FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2020.06.07
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200607-1.jpg



20200607-2.jpg



20200607-3.jpg



20200607-4.jpg



20200607-5.jpg



20200607-6.jpg



20200607-7.jpg



20200607-8.jpg



20200607-9.jpg



20200607-10.jpg



20200607-11.jpg



20200607-12.jpg


見事にここを歩いたという記憶がありません、完全にすっこ抜けています(いよいよ痴呆かアルツか・・・滝汗)ブラチスラヴァは街のあちらこちらにある銅像やオブジェが有名らしいのですが、何故か私の写真には1枚も写っていませんでした。

1枚目と2枚目に写っているのはブラチスラヴァから各国の都市までの距離を記した銅版のようです。中央に東西南北?左下にTOKYO 9142km?の文字が見えます、TOKYOの右下に記されているのはワルシャワとヘルシンキでしょうか。

石畳に埋め込まれた王冠のマークは戴冠式後のパレードの道筋を示すものです。※1563年から1830年までの間に、11人のハンガリー国王がこの先にある聖マルティン教会で即位しました(1740年に即位したマリア・テレジアを含む)

※オスマン帝国の侵攻により首都ブダが支配された為、1536年から1784年までの間ブラチスラヴァがハンガリー王国の首都となりました(ハンガリー侵攻はHuluで一気見した「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」で学びました 笑)


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2



La Campanella  Liszt



ブラチスラヴァにはリストが立ち寄り、聖マルティン教会で演奏をしたことがあったそうです。そのことに因み本日のBGMは『ラ・カンパネラ』の動画をお借りしました。演奏を見ているだけで薬指と小指が攣りそうな気がしてきますが・・・







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 そして誰もいなくなる・・・」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.30
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200530-1.jpg



20200530-2.jpg



20200530-3.jpg



20200530-4.jpg



20200530-7.jpg



20200530-5a.jpg



20200530-6a.jpg


逆光になってしまいましたが・・・旧市街の入り口、ミハエル門は1旧市街を取り囲む城壁に設けられていた門のうち唯一現在も残っている門なのだそうです。この門の内部は武器博物館として公開されています(1枚目から3枚目)

ミハエル門のすぐ近くにあるのが薬学博物館(4枚目から7枚目)です。薬学博物館は、ブラチスラヴァで最古の「赤いザリガニ」が屋号だった薬局を改築した建物を利用しているそうです。何故ザリガニ?と思ったのですが、屋号だったのですね。

旧市街は中世の趣きがそのまま残っているような地区でしたが、ほとんど記憶がありません。何処だろう?と検索して薬学博物館だということを知りました。写真を見るとガイドさんが説明しているようなので一度は聞いたと思うのですが・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.17
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200517-1.jpg



20200517-2.jpg



20200517-3.jpg



20200517-4.jpg



20200517-5.jpg



20200517-6.jpg



20200517-7.jpg



20200517-8.jpg


1枚目は市街から見たブラチスラヴァ城、2枚目以降は旧市街入口です、ここから旧市街を歩きます・・・どうしてもっと退いて全体を撮らずこう部分部分を撮っていたのだろう(苦笑)と思うのですが中欧旅行の写真は中途半端なものばかりです。

哀しいことに本当にブラチスラヴァの事は覚えていません。ただここだったか次に訪れたチェコだったか(それすらも覚えていない 涙)自由時間の時に小さなお店にひとりでぶらっと入り、自分用のお土産にモルダバイトのピアスを買いました。

モルダバイトとはチェコ周辺でしか採れない深いグリーン色のガラス(私が聞いた時は隕石ということでしたが・・・)でパワーストーンです。宇宙から落ちてきた物体?と聞いて「神秘的で面白いよね!!」と思わず買ってしまいました。

小さな円形のモルダバイトの周囲をこれまたチェコ原産のガーネット(こちらは深い赤色)がぐるっと取り囲んでいる、おそらく日本では見かけることはないだろうと思われるクラシカルなピアスですが、今でも愛用しています。

これとは別に血赤のような美しいガーネットが埋め込まれた大きなクロスのペンダントトップ、カメオの周囲をガーネットが取り囲んでいるリングとピアスも買ってきましたが(チェコ・プラハのお店でした)どれもお気に入りの品々です。

今思えばこの旅行の時から自分用のお土産は荷物にならない(笑)宝飾品を選ぶようになりました。ヒトと同じものは嫌という我が儘な性格故かついつい変わった品を探すのですが、海外は面白いモノが多くて見て歩くだけでも楽しいものです。

・・・とここまで書きながらもしかしたらあのピアスを買ったのは、ここブラチスラヴァではなく、この後訪れたチェコの古都チェスキー・クロムロフだったかもしれないと。モルダバイトはモルダウ川近くで発見されこの名がついたようですから。

気が向いたらロシア旅行時に買った琥珀のように撮影するかもしれませんが、宝飾品(特に色彩やテリが特徴のモノ)は素人撮影ではその美しさが表現できません。一度アレキサンドライトのリングを撮影してみましたが大失敗でした(涙)


「ロシア旅行記 番外編 ーロシア土産ー ロイヤルアンバー(琥珀)」はこちらからどうぞ


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

「アンダルシアの風」

以前こちらで書いた記事を転載しました

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.10
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200510-1.jpg



20200510-2.jpg



20200510-3.jpg



20200510-4.jpg



20200510-5.jpg



20200510-6.jpg



20200510-7.jpg



20200510-8.jpg


全体に霞んだ写真ですが、ブラチスラヴァ城から見たブラチスラヴァの街並みです。前を流れているのはドナウ川ドナウ川に架かる橋にはUFO Observation Deck(UFO展望台)があり(3枚目の写真)、ここからは市街が一望できるそうです。

修復中の尖塔は聖マルティン大聖堂です。午前中旧市街を観光して昼過ぎにはチェコ・プラハへ移動しましたのでブラチスラヴァはほとんど覚えていません。旧市街を歩いた時に撮影した写真が少しありますので、また次回・・・

ブラチスラヴァのガイドさんはおだやかなスロバキア人の女性でしたが、日本語がペラペラ~だったことはよく覚えています。海外旅行をして驚くのは現地ガイドさん、皆さん日本語歴何年かで本当に流暢な日本語を話すということ。

トルコ旅行時もそうでしたし、ロシア旅行のガイドさんも全くストレスを感じさせない美しい日本語を話していました。そうそうトルコ旅行時は、男性ガイドさんがあまりにも綺麗な日本語を話すので己の汚い言葉が恥ずかしかったくらいです。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

「泡沫短歌 自動点灯」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.03
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200503-1a.jpg



20200503-2a.jpg



20200503-3a.jpg



20200503-4a.jpg



20200503-5a.jpg



20200503-6a.jpg



20200503-7a.jpg



20200503-8a.jpg



20200503-9a.jpg



20200503-10a.jpg



20200503-11a.jpg


スロバキアという国について私が知っていたことは、恥ずかしながら「旧東欧圏にあったチェコスロバキアから分離した国だよね」くらいです。それでまたウィキ先生に教えていただくことにしました・・・

スロバキア共和国(スロバキア語)、通称スロバキアは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はブラチスラヴァで、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接する。

古代にはサモ王国(623年 - 658年)・モラヴィア王国として独立を保った期間もあったがこの地のスラブ人は1000年間少数民族としてハンガリー王国の支配下に置かれていた。

ハンガリーにとっても歴史的に重要な地域であり、多くのハンガリー人の出身地、ハンガリー貴族の発祥地でもある(元来スラブ系で、ハンガリー文化に同化した者も多い)。

第一次世界大戦後、オーストリア・ハンガリー帝国からチェコと合併するかたちで独立し、1989年のビロード革命による共産党政権崩壊を経て、1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立し現在に至る」


以上ウィキペディアより引用しました。スロバキアの首都でもあるブラチスラヴァにあるブラチスラヴァ城はドナウ川を見下ろす高台にあり、かつてマリア・テレジアの居城にもなっていた古城です。

城の四隅に配されている塔をテーブルの脚に見立てて、「ひっくり返したテーブル」という愛称を持つそうです。ガイドさんの説明を聞きながら城内を歩いた記憶はあるのですが、詳細は覚えていません。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城



※昨日も過去記事の写真を一括中央寄せが出来ないかと試みましたが撃沈(涙) 他の気になっていた部分は何とか解消しましたが、まだ何処かしら不具合があるかもしれません、見苦しくてすみません。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

「引き籠り生活の中 霊感ある?ない?」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.12
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ハンガリー・ブダベストよりブラチスラバへ
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリースロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200412-1.jpg



20200412-2.jpg



20200412-3.jpg



20200412-4.jpg



20200412-5.jpg



20200412-6.jpg



20200412-7a.jpg



20200412-8a.jpg


旅行3日目はハンガリー・ブダペストに別れを告げてスロバキアブラチスラバへ向かいます。この日はホテル出発が朝7時半でしたのでモーニングコールが6時(毎度の如く旅行中は早起き♪4時半には起床していました)

約215km先にあるブラチスラバはツアーバスで3時間程の距離でした。1枚目はトイレ休憩時に撮影したと思います。2枚目から4枚目までは走行中のバスの中から、5枚目から8枚目はブラチスラバ城です。

現在ブラチスラバスロバキア共和国の首都ですが、16世紀・トルコ占領時はハンガリー帝国の首都でした、白ワインの産地としても知られているそうです。詳細は次回・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」


プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2

ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

春眠暁を覚えず ・・・と言い訳して

相変わらず惰眠を貪っております~(滝汗)

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.03.23
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200323-1.jpg



20200323-2.jpg



20200323-3.jpg



20200323-4.jpg



20200323-5.jpg



20200323-6.jpg


先週に続き、航行しているクルーズ船から手持ちで撮影したブダペスト・ドナウ河の夜景のボケ写真です。本日はくさり橋の写真を集めました(といってもほとんどがもっとひどいボケ写真でしたので6枚だけです)

くさり橋はブダ地区とペスト地区を結ぶ橋です。当時権勢を奮っていた※セーチェニ伯爵の発案により架設が始まり、1849年に完成しました。第二次世界大戦で破壊されましたが1949年に復元されました。

セーチェーニ・イシュトヴァーン(Széchenyi István 1791年9月21日 - 1860年4月8日)は、19世紀前半に活躍したハンガリーの自由主義貴族。政治家。(ウィキペディアより引用しました)


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 微睡(まどろみ)の中」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

春眠暁を覚えず ・・・

惰眠を貪っております~(滝汗)

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.03.15
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200315-1.jpg



20200315-2.jpg



20200315-3.jpg



20200315-4.jpg



20200315-5.jpg



20200315-6.jpg


最初に酷いボケ写真の掲載をお詫びします。1枚目はクルーズ船に乗り込む前に歩きながら撮影、他は航行しているクルーズ船から手持ちで撮影していますので折角の夜景が残念な結果になってしまいました。

さてこの日の目玉は何といってもドナウ川ナイトクルーズでしょう。いくつかあったJTBの中欧ツアーの中で決め手になったのはこのクルーズがついていたこと、いうのもそれまではオプショナルツアーだったと聞いたから。

「こだわりセレクション ヨーロッパ百選 ドナウ川クルーズ」というツアーですが、ディナーをいただきながら、ドナウの真珠と称されるブダペストの夜景をドナウ川から眺めるというプチ贅沢なナイトクルーズです。

早々にディナーを済まして(笑)船内からデッキへ。超がつくほど寒い~!!そりゃそうですよね、2月の夜、それも船の上ですから寒くないわけがありません。デッキで頑張って写真を撮っていたのは私ひとりでした。

後から聞きましたら、ツアーの他の皆さんはあまりの寒さに船内から夜景を眺めたり、お酒を飲んだりしてしていたそうです。当時の私は多少若かったので(笑)寒さにもめげずデッキに飛び出していったのだと思います。

昼間の観光中にカメラを石畳に落としてから何度か起動しなくなったり、電池の消耗が激しかったりしていたのですが、この時も撮影中何度も電源が落ちてしまいました、そして真っ黒な写真が沢山・・・(涙)

このナイトクルーズは途中まで行ってUターンする形でしたので、行きと帰りに撮影した※ブダ王宮くさり橋の写真を本日は集めてみました。まだボケ写真がありますので次回に続きます。


※「王宮の丘」と呼ばれる丘の中心的存在であるブダ王宮は歴代の王が居を構えていましたが、現在は美術館や博物館として公開されています(王はここには住んでいないそうです)


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.03.08
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200308-1.jpg



20200308-2.jpg



20200308-3.jpg



20200308-4.jpg



20200308-5.jpg


ハンガリー・オペラの殿堂、オペラハウスは1884年建築のネオ・ルネッサンス様式の建物です。7・8月以外はほぼ毎日オペラ等が上演されているそうです。

本日の写真は走行中のバスの車窓からガイドさんの説明を聞きながら慌てて撮影したオペラハウスですが、酷い写真ですみません。この後の観光中にカメラを石畳に落とし更には電池切れ?になり起動しなくなりました。

昼食後はフリータイムになりましたので取り敢えずオペラハウスまでぶらぶら歩きました。午後3時から催行される英語によるオペラハウスの内部見学会があると知り、参加しました。

オーストリア=ハンガリー帝国の皇妃エリザベートが窮屈なウィーンの宮殿を抜け出して、大好きだった街ブダペストをしばしば訪れ、このオペラハウスで観劇したそうですが、その席もそのままありました。

そんなわけでカメラが起動しなくなり、この日の午後の写真がありません。オペラハウス内の美しい装飾や正面からのオペラハウスをご覧いただくことが出来なくて、本当に残念です。


※写真のリスト像に因んで本日のBGMはリスト:愛の夢 第3番 夜想曲 変イ長調(Franz Liszt : Liebestraume No.3 Nocturne in A-Frat Major)を・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.03.01
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200301-1.jpg



20200301-2.jpg



20200301-3.jpg



20200301-4.jpg



20200301-5.jpg



20200301-6.jpg


聖イシュトヴァーン大聖堂に行く前に通ったアンドラーシ通りです。英雄広場まで延びるアンドラーシ通り周辺は、ドナウ川右岸に拡がる国会議事堂や繁華街などが集まる政治・経済の中心地なのだそうです。

歴史的建造物やお洒落な建物が通り沿いに並んでいましたが、走行中の移動バスの車窓からでしたので、今回もボケ写真ばかりでした、ごめんなさい。


※昨日から本日にかけてあれこれあって超多忙になってしまい(滝汗)本日も更新が遅れました・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.02.09
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200209-1.jpg



20200209-2.jpg



20200209-3.jpg



20200209-4.jpg



20200209-5.jpg



20200209-6.jpg



20200209-7.jpg



20200209-8.jpg



20200209-9.jpg


聖イシュトヴァーン大聖堂ハンガリー語: Szent István-bazilika)は、ハンガリーの首都ブダペストにあるカトリック教会の※バシリカである。

※カトリック教会では伝統的に、ローマ教皇の発行する公式文書(教皇小書簡、小勅書などと呼ばれる)によって種々の特権を付与された教会堂をバシリカと呼称している。

聖イシュトヴァーン大聖堂ハンガリー国会議事堂と並んでブダペストで最も高い建造物である。建物高96m、幅55m、奥行87.4m。 1851年に着工し、54年後の1905年に完成した。

この遅滞の大半は、完成したにもかかわらず手がつけられないほど崩壊し、一から作り直すことになった1868年のドーム倒壊が起因している。

聖遺物箱に収められている右手のミイラの主、ハンガリー王国の初代国王イシュトヴァーン1世にちなんで名づけられた」
以上ウィキペディアより引用しました。


聖イシュトヴァーン大聖堂の写真は外観しかなかったので外側からの見学だけだったかと思ったのですが、「聖遺物箱に収められている右手のミイラ」を見た記憶がありますから、中にも入っていたのです。

そういえば募金箱?にお金を入れると(添乗員さんが入れてくださいました)展示してあるミイラの右手がライトアップされて、「写真を撮る方はどうぞ」と言われた記憶が蘇りました(すっかり忘れていました 汗)

ミイラの右手は1083年に列聖されたイシュトヴァーン1世のものです。遺体から失われていた右手がトランシルヴァニアで発見されてから各地を転々とし、1771年マリア・テレジアによってブダに戻されたそうです。


右手のミイラってどんなもの?と気になりませんか?(笑)気になる方のために画像をお借りしました。


20200209.jpg


見る前はもっとおどろおどろしいモノ?を想像していたのですが、干からびてやはりミイラだったなあと。でもどうして右手だけが切られてあちこち放浪する羽目になったのでしょうか???

この聖イシュトヴァーン大聖堂の外観を撮っている途中早々にカメラの電池残量が少なくなり、この日は大聖堂の内部も以後も写真が残っていません。前夜、充電し忘れたことを思い出しました。

そしてこの後だったと思うのですが、歩いている途中、カメラを石畳に落としてしまい(涙)起動しなくなったことも・・・充電後は起動するようになりましたが、調子が悪く結局帰国後全く起動しなくなってしまったのです。

中欧旅行の写真がとても少なく、また綺麗に撮れていないのはそんなことも原因だったのかなあと思います。なあんて電池切れ以外は単に腕がなかっただけ、下手だったというのが大きな原因ですが(滝汗)

プロフィールで使っている写真はここで添乗員さんに撮影していただいたものです。以前も書きましたが、旅行時の醜い己の姿が写っている写真はこれとロシア・サンクトペテルブルグでガイドさんと撮った2枚だけです・・・


2011 Central Europe List of Articles




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.01.26
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200126-5.jpg



20200126-6.jpg



20200126-7.jpg



20200126-1.jpg



20200126-2.jpg



20200126-3.jpg



20200126-4.jpg


1枚目から3枚目がバスの車窓から撮影したセーチェニ温泉です。車内で添乗員さんから「前方に見える立派な建物が●●温泉です」と説明されましたが温泉名の記憶が飛んでいました。

ガイドブックと地図から前回更新した英雄広場のすぐ近くにあるセーチェニ温泉で間違いないと思います。セーチェニ温泉は市民公園内にある大規模温泉施設で1913年にオープンしました。

温泉というよりも地元の人たちの社交場であり、屋外に28℃~38℃の3つのプール、屋内には20℃~36℃の15の浴槽があります。一番大きなプールにはセーチェニ名物のチェス盤が備え付けられています。

温泉で真剣にチェスに興じる人々とそれを見守るギャラリー・・・以前何かのTV番組で見た記憶がありますが、「ここだったのね」と。 水着を着て入るのであれば海外の温泉を体験してみたかった~(笑)

4枚目から7枚目が英雄広場からバイチ・ジリンスキー通りの交差点まで、パリのシャンゼリゼ通りをモデルに作られ約2.5kmにわたって落葉樹の並木道が続く、アンドラーシ通りです。

アンドラーシ通りは、通り沿いにオペラハウスやリスト・フェレンツ記念館など音楽関係のスポットが満載!街のメインストリートのひとつです。(写真は英雄広場の前から撮影しました)


2011 Central Europe List of Articles




週の後半は海外の写真を更新しております

木曜日 2019年 ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ☆☆昨年のイタリア旅行記(ルシアン撮影)☆☆

金曜日 2007年 インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 ★★インド旅行記(夫撮影)★★

土曜日 2015年 イタリア便り ★★姪の結婚式に出席のため1か月滞在したローマ便り(夫撮影)★★

日曜日 2011年  Central Europe 中欧旅行記 ☆☆中欧4カ国巡り(ルシアン撮影)☆☆






詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 水仙」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

HAUSER Nessun Dorma

HAUSERのチェロで聴くオペラ

「トゥランドット」から「誰も寝てはならぬ」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.01.19
Central Europe  2011中欧旅行記  ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200119-1.jpg



20200119-2.jpg



20200119-3.jpg



20200119-4.jpg



20200119-5.jpg



20200119-6.jpg



20200119-7.jpg


前回更新した英雄広場にはふたつの美術館が面して建っていますが、そのうちのひとつ1896年に建設が始まり、1906年に完成したのが西洋美術館(1枚目~3枚目)、古代ギリシャ神殿を模して建てられたそうです。

西洋美術館と対面する形で建っているのが1895年に完成した現代美術館(ミューチャルノク)です。ルネッサンス調の精巧な装飾が美しい外観ですが、常設展示はなく企画展示のみ、現代美術を鑑賞することが出来ます。

広い英雄広場を歩きながら美術館を撮影しました。もやっていたのか?この日の写真はぼぅっとしています。ひとり旅でしたら絶対美術館には入館するのですが、この時は外観を見たのみで次へと移動になりました。


※昨日はスマホ教室(生徒さん3人)だったのですが、午前中から3時半頃まで用事がありましたので、駅ビルに4時集合、夕飯をいただきながら教えました。久し振りの浜松餃子と炒飯(笑)美味しかった~♪


2011 Central Europe List of Articles




週の後半は海外の写真を更新しております

木曜日 2019年 ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ☆☆昨年のイタリア旅行記(ルシアン撮影)☆☆

金曜日 2007年 インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 ★★インド旅行記(夫撮影)★★

土曜日 2015年 イタリア便り ★★姪の結婚式に出席のため1か月滞在したローマ便り(夫撮影)★★

日曜日 2011年  Central Europe 中欧旅行記 ☆☆中欧4カ国巡り(ルシアン撮影)☆☆







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いております

 ↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.01.12
Central Europe  2011中欧旅行記  ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200112-1.jpg



20200112-2.jpg



20200112-3.jpg



20200112-9.jpg



20200112-10.jpg



20200112-4.jpg



20200112-5.jpg



20200112-6.jpg



20200112-7.jpg



20200112-8.jpg


マジャール人によるハンガリー建国1000年を記念して1896年から作られ1929年に完成した英雄広場は、ブダペスト随一の広さを誇る記念広場です。

中央にある高さ35メートルの建国記念碑の頂上にいるのは大天使ガブリエル像です。ローマ法王の夢の中でイシュトヴァーンに王位を授けるように告げられたそうです。

建国記念碑の台座中央にはマジャール族の首長アールパートと彼を囲むように7部族の長の像が並んでいます。弧を描くように広場を囲んで列柱が造られ、歴代王や英雄の像14体が収められています。

建国記念塔を中央に左右対称の建造物ですが、何故か左右対称の写真がありません(汗)撮影時間を見ますとここには10分程しかいなかったようです、ガイドさんの説明を聞いてその場で撮影しただけのようでした。

折角の撮影スポットですから、もう少し時間があれば自由に動き廻り広場の中央に立って撮影したり、14体の像も個々に撮影出来たのだと思います。こういう時ツアーの不自由さを感じますが仕方がないですね。

・・・ということで本日は酷い写真ばかりになってしまいました(あせっ)


2011 Central Europe List of Articles








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」 

「梅開花」

更新しました 

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.01.05
Central Europe  2011中欧旅行記  ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200105-1.jpg



20200105-2.jpg



20200105-3.jpg



20200105-4.jpg



20200105-5.jpg



20200105-6.jpg


ハンガリーブダペスト、二日目は興奮していたのか朝も早くから(4時頃でしょうか)目が覚めてしまいましたので、ホテルのレストランが開く前からレストラン前で待機(笑) 当然レストラン一番乗り~です。

食事内容はよく覚えていませんが、ビュッフェスタイルでしたので毎度の如くお腹いっぱいいただきました。暫くすると添乗員さんがやって来て「早いですね、同席してもいいですか」と。

この時ウィーン学友協会ホールでのコンサートチケットかオペラ座のチケットが取れるかもしれないという話になり、最終日にウィーン学友協会のコンサートに行くことが出来たということは以前書きました。

早朝散歩は禁止されましたが「明るくなってからはひとりで歩いても大丈夫ですよ」と添乗員さんからお墨付き?をいただいて、集合時間までのわずかな時間、ホテルの周辺を散歩することにしました。

ひとりぶらぶら歩きながら撮影した写真です。写真整理をしながら気がついたのですが、1枚目の写真の左側にSUZUKIがさり気なく写っていました、そういえば我が家の犬小屋車(笑)ハンガリー製の逆輸入車でした。

見ず知らずの異国を地図も持たずあてもなく彷徨うのが好きです。ひとり旅の時は勿論そうなりますが、ツアー旅行の時も時間を見つけてはこうした街のひとり歩きを楽しんでいます。


20200105-7.jpg


ホテルの写真も見つかりました。何階建てだったのかも忘れてしまいましたが、結構上の方の階(7階か8階)だったと記憶しています(到着した夜、機内での運動不足解消の為にせっせと階段の上り下りをしました)


20200105-8.jpg


これはホテルの部屋で撮影したハンガリーの紙幣500フォリントです。2011年当時1フォリントが0.5円くらいだったと思います。ハンガリーを去る日チップとして残った500フォリントをテーブルに置きました。

しっかりブライトリングの時計も写していたようです、これも全く記憶にありませんでした(笑)







その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

 ↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Tears - X Japan


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


相互リンクはしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

リンクはご自由にどうぞ


ではではごゆっくり・・・♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 April~
  • Cafe Clémentine カフェ・クレモンティーヌのステンドグラス & 汎用リモコン
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ中心街 アムンゼン像の前で(2020年7月13日再更新) 
  • ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂 ピエタ
  • 幻想的な美しさのステンドグラスフットライト Cafe Clémentine(カフェ・クレモンティーヌ)にて
  • ステンドグラス教室体験レッスン フォトフレーム作成 ー静岡市駿河区稲川ー
  • Cafe Clémentine カフェ・クレモンティーヌでランチ ー静岡市駿河区稲川ー
  • ステンドグラス工房 Le Serfeuil  ル セルフィーユ ギャラリー2 ー静岡市駿河区ー
  • ステンドグラス工房 Le Serfeuil  ル セルフィーユ ギャラリー ー静岡市駿河区ー
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ中心街 雪の中を散歩(2020年7月5日再更新) 
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ大聖堂(2020年7月4日再更新)
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ 中心街を歩く(2020年7月3日再更新)
  • 洋食レストラン「レストランMITA」でペアランチをいただきました ー静岡市駿河区ー
  • 中田緑地(グリーンベルト)残りの写真と畑や田んぼのある景色 ー静岡市駿河区ー
  • 「おおきくふらないで」 雨上がりの公園にて ー静岡市駿河区・中田緑地(グリーンベルト)ー

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →