかでさらっと語られ通り過ぎてしまう出来事、世界史の教科書の中で見たと思いますが、ムッソリーニたちが吊るされていた衝撃的な写真のみが頭の中に残っていました。経緯を調べてみますと興味深いことが多々ありますね。


同じような写真が続いておりますが、グラン・サッソの写真がもう少しありますのでまた次回・・・


List of Articles









詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「一体何が起きたのー???」

一昨日の異常な?アクセス増加

理由はわかりませんが・・・

ご覧くださった皆さま

ありがとうございます

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.10.18
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 8 ーアブルッツォ州ー
20201018-1.jpg



20201018-2.jpg



20201018-3.jpg



20201018-4.jpg



20201018-5.jpg



20201018-6.jpg



20201018-7.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真でお送りしています。

グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園の主要な山頂コルノ・グランデ南側の稜線にはホテル「カンポ・インペラトーレ(皇帝の野原)」があり、麓のフォンテ・チェッレート地区からロープウェイを利用することが出来ます。

稜線上の広くなっている場所には国立公園指定前の戦前から営業しているホテル「カンポ・インペラトーレ」が一軒だけ建っているそうです。以前、夫さんも少し触れていましたが・・・

ここは1943年7月5日首相を解任後逮捕されたベニート・ムッソリーニが一時期幽閉されていたホテルとしても有名です。1943年9月12日ハラルト・モルス率いるドイツ軍の降下猟兵と武装親衛隊による特殊部隊がグライダーで降り立ち

ムッソリーニを救出しました(グラン・サッソ襲撃)グラン・サッソ襲撃につきましてはまた明日・・・私的にはロープウェイでさっと登りこのホテルに宿泊し、ムッソリーニが幽閉されていたという部屋が公開されているのならば見てみたいなと。


List of Articles









詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っておりますが

現在更新が滞っております・・・

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.10.17
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 7 ーアブルッツォ州ー
20201017-1.jpg



20201017-2.jpg



20201017-3.jpg



20201017-4.jpg



20201017-5.jpg



20201017-6.jpg



20201017-7.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真をお送りしています。


List of Articles









詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っておりますが

現在更新が滞っております・・・

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.20
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6 ーアブルッツォ州ー
20200920-1.jpg



20200920-2.jpg



20200920-3.jpg



20200920-4.jpg



20200920-5.jpg



20200920-6.jpg



20200920-7.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真と文でお送りしています。


グラン・サッソが頭上に聳えるところまで来た。向こうからカップルの登山者が来る。ちゃんとストック持ってしっかりした山登りの服装だ。それに比べ我ら一行ときたら・・・そろそろ遠くアドリア海が見える・・・はず。

アドリア海を知ったのは20代の初め、その頃から安ワインにはまっていて馴染みの酒屋で「アドランスコ・カベルネソーヴィニヨン」と言う赤ワインをよく買った。アドリア海地方でできたカベルネソーヴィニヨン種のワインと勝手に解釈した。

千円でブルガリア?ワインが飲めるとあって3年程買い続けたが年によって味が極端に変わった。安ワインはその年の葡萄の出来に大きく左右されるんだなとひとり合点していた・・・
(つづく)


(ルシアン記)まだ結婚する前、夫さんが時々買ってきたワインで乾杯することがありましたが、その時のワインが「カベルネソーヴィニヨン」だったと記憶しています。色濃くどっしりした力強い赤で凄~く好みの味だった覚えがあります(笑)


List of Articles









詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.19
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5 ーアブルッツォ州ー
20200919-1.jpg



20200919-2.jpg



20200919-3.jpg



20200919-4.jpg



20200919-5.jpg



20200919-6.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真と文でお送りしています。


List of Articles




※昨日は所用があり久し振りに繁華街へ。平日の昼間ということもあってか閑散としていました@@メインストリートから外れた通りを歩いてはいたのですが・・・「こんなんで静岡市大丈夫?」と真面目に思ってしまいました。

今まで気が付かなかった(前を歩いていながら目に入らなかった)史跡を見つけて吃驚。昨日は日中32℃という暑い日でしたが、もう少し涼しくなったら史跡を探しながら歩いてみるのも面白いかもしれません(ルシアン記)







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 突き抜ける青」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.01
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 4 ーアブルッツォ州ー
20200901-1.jpg



20200901-2.jpg



20200901-3.jpg



20200901-4.jpg



20200901-5.jpg



20200901-6.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


昨日に続き2015年夏、イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し、約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。姪夫婦と一緒に出掛けたグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて夫さんが撮影した写真と文です。


イタリア中部地震を記憶しているだろうか。M6.2の地震に襲われこの地域の古い村々はひとたまりもなく崩壊した。ちょうど6年前のことだ。朝のニュースで知った私はすぐにローマの姉に連絡を取り安否を確認した。

ローマも揺れたそうだが、今回一番被害が酷かったアマトリーチェ村に住む友人を地震の数日前に訪ね、一泊して戻ってきたところだと話していた。

BBCの映像に被害の状況が写っているが私たちもグラン・サッソに行く途中にこの村の近くを通った。瓦礫の除去のために何十台と言う重機とブルーシートに覆われた屋根が周りの風景とは異質な光を放っていた。

このBBCの記事の終わり頃に高速道路が写っている写真が掲載されているが、私たちはこの高速道路を使ってここまで来たのである。グラン・サッソの麓から登山口にある今は動かないロープウェイ・ゴンドラリフトのある博物館まで荒涼とした高地の風景が続いた。

この施設の下方のカンポ・インペラトーレには、第二次世界大戦でムッソリーニが幽閉されナチスドイツにより救出された舞台となった「ホテル カンポ・インペラーレ」がある。高校の世界史もこのような視点から授業をしてくれればもっと現代史に興味を持てたことだろうに。

そこは寒風の吹くめちゃくちゃ寒いところだった。おまけにどんよりと曇り、これから2900mの山頂まで行ったら薄着の私は死んでしまう!姪に防寒ヤッケを着せ、麓を散策することにした。ここは日本の国立公園のような看板や柵もなく、ひともいない。高山植物が咲き乱れる美しい景観だ・・・
次回に続きます。

昨日の記事「イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3」はこちらからどうぞ







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「なんちゃって都都逸 地獄巡り」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.31
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 3 ーアブルッツォ州ー
20200831-1.jpg



20200831-2.jpg



20200831-3.jpg



20200831-4.jpg



20200831-5.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


2015年夏、イタリアローマ在住の姪の結婚式出席の為に渡航し、約1か月間滞在した夫さんのイタリア便りです。結婚式も無事終わり、姪夫婦と一緒に出掛けたのがこのグラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園でした。

写真は夫さんが撮影したものです。先日夫さんが当時の事を思い出しながらこのグランサッソについて書きましたので↓に貼っておきます。長いので何回かに分けて次回以降もお送りしたいと思います。


結婚式も終わり、今日はジュリアーノ(ルシアン注 ジュリアーノは姪の夫のことです)の故郷の村にあるグラン・サッソに行く。

ジュリアーノはその村で祖父母と両親、兄弟で暮らしていたのだが、他の兄弟がパソコンゲームに夢中になるなかで、祖父母にチーズの作り方や葡萄の育て方など伝統的な生活の仕方を教えて貰うのが好きな少年だったそうだ。

確かにその技はヴィテルボの農園に確実に生かされていると感心した。農業技術や食品加工術、電気技術に建築術、つまり自立して生活していた頃はそのすべての技術をフルに働かさせていかないと生活はできないのだ。

それはもう日本ではわずかに残る中山間地や限界集落のひとたちが持つのような希少な技であり、到底家庭菜園程度のヤワな技ではない。その村から仰ぎ見るグラン・サッソをジュリアーノは”魂の山”と呼んでいた。

幼い頃よりその大きな石(グラン・サッソ)に見守られながら育った彼にとっては、彼のアイデンティティそのものと言っていいだろう。その言葉を違和感なく聞いたのは、私にも”魂の山”があるからだ。

それが南アルプスの上河内岳(2803m)だ。その話をすると長くなるのでyoutube動画でも観てください。
※(ルシアン注)埋め込みが出来ないようなのでこちらからご覧くださいませ。

明日に続きます・・・







詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.06
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 2 ーアブルッツォ州ー
20200806-1.jpg



20200806-2.jpg



20200806-3.jpg



20200806-4a.jpg



20200806-5.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


本日も夫さんのイタリア滞在記、グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園(通称:グラン・サッソ)です。ここは夫さんが自然観察員でもあり熊オトコ(笑)と呼ぶ、姪のフィアンセ(現在は姪の夫)が連れて行ってくれたようです。

中央をアペニン山脈が走り、国土の90%が山間部という日本と似たような地形的特徴を持つ国イタリア、世界遺産や歴史的建造物にばかり目がいってしまいがちですが、街から少し離れればこんな自然豊かな世界が拡がっています。


グラン・サッソ(Gran Sasso)は、アペニン山脈で最も高い山塊で、イタリア中部のアブルッツォ州にある。イタリア語で「大きな石」を意味し、1991年に周辺を含め「グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園」として指定されている。

主要な山頂であるコルノ・グランデ(Corno Grande)とコルノ・ピッコロ(Corno Piccolo)の間にはヨーロッパで最も南にある氷河が見られる。初登頂は1573年にボローニャ出身のフランチェスコ・デ・マルキ(Francesco De Marchi)による。

アペニン山脈をくぐりイタリア半島を横断する高速道路「アウトストラーダ A24」はここグラン・サッソを穿って建設されており、1984年に全長10kmを超えるグラン・サッソ・トンネルが開通した。

このトンネルをアクセス道路として利用し、山塊の下に世界最大級の素粒子物理学研究施設が建設され、1989年に「グラン・サッソ国立研究所」として開設した。
(以上ウィキペディアより引用しました)※地図はお借りしています。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 燃ゆる想ひ」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.05
イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1 ーアブルッツォ州ー
イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席のため 2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです


20200805-1.jpg



20200805-2.jpg



20200805-3.jpg



20200805-4.jpg



20200805-5.jpg



20200805-6.jpg

2015.6.25 イタリア・アブルッツォ州 グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園にて撮影


グラン・サッソ(Gran Sasso)は、アペニン山脈で最も高い山塊で、イタリア中部のアブルッツォ州にある。イタリア語で「大きな石」を意味し、1991年に周辺を含め「グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園」として指定されている。

主要な山頂であるコルノ・グランデ(Corno Grande)とコルノ・ピッコロ(Corno Piccolo)の間にはヨーロッパで最も南にある氷河が見られる。初登頂は1573年にボローニャ出身のフランチェスコ・デ・マルキ(Francesco De Marchi)による。

アペニン山脈をくぐりイタリア半島を横断する高速道路「アウトストラーダ A24」はここグラン・サッソを穿って建設されており、1984年に全長10kmを超えるグラン・サッソ・トンネルが開通した。

このトンネルをアクセス道路として利用し、山塊の下に世界最大級の素粒子物理学研究施設が建設され、1989年に「グラン・サッソ国立研究所」として開設した。
(以上ウィキペディアより引用しました)※地図はお借りしています。


夫さんのイタリア滞在記ですが、1か月半以上更新が止まっていました。今回のグラン・サッソの写真がなかなか良かったので、夫さんに縮小する前の元画像を探してもらいやっと見つかりました。900×675ピクセルサイズで更新します。





詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.06.13
イタリア便り 姪たちの果樹園があるヴィテルボ県トビア村近くにあるカルデラ湖 ヴィーコ湖 
イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席のため 2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです


20200613-1.jpg



20200613-2.jpg



20200613-3.jpg



20200613-4.jpg

2015.6.14 イタリアラツィオ州ヴィテルボ県ヴィーコ湖にて撮影


姪たちの果樹園があるヴィテルボ県トビア村はラツィオ州(州都は首都ローマ)に属しますが、ヴィテルボ県にはたくさんの湖があり、カヤックやヨットなどのスポーツを楽しんだり、美しい自然を堪能したりと人其々の楽しみ方が出来るそうです。

ヴィテルボ県にはボルセーナ湖、ブラッチャーノ湖、ヴィーコ湖という3つのカルデラ湖があり、イタリア有数の美しい風景をつくりだしています。夫さんたちはそのうちのひとつヴィーコ湖(周囲は自然保護区になっています)に行ったようです。





詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 水無月の夜」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.16
イタリア便り ロンチリオーネを後にして姪たちの果樹園へ ーラツィオ州ヴィテルボ県ー
イタリア・ローマ在住の姪の結婚式出席のため 2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです


20200516-1a.jpg



20200516-2a.jpg



20200516-3a.jpg



20200516-4a.jpg



20200516-5a.jpg



20200516-6a.jpg



20200516-7a.jpg



20200516-8a.jpg



20200516-9a.jpg

2015.6.14 イタリア・ラツィオ州ヴィテルボ県ロンチリオーネ&姪たちの果樹園にて撮影


※(ルシアン記)ロンチリオーネからの帰り道、義姉と夫さんは軽食を買って姪たちの果樹園へ戻ったようです。小屋の前、手前の細い子が姪です。身内自慢(私とは血の繋がりはなし 笑)で申し訳ないのですが屈託がなくて本当にいい子です。

子供の頃の姪はイタリア語と日本語がちゃんぽんになってしまったのか、どちらも遅れ気味だったようですが、今はどちらの言語も完璧。義母が生前中、義姉一家は1年に1度「バカンス~」と民族大移動の如く日本に帰国していました。

義兄がローマで空手道場を持っていたのですが、義兄の空手の師が関西在住の日本人でしたのでその先生に会いに行くことが目的で帰国、その前に暫く夫の実家に滞在していましたが、姪が常に通訳をしてくれていました。

6月下旬頃日本に帰国、小学生の頃の姪は日本の小学校に夏休みまで編入させてもらっていました。友達も出来て楽しかったようですが、ローマに帰ってしまえば、また友達とは会えなくなってしまいます、寂しかっただろうなあと。

日本にいる間は日本語(イタリア人の義兄とは当然イタリア語での会話です)、イタリアに帰れば今度はイタリア語、そりゃあ混乱するよねと思うのですが、バイリンガルやマルチリンガルの子供の頭の中はどうなっているのでしょうね?

今年はこの姪たちの果樹園を見に行きたいと思っていたのですが・・・暫くは海外渡航は難しいでしょう。行くことが出来ないとなると、果樹園は今どうなっているのか、空はどんな色をしているのか、また夢の中に出てきそうです(笑)







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 何処の外つ国(いづこのとつくに)」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.09
イタリア便り Ronciglione ロンチリオーネを散策 8  ーラツィオ州ヴィテルボ県ー
イタリアローマ在住の姪の結婚式出席のため 2015年5月29日から約1か月間滞在した夫のイタリア便りです


20200509-1.jpg



20200509-2.jpg



20200509-3.jpg



20200509-4.jpg

2015.6.14 イタリアラツィオ州ヴィテルボ県ロンチリオーネにて撮影


※(ルシアン記)本日の写真は2015年の夫さんのイタリアローマ滞在記です。ローマから送られてきた写真がこの大きさにリサイズされていましたのでそのまま掲載します。折角テンプレートを拡げたので大きさを揃えたいところなのですが。

昨日はこちらのブログはお休みしたのですが、別館「夢の通ひ路」は更新しました。その時こちらも開いて過去写真を探しながら(つまり両方の管理画面を開いていたわけです)「夢の通ひ路」の下書きを上書き保存しました。

ところが「夢の通ひ路」の記事は上書き保存されていなくて、こちらの古い記事(本来上書き保存されるべき「夢の通ひ路」の記事番号)が上書き保存されてしまったようです。どちらを保存したのか今となってはよく覚えていません。

で結局過去記事がひとつ消えました。2007年当時の記事ですのでもういいかと諦めましたが、私にとって過去記事は記録でもあるのでちょっと残念・・・どんな記事かも思い出せないので大した写真ではないと思いますが(苦笑)







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 遠雷」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2015 Italy | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Desperado


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 October~
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 仏陀悟りの地 ブッダガヤ 其の五
  • 食べログ 「焼きの みつき」のランチ ステーキ御膳と海鮮丼 ー静岡市葵区両替町ー
  • 庭の木蓮の木に来たメジロさんと餌皿を前にしたメジロさんたち ー静岡市葵区ー
  • 2008 ノルウェー旅行記 オスロ グランドホテル (2008年5月3日記事の再更新)
  • 2008 ノルウェー旅行記 オスロ「カール・ヨハン通り」 (2008年4月26日記事の再更新)
  • 庭に咲くツワブキ 椿 そして柿の木と鳥さんが突いた柿の行方は・・・ ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアンと散歩 晩秋の旧陸軍墓地広場にて & 外国人墓地 ー静岡市葵区沓谷ー
  • ポメラニアンと散歩 黄金の絨毯の上で戯れる野生児たち 蓮永寺にて ー静岡市葵区沓谷ー
  • 晩秋の蓮永寺 大銀杏が色づいた境内を歩いてみました・・・2 ー静岡市葵区沓谷ー
  • 晩秋の蓮永寺 大銀杏が色づいた境内を歩いてみました・・・ ー静岡市葵区沓谷ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 12 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 11 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 10 ーアブルッツォ州ー
  • 本日も食べログ 「ゆず庵」の平日限定 松花堂ランチ ー静岡市駿河区・静岡インター通店ー

  • ↘
    Previous Article


    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →