FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2021.01.10
2008 ノルウェー旅行記 オスロ 王宮の衛兵交替式 (2008年5月17日記事の再更新)
20080517-1-900.jpg



20080517-2-900.jpg



20080517-3-900.jpg



20080517-4-900.jpg



20080517-5-900.jpg



20080517-6-900.jpg



20080517-7-900.jpg



20080517-8-900.jpg



20080517-9-900.jpg



20080517-10-900.jpg


本日の写真は拍手ページに使用しておりますのでご覧になられた方もいらっしゃるかと思います。笑いをこらえている(というか笑ってる~)衛兵さんや若くてかわいい衛兵さん、約13年前の写真ですが今でも元気に活躍しているでしょうか・・・

駄文だらだら日記ブログに現地より更新していた2008年2月20日の記事がありましたので、貼っておきます。


オスロ中心街をぶらぶらと 2008-02-20 Wed



昨日の昼過ぎに到着したノルウェーの首都、オスロは前日まで滞在していたトロムソとは全く異なり、外を歩いていても重ねていたインナーをどんどん脱ぎ捨てたくなるような暖かさです、今年はこちらも暖冬のようです。 

オスロ中央駅から伸びるメインストリート Karl Johans gate カール・ヨハン通りを進めば王宮に突き当たります。この通り沿いは公園になっていてスケートリンクやベンチがあり、寒いながらもゆっくり散歩を楽しむことができるのです。

こちらの人たちは長い足を大きく開いて(笑)闊歩していますが、決してせかせかしていません(私も負けじと頑張って大股で歩いています~)余裕があるのでしょうか。日本と異なりゆったりと時間が流れてゆくような気がします。

今日は国立美術館へ出掛けてみました。なんとこの美術館は無料なのです。コート類を1NOK(1NOK 1ノルウェークローネは約20円)でコインロッカーに預けますが、このコインは帰りにコートと引き換えにしっかり戻ってきます。

中はとても広くて細かい展示室が30近くあるでしょうか、何気に入った展示室では、ムンクの『叫び』『キス』『マドンナ』などの有名な絵をガラス越しではなく、間近に見ることができました(『叫び』の前にはガラスがありましたが)

その他、モネ、セザンヌ、ルノワール、ゴーギャン、マチス、ピカソなどの絵がところ狭しと普通に展示されているのには吃驚しました。これらの絵を日本の美術館で見ようと思ったら長蛇の列及び黒山の人だかりですよね(笑)

展示室はゆっくり座って見ることも出来ます。あ、そうそうワタクシの好きなエル・グレコの宗教画室があり、ぼうっと椅子に座り、時間が経つのも忘れて眺めていました。ここは一日いても飽きない、そして何度も足を運びたい場所です。

中心街はまだまだ見所がたくさんあるのですが、一日で全部を廻るのはとても無理だと思いました。オスロは想像以上に魅力的な街、とても気に入りました。来年はひとりで来てゆっくり滞在して思うままに歩きたいなあと。


何度かこちらでも触れていますが、オスロは某メタルグループのオスロライブのDVDを見て以来「ひたすら萌え~」た憧れの地♪ でした。まさか本当にオスロを歩くことが出来るとは・・・強い想いがこの地へ導いてくれたように思います。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

放置状態でしたがちょこっと歌詠みしました 

「泡沫短歌 新玉の年(あらたまのとし)」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

こちらは相変わらず休眠状態ですが

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2021.01.09
2008 ノルウェー旅行記 オスロの朝 王宮前にて (2008年5月13日記事の再更新)
20080513-1-900.jpg



20080513-2-900.jpg



20080513-3-900.jpg



20080513-4-900.jpg



20080513-5-900.jpg



20080513-6-900.jpg


カール・ヨハン通りを見下ろす位置に建つノルウェー王宮は、1822年に着工されましたが、途中資金不足のために一時工事が中断されました。その後1848年にようやく完成したそうです(囲いもなく門もない地味な王宮だと思いました)

王宮の前に立つ大きな銅像は当時のスウェーデン王、カール・ヨハン Karl Johan です(1814年から1905年までノルウェーはスウェーデンの支配下にありました)因みに現在でも国王一家はここで暮らしています。

翌年デンマークを訪れた時も感じたのですが、どちらも開かれた王室というイメージがあります。ノルウェー王室のホーコン王太子と妻になったメッテ=マリット王太子妃のロマンスと王太子妃の過去についてはよく知られていますよね?

ご存じない方のためにメッテ=マリット王太子妃についてウィキペディアより引用します。

メッテ=マリット(ノルウェー語: Kronprinsesse Mette-Marit, 1973年8月19日 - )は、ノルウェー王太子ホーコンの妃。旧名はメッテ=マリット・ヒェッセム・ホイビー(Mette-Marit Tjessem Høiby)

ジャーナリストの父スヴェン・ホイビーと母マリット・ヒェッセムの子として、ノルウェー南部のクリスチャンサンで生まれた。兄2人と妹1人がいる。11歳の時に両親が離婚したため、母に育てられた。

交換留学生としてオーストラリアの高校で学んだことがある。少女時代の生活は荒れたものであり、麻薬に手を染めたこともあった。1997年、当時交際していた男性との間に子を身ごもったが、男性は妊娠が判明すると彼女を捨てたため、シングルマザーとして長男のマリウスを出産。

これを機に彼女は今までの生活を改めることを決意して麻薬を断ち切り、育児をしながら飲食店などで働くかたわら、猛勉強をしてノルウェー最高学府のオスロ大学へ入学した。

オスロ大学の学生だった1990年代後半、王太子ホーコンとロックフェスティバルで意気投合。マリウスを連れてホーコンと同棲を始めた。王太子が結婚もしないまま同棲するのはもちろん、彼女がシングルマザーであることも国民の驚きを持って迎えられた。

また、2人の交際が深まるにつけ、マリウスの父親が麻薬常習者で服役していること、彼女自身も過去に麻薬パーティーに参加した経歴があることなどが次々と暴露されたため、連日マスコミは彼女らを非難した。

2000年12月に正式に婚約が発表され、その際の会見でメッテ=マリットは涙ながらに自らの過去を国民に謝罪し過去との決別を約束。この会見で好感度を急上昇させ、国民の支持を獲得した。2001年8月25日、オスロ大聖堂で成婚。

(以上ウィキペディアより引用しました)

努力して人生を変えたメッテ=マリット妃の素晴らしさ、過去の経緯が暴露非難されながらも彼女を迎え入れた王室の度量の大きさ、そして国民の懐の深さを感じるエピソードだと、何かの番組を見ながら感心したことをよく覚えています。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.11.29
2008 ノルウェー旅行記 オスロ グランドホテル (2008年5月3日記事の再更新)
3連泊した首都オスログランドホテル

カール・ヨハン通りに面して建つ

時計塔のある外観が有名なホテルです


20080503-1-900.jpg

カール・ヨハン通りより撮影



20080503-2-900.jpg

近くには国会議事堂があったりと

繁華街の中でも中心に建っています



20080503-3-900.jpg

目印にもなる時計塔



20080503-4-900.jpg

左側の木の扉の先がバスルーム



20080503-5-900.jpg

落ち着いた雰囲気のツインルーム



20080503-6-900.jpg

ミネラルウォーターはサービスだったような・・・



20080503-7-900.jpg

全体的に暗い写真になってしまいました



20080503-8-900.jpg

有名なグランド・カフェ

ここでいただいたビュッフェ形式の朝食

美味しかったです~



20080503-9-900.jpg


グランドホテル(現在はグランド ホテル オスロ Grand Hotel Oslo By Scandic)は1874年にオープンした、カール・ヨハン通りに面して建ち、また時計塔のある外観が歴史と伝統を物語っているオスロを代表するホテルです。

ノーベル平和賞受賞者が宿泊するホテルとしても有名ですが、1階にあるグランド・カフェでは、19世紀後半、ムンクやイプセン、イェーガーなどのノルウェーを代表する芸術家たちがここに集い、昼夜熱い議論を交わしていたそうです。

当時は現在のように日本語で簡単に海外のホテルを予約できるサイトがなく(あってもグランドホテルはリストに入っていませんでした)私の拙い英語で、日にちを間違えないようあせっあせっしながら英語サイトで事前予約を入れました。

それでもきちんと予約が出来ているのかとても不安でした。フロントで名前を告げて予約が出来ていると聞いた時、安堵感でちょっと涙が出てしまったことを懐かしく想い出しました(初めてのフリー旅行ということもありましたが 苦笑)

グランド・カフェでいただいたビュッフェ形式の朝食が美味しくて、翌年ひとり旅をした時もこのグランド・ホテルに3連泊しました。2016年に改装されたとのこと、室内等は当時とは変わっているかもしれませんが居心地の良いホテルでした。


※最近更新時間が早くなったり遅くなったりしております・・・所用により出掛ける日が多くなり、写真整理がなかなか出来なかったりということもありますが、実はここ数日『ゲーム・オブ・スローンズ』(原題:Game of Thrones、略称GOT)

シーズン4から見始めちゃいまして(シーズン3まででストップしていました)「あー続きが気になるぅ」とばかりに夜になると見入ってしまいますので写真整理が追いつかず(滝汗)という状況です。最終シーズンまでまだまだ先は長いのですが

1日5話くらいのペースで見ています。そんなわけで寝不足の日々が続いております。無理して字幕で頑張らなくても吹替で見ればいいのにと自分でも思うのですが、なんとなく変な拘りがあって字幕で通しています。吹替に戻してもいいかも(笑)


6月1日の記事にてGame of Thronesについてちょこっと触れています こちらからどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.11.28
2008 ノルウェー旅行記 オスロ「カール・ヨハン通り」 (2008年4月26日記事の再更新)
20080426-1-900.jpg



20080426-2-900.jpg



20080426-3-900.jpg



20080426-4-900.jpg



20080426-5-900.jpg



20080426-6-900.jpg


昼過ぎに到着したノルウェーの首都・オスロは、前日まで滞在していた北極圏の街トロムソとは全く異なり、外を歩いていても重ね着していたインナーをどんどん脱ぎ捨てたくなるような暖かさでした(2008年2月中旬でしたが暖冬でした)

オスロ中央駅から伸びる Karl Johans gate「カール・ヨハン通り」 を進めば王宮に突き当たります。この通りの中央は公園になっていて、スケートリンクやベンチがあり、ゆっくり散歩を楽しむことができるのです。

こちらの人たちは長い足を大きく開いて(笑)カッコよく闊歩していますが、決してせかせかしていないのです。余裕があるのでしょうか。日本と異なりゆっくり時間が流れてゆくような気がします・・・

オスロ滞在1日目はグランドホテルに取り敢えずチェックインし、このオスロの中央駅から王宮まで続く目抜き通りの「カールヨハン通り」を歩いてみました。カメラの時間を見ますと午後4時頃だったようです。




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.11.02
2008 ノルウェー旅行記 トロムソよりオスロへ 機内から (2008年4月23日記事の再更新)
北極圏の街トロムソから

いよいよ憧れの街オスロへ向かいます 

本日は機内より撮影した写真です


20080423-1-900.jpg



20080423-2-900.jpg



20080423-3-900.jpg



20080423-4-900.jpg



20080423-5-900.jpg



20080423-6-900.jpg



20080423-7-900.jpg

トロムソよりオスロへ向かうSAS(スカンジナビア航空)SK4411便の窓より撮影


SAS(スカンジナビア航空) SK4411便は定刻通りテイクオフ、昼過ぎ頃オスロガーデモエン空港に到着予定です。この時は何故か同行のヒトが窓側席を主張しなかったので、窓側席に座り機内からの写真を撮影することが出来ました。

機内はほぼ満席状態だったような覚えがあります。周囲から聞こえてくるのは英語ではなく、おそらくノルウェー語やデンマーク語、またはスウェーデン語だったのでは?と思います(何を話しているのかさっぱりわからなかったから)

・・・と言うか機内は割合静かなのですよね。成田→コペンハーゲンの便では周囲が日本人集団でしたのでやたらと賑やかでしたが、コペンハーゲン→オスロオスロトロムソの便ではおしゃべりしているヒトはほとんどいませんでした。

空港内も同じくでして、余計な音がなく(空港では場内アナウンスがありません)搭乗ゲート前でも皆さん、静かに新聞や本を読んだりPCを打っていたりと大人の空間だなあと感心したことを覚えています・・・


トロムソ空港関連記事



トロムソ空港」はこちらからどうぞ




トロムソ空港内を探索」はこちらからどうぞ




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.11.01
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ空港内 (2008年4月21日記事の再更新)
20201101-1.jpg

オスロ行きの飛行機に搭乗するまでの間 

ちょこっと空港内を探索しました

明るく暖かい空港内



20201101-2.jpg

ここでHONDAに会えるとは・・・



20201101-3.jpg

通路も綺麗です



20201101-4.jpg

空港内は清掃が行き届いていました



20201101-5.jpg

オスロ行SK4411便の搭乗通路です



20201101-6.jpg

お天気がよくなってきました



20201101-7.jpg


現在閉鎖中の駄文だらだらブログに帰国後の記事がありましたので転載します。行く先々で必ず小さな出来事があったのですが(というか毎日が驚きとあわあわと焦りまくりの連続でした)今回は「ヨーグルは何処へ?」です~


トロムソよりオスロ   2008-04-24 Thu

写真ブログ「エチュード」では北極圏と別れを告げてオスロへ。トロムソ空港内を探索した時の写真を公開中です。画像整理の手際が悪くて(せいりせいとん苦手ですぅ 汗)順序が前後しちゃったりしておりますが・・・

写真を整理しながら思い出すことがあります。今回の旅では、ワタクシの「出たトコ勝負・旅の恥はかき捨て的へっぽこ英語」のみが頼りでしたので、あれこれ忙しく(苦笑)ワタクシにしては撮影枚数が少なかったように思います。

実際は、初めて触れる北欧の刺すような冷たさと澄んだ美しい空気にすっかり魅了され、ぼぅっとして(毎度のことですが あせっ)写真を撮り忘れていた・・・(滝汗)なんていうことがよくありました。

さてトロムソ空港では、迷うことなく搭乗ゲートまで行くことができました・・・・ってえらそーに書きましたが、こぢんまりした空港ですから、まあ迷うヒトはいないだろうと思います。

飛行機も何度か乗り換えすればなんとなく慣れるものです。行きの delay 騒ぎでワタクシ「直行便だろうが乗り換え便だろうが世界中何処へでもひとりで行っちゃうぞ!!」という謂れのない自信と変な度胸がついたような・・・

ところが油断大敵、実はトロムソ空港で、前日スーパーでお買い上げ~した封を切っていないヨーグルト500mlを(同行のヒトが機内で食べると言うので)手荷物に入れたのですが、機内持ち込みが出来ず没収されました。

機内持ち込みの液体(確かにヨーグルトも液体ですね)は100ml までしか持ち込みできないのですよね。スーツケースに入れて預けるしかなかったのですが、この時はヨーグルトが液体という認識がなく手荷物へ。

機内持ち込みの液体が厳しいのはテロ対策とのことですが、テロ対策ということでは国際線(コペンハーゲン→オスロ)よりもむしろノルウェー国内線の方が厳しく調べられたように思います。

オスロからトロムソに向かう時は、乗客は靴を脱いで金属探知機を通りました(←ひとりおきでしたので、ワタクシは脱がずにすみました 同行のヒトは脱がされました)が、その間ワタクシの機内持ち込み荷物が結構厳しくチェックされました。

画面を見ながら係員同士何やら話していたのですが、何が原因だったのかわかりません。PCはバッグから出してトレイに載せるのですが、もしかしたら変換プラグや電源も出さなければいけなかったのか?

ワタクシはモバイルPC本体のみをトレイに載せたのです。女性係官がそれこそ化粧ポーチの中までくまなくチェックしていましたが、当然何も見つからず Sorry の一言で開放されました。

そういえば、コペンハーゲン入国時は、手荷物の種類、ボストンバッグやビジネスバッグはそのままスルー、バックパックのヒトが選り分けられ調べられていました。どちらにしてもあまり良い気分ではなかったです。

そうそうヨーグルトですが、係員のおじさんが No と言った後、封が切られていないかどうかチェックをしていたのです。ワタクシが「捨ててきます」と言うとおじさんはにっこり笑って「いいよ、いいよ、捨てておくよ~」と。

あのヨーグルトは最終的にゴミ箱ではなく、係員のおじさんのお腹の中へ入ったのではないか?と思っております。

ところでノルウェーのチーズもヨーグルトもとてもさっぱりしていました。くせがなく、薄味でさらっとした感じです。 素になる牛乳がこれまたさらっとしていて飲み易く美味しかったのです(実は牛乳が少々苦手です)

トロムソのスカンジックホテル、オスロのグランドホテル両方とも朝食はビュッフェ形式でしたが、Milkコーナーでは確か Strong・Normal・Light(だったかな?)の三種類の中から選ぶことが出来たと記憶しています。

試しに Strong から(苦手なくせになんで濃い方から試すのー?ワタクシ 爆)飲んでみましたが、それでも後味すっきり。日本の牛乳のような匂いが全くしません。そしてLight はもう本当に水の如し(笑)

同行のヒトは牛乳が全く飲めないとのことでしたが、ノルウェーでは「美味しい美味しい♪」とひたすら飲んでいました。  ああ、それにしても・・・ノルウェーが恋しい~(やはり世界中で一番好きな国 ♪ 日本を除いてだけど)です。


20201101-8.jpg

前回更新し忘れたこの日の早朝の青空

ホテルの窓より撮影



20201101-9.jpg

この後 また吹雪きました

あっという間に終わったトロムソでの3日間でした




Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.10.11
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ空港 (2008年4月19日記事の再更新)
20080419-1-900.jpg

トロムソ空港1階ロビー

窓から外の景色を撮影



20080419-2-900.jpg

少し前まで雪が降っていましたが

空が明るくなってきました



20080419-3-900.jpg

トロムソでは吹雪いたり晴れたり

天候が目まぐるしく変化しました



20080419-4-900.jpg

北極圏ともこれでお別れです



20080419-5-900.jpg

出発ロビーは2階です 

こちらは2階の窓より撮影 

空が眩しい・・・




20080419-6-900.jpg

搭乗機を探します 

ありました 

10時15分発 

SK4411便 オスロ行き



20080419-7-900.jpg


名残り惜しいですがいよいよトロムソともお別れです。オスロ行きのスカンジナビア航空機に乗る為、ホテルよりタクシーでトロムソ空港へ向かいました。トロムソ空港内は明るく、北欧家具を使用した近代的な空間でした。

1枚目から5枚目の写真は空港内からガラス越しに撮影していますので、あれこれ写り込んでおります。

ロビーで搭乗を待つ間、素敵な女性を見かけました。身長は私ぐらいでしたが、暖房が効いた温かい空港内とはいえミニ丈のノースリーブのワンピースはちょっと衝撃的。足元はお洒落なヒールのニーハイロングブーツ(足長だからこそカッコいい)

手に持っていたのはゴージャスなシルバーフォックスのロングコートでした。プラチナブロンドのロングストレートヘアと透きとおるような白い肌の持ち主は私と同年代か少し上くらいでしょうか、年齢を感じさせないとても美しい人でした。

防寒だけではない毛皮の着方を教えていただいたように思いました。実はいつか彼女の真似をしてみたいとず~っと思っています(笑)元々ファー好きではありましたが、気負わず毛皮を自然に着こなすというのはこういことなのだなあと・・・

で、私もロングのミンクのコート下に薄手のワンピース(さすがにノースリーブはないです 汗)というようなことをやってはいるのですが、なかなかあの時見た美しい人には近づけません。体型が違うのですから仕方がないのですけれども(苦笑)







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 そぞろ寒」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.10.10
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ郊外 (2008年4月17日記事の再更新)
20080417-1-900.jpg

こちらはノルウェー本土側です



20080417-2-900.jpg

北極教会の近くでしたが

住宅街でしょうか・・・



20080417-3-900.jpg

薄日が射したり雪が降ったり



20080417-4-900.jpg

寒かった記憶だけがあります



20080417-5-900.jpg

バス停を見つけて駆け寄りましたが



20080417-6-900.jpg

よく見るとホテル方面に行くバスは

日曜日運休でした



20080417-7-900.jpg

トロムソ橋を再び歩いて渡って

中心街に戻ろうと思いましたが



20080417-8-900.jpg

同行のヒトが

「もう一歩もあるけないっ」と言うので

タクシーに乗りホテルに戻ることに・・・



20080417-9-900.jpg

中心街が霞んで見えました



20080417-10-900.jpg

もう一度ここに来たいと思いつつ・・・



20080417-11-900.jpg



3日間トロムソに滞在しましたが、残念ながらオーロラを観ることは叶いませんでした。当時の駄文だらだらブログにトロムソを発つ日、現地から更新していた記事がありましたので転載します・・・


残念ながら・・・2008-02-19 Tue

本日はトロムソ滞在3日目、結局オーロラを見ることは叶いませんでした、残念!! 昨夜は「Ramfjord でのオーロラウォッチング」という30分ほど離れたラムフィヨルドでのオーロラウォッチングツアーを予約しました。

18時45分集合ということで早めにホテルのロビーに行ったのですが、待てど暮らせどツアーの車が現れません。8時頃まで待ち、ホテルのフロントの女性にツアー会社に電話をしてもらったのですが、電話に出ないとのこと・・・なんつうこった(あせっ)

夜は吹雪いていたので、多分ツアー会社の方で勝手にキャンセルしちゃったのではないかと思うのですが、その連絡も全くナシ。この国に来てこのいいから加減さ?や、おおらかさ、そしてゆったりと流れてゆく時間がなんというか好ましくて怒りも感じませんでした。

そんなこんなであっという間にトロムソでの3日間は終わりました。そしていよいよ10時15分のフライトでオスロへ・・・



帰国後、北欧雑貨店のオーナー兼買い付けによく北欧に出掛けている知り合いにこの事を話しましたら「よくあること、迎えが来なくても騒がず自分で判断しなさいよということかな~」と言われました、なるほどね~となんとなく納得(笑)

そう言えばこのオーロラツアーはホテルのロビーに設置していた「出張ツアー申込所」?を見かけて申し込んだのですが、その時手続きをしてくださった方から「代金は迎えに来た時に払ってください」と言われました。

あらかじめ代金を払ってしまったらその後の返金等面倒ですよね。ツアーがキャンセルになることはよくあることだったのでしょうか(まあ天候次第ですからねえ・・・)今思い出してもふっと笑ってしまう出来事でした。







詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで綴っております

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

気紛れ更新ですが・・・

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.15
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ橋を渡って (2008年4月16日記事の再更新)
20080416-1-900.jpg



20080416-2-900.jpg



20080416-3-900.jpg



20080416-4-900.jpg



20080416-5-900.jpg



20080416-6-900.jpg



20080416-7-900.jpg



20080416-8-900.jpg



20080416-9-900.jpg



トロムソ橋を渡りノルウェー本土側へ(トロムソ中心街はトロムソ湾を挟んだトロムソ島にあります)8月30日に更新した北極教会はこちらのノルウェー本土側にあり、本日はこの北極教会を見た後撮影した写真です。

前日、ホテル近くのスポーツ用品店で靴に履かせる、やたらとごついアイゼンを買いましたのでそれを装着して歩きましたが、サイズが大き過ぎたのか歩いている途中何度か外れてしまいました(歩き慣れないこともあったかと思いますが 汗)

私のロングブーツはウェッジソールでしたのでアイゼンをしっかり履かせることは出来たのですが・・・同行のヒトは低いヒールのショートブーツでしたので、どうもしっかり装着出来なかったようで、途中で外してつるつる滑りながら歩いていました。

そう言えばスポーツ用品店のおじさんが彼女のブーツを指差しながら「そのブーツでは無理だよーっ、途中でアイゼンが外れちゃうよ」と言っていました。それでもないよりはマシと彼女も買ったのですが、結局役に立たなかったようです。

道路はしっかり凍っていたのだと思います。歩いている人は皆さん滑って転んでいました。実は私も写真を撮ろうと一歩踏み出した時に派手に転び、が~ん、カメラの液晶に傷がついてしまいました(当時は保護フィルムなんて貼っていませんでしたから)

ショックを受けながらも写真はちゃんと撮影していたようです。太陽が覗いているのに雪が降ってきたり、遠くに見えるフィヨルドの珍しい景色を眺めたり、寒さを感じてはいたのだと思いますが、寒かったという記憶がないのです。夢中で歩いていたからでしょうか。

同行のヒトに「足が痛いからもうこれ以上は歩きたくないっ」と言われて、帰りはバスかタクシーでホテルまで戻る予定でしたが、いくら待ってもどちらも来ません。結局またトロムソ橋を渡って中心街へ戻ったのでした。

「寒い」とか「足が痛い」とか同行のヒトは文句を言っていましたが、本当によく歩きました。この時の経験から海外ひとり旅又はツアーひとり参加をするようになりました。ヒトに合せて自分が行きたい所にいけないのはつまらないと思うから。

国内も海外も自分の足で歩いてこそその場所の良さがわかると私は思っています。勿論バスや電車を使ったりもしますが、歩ける範囲であれば歩きたい、街歩きをしていると意外なものを見つけることがあり、それも旅の楽しみのひとつなのです。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「なんちゃって都都逸 優しさだけじゃ生きてゆけない」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.09.14
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ湾 (2008年4月14日記事の再更新)
20080414-1-900.jpg



20080414-2-900.jpg



20080414-3-900.jpg



20080414-4-900.jpg



20080414-5-900.jpg



20080414-6-900.jpg



20080414-7-900.jpg



20080414-8-900.jpg



20080414-9-900.jpg



トロムソ橋より撮影したトロムソ湾です。高所恐怖症の為(笑)欄干からおそるおそるカメラを海に向けました。橋の中央、一番高いところあたり(8枚目の写真)から凪いだ海を撮影したと記憶しています。

トロムソ橋から撮影した写真はまだ何枚かあるのですが、同行のヒトがしっかり写っていましたので今回は外しました(個人情報ですから)旅の間、何枚か彼女を撮影していましたので、帰国後旅の思い出として彼女用の動画を作成して渡しました。

彼女もカメラを持って来ていて景色を撮影していたと思うのですが何も言いませんでした(苦笑)私自身が写真撮影されることが嫌いなので「私を撮らないで」とは言っていましたから、まあいいのですけれどもね(というか他人に期待しないので)

飛行機の席も行きも帰りもしっかり窓側を主張されて、彼女、窓から何やら撮影していたのです、せめて写真を見せて欲しかったなあと思いますが・・・なあんてつまらないことを思い出すものです、最近少し被害妄想気味?なのかもしれません。

もとい、このフィヨルドの光景は拍手用の写真に使用していますが、10年以上経った今でも、心がここに飛ぶことがあります。それは夢の中だったり、白日夢だったりするのですが(笑)もう一度厳冬期のトロムソを訪れたいと思っています。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 やさしい毒」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.30
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ 北極教会 (2020年8月30日再更新)
20080413-1-900.jpg



20080413-2-900.jpg



20080413-3-900.jpg



20080413-4-900.jpg



20080413-5-900.jpg



20080413-6-900.jpg



20080413-7-900.jpg


本日も稚拙な写真をご覧いただきありがとうございます。


「雪の教会」と別名を持つこの北極教会は1965年、ノルウェー人の建築家ヤン・インゲ・ホーヴィによりトロムソの冬のオーロラをイメージして設計されました。ガラスとコンクリートを使ったモダンかつシンプルな美しい教会です。

高さ23メートルのヨーロッパ最大級と言われるステンドグラスが有名ですが、修復中で教会内を見ることは出来ませんでした。北極教会の遠景は何度か更新していますが、本日の写真は間近で撮影(2008年2月)したものです。

12年前の写真を見ながら当時の旅を振り返ってみますと、観光らしい観光はしていなかったなと。トロムソにも北極圏博物館やポーラリア(北極圏水族館)等々あったのにね・・・次回は(次回があればですが)ゆっくり滞在して、廻りたいです。

※2008年4月に更新した記事の写真サイズを変更して再更新しました。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 縁(えにし)」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

Diana Krall Cry me a river

↓ 画像よりどうぞ






Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.29
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ橋を渡って (2020年8月29日再更新)
20080409-1-900.jpg

振り向けば結構な上り坂に吃驚



20080409-2-900.jpg

遠くに見えたカラフルな家々



20080409-3-900.jpg

下り坂にさしかかります



20080409-4-900.jpg

前方に目指す北極教会が迫ります



20080409-5-900.jpg

この教会が見たくて橋を渡ったのです



20080409-6-900.jpg

橋を渡りきった対岸(ノルウェー本土側)から撮影

よくもまあこんな急勾配の橋を歩いたものです・・・


※2008年4月9日の記事の写真サイズを変更して再更新しました。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「詩のようなモノ 憧憬 」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.15
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ トロムソ橋へ向かう途中で (2020年8月15日再更新)
20080407-1-900.jpg

トロムソ橋の方へ向かって歩く途中

トロムソ湾と対岸を撮影

右側に少し写っているのは

北極圏博物館のようです



20080407-2-900.jpg

トロムソ湾の向こうに見えるのが

ストールシュタイネン



20080407-3-900.jpg

ストールシュタイネン

標高421メートルの山です



20080407-4-900.jpg

山麓の家々

カラフルでおもちゃの家みたいでした



20080407-5-900.jpg

山頂までは

ロープウェイで3分なのだとか・・・



20080407-6-900.jpg

場所の記憶がないのですが

何故かアムンセン像がありました



20080407-7-900.jpg

北極圏博物館の近くだった

と思うのですが・・・



20080407-8-900.jpg

アムンセンさん寒そう(笑)



20080407-9-900.jpg


本日も稚拙な写真をご覧いただきありがとうございます


フリーのノルウェー旅行6泊8日でどのくらいかかったのだろう?とまた駄文だらだら日記を読み返していましたら、詳細に書いてある記事がみつかりましたので、本日も貼っておきます。12年前ですからあまり参考にはならないかもですが・・・


着々と進む、旅行準備 ♪  2008-01-30 Wed

さて、気になる旅行代金ですが・・・本日ホテルを予約してほぼ確定です。

東京(成田)⇔オスロ 往復航空券 52,000円
残念ながら日本からはノルウェーへの直行便がありません、やはり直行便が早くて便利ですが仕方がありません。デンマークのコペンハーゲン経由でオスロに入ります。帰りもオスロ→コペンハーゲン→成田です。

オスロ⇔トロムソ 往復航空券 32,800円
ノルウェー国内線は日本で買うとかなり割高のようです。悲しい哉、英語力があれば現地調達でもっと安くすんだのかも?ですが。オスロから国内線を乗り継いでトロムソに飛びます。帰りもトロムソ→オスロです。

航空保険料・燃料チャージ等 24,020円  
馬鹿にならないのが燃料サーチャージですね、国際線、国内線両方の料金。

ノルウェー出入国税等 16,480円
税金が高い!!ですが仕方がありません(成田空港使用料を含む)
  
トロムソホテル代 (2月15日から18日)33,750円
インターネットが使えるホテルということで四つ星以上にこだわりました。ホテルの近くからオーロラが見えるというScandic Hotelです。予約したホテルサイトではインターネット不可となっていたのですが、Scandic HotelのHP英語版では全てのホテルの部屋でネットOKと書いてあり、決めました。

オスロホテル代 (2月18日から21日)37,950円
Grand Hotel という1874年オープンのお城のようなホテル♪ オスロではのんびりお姫様気分を味わうつもり(笑)こちらは国賓の方やノーベル平和賞受賞者が泊まるという由緒正しいホテルなのだそうです。どちらのホテルも朝食付き。なかなか量が多い上、美味しくて満腹感を味わえるとか。しっかり横にも成長して帰国しそうなワタクシ(爆)
 
合計 197,000円
フィヨルドツアー7日間が確か約15万円くらいでした。これにサーチャージが入れば同じくらいの金額です。同じ金額ならば、行きたかったトロムソで運がよければオーロラを見ることができ、自分のペースで動けるフリー旅行を選びます。

ところで滞在先のホテルでのインターネットにこだわったのは、多分大量に写真撮影をすると思いますので、なんとか毎日ブログに更新したい!!ということ、それからいつもブログにいらして下さる皆さんとノルウェー日本間の国際チャット(爆)を是非試みたい!!と思ったからなのです。

時差が8時間ほどですが、日本の方が8時間早いわけですね。近くになりましたらチャット部屋をこちらからリンクしたいと思っておりますのでどうぞご利用くださいね。そして国際チャットを是非実現させましょう。そのお知らせもこちらから案内したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします
(以上駄文だらだら日記より)


ホテル代はツインの部屋ひとり分の料金です。翌年はひとり旅でしたのでツイン部屋を清々ひとりで使いましたが、総額は同じような金額だったと思います。トロムソへの国内線分が翌年のホテル代と同じくらいの料金だったのでしょう。

国際チャットって・・・(笑)ブロ友さんたち(というか皆さんとはリアルでも何度かお会いしていましたので全員顔見知りでした)とチャットをしたいと思っていたのですが、やはり時差の関係で同時に楽しむことは出来ませんでした。

あ~あ(溜息)若かったということもあるのかもしれませんが、本当に楽しかった。もうあんな高揚感や興奮は味わうことが出来ないだろうなあと思います。ツアー旅行は確かに気楽で便利ですが、所詮人が作ったプランに乗っているだけですから。

いつも思うのですが「初めて訪れる国へはまずツアー旅行で訪れ、その後気に入ったら今度はフリー旅行で廻る」これがいいかなあと。それから世界遺産や観光する場所が多い国はツアー旅行がリーズナブルかつ効率よく廻れると思います。


※2008年4月7日の記事の写真サイズを変更し、修正加筆して再更新しました。地図はお借りしています。








その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

歌劇『カヴァレリア・ルスティカーノ』より

復活祭の合唱 

久し振りに全曲CDを聴きました・・・
 
↓ 画像よりどうぞ




詞 短歌 都都逸のブログ「夢の通ひ路」

 ↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.14
2008 ノルウェー旅行記 トロムソ 対岸に見える北極教会 (2020年8月14日再更新)
20080331-1-900.jpg

トロムソ湾を挟んだ対岸

ノルウェー本土側に立つ 

北極教会(右端)



20080331-2-900.jpg

この後 歩いて渡ったトロムソ橋

トロムソ橋

トロムソ市街があるトロムソ島と

ノルウェー本土を繋いでいます



20080331-3-900.jpg

雪が舞う中での撮影でした



20080331-4-900.jpg

最大ズームで撮影しています



20080331-5-900.jpg

晴れればこんな感じです


本日も稚拙な写真をご覧いただきありがとうございます


この時はモバイルPC VAIOが旅のお共でした。現地から更新していた駄文だらだら日記が見つかりましたので転載します。以前も書きましたが、トランジットが2回あるのに、タイヤに亀裂が見つかりその交換に2時間!!遅れての成田出発でした。


トロムソ到着♪   2008-02-16 Sat


ただいま2月15日トロムソ現地時間23時42分です。日本時間は2月16日朝の7時42分ですね。ワタクシのモバイルPCの時計表示ではそうなっております。

さてさて、やっと憧れの地ノルウェーの土を踏みました♪ でもまだ遥かこの異国の北の果てにいるような気がしません。ただトロムソは一面銀世界です。空港を出てタクシーに乗るまで既に凍るような寒さでした。

デンマーク・コペンハーゲンは1℃、思ったほど寒くなくというか、トランジットの為空港内を移動しただけですので、外の寒さはわかりません。そしてノルウェーのオスロへ。いやはやもうハプニングだらけのフライトでした(汗)

一時はトロムソに辿り着けないのでは?とマジで顔面蒼白になりました。トロムソで己がネット予約したホテルはどうやってキャンセルしたらいいのだろう?それよりも乗り継ぎが出来なかった場合、オスロでの今夜のお宿があるのだろうか???等々・・・

そしてお馬鹿なワタクシは昨夜、画像の取り込みをしたままMEMORY STICKを抜き忘れ、本日撮影した画像は全てカメラ内の内臓メモリーに記録されてしまいました。

勿論、接続ケーブルなんて持ってきちゃいません(汗)

ですから本日の画像はありません・・・といっても成田の待ち時間やスカンジナビア航空の機内食を撮影しただけですけれどもね(注 確かにこの日のブログは駄文のみでした、写真の取り込みはメモリースティックから直接PCへしていたのかな?この時使用していたカメラは普通の乾電池だったので充電器も持って行かなかったような・・・)

とにもかくにも乗り継ぎに必死で(いやあ、空港内を端から端まで走りまくりました)写真撮影している時間なんぞはありませんでしたからねえ。それにトロムソに着き、ホテルにチェックインするまでは何しろ心配でしたし(抜け抜けのワタクシが予約したので、もし予約日が間違っていたら、さあどうする!!とか) 

それも無事クリアして何とかほっと一息ついたところです。心配した電圧とプラグもバッチリ、ホテル内はHP記載どおり無線LANになっていました。フロントで教えてもらったUsername とPasswordを入力すればOK、とっても簡単でした。

さて今日は何時間飛行機に乗っていたのかな?成田からコペンハーゲンまで約12時間、コペンハーゲンからオスロまで1時間10分、そしてオスロからここトロムソまで1時間50分、ということは15時間!!機内のヒトだったわけですね。

さすがにここまでくると、というかコペンハーゲンからオスロまでの時点でほとんど日本人はいませんでした。スカンジナビア航空SK984便に乗っていた多くの日本人の皆さんはヨーロッパ中に散っていったのでしょう。

というわけでざっと本日の報告でした♪ ふわあ・・・ねむっ おやすみなさいませですぅ zzz



お馬鹿日記を読みなおしていると当時のことをつらつらと想い出し、遥か北極圏の街へと気持ちが飛んでゆきます。コロナ禍により海外旅行は遠い夢になってしまいましたが、せめて心の中では自由に羽ばたきたいっ(笑)と思っています。


※2008年3月31日の記事の写真サイズを変更し、修正加筆して再更新しました。地図はお借りしています。







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「泡沫短歌 まとめ髪」

この暑さの中では

さすがにロングヘアをなんとかせねばと

くるくるひねってのまとめ髪にしています

 ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





↘
2020.08.02
2008 ノルウェー旅行記 煌めきの街 トロムソ (2020年8月2日再更新)
20080323-1-900.jpg



20080323-2-900.jpg



20080323-3-900.jpg



20080323-4-900.jpg



20080323-5-900.jpg



20080323-6-900.jpg


同じような写真が続きましたが、吹雪いた後、一瞬覗いた煌めく空と雪景色があまりにも美しく夢中になって撮影した記憶があります。今思うと厳冬期(2月)の北極圏にしては少ない雪の量、この年2008年は暖冬だったのかもしれません。


※1週間ほど前にKindle Unlimitedの会員になりました。電子書籍が読み放題(と言っても全ての本ではありませんがそれでも以前より増えているような・・・)が月額980円のところ、1か月間はお試しで0円というものです。

たまたま読みたかった電子書籍、ジェームズ・ロリンズの新刊本が対象になっていたので会員になりましたが、旧作もほとんどが対象になっていて嬉しい悲鳴(笑) お試し期間中にシリーズ全14巻を再完読するぞ!!と意気込んでおります。

今読んでいる「ナチの亡霊」には懐かしいデンマーク・コペンハーゲンのストロイエやチボリ公園が出てきます。登場人物と一緒になってオークションに参加したり逃げたり銃弾をかわしたり(え? 笑)と心臓ばくばくな状況を楽しんでいます。

海外ミステリー(特に歴史軍事ミステリーが好き ♪)が好きなのは、読みながら世界中を旅することが出来るところでしょうか。時代を遡り国境をあっという間に飛び越え、いつの間にか物語の中で活躍しています~(爆)

なあんてここで語るつもりはなかったのですがついつい・・・「Kindle Unlimitedで再読中」はこちらからどうぞ







詞 短歌 都都逸 日々徒然のブログ

「夢の通ひ路」

日々徒然はこちらで呟いています 

「Kindle Unlimitedで再読中」

更新しました ↓ 画像よりどうぞ




その日に聴いた音楽夜話「夜想曲」

↓ 画像よりどうぞ





Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ






Sponsored Link


2008 Norway | 寄り道はこちらから | コメント(-) | Page top↑





| Home |
↘
MoonAge

fxwill.com
↘
手嶌葵 「ただいま」


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で ♪

管理人の気分次第です~~(笑)

 BGMが気になる方は↑上の

 YouTubeを止めて下さいませ


こちらは交流が目的のブログでは

   御座いませんので

現在 ブロ友申請・コメント欄は

閉じさせていただいております

    ごめんなさい

もし何か一言等ございましたら

記事下の拍手コメントからどうぞ


相互リンクもしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

 リンクはご自由にどうぞ


我が儘気儘気紛れな管理人ですが

どうぞ宜しくお願い申し上げます


写真サイズのピクセル変更に伴い

過去記事レイアウトが乱れており

現在まったり工事中です・・・


 ではではごゆっくりどうぞ ♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
管理人の独り言・世迷言





↘
Calendar&Archive
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2021 January~
  • 徳願寺のお地蔵さん ー静岡市駿河区向敷地ー & 本日のBGMは・・・手嶌葵「ただいま」
  • ポメラニアンと散歩 午後の安倍川河川敷 & ここでも薄~い富士山 ー静岡市駿河区ー
  • 徳願寺のマガモ?アオクビアヒル?本日は池に向かって行進する姿です ー静岡市駿河区ー
  • マガモ?アオクビアヒル?マウンティングかと思いきや恋の季節のようでした ー静岡市駿河区ー
  • 徳願寺山門前より望む春霞がかかったような薄~い富士山 ー静岡市駿河区向敷地ー
  • スマホ Xperia の写真から 昨夜のワンコ達やらラテアートやらあれこれ集めてみました
  • インド旅日記・・・「まったく疲れたぜ、インド!!」 ブッダガヤ 仏陀修行の地「前正覚山」
  • 聞き流し英語聖書の習慣~DRAMATIZED audio BIBLE~ & 本日(2021.2.17)の木瓜
  • 木瓜の蕾がほころび始めました & 路地で出逢った小さなお地蔵さん ー静岡市ー
  • 河津桜が満開を迎えています カフェレストラン・グリーンハウスにて ー静岡市駿河区池田ー
  • ポメラニアンと散歩 「アタシの海~」と野生児たちが大好きな浜当目海岸 ー焼津市浜当目ー
  • 碧い空のキャンパスに描かれた筋雲と眼前に拡がる太平洋 ー焼津市浜当目・浜当目海岸にてー
  • 大崩海岸 石部隧道東側洞門前から望む富士山と碧く煌めく太平洋 ー静岡市駿河区ー
  • ポメラニアンと散歩 谷津山ハイキング 愛宕神社参道 鬼の鐙(あぶみ) ー静岡市葵区ー

  • ↘
    Previous Article


    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming
    NEXT →