FC2ブログ
何気ない風景だったり旅行記だったり日々徒然なるままに・・・

↘ ↘
↘ ↘
↘BGMが鳴りますのでご注意くださいませ↘



Sponsored Link


↘
2017.08.07
育犬ノイローゼになりかかった頃 木雪サンの場合
我が家の四代目ポメラニアン(現在の家族5頭の中で最初に迎えた子) 木雪サンは
私にとって久し振りの子犬でしたので戸惑うことも多く何度か育犬ノイローゼになりかかりました(笑)

最初の問題はトイレでした
私が仕事に出掛けてしまうので木雪サンには1日中留守番をしてもらうことに

サークル内のトイレは私が帰宅する頃には酷い状態になっていました
それであれこれ試行錯誤の末辿り着いたのが超シンプルに新聞紙を使うことでした・・・

こちらもワンコの成長ブログに書いていた日記ですが当時の画像がみつかりましたので
再度更新します


20170807-1.jpg

我が家に来て

3週間過ぎ頃の木雪サン 

トイレで何やら主張しております



20170807-2.jpg

新聞DAILY YOMIURIを敷いたトイレです



20170807-3.jpg

「あたしのトイレ」 とばかりに

トイレから離れません



20170807-4.jpg

遂にトイレは遊び場に・・・ 

おもちゃを持ち込んで

ガジガジ始めました



20170807-5.jpg

歯が痒いころでしたから

仕方がないのですけれども(笑)



20170807-6.jpg

この後トイレの淵をガジガジやり始めました・・・




ポメラニアンの木雪サンが我が家に来た日 はこちらからどうぞ♪


トイレは DAILY YOMIURI - 2011.08.15 Mon

私が昼間仕事に出掛けてしまうので木雪サンに留守番をさせていて一番困るのがサークル内のトイレです

何せ狭いサークル内です
いくら木雪サンがトイレでちゃんとおしっこやうん〇をしてもすぐブツを取り除くことができませんから
あちこち動き回りながら踏み潰してしまうのでしょう

私が帰宅する頃にはサークル内はそれこそうん〇散乱状態  時にはご本人もうん塗れになっていました

最初の一週間はお腹の緩い状態が続いていましたので下痢便がそれこそサークルの柵や周囲に飛び散り
帰宅後の掃除に2時間ほどかかっていました

トイレにはペットシーツを悪戯しないようなはめ込み式の網がついているのですがその網の間に入り込んだ
うん〇を取り除くのがこれまた一苦労でした

トイレの下にひいてあったペットシーツは引きずり出して噛んでいたようです 
びりびりに引きちぎられたシートの断片が舞っていたりしてそれはそれは息をのむような惨状の日々でした

ひとりで留守番をさせているのですから掃除は仕方がありません
それよりもびりびりに引きちぎったペットシーツを食べちゃわないだろうかとそのことの方が心配でした

どうしたらいいのだろう? と毎日あれこれ考えました
実はこの件は私自身もしかしたらノイローゼになっちゃうかも~と思うくらい悩みました

サークルから出して部屋で自由にさせておくことも考えたのですが
廊下に置いてあるトイレを踏めば結局今度は部屋中にうん〇が散乱することになります(滝汗)

新聞紙を破いてトイレの上に置いたりもしましたがこれがまた木雪サンのおもちゃになってしまい
置いてあった新聞紙を更にびりびりに引きちぎる始末・・・

あれこれ試行錯誤して?結局今はシンプルにサークル内のトイレは新聞紙を置いています
トイレの下に新聞紙を敷きトイレ内の網は取り外しそのまま新聞紙を入れるようにしました

これならたとえ新聞紙をおもちゃにしてトイレ内から持ち出しその後何もないトイレに踏まれた
うん〇がこびりついていたとしても洗い流せますし・・・
そして何よりも木雪サンがペットシーツを食べちゃうことは防げます

実は我が家は新聞購読を随分前にやめてしまいました
職場に行けば地元紙や日経新聞及び業界紙が読めますからまったく必要がないのです

それで古紙回収に出しそびれた新聞紙を探しましたら以前購読していた DAILY YOMIURI 
(英字新聞です あくまでも ”購読” であって ”読んだ” とは書いていませんから~笑) 
がごそっと出てきました

というわけで木雪サンのトイレには DAILY YOMIURI を使っています
因みに本日のトイレは2007年3月の新聞です


懐かしい記録です
現在木雪サンたちは部屋でフリーにしていますが廊下の隅にあるトイレできちんとしてくれています
ウンを踏み潰して汚すこともありませんしもうペットシーツで遊ぶこともありません

先住の子がきちんとトイレが出来ていると後から来た子たちは皆それを真似してくれますから
本当に楽ちんでした ちょっと覚えの悪い子もいたことはいましたが・・・
皆 大人になったのだなあと(笑) 



Monochrome

Etudeの過去画像をモノクロ加工して更新中です

写真加工をしながら過去と現在を行ったり来たり

遠い過去の想い出と心境を少しだけ綴っています

別館のモノクロ写真館は↓薔薇の画像からどうぞ








ご覧いただきましてありがとうございます

拍手はStardust ↓ 下の画像からどうぞ





毎回沢山の拍手を戴き感謝申し上げます

現在コメント欄を閉じておりますので

一言・管理人への連絡等ございましたら

↑ 拍手コメントをご利用くださいませ


日々心温まる拍手コメントを戴きながら

お返事が出来なくて申し訳ございません


戴きました拍手コメントにつきましては

うれしく拝読させていただいております

また日々更新の励みにもなっております


☆ちょっこっと寄り道してゆきませんか☆

寄り道ほっとひと時はこちらからどうぞ ♪











関連・最近記事は ↓ からご覧くださいませ


Related Article




Sponsored Link


Pomeranians & dogs | 寄り道はこちらから | コメント(4) | Page top↑





↘
コメント
 
こんにちは^^

木雪サンのお世話、最初の頃は大変でしたね。
読んでいてルシアンさんのがんばりを感じられました。
今は、木雪サンもお部屋でフリーでいられて、
トイレも問題なくて良かったですね。
ルシアンさんの愛情の 賜物ですね^^♪
【2017/08/08】 URL | ハーモニーさま-[ 編集]
 
猫は飼ったことがありますが、犬はありませんから、大変さに驚きました。
よく頑張られましたね。途中で音を上げても不思議ではありません。
頑張ったから、今の木雪サンへの愛情があるのでしょうね、一緒に頑張った仲間のような!
【2017/08/08】 URL | お千さまgAPsy9.E[ 編集]
 
ハーモニーさま

コメントありがとうございます。

子犬を育てるのが何年ぶりということもありましたが、
兎に角木雪サンはハイパーというか元気いっぱいで(笑)
どう対処してよいのかわからず戸惑うことばかりでした。

トイレをいくつ買ったことか・・・(笑)
今でもトイレにはガジガジ齧った跡が生々しく残っています。
ただ頭が良くて覚えが早い子でしたので一度教えると即覚えてくれました。

今は全員大人になりトイレの問題はなくなりました。
たま~にとぼけて違うところにやっている子もいますが・・・

懐かしく思い出しましたが当時は必死だったと思います(笑)
【2017/08/08】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
 
お千さま

コメントありがとうございます。

猫は綺麗好きなのでトイレを覚えるのが早いと聞いたことがあります。
実は猫砂をトイレに敷くことやトイレそのものを猫用にすることを
考えたこともあります(実行には移しませんでしたが 笑)

私がずっと家にいればこんな苦労もなかったと思うのですが、
仕事をしていましたのでどうすることも出来ず・・・
成長と共にいたずらもなくなりましたから、本当に短い間でしたが、
それでもどうなることやらと当時は先行きが心配でした。

苦労した分先住の子はやはり可愛いですね(笑)
今は一番私のことを理解してくれているように感じています。

>一緒に頑張った仲間 
本当にそうかもしれません。
【2017/08/08】 URL | ルシアンさまX1BgZhKE[ 編集]
&8600;
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

ノルウェー・デンマークひとり旅 オスロ冬景色と歴史博物館展示品 | Home | 静岡市清水区由比 ごはん屋さくら





↘
MoonAge

fxwill.com
↘
Andalusian Breeze


↘
Welcome to Etude

 ルシアン  (瑠紫闇)    

Author: ルシアン (瑠紫闇)  

↘Etude エチュードへようこそ↘

  いらっしゃいませ~ ♪

  2006年4月17日開設 

 今年で14年目に入りましたが

途中何度か更新が滞ったりと(汗)

あまり進歩のない写真ブログです

メインの写真またはタイトルを

クリックしてご覧くださいませ


  ここからはお知らせです

BGMはその日その時の気分で♪

管理人の気分次第です~(笑)


BGMが気になる方は↑上の

YouTubeを止めて下さいませ


相互リンクはしておりませんが

リンクして下さるのは大歓迎です

リンクはご自由にどうぞ


ではではごゆっくり・・・♪

↘profileは ↓写真からどうぞ ♪


2011 ハンガリー・ブダペスト
聖イシュトバン大聖堂前にて


↘寄り道(掲示板)は↓からどうぞ ♪



モノクロ写真館は↓からどうぞ ♪




日々徒然ブログは ↓ からどうぞ ♪




音楽夜話ブログは ↓ からどうぞ ♪




都都逸・短歌掲示板 設置しました

宜しかったら遊んでいって下さいませ

↓ Welcomeよりどうぞ ♪



↘
Pomeranians

↘我が家のポメラニアンず6頭です

初代 二代目 三代目のポメラニアンは
随分前に虹の橋へ旅立ってゆきました

現在四代目になるポメラニアンず6頭
家族に迎えた順番に紹介しま~す ♪



↘木雪 こゆき 誕生日2011.5.3
出生地 秋田県大館市  女王様
全員に愛の鞭を振るいます びしっ
カラー ホワイト



↘絽依 ろい  誕生日2011.4.1
出生地 愛知県豊川市  男の子
ちょっと気弱な優しいおのこちゃん
カラー オレンジ



↘香杏 かあん 誕生日2010.9.18
出生地 香川県高松市  男の子
静かなる哲学者は常に思索中?
カラー ホワイト



↘白鳥 すわん 誕生日2012.8.4
出生地 大阪府八尾市  女の子
小さなお姫様は頭脳明晰なのです
カラー ホワイト



↘紅緒 べにお 誕生日2013.1.1
出生地 三重県伊賀市  女の子
まだまだ甘えたのビビりっ子さん
カラー パーティ



↘マフィ まふぃ 誕生日2006.9.16
出生地 岡山県津山市  女の子
元JKCチャンピオンは人が大好き
カラー ブラックタン

2017.6.18 虹の橋へ旅立ちました




時々ワンコたちも出没します♪

↘
Calendar&Archive
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
↘
Recent Article


  • Top Page Etude Recent Article 2020 April~
  • イタリア便り グラン・サッソ・エ・モンティ・デッラ・ラガ国立公園 1 ーアブルッツォ州ー
  • 高山市民の森 森の散策途中で出会った生き物たち ー静岡市葵区水見色ー
  • ポメラニアンと散歩 蒸し暑かった2か月ぶりの高山市民の森 ー静岡市葵区水見色ー
  • 2008 ノルウェー旅行記 煌めきの街 トロムソ (2020年8月2日再更新)
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ 街中をウインドゥショッピング(2020年8月1日再更新)
  • 「赤い靴はいてた女の子とお母さんの像」と日本平山頂付近 ー静岡市清水区草薙ー
  • 日本平 夢テラスと屋外展望回廊からのぼんやりした景色 ー静岡市清水区草薙ー
  • Cafe Restaurant GreenHouse カフェレストラン・グリーンハウス ー静岡市駿河区池田ー
  • ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 サン・ピエトロ大聖堂 セバスティアヌスの礼拝堂 & add
  • ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂 堂内
  • ローマ&フィレンツェ イタリア旅行記 ヴァチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂 ペトロの司教座
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ 晴れ間が覗いたトロムソ港(2020年7月25日再更新)
  • 2008 ノルウェー旅行記 トロムソ 光と雪のカトリック教会(2020年7月24日再更新)
  • 梅雨の晴れ間の青空に届けとばかりに咲く木槿(むくげ)と百日紅(さるすべり)

  • ↘
    Previous Article

    ↘
    Category

    ↘
    Sponsored Link

    ↘
    Lucienn YouTube
    ↘過去更新した YouTube です
    画像をクリックしてご覧くださいませ



    ↘Norway 2008.2.15~2.22
    ノルウェー旅行記 トロムソ編



    ↘満開のなんじゃもんじゃ2016
    静岡市葵区城北公園にて撮影



    ↘京都 知恩院の除夜の鐘2016
    京都旅行 2016.12.31知恩院



    ↘秋曇の麻機遊水池を歩く2018
    静岡市葵区麻機遊水池にて撮影

    ↘
    Lucienn Gallery

    ↘過去記事ランダム表示しています
    画像をクリックしてご覧下さいませ


    ↘
    Link
    ↘ Lucienn Site & Blog
    ↘
    QR

    QR

    ↘
    Thank you for coming