FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2020.09.29
Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城のこぢんまりした衛兵交替式
20200929-7.jpg


2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


この日は午前中プラハ市内観光をして昼食 

その後は自由行動というスケジュール

プラハ城からカレル橋を渡り旧市街で昼食後解散

旧市街を歩いた後再びカレル橋を渡りプラハ城

その時に衛兵交代式を見ることが出来ました


20200929-1.jpg



20200929-2.jpg



20200929-3.jpg



20200929-4.jpg



20200929-5.jpg



20200929-6.jpg


雪降る日の石畳の街の寒さは、本当に足の下からしんしんと冷えてくるという感じでした。午後からは太陽が覗きましたが、カフェ等でまったり過ごすよりもひたすら歩く!!私は、この時もひとりまたカレル橋を渡りプラハ城へ戻りました。

プラハ城では丁度こぢんまりした衛兵の交替式が行われていました。写真の時間を見ますと午後3時過ぎ頃です。通常は12時から衛兵の交替式が行われているようですが、この時は門を守る詰所の交替式だったようです。

旅行時は一応ガイドブックを持ってはゆくのですが、しっかり読むこともなく、行き当たりばったりのことが多いです。この時も何処という目的もなく歩いていたのですが、小さな交替式だったとはいえ、偶然見ることが出来、大満足でした。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3
スロバキア・ブラチスラヴァからチェコ・プラハへ  

チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「神学の間」  
チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「哲学の間」
チェコ・プラハ ストラホフ修道院 入口付近にて
チェコ・プラハ プラハ城の衛兵
チェコ・プラハ プラハ城のこぢんまりした衛兵交替式







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 秋深む & 曼珠沙華」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.28
Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城の衛兵
20200928-7a.jpg


2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


この日は午前中プラハ市内観光をして昼食 

その後は自由行動というスケジュール


本日は午前中の市内観光中 

プラハ城衛兵の前を通り過ぎながら

撮影した写真です・・・


20200928-1.jpg



20200928-2.jpg



20200928-3.jpg



20200928-4.jpg



20200928-5a.jpg



20200928-6.jpg



20200928-8.jpg


観光客の皆さんは衛兵の前で必ず写真を撮ります(ご多分に漏れず私も撮影しました 笑)さすがにこの頃、2011年当時は自撮り棒なんていうものはありませんでしたから、衛兵をささっと撮影して立ち去ってゆきました。

朝からどんよりした日でしたが、雪が降り寒かったことだけはよく覚えています。白くぽつぽつと写っているのは雪です。衛兵さんたち、こうして微動だにせず(にこりともせず)立っているのは慣れているとはいえ辛いことでしょう。

明日は午後からの自由時間時に撮影した衛兵交替式を更新予定です・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3
スロバキア・ブラチスラヴァからチェコ・プラハへ  

チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「神学の間」  
チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「哲学の間」
チェコ・プラハ ストラホフ修道院 入口付近にて
チェコ・プラハ プラハ城の衛兵








詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.06
Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハで最も古い修道院 ストラホフ修道院入口付近
20200906-1.jpg


2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


チェコプラハストラホフ修道院には

プラハで最も古い修道院です

「神学の間」「哲学の間」に続き

本日は修道院の入口付近にて撮影した写真です


20200906-2.jpg



20200906-3.jpg



20200906-4.jpg



20200906-5.jpg



20200906-6.jpg



20200906-7.jpg



20200906-8.jpg



20200906-9.jpg


昨日、一昨日と更新したプラハ城から徒歩約10分、ぺトシーンの丘の上にあるストラホフ修道院です。入口付近から撮影しました。この日は午前中徒歩にてプラハ市内(プラハ城周辺~旧市街)観光をして、午後は自由行動になりました。

写真に白く写っているのは雪です。朝から冷たい雪模様、寒くてじっとしてはいられない・・・この後、自由行動の時こそ本領発揮とばかりにひとりでまたプラハ城に戻りカレル橋を行ったり来たり、何往復かしたことをよく覚えています。

写真は「神学の間」と「哲学の間」を見学後、帰りがけに撮影したようです(旅行記は撮影した順序どおりに更新しております)この後プラハ城へ向かいました・・・ということで本日も稚拙な写真をご覧くださいましてありがとうございました。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3
スロバキア・ブラチスラヴァからチェコ・プラハへ  

チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「神学の間」  
チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「哲学の間」
チェコ・プラハ ストラホフ修道院 入口付近にて








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「PCフリーズの原因は?」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.05
Central Europe 2011中欧旅行記  世界で最も美しい図書館 ストラホフ修道院「哲学の間」
20200905-6a.jpg


2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


チェコプラハストラホフ修道院には

世界で最も美しいと言われる図書館があります

昨日の「神学の間」に続いて

本日は「哲学の間」と言われる部屋です


20200905-1a.jpg



20200905-2a.jpg



20200905-3a.jpg



20200905-4a.jpg



20200905-5b.jpg



20200905-7a.jpg



20200905-8.jpg



20200905-9.jpg


昨日に続きプラハ城から徒歩約10分、ぺトシーンの丘の上にあるストラホフ修道院「哲学の間」です。18世紀に整備された哲学の間には、中世の歴史書が多く並んでおり、天井のフレスコ画は「人類の精神史」が描かれているそうです。

写真を見ながら思い出したのですが、昨日の「神学の間」でのクラシックコンサートは、このツアー参加者の為だけのコンサートだったような?記憶があります。おそらく案内してくれたガイドさんの力だと思いますが、中身の濃いツアーでした。

写真は暗い中、手持ち撮影(私は常に手持ち撮影で三脚を持っておりません 苦笑)でしたので、ブレたりボケたりしております。旅行中はいつも何も考えず撮影するだけで精一杯ですが、昨日の「神学の間」同様もう少し撮りようがあったかなと。

ということで本日も稚拙な写真をご覧くださいましてありがとうございました。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3
スロバキア・ブラチスラヴァからチェコ・プラハへ  

チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「神学の間」  
チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「哲学の間」








詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.04
Central Europe 2011中欧旅行記  世界で最も美しい図書館 ストラホフ修道院「神学の間」
20200904-5.jpg


2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


チェコプラハストラホフ修道院には

世界で最も美しいと言われる図書館があり

その「神学の間」と言われる部屋で

クラシックコンサートを楽しみました


20200904-1.jpg



20200904-2.jpg



20200904-3.jpg



20200904-4.jpg



20200904-6.jpg



20200904-7.jpg



20200904-8.jpg



20200904-9.jpg



20200904-10.jpg



20200904-11.jpg



20200904-12.jpg


プラハ城から徒歩約10分、ぺトシーンの丘の上にあるストラホフ修道院は、1143年にプラハのジョン司教ジョンジンチッチズジークとボヘミア公爵であるウラディスラウス2世によって設立されたプレモンストラート会の修道院です。

長い歴史の中で様々な戦火や革命を生き延び、現在では約70人の修道士が在籍しているそうです。修道院内には、聖母マリア教会、この美しい図書館の他に自家醸造所が併設されたビアホールレストランがあるとか・・・

図書館では、修道士が長い間に渡って聖書、歴史書、図鑑など古今東西の書物を集めていたそうですが、現在は14万冊以上の蔵書があると言われています。「神学の間」の由来は、様々な言語や版の聖書を所蔵していたことから。

「神学の間」にはその他神学文学なども収められています。半円天井の美しいフレスコ画に溜息をつき、1500年代に制作された地球儀や天球儀がずらりと並んでいる中でのクラシックミニコンサートを楽しみました。

言語(ラテン語?)が理解出来れば、この贅沢かつ美しい図書館でゆっくり古書を読んでみたかった(って手に取ることが許されるのかどうかはわかりませんが)因みにここはチェコ在住の知的な日本人男性ガイドさんが案内してくださいました。

写真は暗い中、手持ち撮影(私は常に手持ち撮影で三脚を持っておりません 苦笑)でしたので、ブレたりボケたりしております。旅行中はいつもアングルも何も考えず撮影するだけで精一杯ですが、もう少し撮りようがあったかなと。

ということで本日も稚拙な写真をご覧くださいましてありがとうございました。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3
スロバキア・ブラチスラヴァからチェコ・プラハへ  

チェコ・プラハ ストラホフ修道院 「神学の間」  








詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.18
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア・ブラチスラヴァからチェコ・プラハへ
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


本日はブラチスラヴァ最後の写真です

この後チェコ・プラハへ向かいます・・・


20200818-1.jpg

オーストリア大使館の建物



20200818-2.jpg

オーストリアとユーロの国旗でしょうか



20200818-3.jpg

盾と剣の紋章が気になりました



20200818-4.jpg

オーストリア大使館と書かれた銘板



20200818-5.jpg

かつてモーツアルトがここで演奏したとか



20200818-6.jpg

チェコへ向かう途中見かけた

マクドナルドの看板



20200818-7.jpg

確かにマクドナルドがありました(笑)



20200818-8.jpg

チェコ・プラハに夕方到着しました

これから2泊お世話になる

クラリオン コングレス ホテル プラハ

ドアを開けて入ったところです

バスルーム前あたりから撮影



20200818-9.jpg

一応バスルームをチェック

添乗員さんから

「お湯が出るかチェックしてください」

と言われました



20200818-10.jpg

日本人宿泊客が一斉にお湯を使うと

出なくなってしまうこともあるとか

当時は旧東欧圏では

そんなこともあったようです

アメニティ・グッズは2人分ありましたし

お湯の出も悪くはなく快適でした



20200818-11.jpg

ツインの部屋をひとりでひろびろ~使います

窓側のベッド(右側)で眠りました

バスルーム側のベッドは物置にして

本を広げたり翌日着る洋服を置いたり・・・


ブラチスラヴァでランチをいただいて、その後チェコのプラハへ向かいました。距離にして約334km、朝、ハンガリー・ブダペストからここブラチスラヴァまでの距離が約215km、この日は半日観光以外はほとんど移動のバスの中でした。

ツインの部屋をひとりで使うことが出来るのは本当に快適です。スーツケースをば~んと広げて荷物整理が出来ますし、シャワー後バスルームを出て(誰に気兼ねすることなく)すっぽんぽん(爆)で歩き回ることも出来ますから~ ♪

私の場合、ホテルの部屋でひとりゆっくり過ごすことが出来たから、ツアー旅行もなんとか楽しむことが出来たのかもしれません。24時間ず~っと誰かと一緒に行動していたら、鬱陶しくて気が狂うだろうなあ(多分不機嫌になる)と思うのです。

ずっと昔のことですが、職場の先輩と彼女のお姉さんと私の3人で2泊3日の金沢旅行をしたことがありました。姉妹は日頃は仲良しだったのですが、何故か1日目から突然喧嘩が始まり・・・「うわっ私の居場所がないよ、どうする私・・・」

どちらの肩も持てないし、そのうち極めて私的な口喧嘩になってしまいました。それで仕方なく(夜も更けていましたが)旅館の部屋を出てロビーへ。土産物コーナーも閉店になっているし行く所もなくてロビーのソファでぼぅっと過ごしました。

二人が寝静まった頃部屋に戻りましたが、翌日は何事もなかったように振る舞うお二人さんでした(一人っ子の私には理解不能 笑)いくら親しくお付き合いさせていただいていたとしても、部屋は別にするべきだったとこの時反省したのでした。

そんなこともあって海外・国内問わず旅行時は部屋はひとり部屋にしています。以前義母(夫さんの母)と夫さんと私の三人で福島へ旅行したことがあったのですが、その時も義母を説き伏せて、私はシングル部屋に突入しました。

きっと義母はひとり部屋では不安だったと思うのです。その頃は夫さんと私は横浜に住んでいましたので、久し振りに会う義母と夫さんは積もる話があるだろうと。「折角ですから親子水入らずでどうそ」と言ってシングル部屋で清々眠りました。

夫さんがホテル等を予約したのですが、確か1泊目がビジネスホテルしかとれなくてツイン+シングルだったと思います。2泊目は旅館でしたので三人で仲良く寝ましたけれどもね(笑)なあんてまた昔話になっちゃいました(年取った証拠 汗)


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3
スロバキア・ブラチスラヴァからチェコ・プラハへ  








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「猛暑でも珈琲や抹茶はホットで」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.17
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200817-1.jpg



20200817-2.jpg



20200817-3.jpg



20200817-4.jpg



20200817-5.jpg



20200817-6.jpg



20200817-7.jpg



20200817-8.jpg



20200817-9a.jpg


こちらの中欧旅行記は6月7日更新以降、2か月以上間が空いての更新です・・・

ブラチスラヴァは小さな街でしたので、それほど距離を歩いた記憶はないのですが、何処をどう歩いていたのやら・・・黄色い建物にはリストの銘板があり(7枚目・8枚目の写真)リストが幼少の頃住んだ建物なのだそうです。


リスト繋がりで本日のBGMはリストの『 Liebestraum No. 3 Love Dream』ですが、あまりにも有名なこの曲、実は私が知ったのはその昔(中学生の頃だったかなあ・・・)プログレッシブ・ロックバンド「イエス」のキーボード奏者でもあった

リック・ウェイクマン(Rick Wakeman)のアルバムの中でした。彼のソロアルバム『ヘンリー八世の六人の妻』や『アーサー王と円卓の騎士たち』が大好きで(西洋史や伝説が好きでしたので 笑)夢中になって聴いていた頃でした。

この曲がどのアルバムの中にあったのか忘れてしまいましたが、兎に角あまりの美旋律にレコード店(当時はLPレコードだったのですよ~)に走り、これまた大好きな御大ルービンシュタイン演奏のレコードを買い、毎日のように聴いていました。

この頃から私の頭の中はロックもクラシックもごちゃまぜ状態だったのかもしれません(笑)なあんてことを懐かしく想い出しながら・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 3








詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.06.07
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200607-1.jpg



20200607-2.jpg



20200607-3.jpg



20200607-4.jpg



20200607-5.jpg



20200607-6.jpg



20200607-7.jpg



20200607-8.jpg



20200607-9.jpg



20200607-10.jpg



20200607-11.jpg



20200607-12.jpg


見事にここを歩いたという記憶がありません、完全にすっこ抜けています(いよいよ痴呆かアルツか・・・滝汗)ブラチスラヴァは街のあちらこちらにある銅像やオブジェが有名らしいのですが、何故か私の写真には1枚も写っていませんでした。

1枚目と2枚目に写っているのはブラチスラヴァから各国の都市までの距離を記した銅版のようです。中央に東西南北?左下にTOKYO 9142km?の文字が見えます、TOKYOの右下に記されているのはワルシャワとヘルシンキでしょうか。

石畳に埋め込まれた王冠のマークは戴冠式後のパレードの道筋を示すものです。※1563年から1830年までの間に、11人のハンガリー国王がこの先にある聖マルティン教会で即位しました(1740年に即位したマリア・テレジアを含む)

※オスマン帝国の侵攻により首都ブダが支配された為、1536年から1784年までの間ブラチスラヴァがハンガリー王国の首都となりました(ハンガリー侵攻はHuluで一気見した「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」で学びました 笑)


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く 2



La Campanella  Liszt



ブラチスラヴァにはリストが立ち寄り、聖マルティン教会で演奏をしたことがあったそうです。そのことに因み本日のBGMは『ラ・カンパネラ』の動画をお借りしました。演奏を見ているだけで薬指と小指が攣りそうな気がしてきますが・・・







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 そして誰もいなくなる・・・」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.30
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ 旧市街を歩く
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200530-1.jpg



20200530-2.jpg



20200530-3.jpg



20200530-4.jpg



20200530-7.jpg



20200530-5a.jpg



20200530-6a.jpg


逆光になってしまいましたが・・・旧市街の入り口、ミハエル門は1旧市街を取り囲む城壁に設けられていた門のうち唯一現在も残っている門なのだそうです。この門の内部は武器博物館として公開されています(1枚目から3枚目)

ミハエル門のすぐ近くにあるのが薬学博物館(4枚目から7枚目)です。薬学博物館は、ブラチスラヴァで最古の「赤いザリガニ」が屋号だった薬局を改築した建物を利用しているそうです。何故ザリガニ?と思ったのですが、屋号だったのですね。

旧市街は中世の趣きがそのまま残っているような地区でしたが、ほとんど記憶がありません。何処だろう?と検索して薬学博物館だということを知りました。写真を見るとガイドさんが説明しているようなので一度は聞いたと思うのですが・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街を歩く








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.17
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200517-1.jpg



20200517-2.jpg



20200517-3.jpg



20200517-4.jpg



20200517-5.jpg



20200517-6.jpg



20200517-7.jpg



20200517-8.jpg


1枚目は市街から見たブラチスラヴァ城、2枚目以降は旧市街入口です、ここから旧市街を歩きます・・・どうしてもっと退いて全体を撮らずこう部分部分を撮っていたのだろう(苦笑)と思うのですが中欧旅行の写真は中途半端なものばかりです。

哀しいことに本当にブラチスラヴァの事は覚えていません。ただここだったか次に訪れたチェコだったか(それすらも覚えていない 涙)自由時間の時に小さなお店にひとりでぶらっと入り、自分用のお土産にモルダバイトのピアスを買いました。

モルダバイトとはチェコ周辺でしか採れない深いグリーン色のガラス(私が聞いた時は隕石ということでしたが・・・)でパワーストーンです。宇宙から落ちてきた物体?と聞いて「神秘的で面白いよね!!」と思わず買ってしまいました。

小さな円形のモルダバイトの周囲をこれまたチェコ原産のガーネット(こちらは深い赤色)がぐるっと取り囲んでいる、おそらく日本では見かけることはないだろうと思われるクラシカルなピアスですが、今でも愛用しています。

これとは別に血赤のような美しいガーネットが埋め込まれた大きなクロスのペンダントトップ、カメオの周囲をガーネットが取り囲んでいるリングとピアスも買ってきましたが(チェコ・プラハのお店でした)どれもお気に入りの品々です。

今思えばこの旅行の時から自分用のお土産は荷物にならない(笑)宝飾品を選ぶようになりました。ヒトと同じものは嫌という我が儘な性格故かついつい変わった品を探すのですが、海外は面白いモノが多くて見て歩くだけでも楽しいものです。

・・・とここまで書きながらもしかしたらあのピアスを買ったのは、ここブラチスラヴァではなく、この後訪れたチェコの古都チェスキー・クロムロフだったかもしれないと。モルダバイトはモルダウ川近くで発見されこの名がついたようですから。

気が向いたらロシア旅行時に買った琥珀のように撮影するかもしれませんが、宝飾品(特に色彩やテリが特徴のモノ)は素人撮影ではその美しさが表現できません。一度アレキサンドライトのリングを撮影してみましたが大失敗でした(涙)


「ロシア旅行記 番外編 ーロシア土産ー ロイヤルアンバー(琥珀)」はこちらからどうぞ


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
スロバキア・ブラチスラヴァ 旧市街入口 & モルダバイト








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

「アンダルシアの風」

以前こちらで書いた記事を転載しました

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.10
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200510-1.jpg



20200510-2.jpg



20200510-3.jpg



20200510-4.jpg



20200510-5.jpg



20200510-6.jpg



20200510-7.jpg



20200510-8.jpg


全体に霞んだ写真ですが、ブラチスラヴァ城から見たブラチスラヴァの街並みです。前を流れているのはドナウ川ドナウ川に架かる橋にはUFO Observation Deck(UFO展望台)があり(3枚目の写真)、ここからは市街が一望できるそうです。

修復中の尖塔は聖マルティン大聖堂です。午前中旧市街を観光して昼過ぎにはチェコ・プラハへ移動しましたのでブラチスラヴァはほとんど覚えていません。旧市街を歩いた時に撮影した写真が少しありますので、また次回・・・

ブラチスラヴァのガイドさんはおだやかなスロバキア人の女性でしたが、日本語がペラペラ~だったことはよく覚えています。海外旅行をして驚くのは現地ガイドさん、皆さん日本語歴何年かで本当に流暢な日本語を話すということ。

トルコ旅行時もそうでしたし、ロシア旅行のガイドさんも全くストレスを感じさせない美しい日本語を話していました。そうそうトルコ旅行時は、男性ガイドさんがあまりにも綺麗な日本語を話すので己の汚い言葉が恥ずかしかったくらいです。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城からの眺め








詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

「泡沫短歌 自動点灯」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.05.03
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200503-1a.jpg



20200503-2a.jpg



20200503-3a.jpg



20200503-4a.jpg



20200503-5a.jpg



20200503-6a.jpg



20200503-7a.jpg



20200503-8a.jpg



20200503-9a.jpg



20200503-10a.jpg



20200503-11a.jpg


スロバキアという国について私が知っていたことは、恥ずかしながら「旧東欧圏にあったチェコスロバキアから分離した国だよね」くらいです。それでまたウィキ先生に教えていただくことにしました・・・

スロバキア共和国(スロバキア語)、通称スロバキアは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はブラチスラヴァで、北西にチェコ、北にポーランド、東にウクライナ、南にハンガリー、南西にオーストリアと隣接する。

古代にはサモ王国(623年 - 658年)・モラヴィア王国として独立を保った期間もあったがこの地のスラブ人は1000年間少数民族としてハンガリー王国の支配下に置かれていた。

ハンガリーにとっても歴史的に重要な地域であり、多くのハンガリー人の出身地、ハンガリー貴族の発祥地でもある(元来スラブ系で、ハンガリー文化に同化した者も多い)。

第一次世界大戦後、オーストリア・ハンガリー帝国からチェコと合併するかたちで独立し、1989年のビロード革命による共産党政権崩壊を経て、1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立し現在に至る」


以上ウィキペディアより引用しました。スロバキアの首都でもあるブラチスラヴァにあるブラチスラヴァ城はドナウ川を見下ろす高台にあり、かつてマリア・テレジアの居城にもなっていた古城です。

城の四隅に配されている塔をテーブルの脚に見立てて、「ひっくり返したテーブル」という愛称を持つそうです。ガイドさんの説明を聞きながら城内を歩いた記憶はあるのですが、詳細は覚えていません。


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ
スロバキア・ブラチスラヴァ ブラチスラヴァ城



※昨日も過去記事の写真を一括中央寄せが出来ないかと試みましたが撃沈(涙) 他の気になっていた部分は何とか解消しましたが、まだ何処かしら不具合があるかもしれません、見苦しくてすみません。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

「引き籠り生活の中 霊感ある?ない?」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.04.12
Central Europe 2011中欧旅行記 スロバキア ハンガリー・ブダベストよりブラチスラバへ
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリースロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


map2011ce500p.png


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200412-1.jpg



20200412-2.jpg



20200412-3.jpg



20200412-4.jpg



20200412-5.jpg



20200412-6.jpg



20200412-7a.jpg



20200412-8a.jpg


旅行3日目はハンガリー・ブダペストに別れを告げてスロバキアブラチスラバへ向かいます。この日はホテル出発が朝7時半でしたのでモーニングコールが6時(毎度の如く旅行中は早起き♪4時半には起床していました)

約215km先にあるブラチスラバはツアーバスで3時間程の距離でした。1枚目はトイレ休憩時に撮影したと思います。2枚目から4枚目までは走行中のバスの中から、5枚目から8枚目はブラチスラバ城です。

現在ブラチスラバスロバキア共和国の首都ですが、16世紀・トルコ占領時はハンガリー帝国の首都でした、白ワインの産地としても知られているそうです。詳細は次回・・・


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」


プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2

ハンガリー・ブダベストからスロバキア・ブラチスラバへ







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

春眠暁を覚えず ・・・と言い訳して

相変わらず惰眠を貪っております~(滝汗)

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.03.23
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


10年近い過去の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200323-1.jpg



20200323-2.jpg



20200323-3.jpg



20200323-4.jpg



20200323-5.jpg



20200323-6.jpg


先週に続き、航行しているクルーズ船から手持ちで撮影したブダペスト・ドナウ河の夜景のボケ写真です。本日はくさり橋の写真を集めました(といってもほとんどがもっとひどいボケ写真でしたので6枚だけです)

くさり橋はブダ地区とペスト地区を結ぶ橋です。当時権勢を奮っていた※セーチェニ伯爵の発案により架設が始まり、1849年に完成しました。第二次世界大戦で破壊されましたが1949年に復元されました。

セーチェーニ・イシュトヴァーン(Széchenyi István 1791年9月21日 - 1860年4月8日)は、19世紀前半に活躍したハンガリーの自由主義貴族。政治家。(ウィキペディアより引用しました)


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ 2







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 微睡(まどろみ)の中」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

春眠暁を覚えず ・・・

惰眠を貪っております~(滝汗)

↓ 画像よりどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.03.15
Central Europe 2011中欧旅行記 ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ
2011年2月18日から25日までの8日間

「オーストリア航空直行便で行く中欧4カ国巡り」

というJTBのツアーにひとり参加しました

ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア

4カ国を巡るツアーです


8年以上前の旅の記憶は

残念ながら遥か彼方へと飛んでおります

というかほとんど覚えていません(苦笑)


撮影した写真を見ながら少しづつ

記憶を辿りたいと思っております


???のところも多いかと危惧していますが

懲りずにお付き合いくださると嬉しいです


20200315-1.jpg



20200315-2.jpg



20200315-3.jpg



20200315-4.jpg



20200315-5.jpg



20200315-6.jpg


最初に酷いボケ写真の掲載をお詫びします。1枚目はクルーズ船に乗り込む前に歩きながら撮影、他は航行しているクルーズ船から手持ちで撮影していますので折角の夜景が残念な結果になってしまいました。

さてこの日の目玉は何といってもドナウ川ナイトクルーズでしょう。いくつかあったJTBの中欧ツアーの中で決め手になったのはこのクルーズがついていたこと、いうのもそれまではオプショナルツアーだったと聞いたから。

「こだわりセレクション ヨーロッパ百選 ドナウ川クルーズ」というツアーですが、ディナーをいただきながら、ドナウの真珠と称されるブダペストの夜景をドナウ川から眺めるというプチ贅沢なナイトクルーズです。

早々にディナーを済まして(笑)船内からデッキへ。超がつくほど寒い~!!そりゃそうですよね、2月の夜、それも船の上ですから寒くないわけがありません。デッキで頑張って写真を撮っていたのは私ひとりでした。

後から聞きましたら、ツアーの他の皆さんはあまりの寒さに船内から夜景を眺めたり、お酒を飲んだりしてしていたそうです。当時の私は多少若かったので(笑)寒さにもめげずデッキに飛び出していったのだと思います。

昼間の観光中にカメラを石畳に落としてから何度か起動しなくなったり、電池の消耗が激しかったりしていたのですが、この時も撮影中何度も電源が落ちてしまいました、そして真っ黒な写真が沢山・・・(涙)

このナイトクルーズは途中まで行ってUターンする形でしたので、行きと帰りに撮影した※ブダ王宮くさり橋の写真を本日は集めてみました。まだボケ写真がありますので次回に続きます。


※「王宮の丘」と呼ばれる丘の中心的存在であるブダ王宮は歴代の王が居を構えていましたが、現在は美術館や博物館として公開されています(王はここには住んでいないそうです)


2011 Central Europe List of Articles


中欧「ハンガリー・スロバキア・チェコ・オーストリア」

プロローグ ウィーン学友協会・黄金のホール
  ウィーン美術史博物館カフェ・ゲルストナー
  機内にて”とさかのにーちゃん”

オーストリアからハンガリー・ブダペストへ
ハンガリー・イビスブダペストバーツィウトホテル
ハンガリー・ブダペスト ホテル周辺を散歩
ハンガリー・ブダペスト 英雄広場
ハンガリー・ブダペスト 西洋美術館と現代美術館
ハンガリー・ブダペスト セーチェニ温泉とアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 聖イシュトヴァーン大聖堂
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのアンドラーシ通り
ハンガリー・ブダペスト 車窓からのオペラハウス
ハンガリー・ブダペスト ドナウ川ナイトクルーズ



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2011 Central Europe | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Smetana Vltava


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 July~
  • Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城のこぢんまりした衛兵交替式
  • Central Europe 2011中欧旅行記  チェコ・プラハ プラハ城の衛兵
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)パントリーとキッチン ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ダイニングルームと骨董室 ー静岡市駿河区高松ー
  • 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ホールと書斎 ー静岡市駿河区高松ー
  • スパニッシュスタイルの洋館 旧マッケンジー住宅(国登録有形文化財)ー静岡市駿河区高松ー
  • ポメラニアンと散歩 久し振りに走りまわりました 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • 静岡県護国神社・神池にいたカモさんとカワセミさん(は失敗でしたが)ー静岡市葵区ー
  • ほんのり焼けた富士山がシルエットになるまで 安倍川河川敷にて ー静岡市駿河区ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 6 ーアブルッツォ州ー
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 5 ーアブルッツォ州ー
  • Memory 想い出のアルバム 七里ヶ浜に集う人たち 2006年9月の写真より ー鎌倉市ー
  • まかないから生まれた地元名物そば「磯おろし」 戸隠そば本店 ー静岡市葵区ー
  • ポメラニアン日和 戦いすんで日が暮れて 木雪サンと絽依君の場合 2011年9月

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →